01/11 (日) タヌキツネコワンマンライブ 2015















live:ゑでぃまぁこん
 ゑでゐ鼓雨磨(ガットギターと歌)
 柔流まぁこん(ベース)
 水谷康久(サックスやフルート)
 元山ツトム(スティールギター)
 楯川陽二郎(ドラム)
 朝倉円香(コーラス)
 影山朋子(マリンバやヴィブラフォン)

PA:西川文章
food:バカンス食堂&喫茶ゆすらご

日時:2015年1月11日 (日) open 14:30 start 15:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,000円 当日 2,500円(ささやかなおまけ付き)
主催:pong-kong records
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。





ゑでぃまぁこん

ゑでゐ鼓雨磨(ガットギターと歌)と柔流まぁこん(ベース)により2001年結成しました。自主のレーベルpong-kong recordsからのアルバムリリースやギューンカセット、マジキックレコード、円盤、オーストラリアのプリザベイションなどからもアルバムをリリースしています。現在は、ドラムの楯川陽二郎、サックスやフルートの水谷康久、スティールギターの元山ツトム、コーラスの朝倉円香が加わり、6人編成で主に活動しています。 http://eddiemarcon.com/
今回は、マリンバ、ヴィブラフォン奏者の影山朋子さんにも参加していただく予定です。

影山朋子

marimba, vibraphone奏者、音楽家。神戸生まれ。自然体の音を大切に、その時々でおもいおもいの音を奏でている。日々生まれた言葉から、マリンバ、ビブラフォンの弾き語りでも活動している。半作曲半即興のようなスタイルで、おどり、朗読や、ものがたり、映像等に音を添えることも多く、自身のオリジナル曲 『ほしのうた』 を題材にした、東山佳永(踊り手/artist)との共作作品が2013神戸ビエンナーレmusic&art competition入賞。由中小唄(詩,唄,voice)とのデュオfragola*ciocolataでは、ダブリン舞踏festivalに招聘されたNatsuko Kono(urban butho)の作品”timeline”に音源を提供する。近年は、ロックバンド「森は生きている」にサポートミュージシャンとして参加もしている。これまでにjazz,pops,即興演奏等ジャンル問わず多くのミュージシャン、アーティストと共演、レコーディングに参加している。 また、親子で音を楽しむ会や、マッサージと音によるヒーリングなどなど、音と人や場との自然なつながりをみつめたイベントの企画もおこなっている。

カレンダー, 塩屋音楽会|2015.01.11

お知らせやイベント情報を掲載します。