07/15 (水) 『いま、君に逢いたい!』高本一郎プレイズ・ジョン・ダウランド 2015ツアー



時はエリザベス一世朝、シェークスピアと同時代人の一大リュート奏者であり、作曲家だったジョン・ダウランドを、2015年の現代に呼び出して、音楽の一献を捧げる“天使の分け前”を!

JOHN DOWLAND/ジョン・ダウランド (1563-1626)
今年生誕451年を迎えるダウランドはイギリス・ルネサンスを代表するリュート奏者であり歌手であり作曲者であった。イギリスのリュートソングは、ダウランドによって大成されたと言っても過言ではないだろう。当時ヨーロッパ全域で愛された『流れよ、我が涙』など、メランコリックで美しい歌曲を多く残した。2006年には、ロックシンガーのスティングがダウランドの曲をリュート伴奏によりほぼ原曲通り歌ったアルバム「ラビリンス」を出すなど、古楽のジャンルを超えて広がっている。

出演:高本一郎 (luth) 鈴木広志 (sax) 江川良子 (sax) 東涼太 (sax) 上運天淳市 (sax) 

日時:2015年7月15日 (水) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,800円 当日 4,300円
主催:ビグトリィ
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







高本一郎 (リュート)

5歳よりギターを始め『読売ギターコンクール銀賞』受賞。フランス国立ストラスブール音楽院にてリュートを学ぶ。国内外の音楽家との共演をはじめ、ヨーロッパ、アジア諸国で公演多数。 08年パリ・ルーヴル美術館にてソロコンサートを開催。オペラ、演劇、バレエ、能狂言、落語、朗読など様々なジャンルとのコラボレーション、数多くの録音、CM音楽に参加するなど多彩な演奏活動を展開しながら、リュートの新しい魅力を引き出すべく作曲活動にも専心している。01年ソロアルバム『天使のアリア、風の舞曲』を、12年ミニアルバム『小さな妖精と大きな妖精』とセカンドアルバム『シャコンヌ・オリエンターレ』をリリース。13年、彌勒忠史&高本一郎『古楽仕立てのカンツォーネ』(OMF)、青木洋也&高本一郎『English Lute Songs〜時が止まる〜』(Regulus)をリリース。「日本テレマン協会」ソリスト、「ダンスリー」メンバー、「チパンゴ・コンソート」リュート奏者。 大阪音楽大学付属音楽院リュート講師。 http://ichiroluth.exblog.jp/



鈴木広志 (サックス)

東京芸術大学を卒業。クラシックからポップス、ジャズ、ワールドミュージック、現代音楽の世界でボーダーレスに活動する。狩野永徳の国宝「上杉本洛中洛外図屏風」とのコラボレーション、「チャンチキトルネエド」、「清水靖晃&サキソフォネッツ」、「大友良英スペシャルビッグバンド」でも中心的な役割を担う。



江川良子 (サックス)

東京芸術大学卒業、同大学院修了。ソロ、室内楽、吹奏楽での活動や、「清水靖晃&サキソフォネッツ」、「code”M”」等にに参加し、海外でも公演、CDリリースを多数行う。ピアノやハープ、箏とのデュオリサイタルを企画・プロデュースし、アレンジや委嘱作品を含む新しいレパートリーの開拓にも力を注いでいる。洗足学園音楽大学講師。



東涼太 (サックス)

東京芸術大学を首席(管打楽器)で卒業。併せてアカンサス音楽賞受賞。在学中より「チャンチキトルネエド」、「カルテットスピリタス」等で活動。ソリストとして東京ニューシティ管弦楽団、藝大フィルハーモニアとコンチェルトを協演。06年より「東京中低域」、「清水靖晃&サキソフォネッツ」に参加し国内外で精力的に演奏活動を展開している。



上運天淳市 (サックス)

沖縄県出身。尚美学園大学卒業。これまでにあがた森魚や「ムーンライダース」、映画音楽『アブラクサスの祭り』 『東京島』、ドラマ『鈴木先生』等のレコーディングに参加。「Fuji Rock Festival」、「London JAZZ Festival」、「North Sea Jazz Festival」等に出演。現在「東京中低域」、「stim」、「wujabinbin」に参加。

カレンダー, 塩屋音楽会|2015.07.15

お知らせやイベント情報を掲載します。