10/26 (木) ロジャー・ターナー来日公演2017



出演:
ロジャー・ターナー trio
with 藤井郷子(ピアノ)、田村夏樹(トランペット)

日時:2017年10月26日 (木) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日 3,500円
主催:roger turner
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX : 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。




ロジャー・ターナー(ドラマー・パーカッショニスト)

970年代初頭から英国を拠点に活動。ソロ、実験的ロックミュージシャンやフリースタイルの歌手との共演、前衛ダンス、映画や現代芸術家らとの捜索活動に参加する等、精力的に活動。ワークショップやジャズ音楽ベースのアンサンブルにも多数参加。共演者の名を挙げたら遑がないが、アネット・ピーコック、セシル・テイラー、チャールス・ゲイルズ、フィル・ミントン、が挙げられる。2013年には、原美術館にて大友良英と共演し、鮮烈かつ鋭角的なパーカッション演奏を見せた。 「ターナーの先鋭手で斬新な演奏は圧巻である。炸裂するパワーと繊細で情緒豊かな音が絶妙に絡み合う音楽はまさに類い稀だと言えよう」(The Wire 1986) https://www.turners-site.com/


藤井郷子(ピアニスト)

東京生まれのアヴァンギャルド系ピアニスト/作編曲家。4才よりクラシックピアノを始め、高校卒業時にジャズに興味 を抱く。20歳で上京。即興音楽などを経験し、再びピアニスト活動へ。26歳で渡米し、バークリー音楽院に入学。2年半通学し、優秀賞を得て帰国。自身の音楽を模索し、93年に再び渡米。ニューイングランド音楽院にてジャズ、現代音楽、民族音楽などを学び、卒業直前にポール・ブレイとのピアノ2台のデュオ・アルバム『サムシング・アバウト・ウォーター』を制作。卒業後はニューヨークへ移り、日米欧で活動。以降、国内外でソロ、デュオ、トリオ、カルテット、ビッグバンドなど、ジャンルを越えた音楽活動を精力的に展開。http://www.satokofujii.com/jindex


田村夏樹(トランペッター)

滋賀県生まれ。高校卒業後上京。スマイリー小原とスカイライナーズ、今城嘉信とザ・コンソレーション、宮間利之とニューハード・オーケストラ等で演奏。そ の後フリーのミュージシャンとしてアイドル歌手のツアーバンド、テレビ、スタジオ等で活動。1986年、渡米。ボストンのバークリー音学院に入学。
1987年、帰国。自己のバンドで活動。1993年、再び渡米。ボストンのニューイングランド音学院に入学。NYに移り活動。1997年帰国。日本、欧米 を中心に自己のバンド「Gato Libre」「First Meeting」や藤井郷子、板橋文夫等のバンドで活動。海外のフェスティバルにも出演多数。CDリリースも多数。http://www.natsukitamura.com/jhome.html 

イベント, カレンダー|2017.10.26

お知らせやイベント情報を掲載します。