一ノ宮頼子 ライブ



昨年、アルバム『丹後恋唄』を発表し好調な一ノ宮頼子。
東京を皮切りに、全国ツアーを展開中。グ邸に初登場。
サックスの田野城寿男とのDUOも好評!

日時:2011年4月17日(日)open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:¥3,000
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。





一ノ宮頼子 (旧:Daija デイジア)

シンガーソングライター。横浜出身 東京都在住 。
血液型:O型 身長:167cm 体重:52kg B:88 W:61 H:87
最終学歴:早稲田大学卒業  言語:日本語・英語(2カ国語バイリンガル)
特技:ダンス・サッカー・アイスホッケー・インラインホッケー

横浜 → 東京 ときどきN.Y.
3歳からYAMAHAでピアノ、6歳から音楽理論を学び、作曲(クラシック)をはじめる。YAMAHA・JOC(ジュニアオリジナルコンサート)などのコンクールに出場。 サッカーでは12歳から読売ベレーザ(現 日テレベレーザ)に所属、1990年に東日本代表選手になる。その後、大学進学のためにサッカーを引退、ダンスに没頭。 大学を休学し、ダンス修行のためニューヨークへ。ジャズダンス・モダンダンス・バレエ・ヒップホップ・ファンクなど、何でも踊る。 帰国後、モデル活動をはじめ、CMやショーへの出演を行いながら、楽曲制作を始める。 1999年度の全国オーディションにより、SMA(ソニーミュージックアーティスト)に所属。TV・FMラジオにレギュラー出演。 2000年にSMAを離れ、マキシシングル『 媚薬 』(JOYA)と、2001年にアルバム 『 chaos 』(MIDI Creative)を発表。 その後、音楽活動を休止し、アイスホッケーをするために北海道へ移住。

東京 → 北海道
北海道でジャズダンス・インストラクターやFM局でのパーソナリティ活動を行いつつ、アスリート生活を送る。 アイスホッケーでは日本女子最高峰リーグでプレー、インラインホッケーでは日本女子代表アシスタントキャプテンを4年間務める。 世界選手権4回・北米選手権7回出場。2007年3月にアイスホッケーを引退。毎日厳しい練習を共にしたかけがえのない友人や、心から音楽を楽しむ仲間と出会い、第二の故郷となった北海道で音楽活動を再開する。

北海道 → 東京
2008年からは 大型犬とゆっくりと暮らしながら、音楽活動に専念。 素のままに音を紡ぎたいと、アーティスト名「Daija」を本名の「一ノ宮頼子」と改め、東京都内を中心にアコースティック・ ライブの活動を再開。 2008年春に癌が発見され、日本代表キャプテンとして出場するはずだったインラインホッケー世界選手権ドイツ大会を諦め、手術。 療養期間にレコーディングを行い、2009年夏に自主製作盤『ひかり』を発表。 リリースライブ直後、安静期間を使って日本一周の旅に出る。旅の間に、驚くほど早く完治する。

東京
現在、都内を中心に、ピアノ弾き語りを主体としたライブ活動を積極的に行う。 2010年 7月 5日 セカンドアルバム 『 丹後恋唄 』(MIDI Creative)をリリース。 収録曲「さよならのうた」が 2010 夏クランクインの映画 『庵治石の味』(片岡秀明監督作品)主題曲に決定、また、劇中音楽も担当予定。
http://www.ichinomiyayoriko.com/






田野城 寿男
サックス・プレーヤー。1958年生まれ。78年、ボストンのバークリ−音楽大学入学。在学中、ニューヨークでデイブ・リーブマンにサックス、フルート、音楽理論を師事。同時にニューイングランド音楽院で、ジュリアード、マンハッタン各音校教授でもあるジョー・アラッドにも師事する。87年にはサリナ・ジョーンズの日本ツアーにソロ奏者として参加。音楽界以外とも、97年に写真家アラーキー氏、2000年にニューヨーク在住のイラストレーター黒田征太郎氏とのコラボレーション。04年、アースデイ東京で書道家 武田双雲氏とのコラボレーション、フジロックフェスティバル出演等、幅広く活動している。

カレンダー, 塩屋音楽会|2011.04.17

お知らせやイベント情報を掲載します。