05/03 (木祝) 逸題



LIVE:
あしのなかゆび
リーテソン
カニコーセン
DJ:
塚原正也(山羊堂)

フロム多摩川周辺、「サウス・ウエスト・関東リー・ミュージック」を標榜するアコースティックバンド”あしのなかゆび”。
神戸の優しい無頼”リーテソン”。
レペゼン加古川、「播州スラッジフォーク」を奏でる”カニコーセン”。
アラフォー3組がゆるやかに奏でる、明るくてちょっと悲しい初夏の音。

日時:2018年5月3日 (木祝) open & start 19:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約・当日 2,000円
主催:酒印
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







あしのなかゆび

岡崎恵美 vocal, ukulele
宮下広輔 pedal steel guitar
案外 guitar
トオイダイスケ bass

2006年、カントリーやアメリカ音楽と、イカ天〜コムロ全盛期のJポップという2つのルーツ音楽を持つ、大田区・川崎・横浜在住の3人で結成。「背伸びしない、身の丈にあった音楽」をモットーに、時にトオイダイスケ、後藤竜次(YoleYole)達を交えながら、極めてマイペースに活動。現在、岡崎は”moqmoq”、”金佑龍”など、宮下は”PHONO TONES”、”リクオ with HOBO HOUSE BAND”など、トオイはジャズ全般、”けもの”などでもそれぞれ活動中(案外は主に飲酒)。2016年、案外が神戸に転居。今回は久々のライブとなる。



リーテソン
港町神戸のシンガーソングライター。ジャズ、フォーク、ブルースから、ときどき落語まで。口喧嘩っ早いが気は優しい。 https://twitter.com/teseonglee



カニコーセン
その音楽は人呼んで「播州スラッジフォーク」。日々の悲哀や下ネタを通して聴くものを救済する、現代の預言者。 https://www.kanikoosen.com



塚原正也(山羊堂)
兵庫区で山羊と共に暮らしながら、ハーブを育て、額縁を作る。もはや生き方がアートな地下足袋愛好家。 http://sanyodo2014.wixsite.com/sanyodo

カレンダー, 塩屋音楽会|2018.05.03

お知らせやイベント情報を掲載します。