07/29 (日) 塩屋音楽会 & 神戸映画資料館 presents「夏のコメディ映画鑑賞会」



ちびっこギャング達がスクリーンに向かって突っ込みを入れまくる
映画の創世記を喚起させる素晴らしい上映体験!

サイレント映画伴奏者鳥飼りょうによるピアノ生伴奏!
&コメディ映画の伝道師いいをじゅんこによるレクチャー付き。
16mm映写機によるフィルム上映。

【上映作品】
海底王キートン / The Navigator (1924|61分|監督:ドナルド・クリスプ|バスター・キートン)
橋 / De Brug (1928|16分|監督:ヨリス・イヴェンス)

FOOD:天然酵母パン 味取

日時:2018年7月29日 (日) open 18:00 start 18:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:一般 ¥1,800|小学生・中学生・高校生 ¥500|未就学児無料
主催:塩屋音楽会 & 神戸映画資料館

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。



◯ ◯ プ ロ グ ラ ム ◯ ◯




海底王キートン / The Navigator (1924|61分)

監督:ドナルド・クリスプ|バスター・キートン
出演:バスター・キートン|キャスリン・マクガイヤ
世間知らずのおぼっちゃまとお嬢様が二人きりで海を漂流したら一体どうなる!? 大型客船ナビゲーター号にひょんなことから取り残された二人、開かない缶詰と格闘し、夜はお化けにおびえ、嵐をくぐり抜けてたくましくなる。潜水服を着て決死の海底アクションに挑むバスターはまるで宇宙人!?夏休みにぴったりのスリルとギャグ満載の海洋サバイバル活劇。みんなでワイワイ楽しめるキートン喜劇の大傑作!



橋 / De Brug (1928|16分)

監督・撮影・編集:ヨリス・イヴェンス
川にかかる大きな鉄橋。それは元気良く走ってくる機関車を向こう岸へ渡してやり、蒸気船が近づけば優しく腕を跳ね上げて通してくれる。鉄と機械と蒸気。20世紀初めのマシン・エイジを巨大な橋に結晶させて、手持ちカメラを抱えた若いイヴェンスが縦横無尽に撮り尽くすドキュメンタリー。






鳥飼りょう(ピアノ生伴奏)

サイレント映画伴奏者。ピアノ、パーカッション、トイ楽器等を演奏。2012年11月、Planet+1「西部の偉人 ウィリアム・S・ハートの全貌」でデビュー。全ジャンルの映画に即興で伴奏をつけ、これまでに演奏した作品数は360を超える。映画に寄り添うその演奏は好評を博し、国内・海外の映画祭にも招聘されている。また、オーケストラへの客演やダンスとの即興演奏にも取り組むなど、多彩な活動を展開している。2015年12月よりPlanet+1の長編シリーズ「映画史〜映画の樹」でのサイレント映画の全伴奏を担当。1年以上かけて映画史の重要作品を上映するこのシリーズで、週に1~2回ほどのペースでサイレント映画に生演奏をつけている。いま最も上映会で演奏する伴奏者のうちの一人。無声映画×弁士×生演奏のユニット「深海無声團」メンバー。

HP : https://www.facebook.com/ryotorikai.music/
Twitter : @ryo_torikai




いいをじゅんこ

クラシック喜劇研究家、ライター。バスター・キートンと運命の出会いをして以来、サイレント喜劇の世界に魅了される。無声~トーキー初期のいわゆる「喜劇の黄金時代」に作られたアメリカを中心としたクラシック喜劇を研究。映画史の鉱脈に埋もれた優れたコメディを紹介する講座《コメディ学入門》を企画し、2012年より神戸映画資料館にて不定期開催している。2016年1月には喜劇映画研究会・神戸映画資料館と共同で古典喜劇映画上映委員会を立ち上げ、《新春コメディ宝箱》を開催。その後《神戸クラシックコメディ映画祭》へと発展し現在に至る。ライターとして映画評、書評などをさまざまな媒体に執筆している。

Facebook公式サイト:
「サイレント喜劇のすばらしき世界」https://www.facebook.com/subarasicomedy

カレンダー, 塩屋音楽会|2018.07.29

お知らせやイベント情報を掲載します。