09/24 (月祝) Quatro M (クアトロ エム) 1st アルバム “Primeiro Passo” 発売記念ライブ in KOBE



4つ( = Quatro)の同じイニシャルM (Mio Matsuda / Mika Mori)によるデュオ。サンバ・ジャズの黄金期の洗練、古いサンバ・カンソンの情感、それら本来の姿がダイナミックに、そしてデリケートにサウンドから立ち上がってくるため、ヴォーカルとピアノだけとは思えない厚みと豊かさが伝わってくる。まなざしを世界に据えている二人が、この音楽をするときの最高のパートナーとして認め合う、ブラジル音楽100%デュオ。9月19日リリースの「第一歩」を意味するタイトル”Primeiro Passo” (プリメイロ パッソ)のアルバム発売記念ライブツアー。

LIVE:Quatro M (Mio Matsuda / Mika Mori)

FOOD : CHOVE CHUVA

日時:2018年9月24日 (月祝) open 13:30 start 14:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,500円 当日 4,000円
主催:ムジカ アルコ・イリス(安田)
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。





松田美緒(写真左)

土地と人々に息づく音楽のルーツを魂と身体で吸収し表現する”現代の吟遊詩人”。その声には彼女が旅した様々な地域の魂が宿っている。大西洋をテーマにブラジルで録音した『アトランティカ』で2005年にビクターよりデビュー。2014年CDブック『クレオール・ニッポン うたの記憶を旅する』を発表。ブラジル・ハワイ移民の歌を含め、日本各地の忘れられた歌を現代に瑞々しく蘇らせた作品は高い反響を呼び、文藝春秋「日本を代表する女性120人」に選ばれる。2016年、松田美緒の活動を追って日本全国、パラオで撮影されたドキュメンタリー『NNNドキュメント’16 ニッポンのうた “歌う旅人”松田美緒とたどる日本の記憶』 が日本テレビ系列で全国放映され、同作は2016年度・坂田記念ジャーナリズム賞を受賞。2017年11月には、ブラジルの日本人移民の歌に光を当てる『NNNドキュメント移民のうたー歌う旅人・松田美緒とたどる もう一つの日本の記憶』が放映され、同作は、ギャラクシー賞奨励賞を受賞するなどクオリティの高い活動を続けている。
Official Website   http://www.miomatsuda.com/

MIKA(写真右)

1996年単身渡伯。サンパウロでブラジル音楽の演奏の基本を学び、自己のトリオや様々な音楽ユニットでライブ活動やレコーディングに参加し研鑽する。在伯約5年を経て帰国し演奏活動や後進の指導にあたる。その後に再び渡伯して、現地の著名なミュージシャン等とさらなる音楽的な交流を深めていく。2008年からは拠点をNYに移し世界中でライヴ活動を続けている。ブラジルからミュージシャンを招聘し全国ツアーを行っており、2008年、2015年には 、ブラジルの国宝ともいえるベーシスト、セルジオ・バホーゾ、そして若手No.1のドラマー、ハファエル・バラータとの日本ツアーが大好評を博す。また、2015年には、マルコス・ヴァーリを迎えた3rd “Balanco zona sul” が話題になった。サンバ・ジャズのダイレクトな魅力を今に伝える唯一無比の本格派ピアニスト。
Official Website   http://www.mikasambajazz.com/ja/

カレンダー, 塩屋音楽会|2018.09.24

お知らせやイベント情報を掲載します。