06/22 (土) 金子飛鳥 & 林正樹 Delicia DUO Concert Tour 2019 in Kobe



デリシア(『喜び』のケルト語)
大自然の波動そのものを表現するヴァイオリニスト金子飛鳥。
静謐と自由が融合するピアニスト林正樹。
この2人の間に生まれたDUOアルバム「Delicia」待望のライブツアー。
喜びの音 一瞬の中に 永遠の向こうに
~beyond the eternal; in this moment of bliss ~
神戸公演は、築百年を超える海辺の洋館で。

日時:2019年6月22日 (土) open 18:30 start 19:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 4,000円 当日 4,500円
主催:ムジカ アルコ・イリス(安田)
共催:塩屋音楽会
フード : マキュマルーンワークス フジノマキ

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







金子 飛鳥 Aska Kaneko

ヴァイオリニスト 作曲家
4歳より自ら望んでヴァイオリン、ピアノを始め、高校在学中よりプロ活動を開始。東京芸術大学にて学ぶ傍ら、自己の音楽を追求する。幼い頃から抽象画家である母のスケッチ旅行に同行、自然の中で自由にヴァイオリンの練習をしていたこと、音は波動であり自分の存在も含めて大自然の一部であるという感覚が、自由で天と大地をつなぐような演奏スタイルに影響している。Bessie Composition Award in N.Y.受賞。演劇音楽「炎立つ」他多数、サントリー天然水他CM音楽多数。Aska Strings 主宰、ヨーロッパで活躍中の日亜混合バンドGala Cuatro等50カ国での公演、CD25枚、山下洋輔N.Y.トリオのドラマーPheeroan alLaffとプロジェクトが進行中。 https://www.askakaneko.com

林 正樹 Masaki Hayashi

ピアニスト 作曲家
1978年東京生まれ。少年期より独学で音楽理論を学び、その後、佐藤允彦らに師事。1997年12月に、伊藤多喜雄&TakioBandの南米ツアーに参加。現在はソロでの演奏や、「間を奏でる」、田中信正とのピアノ連弾「のぶまさき」などの自己のプロジェクトの他に「菊池成孔とぺぺ・トルメント・アルカラール」「Salle Gaveau」「Blue Note Tokyo All Star Jazz Orchestra」など多数のユニットに在籍。演奏家としては渡辺貞夫、小野リサ、椎名林檎、長谷川きよし、をはじめ多方面のアーティストと共演。多種多様な音楽的要素を内包した、独自の諧謔を孕んだ静的なソングライティングと繊細な演奏が高次で融合するスタイルは、国内外で高い評価を獲得している。共演者の才能を、より自由に引き出すプロデューサーとしても、ミュージシャンの厚い信頼を得ている。 http://www.c-a-s-net.co.jp/masaki/


カレンダー, 塩屋音楽会|2019.06.22

お知らせやイベント情報を掲載します。