series “EXISTENCE” vol.65 − 3 strings −

act:
   磯端伸一 guitar
   鈴木勝 guitar,banjo
   今西玲子 koto

日時:2011年5月22日(日)open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 ¥2,000 / 当日 ¥2,500
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。






磯端伸一 
1962年大阪生まれ。1982年から東京で音楽理論等を学ぶ。85年から故高柳昌行に師事、楽器の基礎と高柳の音楽哲学を学ぶ。いわゆるクラシックやポピュラーの類から、ノイズ・抽象に至るまでその音楽活動は多岐に渡り、特にアブストラクトなジャズと現代音楽的アプローチのインプロヴィゼーション・ギター・ミュージックは、視覚的イメージと独自の理論構成によって精緻かつ大胆に奏され、その独特な響きと透明な音色は国内外の多くのリスナーを魅了している。また、96年からスタートした「series EXISTENCE」は、サウンドと視覚との美的抽象空間共有を目指すライフワークとして実践を継続し、他の分野のアーティストとのコラボレーションも多数手がけている。
http://blog.livedoor.jp/abstsi/
http://www.myspace.com/isohata

 
 

鈴木勝
十代の終わりごろ、ギター独学と同時に自宅録音を開始。その後バンド活動やバンジョー等による即興演奏なども。現在参加しているバンド/プロジェクトは、みやけをしんいち(ss)とのデュオ「melagukan(ムラグカン)」、知的障害のある大人/子供とその家族、即興演奏を得意とするミュージシャンらの大所帯バンド「音遊びの会」、江崎將史 主宰・至福のアキビン吹奏「アキビンオオケストラ」
http://suzukimasaru.blogspot.com/


 
 

今西玲子
幼少より箏、ピアノに親しむ傍ら、90年代後半よりテクノに傾倒。ロンドン大学院で民族音楽学を学びながら世界各地を旅し、箏とエレクトロニクスを用いたパフォーマンスを行う。英国のクリエイティブ集団TOMATOのアルバムにも参加。帰 国後「茶寮YMO」としてCLUBKINGや涼音堂茶舗のイベントに出演、桑原茂一に楽曲提供する他、邦楽女子ライブプロジェクト「ニッポン・ガール ズ」、多国籍音楽集団「Rose Oriental Fusion」、磯端伸一(ギター)とのデュオ等でも活動中。2011年よりシアターLOXODONTA BLACK、カフェOVALの音楽監督を務める。自身のライブ企画Sound Questでは現代ならではの出会いにより箏の様々な音色を引き出し拡張する試みを続けており、ダンサー、美術家等クリエイター、海外ミュージシャンとの共演も多数。寺社での奉納演奏から即興まで、独特の清澄な音色は内外で好評を博している。
http://soundquest.exblog.jp/
http://www.myspace.com/reikoimanishi


カレンダー, 塩屋音楽会|2011.05.22

お知らせやイベント情報を掲載します。