12/05 (土) 中村祐子「私を連れていって」アルバム発売記念・感謝コンサート



2019年初冬の第1弾、秋の第2弾のコンサートから季節は巡り、2020年。コロナ禍の重苦しい空気をふりはらって旧グッゲンハイム邸のスタッフとアトリエ ピアノピアの力を結集させたアルバムが完成した。弾き手の中村にはただただ感謝しかない。いつも、いつまでもオルガンへの想いは変わらない。それは、「どうかあなたの風に乗せて連れていって!」呼吸するオルガンをこの建物の中で存分にお楽しみ下さい。

出演:
中村祐子

日時:2020年12月5日 (土) open 13:30 start 14:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約・当日ともに 1,500円
主催:アトリエ・ピアノピア
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX:078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。





中村祐子

キリスト教の牧師の家庭に生まれ、6歳より教会のオルガニストだった山村直子氏にピアノ教育、後にリードオルガン奏法の指導を受ける。1984年、国立音楽大学教育音楽科卒業。在学中からパイプオルガンを学ぶ。結婚後、夫の転勤により渡英。1991年〜1996年までJohn Webber 氏に師事し、Associated Board の検定試験(パイプオルガン)最終級までを取得。帰国後も教会での礼拝奏楽を続け、小樽文学館、神戸・旧グッゲンハイム邸、京都YMCA 会館など歴史的な建物の中で同時代を生きた旧いオルガンを演奏している。






中村祐子|私を連れていって

1 歌 (ルイ・ヴィエルヌ)
2 ナディアへのプレリュード (ルイ・ヴィエルヌ)
3 或る夕べ (マルコム・アーチャー)
4 想いを辿る (ノーマン・ウォレン)
5 エアとガヴォット (ジョン・サンダース)
6 いかに愛らしき (セザール・ジョフレ)
7 パストラーレ (ルイ・ヴィエルヌ)
8 間奏曲 (ルネ・ヴィエルヌ)
9 メランコリックな草原 (ルイ・ヴィエルヌ)
10 いと麗しきイエス (ヘルマン・シュレーダー)
11 夕日を眺めて (ハリソン・オックスリー)
12 プレリュード・モダル (ジャン・ラングレ)

演奏:中村祐子
使用楽器:山葉リードオルガン 第九號形(明治三十九年製)
     山葉ベビーオルガン 第貮號雛形 (昭和三年製)
楽器修復/調整:小川瞳(Atelier Pianopia)
録音/ミックス&マスタリング:和田真也
録音場所:旧グッゲンハイム邸(神戸・塩屋)
録音時期:2019年3月〜2020年5月
写真:片岡杏子/小山直基/森本アリ
デザイン:小山直基
監修:森本アリ

ご購入はこちらから。
https://nedogu.thebase.in

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.12.05

お知らせやイベント情報を掲載します。