08/04 (日) JOHN BUTCHER Solo & Duo with 鈴木昭男



2002年、ジョン・ブッチャー初来日時の神奈川県大磯での邂逅以来、じつに11年振りの日本での共演が、くしくも浜沿いの町<塩屋>で実現する。

管の隅々まで緊張をみなぎらせて空間を揺さぶり、あるいは倍音や分割振動、各部の共鳴を操って拡張された音色スペクトルの結晶格子を織り上げるかと思えば、近接マイクにより微細な振動を顕微鏡的に拡大し、フィードバックの眼に見えない回路に耳を澄ます。ジョン・ブッチャーはこうして、サキソフォンが潜在的に有しているありとあらゆるサウンドの可能性を自在に引き出してみせる。その演奏は刻々と移り変わる流動の相の下にあり、舞台上に現れている身体の輪郭は仮初めのものに過ぎない。かつて観たライヴでは、手に持った石を気ままに打ち合わせながらサウンドの視界から姿をかき消してしまう鈴木昭男をとらえようと、センサーの感度を研ぎ澄ますあまり、階段の軋みにすら反応していたっけ。(福島恵一)

live:
   ジョン・ブッチャー (tenor & soprano sax)
   鈴木昭男 (self-made instruments)

日時:2013年8月4日 (日) open 14:00 start 14:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,500円 当日 3,800円
主催:jazz & NOW
制作協力:音波舎
共催:塩屋音楽会
特設ページ:http://jazzandnow.hatenablog.com


予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







John Butcher ジョン・ブッチャー (テナー&ソプラノ・サクソフォン)

1954年、イギリス、ブライトン生まれ。元々は理論物理学者でもあったが、1982年に学界を離れて以降、フリー・インプロヴィゼーションに焦点を当てた活動を続けている。Butcher / Durrant / Russell、Spontaneous Music Ensemble、Polwechsel、AMM などに参加。デレク・ベイリー、フレッド・フリス、ジェリー・ヘミングウェイ、ロードリ・デイヴィス、鈴木昭男、大友良英、中村としまる、クリスチャン・マークレー等と共演。クリシェを退け、奏法の拡張を重ねて、独自の「声」を獲得した類い稀なサックス奏者であり、併せて、フィードバックや多重録音、サイトスペシフィックな演奏に取り組むなど、その探求はとどまる所を知らない。

http://www.johnbutcher.org.uk/



鈴木昭男(アナラポスほか [創作音具] )

1941年平壌生まれ。60年代より音を「なげかけ」「たどる」という、セルフ・スタディ・イヴェント(自修イベント)を始め、70年代にはアナラポスを含む一連の創作楽器を制作。1988年京都網野にて、自ら作ったレンガで2つの巨壁を築き、音のプロジェクト「日向ぼっこの空間」を遂行。1996年ベルリンのソナムビエンテ・フェスティバルにおいて点音プロジェクトを実施。2006年スコットランドおよびオークニー諸島をジョン・ブッチャーと廻ったRESONANT SPACESツアーを含め、国の内外を問わず各地での演奏、プロジェクトを実施。

http://www.akiosuzuki.com/

ジョン・ブッチャー関西公演2013

8月5日(月)京都 パーカーハウスロール
TRIO with 河合拓始 (piano, blow-organ) and 高岡大祐 (tuba)
19:30開場/20:00開演 予約3000円/当日3500円 (ドリンク別)
■京都市下京区烏丸通松原下る東側五条烏丸町397メンバーズゴルフビルBF 
Tel 075-352-8042(18~25時)
予約・問い合わせ: (音波舎) ompasha@auone.jp

8月7日(水)大阪 島之内教会 
SOLO saxophone
開場19:00/開演19:30 予約2500円/当日3000円
■大阪市中央区東心斎橋1-6-7 Tel 06-6271-8202(お電話は当日のみでお願いします)
予約・問い合わせ:(音波舎) ompasha@auone.jp

カレンダー, 塩屋音楽会|2013.08.04

お知らせやイベント情報を掲載します。