11/11 (月) you me & us



live:
   Chris Cutler クリス・カトラー
   Yumi Hara Cawkwell ユミ・ハラ・コークウェル
   Daevid Allen デヴィッド・アレン

スペシャルゲスト:HACO

日時:2013年11月11日 (月) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 4,000円 当日 4,500円
主催:ユミ・ハラ・コークウェル
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







you me & us

2013年ロンドンにて結成。
元ソフト・マシーン、現ゴングのデヴィッド・アレン (vo,g)、元ヘンリー・カウ、現アルトー・ビーツのクリス・カトラー (dr)、元HUMI(ヒュー・ホッパー&ユミ)、現アルトー・ビーツのユミ・ハラ(k,vo)による「夢なんどす」なスーパートリオであり、ブレインヴィル3(アレン、カトラー、ホッパー)の後継バンドである。ソフト・マシーン、ゴング、ロバート・ワイアットの曲などデヴィッド・アレンのオールタイム・フェイヴァリッツを自由な解釈で演奏し、かつまたデヴィッド・アレンのポエトリー・リーディングのバックでクリス&ユミが複雑なクロスリズム、ポリリズムの即興演奏を行う。

デヴィッド・アレン Daevid Allenはいわずと知れたオーストラリア出身のミュージシャン、詩人、イラストレーター。ソフト・マシーンの創立メンバーにしてゴングの中心人 物。彼がカンタベリーの地に立ったことからカンタベリー・ミュージック・シーンが始まった。グリサンド・ギターの第一人者。

クリス・カトラー Chris Cutlerは英国の演奏家、研究者、そして先鋭的な音楽やサウンドアートを紹介してきたレコメンデッド・レーベル(ReR Megacorp) の主宰者である。70年代にHenry Cowのドラマーとして、「top-down」と彼自身が呼ぶ独創的なアプローチで知られるようになった。これはまずあるべき音を全体として想定し想像し た上で、体の各部分をその音を作るために訓練するというものである。また彼は通常のドラムスティック以外のものを用いて叩くのみならずミュートすることに よっても独特な音色を、そして音の強弱の徹底的なコントロールと極端なシンコペーションやリズムのバリエーションによって緊張感を創り出す。

ユミ・ハラ Yumi Hara Cawkwell (key, vo)はロンドン在住の日本人ミュージシャン。ピアノサーカスなどに曲を提供する現代音楽作曲家であるとともに、2008年に元ソフト・マシーンの ヒュー・ホッパーとアルバム「Dune」をMOONJUNEよりリリース、即興演奏でも知られるようになる。その後宮崎りえ、タバタミツル、渡邊靖之と 「マンマル・マシーン」を、元ヘンリー・カウのクリス・カトラー、ジョン・グリーヴス、ジェフ・リーと「アルトー・ビーツ」を結成。2011年には吉田達 也をゲストに迎えて初のソロアルバム「ステートメント・ヒールズ」をリリース。イースト ロンドン大学音楽学科長。元精神科医という異色の経歴を持つ。



HACO

作曲家、ヴォーカリスト、エレクトロニクス奏者、サウンドアーティスト。80年代に音響芸術を学び、After Dinnerを結成すると共に作品が国際的に評価される。近年、声と電子楽器による演奏に加え、音響装置を用いた独自のパフォーマンスを展開。透明感のある歌声と音響技術が融合した実験的ポップ感覚をつめこんだ楽曲によって、世界中にファンをもつ。これまでにソロやHoahio等のCD発売多数、海外公演も数え切れない。2013年8月には、オーストラリアのTotally Huge New Music Festival、ICMC、Sonic Cityフェスティバルにて公演をおこなった。 http://www.hacohaco.net

カレンダー, 塩屋音楽会|2013.11.11

11/09 (土) CLUB SNOOZER



1997年の創刊以来、90年代〜ゼロ世代の日本における音楽シーンに刺激を与え続けた音楽雑誌『SNOOZER』。その立ち上げ以前、95年にスタートして以来、20年近くにわたって、北は札幌から南は沖縄まで、全国各地のポップ・ミュージック、ダンス・ミュージックを愛するオープン・マインドなクラウドと、最高の夜をつくりあげてきたオールミックス・パーティが、クラブ・スヌーザー。関西では、梅田北新地カーマを主戦場に、やはり十数年にわたって、人気パーティであり続けている。

現在のDJは立ち上げ時からのパーティ主催にして、元『SNOOZER』編集長の田中宗一郎と、“SECOND ROYAL2”などでもプレイする京都在住の田中亮太の田中ふたり。

二度目となる今回は前回よりどど〜んと時間を拡大しておやつの時間15時から開催します!さらに地元神戸からNahavandのゲストライブ付き!DJ、ライブ、ビール、おいしいご飯、グッゲンハイム邸の庭、フロア、いろんなワンダーが連続していくパーティを約束します!

GUEST LIVE:
Nahavand

DJ
田中宗一郎
田中亮太

日時:2013年11月9日 (土) open & start 15:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,000円 当日2,500円
主催:CLUB SNOOZER
共催:塩屋音楽会
food:ピリカ食堂

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







Nahavand

平清盛の時代から文化の発信地として走り続ける神戸から1MC+1Gtの2人組登場。楽曲全てをフリーDLでリリースし、2013年6月にはThe Cigavettesを迎えた「Soul Dwells In Style feat. The Cigavettes」をリリース。ヒップホップとギターロックの二刀流、音楽界の大谷翔平。 http://nahavand.jp/



田中宗一郎

1995年より、自身が主催するパーティを立ち上げ。以来、15年以上にわたり、自らレジテントとして、北は北海道から南は沖縄まで全国各地のクラブでフロアをロックしてきた。ダンス・ミュージックと、インディ・ロック、ロックンロール、パンク、オルタナティヴ、スカ・・・さまざまなbmpのポップ・トラックを、ロングミックス、カットインを駆使し、縦横無尽にミックスするスタイルで知られている。

http://www.facebook.com/clubsnzr
http://www.clubsnoozer.com/
https://twitter.com/clubsnoozer



田中亮太

CLUB SNOOZERのレジデントDJ。京都のmogran’BARとSecond Royal、大阪のGROOVERとBritish Pavilionでも回してます。昼間はJET SET KYOTOの国内インディ・バイヤー。ポップ・ソングとハウスが好きです。田中宗一郎曰く「俺が世界で七番目に大好きなDJ」だそう。

カレンダー, 塩屋音楽会|2013.11.09

11/07 (木) Vinicius Canta Jobim 〜 ヴィニシウス・カントゥアリア、ジョビンを詠う



ブラジル音楽随一の吟遊詩人が奏でるサウダージの世界
ヴィニシウスが詠うアントニオ・カルロス・ジョビンの名曲たち


Vinicius canta Jobim
ヴィニシウス・カントゥアリア、ジョビンを詠う。

詩的な静寂と繊細な美意識。
都会の喧噪のなか訥々と紡ぎ出されるメロディ。
そこに宿るのは遠い故郷への想い。
ブラジル音楽随一の吟遊詩人が奏でるサウダージの世界。

日時:2013年11月7日 (木) open 19:00 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:4,000円
主催:株式会社ソングエクス・ジャズ
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







Vinicius Cantuaria ヴィニシウス・カントゥアリア

1951年、アマゾン川沿岸のマナウス生まれ。6歳からリオで育つ。

1969年、ロック・バンド、オ・テルソのドラマーとしてデヴューし作曲も手がけ、同バンドで1972年まで活動。その後、いくつかのバンドを経て1977年、カエターノ・ヴェローゾの「オダーラ」の録音に参加したのをきっかけに翌78年、カエターノが結成したレギュラー・バンド、ア・オウトラ・バンダ・ダ・テーハのメンバーとなり、ドラムスのほかギターやコーラスも担当。1991年、カエターノに提供したオリジナル曲「ルア・イ・エストレーラ(月と星)」がヒットし、この曲が収録されたアルバム『オウトラス・パラヴラス』はカエターノのキャリア史上初のゴールド・ディスクとなった。この他、1983年まで活動したカエターノ&ア・オウトラ・バンダ・ダ・テーハのアルバムは『ムイト』『シネマ・トランセンデンタル』『コーリス、ノーミス』『ウンス』。

1983年、シンガー/ソングライターとしてのファースト・アルバム『ヴィニシウス・カントゥアリア』を発表しソロ活動を開始。カエターノをはじめジルベルト・ジル、シコ・ブアルキとも共作を行ない、1992年までに6枚のリーダー作を発表。ソングライターとしても売れっ子になった。1993年、ダヂらと組んでロック色の濃いオールスター・バンド、チグリス・ヂ・ベンガーラを結成したが、アルバム1枚で解散。

1994年、新天地を求めてニューヨークに渡った。
1995年、アート・リンゼイがグート・レーベルから発表した『曖昧な存在』で共同プロデューサーをつとめ、5曲を共作しギターやパーカッションを演奏。ここからグート・レーベルの主宰者、坂本龍一との交流が始まった。坂本龍一の『スムーチー』に参加し、坂本プロデュースによる中谷美紀やゲイシャガールズのアルバムに曲を提供。そして1996年、アート・リンゼイと共同プロデュースし坂本龍一が全面参加したリーダー作『ソル・ナ・カーラ』をグートから発表。詩的な静寂と繊細な美意識に貫かれた “ボサノヴァ解体新書” とも言える独自の世界を繰り広げ、日本でもいちやく注目を集めることとなった。同年、初来日してアート・リンゼイの公演に参加した他、リーダー名義のライヴも行ない、1997年にはベベウ・ジルベルトとのデュオ+1で再来日。また三宅純、大貫妙子、葉加瀬太郎らのアルバムにも参加した。

メルティング・ポット、ニューヨークを拠点に、その活動と交流はワールドワイドに広がっている。
『トゥクマン』(1999年)にはビル・フリゼール、ローリー・アンダーソン、ショーン・レノンが、『ヴィニシウス』(2001年)にはデヴィッド・バーン、マーク・リーボウ、ブラッド・メルドーが、最新作『アパート暮らしのインヂオ』(2012年)にはジェシー・ハリス、ノラ・ジョーンズが参加。
またヴィニシウスはドミニク・ダルカン(フランス)、アナ・トローハ(スペイン)、アンジェリーク・キジョー(ベニン)などのアルバムに参加し、2001年にはビル・フリゼールが率いる多国籍バンド、ジ・インターコンチネルズのメンバーとなり、2003年に同バンドでアルバムを発表し来日。2012年にはビル・フリゼールとの双頭アルバム『ラグリマス・メシカーナス』を発表し、デュオによる来日公演も行なった。

シンガー/ソングライター/ギタリスト/ドラマー/パーカッション奏者としてマルチな活躍を続けるヴィニシウスの音楽は、繊細でワイルドでニヒルな表情も備えている。どこに住んで誰と共演しても変わることのない強烈なブラジリダーヂ(ブラジル人の気質)、開かれたコスモポリタンな意識、何者にも縛られないアウトロー精神が脈打っている。

text by Jin Nakahara

カレンダー, 塩屋音楽会|2013.11.07

塩屋音楽会共催企画(2013.11)



旧 グ ッ ゲ ン ハ イ ム 邸 / 塩 屋 音 楽 会 共 催 企 画   2 0 1 3 年 1 1 月
神 戸 の 西 の 海 辺 の 洋 館 の 音 楽 会


2 (土) 片想いワンマンライブ「片想インダハウス」
open 18:00 start 19:00 / 予約 3,000円 !!! SORRY SOLD OUT !!!

food:ピンポン食堂&ワンダカレー店


7 (木) Vinicius Canta Jobim
open 19:00 start 20:00 / 予約・当日共に 4,000円

ブラジル音楽随一の吟遊詩人が奏でるサウダージの世界
ヴィニシウスが詠うアントニオ・カルロス・ジョビンの名曲たち
ヴィニシウス・カントゥアリア、ジョビンを詠う


9 (土) CLUB SNOOZER
open & start 15:00 / 予約 2,000円 当日 2,500円

GUEST LIVE:Nahavand
DJ:田中宗一郎|田中亮太
food:ピリカ食堂


11 (月) you me & us
open 19:30 start 20:00 / 予約 4,000円 当日 4,500円

2013年ロンドンにて結成。元ソフト・マシーン、現ゴングのデヴィッド・アレン(vo.,gtr.)、元ヘンリー・カウ、レコメンデッド・レーベル(ReR)の主宰者のクリス・カトラー(dr)、ユミ・ハラ(k,vo)によるスーパートリオ。

スペシャルゲスト:HACO


14 (木) SHOS 17 マヒトゥ・ザ・ピーポー|ムートン山
open 19:30 start 20:00 / 予約・当日共に 2,000円

live:マヒトゥ・ザ・ピーポー|ムートン山(ムートン [SUZUMENBA] 山路知恵子 [yumbo] )
DJ:アオツキ
音響:西川文章
food:山路製めん

「サイコデリシャス・ハードポア」を掲げ、観る者を常に震撼させるバンド、下山。そのボーカルを務めるマヒトゥ・ザ・ピーポーのソロ・アルバム『沈黙の次に美しい日々』レコ発。ムートン山のCD 「えんそく」(2012)は全編旧グ邸録音。


15 (金) lavandula japan tour in Kobe
open 19:30 start 20:00 / 予約・当日共に 3,000円

Takeshi Nishimoto, Guitar/Composition (I’m Not A Gun)
+
Robert Lippok (To Rococo Rot)

テックハウスシーンの重鎮、ジョン・テハダとのプロジェクト「I’m Not A Gun」の片腕である西本毅が、ベルリンのレーベル、Sonic Piecesから9月にリリースされたソロ作品『lavandula』を携えてのジャパンツアー。


21 (木) 《 HANA ● TORI 》蜂谷真紀 & 田中信正:西日本ツアー神戸編
open 19:30 start 20:00 / 予約 2,800円 当日 3,300円

2人は音で空飛び、絵を描き、踊り狂い、 迷宮をさまよい、海にたどり着き、眠る…DUOの進化形

food:山路製めん


22 (金) 服部洸太郎トリオ・ライブ
open 19:30 start 20:00 / 予約 3,000円 当日 3,500円 学生 1,000円(要予約)

服部洸太郎 (p)
萬恭隆 (b)
池長一美 (ds)


25 (月) Indus&Rocks「ある晴れた空の真ん中」リリースツアー2013
open 19:30 start 20:00 / 予約 1,500円 当日 2,000円

food:pirachaanpe


28 (木) グ音楽講座 vol.24 THE EX~越境し続ける欧州オルタナ・パンクの雄~
open 19:30 start 20:00 / 予約不要無料!

food:山路製めん



予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

   TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
   E-mail : guggenheim2007@gmail.com
   http://www.nedogu.com

* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。


共催:塩屋音楽会

塩屋音楽会|2013.11.01
« 次のページ

お知らせやイベント情報を掲載します。