11/29 (金) 御拝聴!大韓ROCK&亜細亜チャンキーPOP



トーク&選曲 長谷川陽平 & Batopaha Mar (丸橋基)

韓国で10数年、ファン・シネ・バンド、キム・チャンワンバンド、そして近年大ブレークのチャン・ギハと顔たちと多くの大韓ロックバンドの中核をなし今やコリアンPOPの最先端をになうギタリスト&プロデューサー長谷川陽平氏によるトーク&選曲で、ブームに乗らない”無”韓流~韓国の60~70年代のロック、歌謡をなど大韓ROCKという独断でもって、重箱の隅を激しく突つきます!

そしてアジアの音楽蛇口Batopaha Marこと丸橋基(plantation)が東南アジアROCK & チャンキーPOPで参戦!

両日共に長谷川陽平氏セレクトの韓国音楽LP&CD / PLANTATIONセレクトの亜細亜POPS LP&CDの販売もあります!

日時:2013年11月29日 (日) open 19:00 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約・当日共に 1,500円
主催:PLANTATION
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。

カレンダー, 塩屋音楽会|2013.11.29

11/29 (金) Hiro Natural Therapy クリスマス内覧会 ‘13




今年のクリスマス内覧会は、海の見える素敵な洋館‘旧グッゲンハイム邸’にて開催いたします。クリスマス・フルーツティー、クリスマスの香り、クリスマス・ベジタブルソープを皆様にご紹介/販売させていただきます。

一つ一つ、丁寧にお作りさせて頂きました。数に限りがありますこと、どうぞご了承くださいませ。

*Special Option*

この日は、特別にYummyさんの’クリスマス・カード・リーディング‘ & Bowさんの’イラスト作品販売’があります。皆様のお越しをお待ちしております。

日時:2013年11月29日 (金) 12:00〜19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17

お問い合わせ:

Hiro Natural Therapy
Tel 075-495-3390
hiro@hobbyshopk.com





茂原宏美 Hiromi Shigehara

京都市在住。Hiro Natural Therapy 代表
2002年にオーストラリア・シドニーにて開業。
2003年に帰国、’ハーブ&アロマセラピー‘のサロンを京都に開業
URL:http://www.hironatural.info/

~資格・修了~

オーストラリア・ジェームスクック大学理学部薬理学科卒業
オーストラリア・ネイチャーケアーカレッジ卒業
アロマセラピー・ディプロマ取得
ヴォーダー式マニュアル・リンパドレナージュ ディプロマ取得
リフレクソロジー・レベル3取得
マタニティー・リフレクソロジー取得
リメディアル・マッサージ・プラクティショナー取得
幼児マッサージ取得
スゥエーデン式マッサージ取得

Blog: http://hironat.ti-da.net/

告知|2013.11.29

11/28 (木) グ音楽講座24 THE EX~越境し続ける欧州オルタナ・パンクの雄~



79年にオランダで結成されて以降、ワールド・ミュージックやフリー・ジャズなども血肉化した独自の越境オルタナ・パンクで、30年以上に渡って尖りっぱなしの活動を繰り広げ続けるTHE EX(ジ・エックス)。米国のFUGAZIらに通じるソリッドなギター・サウンドを軸としつつも、90年代前半にはチェロ奏者の故トム・コラとのコラボでレコメン~東欧色の強い秀作を連発し、90年代末にはトータスやソニック・ユース、ICPオーケストラらとも共演。さらに、2000年代に入ってからは別レーベルのTerpを立ち上げてコアなアフリカ音楽作品のリリースにも力を入れながら、コノノNo.1の初のヨーロッパ公演で対戦相手を務め、近年は“エチオピアのアルバート・アイラー”ことゲタチュウ・メクリアとの連合軍バンドを結成して世界各国で強烈なライブを繰り広げ続けるなど…。ベテランの域に達した現在も、インディペンデントな姿勢を貫きながら貪欲に新しい音へと向かい続ける欧州オルタナ最強の鉄人たちを、改めてご紹介します。

日時:2013年11月28日 (木) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:無料(予約不要)
主催:森本アリ
共催:塩屋音楽会

問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com





案内人:吉本秀純

大阪在住の音楽ライター。2011年に共同監修で『GLOCAL BEATS』を刊行。『SAVVY』『ラティーナ』『ミュージック・マガジン』『ele-king』『ぴあ関西版web』『IN/SECTS』などなどの東西各誌に日本盤CDの解説など。ジャンル不問であちこちにて懲りずに執筆しています。

聞き手:森本アリ

音楽家。極めて雑多に音楽を続けた結果、ゲームボーイ、口琴等はそこそこの評判。奇妙な楽器好き、楽器でないものを楽器にするのも好き。ほっこり系爆裂ブラスバンド「三田村管打団?」、脱力トランペット楽団「ぺ・ド・グ」、原始的電子生音デュオ「口八丁」等や「ソロ」などで活動。掃除機、風船、サンプラー、おもちゃも楽器も使いこなし、ワークショップやBGM制作なども手掛ける。神戸、塩屋の築100年の洋館「旧グッゲンハイム邸」管理人として塩屋音楽会企画運営も務める。これまでの音楽体験で一番おもしろかったものの一つは、20年近く前に観たTHE EXのアンディとテリのギターデュオでした。 http://www.nedogu.com/kumacoop/

カレンダー, 塩屋音楽会|2013.11.28

11/25 (月) Indus&Rocks「ある晴れた空の真ん中」リリースツアー2013



日時:2013年11月25日 (月) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 1,500円 当日 2,000円
主催:Indus&Rocks
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。





Indus&Rocks

結成初期は「INDUSTBOX」という名前で活動し
サウンドは感傷的で感情的なギターロックであった。
その後、日本のJamシーンやら、なにやらに影響を受け
色々ぐちゃぐちゃになっちゃって、気が付くと「Indus&Rocks」に改名。
それがだいたい、2005年頃。
宇宙の謎解き探検隊として、あちこち見学しながら閃いた事を
キャッチー&トリッピーな音楽に仕上げる為
チャレンジと模索と実験を続ける、凸凹3ピース。
変態お洒落さわやかサイケデリックシャーマンポップロックJAMバンド?
2009年10月、デビューアルバム「Hidaripokenicca」を
“Lastrum Music Entertainment”より発表。
同時に、それまで発表した3枚の自主制作版CDは廃盤。
2009年10月、静岡の野外フェス「MUSIC ZERO 〜頂〜 秋の蓮華寺音楽祭 09’」出演。
2010年9月、福岡の野外フェス「SUNSET LIVE 2010」出演。
2011年9月、初のワンマンライブ「謎のIndus&Rocksの謎」を渋谷PLUGで開催。
もはや誰にも演奏を止める事が出来ず、その長さは255分にも及ぶロングセットとなった。
2011年10月、渋谷で開催された「KAIKOO POP WAVE FESTIVAL 2011&2012」に出演。
2012年5月、2作目となるアルバム「謎のIndus&Rocksの謎」を自主レーベル”次郎企画”より発表。
それに伴い「初めての全国ツアー」と称して、全39ヵ所にも及ぶ大規模なリリースツアーを敢行。
新しい仲間が増えたり、モンスターと闘ったり。
愛と勇気と感動の大冒険を繰り広げ、ボロボロで胴体着陸。
2013年2月、代官山UNITにてニューヨークのバンド「SIM REDMOND BAND」の来日公演に、ゲストバンドとして出演。
同年3月、渋谷 O-EAST / duo MUSIC EXCHANGE にて開催の都市型フェス「SYNCHRONICITY’13」出演。
そして、同年7月、ついにFUJI ROCK FESTIVAL’13へ出演!!

カレンダー, 塩屋音楽会|2013.11.25

11/22 (金) 服部洸太郎トリオ・ライブ



日時:2013年11月22日 (金) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日 3,500円 学生 1,000円(要予約)
主催:TIME MACHINE RECORD
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







服部洸太郎 (p)

大阪音楽大学短期大学部ジャズ科卒業。プロのミュージシャンであった父の元、幼少より様々な音楽環境に触れ、ピアノを習い始める。中学、高校では吹奏楽部でチューバを奏する。大学では、ジャズピアノを専攻とし、在学中より演奏活動を開始。卒業後は自己のトリオ、カルテットなどを結成し、オリジナルを中心としたライブ、芸術表現を展開している。また国内外の様々なアーティストと共演し、” 服部ワールド” ともいえる独特な世界観・音楽観で、共演者や聴衆を巻き込んでいく。自称「21世紀のファンタジスタ」であり、ナチュラルな本質を追求し、今もなお宇宙との交信を続けている。



萬恭隆 (b)

ジャズを木村知之氏、クラシックを坂倉健氏に師事。ブルースマンの父の影響を受け少年時代からギターを演奏し、ブルース、ロック、ファンク等のバンドで活動する。のちにジャズに傾倒し、アコースティック・ベースに転向する。大阪音楽大学在学中からジャズシーンでの演奏活動を始め、全国のミュージシャンと共演を重ねる。現在はジャズの枠にとどまらず様々なクリエイティブなシーンで活動中。



池長一美 (ds)

京都市生まれ。12歳のとき独学でピアノ、ドラムスをはじめる。1986年上京、鈴木勲や金井英人のグループで活動。1988年バークリー音楽大学の全額免除奨学生として渡米。1990年合衆国政府より滞在芸術家としてアイオワ州ルーサー大学のジャズ科講師に迎えられ、ユニファイ・ジャズ・アンサンブルの一員として米国各地で演奏活動を行う。1995年帰国後も毎年渡米し、ボストンのピアニスト バート・シーガーとのトリオ(通算5枚のCDをリリース)で活動を続ける。2009~11年にはデンマークのピアニスト マグナス・ヨルトのトリオでツアーを行い2枚のCD(1枚はデンマーク録音)をリリース。主な共演者はジョージ・ガゾーン、クリス・チーク、カート・ローゼンウインケル、デイヴ・ピエトロ、マイク・ノック、ジュリア・フォーダムなど。国内では中牟礼貞則、宮野裕司、石井彰、青柳誠、トム・ピアソン、山口真文、橋爪亮督、太田剣、西山瞳ほか。生来の豊かなタイム感に加え、美しい音色で語りかけるドラミングスタイルに国内外を問わず根強い支持者を持つ。洗足学園音楽大学講師。

カレンダー, 塩屋音楽会|2013.11.22

11/21 (木) 《 HANA ● TORI 》蜂谷真紀 & 田中信正:西日本ツアー神戸編



2人は音で空飛び、絵を描き、踊り狂い、 迷宮をさまよい、海にたどり着き、眠る…オリジナル曲DUOの進化形をぜひ体感してみて下さい!

《 HANA ● TORI 》はなとり
蜂谷真紀(vo,voice,objects,曲)
田中信正(piano)

日時:2013年11月21日 (木) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,800円 当日 3,300円
主催:蜂谷真紀
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







蜂谷真紀

vocal, voice, piano,compose 「声」で空飛び「歌」で絵を描く双子座B型。妄想と現実、カオスと静寂を愛す両極端人間。オリジナル、即興、JAZZ、ロック、アコースティク、エレクトリック…「時、人、空間」を声でつむいでは明日に投げ去る快感を原動力に、国内外の個性と明日の音を探す旅を続けている。近年は海外にもライヴ進出しており(フランス、スイス、イタリア、レバノン)パエド*コンカ、ハンス*コッホ、マイケル*チークの先進的ユニット「porta tusa」2014秋のヨーロッパツアーメンバーや、フランスのHugues Vincent とのツアーにも誘致されている。

リーダーCD:
【ミクロマクロ】(with 加藤崇之)
【木の声】(with 是安則克)
【HANA●TORI●KAZE /たからもの】(with田中信正, 喜多直毅)
【メビウスの鳥 】(日仏共同製作CD with Hugues Vincent) 。

自作曲の起用:
「大原美術館70周年 絵画のための音楽会」映画「テトラポッド・レポート(富永昌敬監督)」、TV番組等。映画やドラマへのレコーディングは多く、特に三池崇史監督作品では「牛頭 」のエンドテーマ等、8作品で歌っている。また、日本アカデミー賞受賞作品、映画「八日目の蝉」(成島出監督/2011)では、謎の唄うたいレピ役で出演している。

http://www.hookchew.com/



田中信正

かすかな息づかいをも感じさせるような繊細さと、スポンティニアスな躍動性を併せ持つピアニスト。その演奏は、エキセントリックで鋭利に空間を切り裂くような狂気と、神秘性、リリカルさ、静謐の中の耽美的な香りが交錯する。

1968年横浜生まれ。4歳より電子オルガンをはじめ、16歳でクラシックピアノに転向。国立音楽大学作曲学科中退。クラシックピアノを小灘裕子、ジャズピアノを藤井英一、橋本一子、佐藤允彦 各氏に師事。1993年横濱ジャズプロムナード第一回コンペティションで、グランプリ及び個人賞ベストプレイヤー賞受賞。共演者と創り上げる自由で即興性に富んだ演奏活動は、JAZZのフォーマットばかりではなく多岐に渡る。

現在は、数多くのユニットのメンバーとしてライブやレコーディングに参加している。ピアノトリオの範疇を超えた自己のユニット「田中信正KARTELL(山田晃路b、大槻カルタ英宣ds)」 と、オリジナルと独創的なアレンジによるソロピアノは、比類なき唯一無二の演奏として評価が高い。2010年6月および2011年10月には酒井俊ユニットのベトナム公演へ参加、2012年3月には林正樹(pf)とのPiano duoでパリ・アンカラ・イスタンブール公演をおこなった。

http://tnobumasa.net/profile.html

カレンダー, 塩屋音楽会|2013.11.21

11/21 (木) 旧グッゲンハイム邸見学会



月に一度の旧グッゲンハイム邸見学会。次回もいつも通りの第三木曜日、11月21日に行います。予約不要ですので、どうぞお気軽にお越しください。(写真は2007年の大きな修復が始まる前の旧グッゲンハイム邸です)

日時:2013年11月21日(木)12:00〜17:00(随時)
料金:無料(予約不要)

お問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
       〒655-0872 兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5-17
       TEL: 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
       E-mail: guggenheim2007@gmail.com
       URL: http://www.nedogu.com

カレンダー, 見学会|2013.11.21

11/18 (月) ドイツ歌曲な夜



メゾソプラノ:白石愛子
ピアノ:辛島則子

R. シューマン:リーダークライス Op39 より
J. ブラームス:永遠の愛
R. シュトラウス:密やかな誘い 他

日時:2013年11月18日 (月) open 18:30 start 19:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:1,500円(定員50名)

お問い合わせ:

TEL : 090-9700-7971
E-mail : aikowunderlich@gmail.com



音楽会|2013.11.18

11/15 (金) lavandula japan tour in Kobe



テックハウスシーンの重鎮、ジョン・テハダとのプロジェクト「I’m Not A Gun」の片腕である西本毅が、ベルリンのレーベル、Sonic Piecesから9月にリリースされたソロ作品『lavandula』を携えてのジャパンツアー。

今回のツアーでは、アルバムのレコーディングにも参加した、ヨーロッパのエレクトロニカシーンに重要な影響を与えたベルリンのグループ、To Rococo Rotの最重要メンバーであるロバート・リポックもライブをサポート。現在の日欧におけるサウンドアートシーンを語る上で欠かせない、この二人の貴重なライブパフォーマンスを目撃しよう!

日時:2013年11月15日 (金) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:3,000円
主催:onpa
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







Takeshi NIshimoto, Guitarist, Composer, Producer, Multi-instrumentalist

福岡出身であるものの、これまでの人生のほとんどを海外で過ごし、今もドイツにて世界中で賞賛を浴びている『I’m not a gun』での活動、さらに日本やアメリカ等、ギタリストとして世界中で公演やレコーディングに参加し活躍しているTakeshi Nishimoto。


1998年、盟友John Tejadaと出会い数々の作品を発表。 ジャジーで透き通ったギターの響きに絡む、空間を漂うクリックビートの絶妙なアンサンブルが、エレガントで美しいサウンドを生み出している。ドイツの名門レーベル「City Center Office」より I’m Not A Gun として2003年に1st album「Everything At Once」、2004年に2nd album「Our Lives On Wednesday」,2006年には3rd album「We Think As Instruments」、2008年に Palette Recordings より4th album 「Mirror 」、そして2010年に5th album「Solace 」をCity Center Officeよりリリースしている。

2005年に20年間滞在したアメリカを離れ、ベルリン(ドイツ)へ移住し独自のプロデュース、公演活動を展開する。 現在は公演活動のほか、アート作品に添える音楽や映画のサウンドトラックも手掛けるなど、ドイツに来て活動の幅を着実に広げている。

2007年、全編を旧東ベルリンの教会にて録音されたクラシックギターによるソロアルバム 「Monologue』を発表。

2013年にソロとしての2ndアルバム,, 「Lavandula」を発表。


ギター一本で表現される深みのある世界観は、『I’m not a gun』での活動で、デジタルの力を知る彼だからこそ作り出せるアナログの極みです。

www.takeshinishimoto.com



Robert Lippok (ロバート・リポック)

ステファン・シュナイダー(クライドラー/Kreidler)、そしてロナルドとロバートのリポック兄弟の3人で結成されたトゥ・ロココ・ロット(To Rococo Rot)は、ポスト・ロックとエレクトロニカを軸に、実験的なミニマリズム・サウンドをベースにしながらも、躍動感溢れるサウンドを実現していたバンド。その後、ロバート・リポックは、ソロ活動のなかで、ラスター・ノートン、モニカなどから作品をリリース。

彼のアプローチは、シンプリシティというスタイルに集約される。そのメロディラインと音の造形においては、限りなくミニマルに、限りなく純粋に整えられ、そうして洗練された様々な曲のコンポーネントが具現化されるのである。独自のコンセプトにより叙事詩を作るように、彼のサウンドスケープは抽象的でありながらも、その一見ランダムな楽譜の進行はとても有機的で、彼の驚くほど刺激的な音の知識が凝縮されていることがわかる。

カレンダー, 塩屋音楽会|2013.11.15

11/14 (木) SHOS 17 マヒトゥ・ザ・ピーポー|ムートン山



act:
   マヒトゥ・ザ・ピーポー
   ムートン山<ムートン(SUZUMENBA)、山路知恵子(yumbo)>

DJ:アオツキ
音響:西川文章
出店:山路製めん


今回のショスは、マヒトゥ・ザ・ピーポーとムートン山です。

私がマヒトくんを知ったのはかなり前の事で、大阪のsunsuiでショスのチラシを配っていたときです。反応を示す人が殆どいない中、チラシをじっくり見て内容をほめてくれた。嬉しくて、記憶に残っていました。互いに住む場所を移すほどの時間が過ぎて、今回出演いただく機会をもてたことを貴重に感じています。以前さやさんがライブでカバーした曲に「戦闘機」という言葉が出て、「これはきっとマヒトくんの曲だ。」と感じたことがありました。改めて音源を聴いたら、虚無感とそれに抗い突破しようとする意思が強く確かに在って胸が詰まった。当日演奏を聴き、閉じた眼の裏にどんな景色が広がってゆくのか、とても楽しみです。

ムートン山は山路さんの紹介文にもあるように即興演奏です。私が明石に住んでいたとき、山路さんがCDRを焼くのをサポートした事があったのですが、その時の音源がムートン山でした。半野田拓さんが誰の曲とも知らず、「くみたてさん、なんてハイセンスな音楽を聴いてるんですか。」と感想を述べた、なんて経緯もあります。録音されたのは一年と少し前の2012年10月10日、今回の会場である旧グッゲンハイム邸でした。お二人が心から楽しみ音に集中して演奏されたことは『えんそく』というタイトルからも伺えます。名前をくっつけただけのバンド名も妙にしっくりきてしまうでこぼこ演奏、待ち遠しいです。

平日ですが是非!お待ちしています。

日時:2013年11月14日 (木) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約・当日共に 2,000円
詳細:SHOS
主催:クミタテ
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







マヒトゥ・ザ・ピーポー

かしゅ 下山でもうたってる かしゅ

http://gezan.web.fc2.com/ma_news.html



ムートン山

むーとんと山路知恵子でムートン山です。むーとんに自己紹介を書いてもらいました。「ドラヒップ、dubmarronics、スズメンバ、数えきれない、ソロ。京都でばっかりライブをしています。人見知り、引っ込み思案、転じて内弁慶。アピールすべき事柄がありません。」わたしはドラヒップのむーとんをみてから彼女も引っ込み思案なのかもと思ってました。わたし山路知恵子は明石でうどんを作りながら、仙台を拠点に活動しているバンドyumboに打楽器で参加しています。すきな食べ物はうどんとそばがき。今回は一年ぶりにムートン山を組めるのでうれしいです。音階と音色がみえてきそうな即興演奏です。ききにきてほしいです。山路より

カレンダー, 塩屋音楽会|2013.11.14
前のページ »

お知らせやイベント情報を掲載します。