03/27 (金) Bruno Bavota “The secret of the Sea”



YANN TIERSENや坂本龍一、OLAFUR ARNALDS、BALMORHEAからの影響を公言する、イタリアはナポリ出身のブルーノ・バヴォタ (BRUNO BAVOTA) 。NILS FRAHMやPETER BRODERICK、F.S. BLUMNなど成熟を続けるポスト・クラシカル・シーンと共鳴するピアノ主体の作品の中には、ノスタルジックな憧憬を想起させるアコースティック・ギター、ディレイやリヴァーブによる残響音が心地よいアンビエント〜シューゲイザーなギターを効果的に配した楽曲もあり、表情豊かな音姿が素晴らしい。

そして、知る人ぞ知るリード・オルガン界の至宝、中村祐子が105年を迎える旧グッゲンハイム邸の名器、109歳の山葉製 (YAMAHA) リード・オルガンを奏でる。同じ時代を生き抜いた建物と楽器の共鳴を聴いて頂く機会を設けました。2人のすばらしい鍵盤奏者の宴をお楽しみください。

live:
Bruno Bavota (piano)
中村祐子 (ハルモニウム / リードオルガン)

日時:2015年3月27日 (金) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,000円 当日 2,500円
主催:Bruno Bavota
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX : 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







Bruno Bavota(ブルーノ・バヴォタ)

イタリアはナポリ出身のピアニスト。アイスランドのレーベル、Psychonavigationから2014年春に発表された彼の3枚目となるアルバム『The Secret Of The Sea』は、彼が最も好きな場所と公言する海をテーマにした作品。まるで海面の様々な表情と心情をピアノに具音化させているかのように、海の静けさを想起させる繊細なアンビエント・ピアノが響き渡り、穏やかな波の流れを感じさせるたおやかな独奏から大きな起伏を感じさせる情感溢れるアコースティック・ギター(彼の実兄弟が演奏!)とのアンサンブルまで、作品1枚を通して豊かな情景を脳裏に巡らせ、映画的な印象さえ感じる素晴らしい作品です。現行のポスト・クラシカルやピアノ・アンビエントのシーンにも大きく共鳴するサウンドであり、今注目しておきたいアーティストの一人です。



中村祐子

愛知県出身。1961年、キリスト教の牧師の家庭に生まれる。6歳より、教会のオルガニストだった山村直子氏よりピアノの教育、後にリードオルガン奏法の指導を受ける。1980年、国立音楽大学 教育音楽科入学後、所属教会の礼拝奏楽奉仕を始め、奥田耕天氏にパイプオルガンの指導も受け始める。結婚後、夫の転勤により渡英。1991年から1996年までJohn Webber 氏のもとでパイプオルガンを学び、Associated Board の検定試験(オルガン)最終級までを取得。帰国後は教会での礼拝奏楽(リードオルガン)を続ける。2001年~2012年まで北海道に居住。小樽文学館での「アンティークオルガンコンサート」「大人の為の読み聞かせ」に数回出演。














カレンダー, 塩屋音楽会|2015.03.27

03/27 (金) 赤ちゃんのおひるねアート撮影会



おひるねアートとは?

赤ちゃんに背景や小物をつけて撮影する
赤ちゃんと一緒に作るアート写真のことです。
あっという間に過ぎてしまう赤ちゃんの時期の可愛い瞬間を
おひるねアートで残しませんか?

撮影会では毎月のアート2種類をご用意しております。
3月のアートはブランチと同じ「お花畑」と「お花見」です。
ハーフバースデーや1歳のお誕生日のアートも追加でお撮りいただけます。

日 時:2015年3月27日 (金) 13:00〜15:00
会 場:旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅徒歩5分)
    〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17

参加費:3,000円(2アート)/ 記念日アート撮影は+1,000円
    撮影時間は一組様20分 完全予約制
    毎時0分、20分、40分にご予約をお取りします。
    衣装の無料レンタルあります。
持ち物:ママのカメラやスマホ、赤ちゃんのお気に入りのおもちゃなど

お問い合わせ、ご予約:
Tel : 090-5903-0055(森本弓子)
E-mail : ym09059030055@ezweb.ne.jp

ブログ:http://ameblo.jp/yum11007/
    アートはブログにてご確認ください。

日本おひるねアート協会HP
http://www.ohiruneart.com/







おひるねアート協会認定講師 森本弓子

神戸生まれ神戸育ちです。
某外資系企業OLを経て、出産を機に退職。
息子が5ヶ月のときにおひるねアートに出会い、すぐに講師育成講座を受けました。

初めておひるねアートを見たときは、「なにこのかわいい写真!やってみたい~!」って思いました。
少しでもたくさんのママたちの育児の息抜き・楽しみになるよう、
そしてご家族の皆様に喜んでいただけるよう、撮影会を開催しております。
うちの子が世界一可愛い!と思えるようなかわいいアートをご用意してお待ちしております 。

教室|2015.03.27

03/26 (木) Four Pens & Dylan Mondegreen Japan Tour, 2015



3月来日ツアー決定! 昨年10月に日本盤アルバム『One Day』をリリース、美しいアコースティック・ナンバー「New Day and New me(明天的自己)」が2015年JAL国際線の機内放送局にピックアップされた台湾のアコースティック・ポップ3人組、Four Pens 四枝筆樂團と過去に2度来日ライブを行いSaint Etienne、The Field Miceなどのプロデュースで知られるIan Cattをプロデューサーに起用した3rdアルバム『ディラン・モンドグリーン』がロングセラーを続けるノルウェーのSSW、Dylan MondegreenによるWツアーが3/22(日)よりスタート。北欧とアジアの国境を越えた美しいメロディを一夜で楽しめる、極上のカップリングツアーをご期待ください。

live:
Four Pens 四枝筆樂團
Dylan Mondegreen
Wallflower

DJ:Naoki Morikawa (Fastcut Records)

日時:2015年3月26日 (木) open 18:30 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日 3,500円(予約特典CDあり
主催:Fastcut Records
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







Four Pens 四枝筆樂團

Bibo (Vocals, Guitar)
Candace (Vocals)
Sunny (Melodica, Metallophone)

国立台湾芸術大学の音楽サークルで結成されたソングライターのBiboを中心に、女性シンガーのCandace(小四)、メタロフォン奏者のSunny(咨咨)の3人組。メンバーの名前を組み合わせから四枝筆樂團(フォー・ペンズ)と名付けられた。アイスランドのOf Monsters and Menや日本のClammbonやtoeにも影響を受けたというオーガニックなサウンドはすぐに台湾国内で話題となり、勢力なライブ活動と2枚のEPのリリースを続け、結成から僅か数年でFacebookの1万ファンを獲得する。アコースティック・ギターによる胸を打つ旋律を軸に、CandaceとBiboによる混声コーラスやストリングスや鉄琴、ピアニカなど様々な楽器を組み合わせ、人生における希望や苦悩を美しいメロディに乗せて歌う。2014年には東京や大阪、京都を巡るツアーも敢行した。

これまでに朝を夜をテーマにした2枚のEP『AM 6:57』『PM 11:59』を台湾にてリリース。今回リリースとなる日本盤CDにはその2枚のEP収録曲の新ミックスと、台湾のアコースティック・セッション『樂人Session』での配信が話題となった名曲「明天的自己」を収録。“One Day(ある一日)”をテーマにした、ピースフルで、心が温まるメロディで満ちた12曲入りアルバム。温かな木漏れ日の1日を象徴するようなインディーポップM-2「Lazy Afternoon」、Sunnyの鉄琴の音色とドライヴィンなBiboのギターが滑らかに疾走するM-4「星星」ドライなアコギのストロークとCandaceの憂いのあるヴォーカルが切ないM-7「All in Vain」、台湾インディーの魅力を伝えるハートウォーミングなM-10「Sankist Song」、そして胸を打つ名曲M-11「明天的自己」などを収録。

台湾国内の大型フェスティバル「Wake Up Festival」に出演を果たし、今年10月には台北にてフジロック『Rookie A Go-Go』に出演したManic Sheepと日本のWallflowerとの共演を予定している。

https://www.facebook.com/FourPens



Dylan Mondegreen

Dylan Mondegreenはノルウェー在住のSSW、Børge Sildnes(ボルゲ・シルネース)によるユニット。Prefab SproutやTrash Can Sinatras、60′sソフト・ロックに魅せられ、スカンジナビアの空気のように澄んだメロディを紡いでいる。ここ日本では2009年に1stアルバム、2ndアルバムをFastcut Recordsから同時リリースし、また同年12月には来日ツアーも成功を収めた。

2ndアルバム『The World Spins On』から3年ぶりとなる3rdアルバム『ディラン・モンドグリーン』が遂に完成。今作では、Saint Etienne、The Field Mice、Trembling Blue Starsなどのプロデュースで知られるIan Cattをプロデューサーに起用。これまでのサウンドに加えて、Ian Cattらしい羽毛のように柔らかで繊細な音作りも取り込み、前作以上にソフィスティケートされた北欧ポップを聴かせてくれる。

同郷の女性シンガー、Maria Dueとのデュエットによるサビの美しさに心打たれる「Come Tomorrow」、スティールパンによるイントロから切なく込み上げる本作のハイライト曲「It Takes Two」、Ian Cattらしいドリーミーな音作りにアルペジオの響きが甘美に響く「Keeper Of Secrets」、Trembling Blue StarsやNorthern Picture Libraryを思い出さずにいられないネオ・アコースティック「You Make It Easy」などを収録。

愛娘イーダの誕生の前後に完成した本作は、生命の誕生を祝うようなあたたかみをこれまで以上に感じさせ、聴き手を北欧の草原へと誘う。自身の名前を堂々冠したことからも自身が伺えるディラン・モンドグリーン史上、最高の感動を呼ぶアルバムが完成した。

http://www.dylanmondegreen.com/



Wallflower

大阪府で結成された男女5人組インディポップバンド。The Pains Of Being Pure At Heartからのラブコールを受け、来日公演のオープニング・アクトを果たしたことで一躍話題に。2013年にはAlpaca Sportsのジャパンツアーに帯同し、2014年には台湾にてManic Sheep主催の「POP POP FEST」に出演するなど国内外に活動を拡げている。国内ではFastcut RecordsよりデビューEP『Filled With Flowers』、7インチアナログ『Dreamy Days』をリリース。国外ではJigsaw Records(米)/Dufflecoat Records(英)からFirefliesとのスプリット7インチをリリースし、Eardrums Pop(ノルウェー)のコンピレーションにLost Tapesとの共作を提供している。

カレンダー|2015.03.26

03/22 (日) Endo megumi 1st solo album「ASA」release party あさの物語



live:
遠藤恵 with 児玉峻
The yetis

food:
MAHO – ROBA
obrarte
堀江座

会場装飾:Stolocoji

日時:2015年3月22日 (日) open 18:30 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約・当日共に 2,500円 (堀江座のおやつ付き)
主催:遠藤恵
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







遠藤恵

日々にそっと寄り添うピアノとうた
幼い頃よりエレクトーンで遊びながら作曲をはじめる
1999年より一二三(ひふみ)の鍵盤奏者として全国へ音の旅へでかける
2013年秋からソロ活動をはじめ、2014年6月solo album「ASA」を発売
https://www.facebook.com/solo.endomegumi



the yetis

田川 薫( uklele , handbell , melodica , toys , whistle , vocal )
山田里美( vocal , recorder , hum )
安藤誠英 ( guitar , chorus )

嘘つきとぽんぽんちきが夢見るように結成したバンド、the yetis。 ペテンにかけたような音楽は、どこか懐かしく ときには絵本の中の風景を映し出すよう そして、その嘘は次第に大きくなって、 彼らはいつか本当になることを信じている 現在は海と山に囲まれた、葉山「 umi studio 」を拠点とし、 雑草を活けてみたり、俳句を詠んだりして活動している。 http://the-yetis.jimdo.com

カレンダー|2015.03.22

03/22 (日) 朗読ユニット エチカ vol.9 朗読劇「LOVE LETTERS」神戸公演



幼なじみの男女による、50年に渡る往復書簡。
生きること、愛することのむずかしさを軽妙に描く傑作戯曲。

出演:桐山泰典
   エチカ
   池田一平(アコーディオン演奏)

原作: A. R. Gurney
翻訳:青井陽治

日時:2015年3月22日 (日) open 12:00 start 12:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:無料(要予約 / 定員に達し次第締切)
主催:朗読ユニット エチカ

チケット取扱:「LOVE LETTERS」制作担当

E-mail : info@ethica-voice.com
※ 件名を「チケット予約」とし、公演日/お名前/連絡先/人数をメールください。
※ 未就学児の同伴はご遠慮ください。

お問い合わせ:朗読ユニット エチカ
E-mail:info@ethica-voice.com







桐山泰典 Yasunori Kiriyama

1975年、大阪河内生まれ。大学入学と同時に芝居を始め、正直者の会、やみいち行動、中野劇団、かのうとおっさんなど様々な公演に参加。また現在、桂出丸に師事し、玉子亭掛御飯の名で東梅田落語倶楽部にて落語修行中。



エチカ Ethica

朗読家、朗読ユニットエチカ主催。大阪出身。京都精華大学在学時に演劇に出会い、2006年に朗読ユニットエチカでの活動を開始。主に企画、演出、制作担当。2009年から自身でも朗読を始める。川上弘美、夏目漱石、レイ・ブラッドベリなど既成の小説を題材に、作品世界の空気に調和する舞台を目指す。
http://ethica-voice.com/



池田一平 Ippei Ikeda

ピアノ弾き。役者。京都大学在学時に演劇活動を始めるとともに、ジャズピアニスト岩瀬章光氏に師事。以降京都・大阪でライブ活動を行う。ジャズライブ活動の他、舞踏・朗読のイベントに於いても様々なコラボを行い好評を博している。また即興的演劇的行為集団「やみいち行動」のメンバーでもある。
http://www15.plala.or.jp/Pianika/index.htm




2月22日には京都公演もございます。詳しくは下記サイトまで。
http://ethica-voice.com/works09new.html

カレンダー, 告知|2015.03.22

03/20 (金) ひとりトモフ・ワンマン at 旧グッゲンハイム邸



春の始まりの、きっといい天気な日。
神戸の「旧グッゲンハイム邸」とゆうトコで、
ひとりトモフワンマンをさせていただくコトになったー!
初めて行くけど、絶対いい雰囲気だろうなあ。
ヨロシク。ザワザワ。

日時:2015年3月20日 (金) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日 3,500円
   ※予定枚数に達しましたので予約受付終了となりました。尚、当日券はございません。
主催:トモフスキー
共催:塩屋音楽会

■チケット予約開始:1月22日 (木) a.m. 10:00〜(申し込みはお1人様2枚まで)

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX : 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。





オオキ トモユキ….。

1965年12月14日、千葉県成田市、藤立病院にて
「帝王切開&仮死分娩」とゆうスリルいっぱいの状況で誕生。
しかも一卵性双生児(the ピーズのハルと)。時々、似ている。

成田小学校、成田中学校、佐原高校、早稲田大学と ブナンな人生を歩む。
20歳の頃に知り合った仲間とカステラというバンドを組んだあたりから、妙な人生に突入する。
たのしいコトはたのしいけど、「他にも楽しそうなコトはあるだろう・・・。」と思いつつ、
あっとゆう間に20代、30代の時を進む。

今は「トモフスキー」とゆう名で音楽をしたり、時々、絵を描いたり、夜中ブラついたり、
競馬とかマージャンとかボーリングとかしている。
イヌよりはネコ、ウドンよりは ソバ。高い所と速い乗りものがスキ。

カレンダー, 塩屋音楽会|2015.03.20

03/19 (木) Rodolphe Coster|石原パッチ只寛|アリナミン



宇宙とブリュッセルを結ぶ、ベルギー・インディー・シーンの雄、ロドルフ・コスター来日! シューゲイザー/アンビエント・ノイズ・ポップ/ダーク・エレクトロニカ/美しく妖しいトラックに時に乗る歌がFREEDOMMUNE (2013) で話題を呼び、再びFREEDOMMUNEへの来日に合わせツアー。ロドルフとベルギーにて親交を暖めた盟友、石原パッチ只寛のモジュラーシンセサイザー・ソロ。フリージャズ、実験音楽、民族音楽、室内楽を飲み込みサックス奏者として、そして自作楽器を使ったソロ、自身のバンド六万体、計り知れないパッチに期待。さらに、実は活動歴10年以上、数年1度のレアグルーヴ。サンプラー両手に抱えて ドドドと大地を揺るがすナニワのサンプラー奇術師DODDODO本名白奈民と歩く辺境音楽士グ邸管理人森本アリによる「アリナミン」。

live:
Rodolphe Coster
石原パッチ只寛
アリナミン (森本アリ+DODDODO)

日時:2015年3月19日 (木) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,000円 当日 2,500円
主催:Rodolphe Coster
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。





Rodolphe Coster

Known in the belgian indie scene (member of several bands: Flexa Lyndo, Baum, Poni, Cafeneon), Rodolphe Coster (Brussels) works now solo, crossfades atmospheres close to inner feelings and images inspired by some of actual, and oldie soundscapers (Fever Ray, Colin Newman, Pantha du Prince, The Jesus and Mary Chain…). Compared by some as indus meeting point between The Big Pink and Autechre, his tracks move from ambient noise-pop to dark electronica with vocals . A first self produced EP (May 2011), signed the beginning of live gigs serie not only in concert venues in Belgium, Holland, Italy and Berlin (Contemporary art museum of Brussels/ WIELS, Galleries, International film festival of Rotterdam (sharing the prog with Lee Ranaldo), and in some other venues and Festivals (Les Nuits Botanique 2011 booked him as support for The Dodos) . The french magazine « Les Inrockuptibles » booked him for their special event in Brussels as support act for Saul Williams and wrote (JD Beauvallet): « This tireless activist produces a nightmare-pop straightly connecting Brussels to Cosmos ».

For the second times in two years he performed at the festival Les Nuits Botanique, edition 2012 as support act for Grimes, may 2012.He also performed in Paris La Machine du Moulin Rouge, in the big hall as support for Scratch Massive, and in the famous Ancienne Belgique as support for Black Dice. Then, he got involved in composition for contemporary dance, and performance.

Summer 2013 is the time for his first 6 gigs Japanese Tour. In Tokyo he’s sharing the FreeDommune Festival Line Up with Boredoms, Keiji Haino, Penny Rimbaud (CRASS) and others, and he also performed in Oïta, Akita, Osaka.

A split Vinyl of LE PACIFIQUE RECORDS, got released the same summer with one of his tracks. He’s currently busy on composition for Theater and writing new tracks. Le Botanique booked him as support for Gold Panda this autumn 2013, to enter a next phase that would prepare the 1stalbum.

https://soundcloud.com/rodolphe-coster
http://rodolphecoster.bandcamp.com/



石原パッチ只寛

1979年生まれ、大阪在住。芸術大学にて美術を学びつつ、より自由な表現を求め音楽活動を開始。フリージャズや実験音楽、民族音楽、室内楽に影響を受け、サックス奏者として数々のインプロビゼーションや、自作楽器を使ったソロ演奏を行う傍ら、仏師として仏像彫刻を学ぶ。また、オシリペンペンズのPAとして音響エンジニアとしても活動。自身のバンド六万体や、ダルガリーズ、デグルチーニのサポートメンバーとして2度のEUツアーを行う。近年はモジュラーシンセサイザーを使った電子音楽を開始し、音楽の更なる幅を拡げている。



アリナミン

森本アリ[sampler, electronics]
ナミン ( a.k.a.DODDODO ) [sampler, electronics]

実は活動歴15年くらい。
数年1度のレアグルーヴ。
去年は結婚式の司会コンビ。
アリナミンそれは元気?勇気?ポンキッキ!

カレンダー, 塩屋音楽会|2015.03.19

03/19 (木) 旧グッゲンハイム邸見学会



月に一度の旧グッゲンハイム邸見学会。3月もいつも通りの第三木曜日、3月19日に行います。予約不要ですので、どうぞお気軽にお越しください。

日時:2015年3月19日 (木) 12:00〜17:00(随時)
料金:無料(予約不要)

お問い合わせ:

旧グッゲンハイム邸
〒655-0872 兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5-17
TEL: 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail: guggenheim2007@gmail.com
URL: http://www.nedogu.com

カレンダー, 見学会|2015.03.19

03/16 (月) Chrome Hill / 吉見理治・森本アリ・鈴木勝・稲田誠・楯川陽二郎



祝!初来日
ノルウェイ・ジャズロック発
マカロニ・ウェスタン経由
凄腕面白音楽集団クローム・ヒル

迎え撃つは、予定調和を許さない素晴らしき芸能集団『音遊びの会』でもっとも激しく、もっとも優しく、もっとも芸達者。吉見理治の歌唱と演奏は驚愕と爆笑を生む。吉見を軸にtanarecord稲田、BOREDOMS楯川、アキビンオオケストラ鈴木、三田村管打団?森本がガップリ5つに組む。

live:
Chrome Hill
 Asbjørn Lerheim (baritone and electric guitar)
 Jørgen Munkeby (tenor saxophone)
 Roger Arntzen (double bass)
 Torstein Lofthus (drums)

吉見理治 (VOCAL, TRUMPET)
森本アリ (ELECTRONICS)
鈴木勝 (GUITAR)
稲田誠 (BASS)
楯川陽二郎 (DRUMS)

日時:2015年3月16日 (月) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,000円 当日 2,500円
主催:Chrome Hill
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







Chrome Hill

Asbjørn Lerheim (baritone and electric guitar)
Jørgen Munkeby (tenor saxophone)
Roger Arntzen (double bass)
Torstein Lofthus (drums)

Guitarist Asbjørn Lerheim from Lisa Dillan Quite Quiet Project formed Chrome Hill with fellow music students Roger Arntzen (In The Country, Ballrogg, Håvard Stubø Trio), Torstein Lofthus (Elephant 9, Shining) and Jørgen Munkeby (Shining) at the Norwegian Academy of Music in 2001. Chrome Hill has since the beginning in 2001 existed under the the name Damp, and released the albums Mostly Harmless (Songs) in 2003, and Hoatzin in 2005 on the label Aim Records to much acclaim. Chrome Hill released the album Earthlings in November 2008, Country Of Lost Borders in 2013 on Bolage.



吉見理治

10年継続してるだけでもすごい、ワークショッププロジェクトであり巨大即興家族バンドでもあり予定調和を許さない素晴らしき芸能集団『音遊びの会』。『音遊びの会』でもっとも激しく、もっとも優しく、もっとも芸達者。巨匠かと思わせるフリーキーで音色への考察が印象的なトランペット演奏。ハードコア的歌唱は驚愕と爆笑をもって受け入れられるが本人は至って営業的にそのパフォーマンスをこなしてるフシがあるのが達人の証拠。また、数々のチラシに採り上げられている彼のイラストも定評がある。



森本アリ

「三田村管打団?」「ぺ・ド・グ」「カメアリ・エレクトリック」「カシオトーンズ」「音遊びの会」やソロで音楽活動。奇妙な楽器好き。トランペット、口琴、ゲームボーイ、掃除機などを演奏。神戸、塩屋の築100年の洋館「旧グッゲンハイム邸」管理/運営。



鈴木勝

十代の終わりごろ、ギター独学と同時に自宅録音を開始。その後バンド活動やバンジョー等による即興演奏なども。現在参加しているバンド/プロジェクトは、飯山ゆい(p)とのデュオ「さばく」、みやけをしんいち(ss)とのデュオ「melagukan(ムラグカン)」、知的障害のある大人/子供とその家族、即興演奏を得意とするミュージシャンらの大所帯バンド「音遊びの会」、江崎將史 主宰・至福のアキビン吹奏「アキビンオオケストラ」。



稲田誠

明石在住のコントラバス奏者。棚レコード代表。PAAP、Brazilという自己のバンドやAurora(川端稔sax,vo/青野忠彦ds)、千野秀一pエレクトリックトリオ(楯川陽二郎ds)、水谷康久saxトリオ(半野田拓g,key)、真夜中ミュージック(三沢洋紀g,vo/中尾勘二sax/植野隆司g/山本達久ds)、DODDODO+稲田誠、等のユニットでベースを弾き、ときどき歌う。ゑでぃまぁこん、TEASI、Gofish、泊、のうしんとうのレコーディングエンジニア担当。 http://www.rose.sannet.ne.jp/tana/



楯川陽二郎

ボアダムス、ゑでぃまぁこん、千野秀一トリオ、その他いろいろで活躍中。
ミシンも踏めるモダンドラマー。

カレンダー|2015.03.16

03/12 (木) グ音楽講座28「続・サントラ盤には入らない、映画の中の音楽」



映画を彩る様々な音楽。その中でも、登場人物が劇中で歌う歌など、
印象的だけれどサウンドトラック盤には収録されない、
でも映画にとっては重要な…そんな音楽を、映像とともに紹介します。
2013年6月に開催された人気講座の、待ちに待った続編です。
劇伴や主題歌、挿入歌とはまた異なる、映画の中の音楽をお楽しみください。

日時:2015年3月12日 (木) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約不要無料!
主催:森本アリ
共催:塩屋音楽会

問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com





案内人:安田謙一(ロック漫筆家)
サーフィン、アバンギャルドから映画の中の鼻歌まで愛好するロック漫筆家。1962年、神戸生まれ。著作に「ピントがボケる音」(国書刊行会)、「なんとかと なんとかがいた なんとかズ」(プレスポップ)など。ラジオ関西558で放送されている、プロ野球中継ナイターシーズンの“雨傘番組”「夜のピンチヒッター」のDJ、構成も担当。


案内人:和久田善彦(ぴあ株式会社)
編集者として、鴨田潤「てんてんこまちが瞬かん速」、小田晶房「なぎ食堂のベジタブル・レシピ」、細馬宏通「うたのしくみ」などの書籍のほか、様々なムックやウェブの制作を行う。「アフロ・ポップ・ディスク・ガイド」(シンコーミュージック)、「ジャパニーズ・ロック/ポップ 1&2」(ミュージック・マガジン)等の書籍で執筆も。

カレンダー|2015.03.12
前のページ »

お知らせやイベント情報を掲載します。