03/24 (金) 『点対称の園丁へ 〜 El jardín de la armonía』 Federico Durand + hofli concerts in KOBE 2017



日本のみならず世界中の音楽ファンを魅了するアルゼンチン人アーティスト、Federico Durand。2度目の来日となる今回、盟友のhofli(=津田貴司)とともに、念願のデュオパフォーマンスを神戸・奈良の2会場で行います。

この惑星の上、点対称の二人が響き合う音の庭でーーそこに鳴り響くのは、いったいどんな音楽でしょうか。

出演:Federico Durand/hofli
   fuuyanm(ライブペイント)

出店:NeKi

日時:2017年3月24日 (金) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日 3,500円
主催:PNdB-atelierPASTEL RECORDSねこのて舎
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。






Federico Durand

1976年生まれ、アルゼンチン・ブエノスアイレス郊外Munizのアーティスト。アルゼンチンでは国語の教師も務める。マレーシアの『mu-nest』コンピに参加後、spekkからの1stアルバム『La siesta del cipres』がヒット。イギリスの〈Home Normal〉から2ndアルバム発表後、ルクセンブルクやアメリカなど各国のレーベルから作品をリリースし、アルゼンチン音響界を代表する音楽家となる。電子音楽を基本としながらも、フィールド・レコーディングや有機的で温かい質感を有した作風が魅力。コラボレーションも多数。2014年4月にspekkからは3枚目となる最新作「Jardin de Invierno」をリリースした。




hofli / 津田貴司

1971年生まれ。サウンドアーティスト。ソロ名義hofliとしてフィールドレコーディングに基づいた音楽活動を展開。津田貴司としてサウンド・インスタレーションを発表するほか、ワークショップ「みみをすます」シリーズを継続。主なCD作品は『湿度計』『雑木林と流星群』『十二ヶ月のフラジャイル』など。2016年最新作『木漏れ日の消息』リリース。
hoflisound.exblog.jp




[live paint]

fuuyanm(ふうやん)

絵描き/イラストレーター/グラフィックデザイナー。岩手県花巻市生まれ。雨にも風にも雪にも石ころにもしたしみながら育つ。現在は淡路島を拠点に、個展や各地の芸術祭、アートプロジェクトへの参加、地域の子供たちとの共同制作やワークショップなど幅広く活動中。ひそかな特技は、ものまねと東北弁。 

neconotesha.wixsite.com/fuuyanm

カレンダー, 塩屋音楽会|2017.03.24