07/12 (水) Four Pens Japan Tour Final at 旧グッゲンハイム邸



Four Pensの2017年サマー・ツアー・ファイナルは、昨年1年をメンバーのサニーが過ごした旧グッゲンハイム邸で開催。ゲストにはシングル『Summer Tragedy 夏季悲歌』のプロデューサーであるYuchain Wang、詩的で心揺らぐチェンバー・スカバンド、POPOを迎えます。

LIIVE:
Four Pens 四枝筆樂團
Youchain Wang
POPO

日時:2017年7月12日 (水) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日3,500円
主催:Fastcut Records / 株式会社ファストカット
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。



Four Pens 四枝筆樂團

国立台湾芸術大学の音楽サークルで結成されたソングライターのBiboを中心に、女性シンガーのCandace(小四)、メタロフォン奏者のSunny(咨咨)の3人組。メンバーの名前を組み合わせから四枝筆樂團(フォー・ペンズ)と名付けられた。アイスランドのOf Monsters and Menや日本のClammbonやtoeにも影響を受けたというオーガニックなサウンドはすぐに台湾国内で話題となり、結成から僅か数年でFacebookの1万ファンを獲得する。2014年にはfastcutから編集盤CD『ONE DAY』をリリースし、翌年には来日ツアーを開催。
2016年10月には、リミキサーにharuka nakamuraを迎えた7”シングル『Summer Tragedy 夏季悲歌』をfastcutからリリース。




Yuchain Wang

台湾を拠点としたSSW。本国ではGreen!Eyes、Moontegのフロントマンとして知られ、インディーミュージックのプロデューサー/オーディオ・エンジニアとして、沢山の台湾のアーティストの作品をプロデュースする重要人物。共演するFour Pensの7″シングル『Summer Tragedy』は彼のスタジオ、Rooftop Audioでプロデュース、録音された。




popo

山本信記 trumpet, synth
江崎將史 trumpet, recorder
喜多村朋太 organ

2004年大原裕追悼ライブの際に3人でsightsの曲を演奏したのがきっかけとなりスタート。
詩的で心揺らぐチェンバー・スカバンド。

カレンダー, 塩屋音楽会|2017.07.12

07/06 (木) ドキュメンタリー映画上映会 民映研×塩屋 vol.4 『イヨマンテ〜 熊送り』


「私たちが生を受けた日本列島に生きる 庶民の生活と生活文化を記録する」
姫田忠義|民族文化映像研究所|ドキュメンタリー映画上映会


【 上映作品 】
イヨマンテ〜 熊送り|1977|103min|

日時:2017年7月6日 (木) open 19:00 / start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:一般 ¥1,500|大学生・シニア ¥1000|小学生・中学生・高校生 ¥500【全員おやつ付き】
主催:NPO法人ヒューマン・ビジョンの会 / 塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。




イヨマンテ〜 熊送り|1977|103min

自主制作|民族文化映像研究所フィルム作品No.8
北海道沙流郡平取町二風谷
1989年第3回イタリア・フェルモ国際北極圏映画祭「人類の遺産」賞
1991年第5回エストニア・ペルノ―国際映像人類学祭最高科学ドキュメンタリー賞

イヨマンテとはイ(それを)・オマンテ(返す)という意味で、熊の魂を神の国へ送り返すまつりをいう。アイヌ民族にとって、熊は重要な狩猟対象であるとともに神であり、親しみと畏敬の対象であった。熊は神の国から、毛皮の着物を着、肉の食べ物を背負い、胆(い)という万病の薬を持って、アイヌつまり人間の世界へ来てくれる。そのお礼に人間界のお土産を持たせ、また来てくださいと送り返すのだとアイヌは言う。1977年3月上旬、このイヨマンテは行われた。指導にあたったのは二風谷アイヌ民族資料館の萱野茂さん。「本物のイヨマンテを覚えておきたい」というアイヌの青年たちの熱意に支えられて、まつりは実現した。イヨマンテは、アイヌの自然観、生命観が凝縮したまつりである。生命体である人間と他の生命体である動物との対峙。そこには人間の信仰、文化の原初への啓示がある。



姫田忠義(ひめだ ただよし) 記録映像作家・映像民俗学者

1928年(昭和3年)兵庫県神戸市生まれ。旧制・神戸高商卒。
1954年、民俗学者の故・宮本常一氏と出会い、その影響を受けて日本全国を歩き始める。
1950年代後半より、映像を手段とする記録作業を開始。
1976年、民族文化映像研究所を設立し、昨年2012年まで所長を務める。
2011年、開校と同時に日本映画大学・特任教授に就任。「民俗学」を担当する。
2013年7月29日午後9時55分 横浜市の病院にて「慢性閉塞性肺疾患」のため死去。84歳。7月31日家族のみにて火葬葬を執り行う。

庶民の生活と生活文化を、映像による手段を使い記録作業を50年以上にわたり続ける。
≪「基層文化」=大自然に依拠しつつ暮らす、人間の精神文化≫をテーマに、
120本を超える映画作品を発表。代表作に「アイヌの結婚式」「イヨマンテ」、「越後奥三面 ~山に生かされた日々」(1986年シカゴ国際映画祭ドキュメンタリー部門銀賞)。

1989年 フランス政府より芸術文化勲章オフィシエ叙勲


カレンダー, 塩屋音楽会|2017.07.06

お知らせやイベント情報を掲載します。