04/30 (月祝) SCOOBIE DO「旧グッゲンハイム邸でアコースティックFunk-a-lismo!〜カミコベ湯上がり編~」



スクービー流カミコベ勝手に後夜祭!?
4/29(日)「COMING KOBE18 大阪ステージ」なんばHatch出演翌日に神戸市垂水区塩屋の異人館でファンカリズモ! 終演後は「フレデリック」神戸・ワールド記念ホールへGO!

日時:2018年4月30日 (月祝) open 14:00 start 14:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:前売 3,500円(小学生以上有料)
   ※ご入場は整理番号順となります。
   ※満席の場合は立見になります。
主催:清水音泉
共催:塩屋音楽会
出店:PIZZA AKIRATSCH

お問い合わせ:清水音泉 06-6357-3666 (平日12:00-17:00)


チケット発売:

e plus http://eplus.jp
湯仲間直売所 http://www.shimizuonsen.com/ouken/
ローソンチケット 0570-084-005 http://l-tike.com/

一般発売日時 2018/04/21(土) 10:00





SCOOBIE DO / スクービードゥー

1995年結成。コヤマシュウ(Vo)、マツキタイジロウ(Gu)、ナガイケジョー(Ba)、オカモト”MOBY”タクヤ(Dr)から成る”ROCK”と”FUNK”の最高沸点”Funk-a-lismo!”を貫くサムライ4人衆。通称FUNKY4。”圧倒的な演奏力とソウルフルなパフォーマンスは正しく”LIVE CHAMP”の名に相応しい。2006年にレコードレーベル『CHAMP RECORDS』を自ら立ち上げると、年1回のCDリリース、合間の全国ツアー、自主イベント『Root&United』の開催、ロックフェスへの出演とチャンプ級のバンド活動を展開。結成20周年を迎えた2015年10月には日比谷野外音楽堂でのワンマンライブ「ダンスホール野音」を開催し、満員御礼。2017年4月に自身13年振りとなるシングル盤『ensemble』をリリース。「やっぱ音楽は素晴らしい!」そんな瞬間を生み出し続けるミラクルハイブリッドロックンロールバンドである。

カレンダー, 塩屋音楽会|2018.04.30

04/21 (土) 22 (日) in da house



日時:2018年4月21日 (土) 、22日 (日) open 12:00 start 13:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:前売り券 5500円
   当日券 6000円
   2日通し券 10000円(限定数)
!! THANK YOU !! SORRY !! SOLDOUT !!
主催:indahouse
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。



カレンダー, 塩屋音楽会|2018.04.21

04/19 (木) Winter Family



LIVE: Winter Family|カメアリエレクトリック
DJ: Takeshi Kouzuki

日時:2018年4月19日 (木) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約・当日共に 2,000円
主催:森本アリ
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。






Winter Family

ウィンターファミリーはエルサレム在住イスラエル人とパリ在住フランス人からなるデュオ。彼らは2004年にイスラエルで出会いその後活動を共にする。彼らの印象的なミニマルミュージックはメッセージ性が強く、ルースは英語とヘブライ語の詩を朗読しながらドラムマシーンを演奏し、ザビエルはパイプオルガンやフィリコーダ(フィリップス社製の鍵盤楽器)、ピアノなどでハーモニーを奏でる。彼らは世界中のライブハウス、映画館などで様々な音楽家との共演やレコーディングを重ね、ベルギー、イギリス、フランスなどの様々な国々のレーベルから音源をリリースしている。最近は9歳の娘も一緒に演奏。

http://winterfamily.info/



カメアリエレクトリック

カメイナホコ:keyboard
森本アリ:gameboy 

ドジでのろまのようで俊敏に野山を駆ける「カメ」。コツコツと働くと見せて甘いものには目がない「アリ」。三田村管打団?ではそれぞれサックス、トランペットと管楽器を操るがそれぞれ別の顔をいっぱい持っている。ノイジーでダンシーでファンシーでクレイジーな音楽を奏でる為に結成「カメアリ電工」。

カメイナホコ
2002年ころから即興中心の活動をはじめる。参加バンドはウリチパン郡・三田村管打団?etc。さまざまな録音やセッションに参加。ピアノなどの楽器を使って、ささやかに大胆に、さまざまなものと交流する日々。

森本アリ
極めて雑多に音楽を続けた結果、ゲームボーイ、口琴等はそこそこの評判。神戸の海辺の洋館「旧グッゲンハイム邸」管理運営。「三田村管打団?」「ペ・ド・グ」「口八丁」「音遊びの会」やソロで音楽活動。トランペット、掃除機なども演奏。



Takeshi Kouzuki

90年代初頭、三宮古着屋アダージオにて数々の不思議レコードに出会いDJを開始。
現在塩屋で美容室とレコード屋をやりながら
時々DJやトラック制作など、、

カレンダー, 塩屋音楽会|2018.04.19

04/19 (木) 旧グッゲンハイム邸見学会(無料一般開放)



旧グッゲンハイム邸見学会は、いつも通りの第三木曜日、4月19日に行います。案内などは特になく、時間内に出入り自由としています。様々な資料を閲覧できます。予約不要ですので、どうぞお気軽に足をお運びください。

日時:2018年4月19日 (木) 12:00〜17:00(随時)
料金:無料(予約不要)

お問い合わせ:

旧グッゲンハイム邸
〒655-0872 兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5-17
TEL: 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail: guggenheim2007@gmail.com
URL: http://www.nedogu.com

カレンダー, 見学会|2018.04.19

04/15 (日) ボナワンダ祭り 2018 ~音と食と市~



春の神戸を彩るささやかなお祭りは今年で7回目の開催となります。

須磨のボナルーカフェと塩屋のワンダカレー店。ふたりの音楽好き、美味しいもの好きの店主が理想的なコンパクトな町フェスについて語り合い、生まれたのがボナワンダ祭りです。以来たくさんのご縁に恵まれ暖かいご支援のもとお祭りはどうやら意思を持って歩き始めたようです。すくすくと育つ我が子を見守るように僕らはそれをサポートする役目に転じました。今年も楽しい音楽を聴いて、美味しいご飯食べて、マーケットのぞいて、笑って踊って、寝転がって。賑やかな宴は終わりません。

出演アーティスト12組、マーケット出店14店舗、飲食屋台9店舗!
(詳しくはコチラ

お昼から晩までいろんなジャンルのミュージシャンが演奏しています。1階はバンド演奏、2階はアコースティックユニットによる演奏です。2階バルコニーと東の部屋ではたくさんの色とりどりのお店、1階の軒先と庭には屋台が立ち並び賑やかな景色。

日時:2018年4月15日 (日) open 11:30 start 12:00 end 21:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:前売り 3,000円 当日 3,500円(予約不可)
主催:bonnaroo cafe / ワンダカレー店
共催:塩屋音楽会

【お問い合わせ】
E-mail : info@bonnaroocafe.com

【チケット取り扱い店】
・bonnaroo cafe 神戸市須磨区須磨浦通り4-6-16 2F 078-737-2480
・ワンダカレー店 神戸市垂水区塩屋町3-9-18 078-753-3443
・やさい食堂堀江座 神戸市中央区元町通6-3-3(西元町走水神社から西へ158歩)
・Café Cru. 神戸市中央区元町通4-1-5 078-351-0117
・Bar Q 神戸市中央区下山手通3-5-5 新安第1マンション1F 078-333-0877
・ゆるん堂 兵庫県たつの市龍野町川原町138−1 080-8511-5344
・若宮食堂  神戸市須磨区若宮町3-3-10 シーサイドヴィラヒラノ 1F 078-735-1355
・雑貨と洋服のお店cocoa 大阪市北区中崎3-1-9 06-6374-0085

カレンダー, 塩屋音楽会|2018.04.15

04/13 (金) Demierre Dörner Kocher Trio KOBE



LIVE:
Demierre Dörner Kocher TRIO
 Jacques Demierre(piano)
 Axel Dörner(trumpet)
 Jonas Kocher(accordion)

中田粥+Mizutama+江崎將史

田中誠司 (dancer)

日時:2018年4月13日 (金) open 19:00 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 1,500円 当日 2,000円
主催:江崎將史
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。




Demierre Dörner Kocher TRIO








ジャック・ドゥミエール(Jacques Demierre)from スイス

1954年、スイス、ジュネーヴ生まれのピアニスト、作曲家。即興音楽、現代音楽、サウンド・インスタレーション、音響詩と、多彩な方面で音楽 / 音に関わる活動をおこなう。ジュネーヴ在住の Vincent Barras とのヴォイスのみによるデュオ・プロジェクトは、ドュミエールの音楽的関心の広範さを示す一例。ピアニストとしては、ピアノという楽器が持つ音の可能性の拡張に挑み、独自のスタイルを発展させてきた。継続的にソロ・ピアノ公演をおこなう一方、多くの著名演奏家と共演。Tzadik (米国)、Victo (カナダ)、Leo (英国)、Creative Sources (ポルトガル)、Intakt (スイス) などのレーベルからリリースがある。



アクセル・ドゥナー(Axel Dörner)from ドイツ

1964年、ドイツ、ケルン生まれのトランぺッター、作曲家。オランダ、アーネムの音楽学校 (1988-1989) とケルンの音楽大学 (1989-1996) でピアノを学び、1991年から大学でトランペットを Malte Burba に師事する。ケルン時代に、アクセル・ドゥナー・カルテットなどで演奏活動を開始。1994年にベルリンに移住後、一躍、新たな即興音楽創造の気運高まる当時のベルリン・シーンを代表する存在となる。以降、世界中の演奏家・バンドと旺盛な演奏活動を繰り広げ、今日に至る。ジャズ・トランぺッターとしても活躍し、高い評価を得ている。1990年代前半より、数多くの作品をリリース。



ヨナス・コッハー (Jonas Kocher)from スイス

1977年、スイス、ニヨン生まれのアコーディオン奏者・作曲家。アコーディオン奏者 Teodoro Anzellotti と作曲家 Georges Aperghis に師事する。即興演奏と作曲活動の双方で、音色・ノイズ・沈黙と聴取過程との関係性を追求。即興演奏家として、多くの演奏家と共演。特に、2008年より続くサックス奏者 Michel Doneda との共演は重要な活動のひとつ。作曲にも精力的で、シアター、インスタレーション、コンサートのための作曲多数。Another Timbre (英国)、Potlatch (フランス)、Bocian (ポーランド) などのレーベルから作品をリリース。コッハー自身、Flexion Records と Bruit の両レーベルを運営している。



中田 粥

1980年、東京で生まれる。洗足学園音楽大学作曲科卒業。サーキットベンディングをピアノの内部奏法の延長上にあるものと捉え直し、シンセサイザーやリズムマシンなど電子楽器数台分の剥き出しにされた回路基板を「バグシンセ」「bugsynthesizer」と名付けてリアルタイムにショートさせる方法で演奏や展示を行う。
2013年、東京の実験音楽シーンで活動。
2016年、拠点を大阪に移動。現在、アートスペースFIGYAの運営に携わる。




mizutama

日常の影響を取り込んではアウトプットする。何でも無いものの面白さ、格好良さと密に関わり続ける事、ミックスアップした物事をサンプリング的手法を用いて作品制作する。そのスタイルは一見、既成のものに見えて、そのものではない。
2011年より大阪此花区の共同アトリエ「此花メヂア」入居、共に展覧会に参加。
2012年に此花区梅香でアートスペース FIGYAの運営開始
2014〜2015年に渡り西成の新・福寿荘で1年間展示を行う mizutama年間展示 Tokoro展 
2016年よりフィリピン、マレーシア、シンガポールなど東南アジアでの展示、パフォーマンスの活動を広げている。



江崎將史

音を伴う行為、作曲、 トランペット。
ソロの他にpopo/HOSE/Black&Mountain/
アキビンオオケストラ/対極/ omm-pah/などの活動。
白い汽笛/グラタンカーニバル/mmm/のサポートメンバー。 「月刊」を企画。
各地の海岸で採取の石を売る。



田中誠司

舞踏家
1977年奈良市生まれ。大野一雄舞踏研究所にて、大野慶人に師事。2011年2月、郷里の奈良に田中誠司舞踏スタジオを開設。同年5月、日独交流150周年記念の一環として招待を受け、「デュッセルドルフ舞踏フェスティバル」に出演し、好評を得る。以来、国内及びヨーロッパ各地の劇場、イベントなどで精力的に公演を続ける。2017年2月「札幌国際舞踏フェスティバル」に出演。同年6月、ヨーロッパ3カ国(ベルギー、ドイツ、スイス)にて、舞踏公演&ワークショップツアーを行う。
















カレンダー, 塩屋音楽会|2018.04.13

04/12 (木) Ikarus (イカルス) 2018 来日ツアー



スイス発プログレッシヴ・男女スキャット・ジャズ
Ronin 率いるNik Baertsch の申し子
ミニマル・ポリリズム・グルーヴ・ミュージック

*「Ikarus の曲ではマジカルな魅力が展開する」 NDR (ドイツ)

*「質の高い作曲、淀みない演奏、そして、きらびやかで細かなところまで丁寧に作られた作品だ」Sid Smith, Prog Magazine  (イギリス)

*「息もつかせず、爽快な気分にさせる音楽旅行」 allaboutjazz.com (アメリカ)

LIVE:Ikarus

日時:2018年4月12日 (木) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日 3,500円
企画制作:Office Ohsawa
後援:スイス大使館
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







Ikarus

Ramon Oliveras  ラモン・オリヴェラス(作曲、ドラム) 
Anna Hirsch アンナ・ヒルシュ (ヴォーカル)
Andreas Lareida アンドレアス・ラライダ(ヴォーカル)
Lucca Fries ルッカ・フリース(ピアノ)
Mo Meyer  モー・マイヤー(ベース)

「五人編成のバンドはプリズムだ。マス・メタル、フリー・ジャズ、左寄りのエレクトロニカ、モダン・ポップ、現代クラシックからの影響がこのプリズムを通り、とても特徴的な音を創りだしている。彼らは自らを Evocative Jazz(喚情ジャズ)と呼んでいる。これはポリリズム、ミニマル・グルーヴ、北欧的サウンドスケープ、プログレッシヴ・ジャズを強調しながらも一つのものには執着しないミクスチャーだ。他のジャズ系の現代風のバンドと異なるのは、言葉を使わない、抽象的な男声・女声ヴォーカルがリード楽器として入っていることだ。北欧的暗さとうだる暑さの赤道地域カラーとの美しい緊張関係がポイントになる。」Lukasz Polowczyk



新アルバム“Chronosome” はNik Baertsch とRamon Oliveras のジョイント・プロデュースになる。

カレンダー, 告知|2018.04.12

04/09 (月) 7e.p. presents Mount Eerie Japan Tour 2018



夭折した最愛のパートナーの死をテーマに制作され、昨春の発表と同時に衝撃と絶賛を持って迎えられたフィル・エルヴラム=マウント・イアリの『A Crow Looked At Me』。ロビン・ペックノールド(フリート・フォクシーズ)の「これまでになかった感情を作り出した」という発言に代表されるように、アーティスト、メディア、オーディエンスから圧倒的な評価を受け、2017年のベスト・アルバム・リストの上位に多数選出、ここ日本でも前身のザ・マイクロフォンズ時代を含めキャリア史上最高のセールスを更新中です。

そんな前作の衝撃も冷めやらぬなか、わずか1年という短いスパンでニュー・アルバム『Now Only』が到着。最終曲のタイトル通り『A Crow Looked At Me』の続編でありながら、ディストーション・ギターやドラムの使用、更にほぼ5分以上、内2曲は9分超えと長尺のナンバーで占められるなど前作との差異は明らか。しかし、少年期〜青年期のエピソードを交え、前作発表以降のエルヴラムの経験を核に綴られていく歌詞はもとより、エルヴラムの抑制された声/メロディの美しさとミニマリスティックでループ感覚に満ちたサウンドが絡み合いもたらされる浮遊感、そしてカタルシスは疑いなく前作から地続きにあり、更にその先へと踏み込んだもの。

本作も日本以外ではアナログとデジタルのみで、CDでのリリースは日本限定。勿論歌詞対訳付き。
デジタル配信でも、OTOTOYでは歌詞対訳デジタルブックレット付きとなります。

そして『Crow』連作を携えマウント・イアリが日本に戻ってきます。アルバム同様に各地で絶賛を受けたパフォーマンスを遂にここ日本でも披露。各会場、入場時に希望者には『A Crow Looked At Me』『Now Only』の歌詞・対訳ブックレットの貸出も予定してます(終演後要返却)。神戸公演には2002年のマイクロフォンズとしての初来日以来〜翌2003年のUSツアー〜2006年の日本ツアーと数多くのステージを共にした盟友二階堂和美がスペシャルゲスト!

LIVE:Mount Eerie

Special Guest:二階堂和美

PA:西川文章 

FOOD:六甲山系ピカソ

日時:2018年4月9日 (月) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 4,700 当日 5,000円
主催:7e.p.
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。




Mount Eerie

ワシントン州アナコーテスを基盤とするフィル・エルヴラムのワンマン・プロジェクト。1990年代後半からザ・マイクロフォンズ名義で活動を開始。2001年のアルバム『The Glow Pt.2』は、米Pitchforkの年間ベスト・アルバム獲得。2003年以降はマウント・イアリとして活動。夭折した妻の死をテーマとした衝撃的な作品『A Crow Looked At Me』(2017)は絶賛を持って迎えられた。約5年半振り、4回目の来日。






二階堂和美

おもに歌手。1999年の1stアルバムリリースから現在まで、約20作を発表。国内外のアーティストとのコラボやCM歌唱も多数。代表作は、全曲を作詞作曲した2011年発表の『にじみ』(2013年に『にじみ デラックス・エディション』として映像DVD付のボックス仕様で再リリース)。このアルバムがきっかけとなり、スタジオジブリ映画『かぐや姫の物語』(高畑勲監督)の主題歌「いのちの記憶」(作詞作曲・歌唱)へ起用されるなど、音楽ファンのみならず広く知られるところとなる。

東京での活動を経て、2004年より故郷である広島県在住。浄土真宗本願寺派の僧侶でもある。エッセイ執筆や、地元大竹市の公式イメージソング制作など、地域に密着した活動も展開中。

近作に『伝える花』(2015年RCC中国放送「被爆70年プロジェクト“未来へ”」テーマソング)、21人編成のビッグバンド、Gentle Forest Jazz Bandと組んだ『GOTTA-NI』(2016年)など。

www.nikaidokazumi.net

カレンダー, 塩屋音楽会|2018.04.09

04/06 (金) グ音楽講座54「0からのDJ講座 ヒップホップ編」



レコードこすったりしてるかっちょいいDJってなにしてるの??
ターンテーブルってなに?ってひとから
ターンテーブルは家にもあるしレコードは聴くのだけど・・・
ピッチを合わせる!BPM?スクラッチ?クロスフェード?知りたい!やりたい!
そんな人までレコードとターンテーブルとDJミキサーを使った
ヒップホップマナーな「0からのDJ講座」をやります。
ディッディッディッディッディッディッディディジェィ!?カモーン!?

日時:2018年4月6日 (金) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約不要無料!
主催:森本アリ
共催:塩屋音楽会

問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com





DJ YOSHI a.k.a VINYL CAT

レコードとネコが大好きな昭和54年型DJ。
17才の時おかんにおねだりしてDJセットを買ってもらい、以降HIP HOPに没頭。
90′s Classic~Underground~RandomRapを経て、最近では7inchプレイも取り入れている。
スピンスタイルとしては90′sコマーシャルをサンプリングした「下手くそでもいい、たくましく擦ってほしい」をキャッチフレーズとし、2枚使いやスクラッチを駆使したHIPHOPの醍醐味&マナーに則ったプレイを心掛けている。

カレンダー, 塩屋音楽会|2018.04.06

04/05 (木) 小山田浩子×柴田元幸『庭』刊行記念朗読&トーク



『工場』で新潮新人賞を受賞、『穴』で芥川賞を受賞した広島在住の作家・小山田浩子さんの約4年振りの最新作『庭』が発売されます。

この刊行を記念して、著者である小山田浩子さんと、『庭』に収録されている三作品(「動物園の迷子」「世話」「緑菓子」)の初出元である文芸誌『MONKEY』の責任編集を務める翻訳家・柴田元幸さんとの朗読&トークイベントを、魅力的な“庭”がある旧グッゲンハイム邸で開催します。

質疑応答、終演後のサイン会も含めて、皆さんと一緒に“庭”に分け入っていけましたら。

出演:
小山田浩子
柴田元幸

FOOD:
六甲山系ピカソ(カレー)
味取(パン)

日時:2018年4月5日 (木) open 18:30 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,000円 当日 2,200円
主催:ignition gallery
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







小山田浩子

1983年広島県生まれ。2010年「工場」で新潮新人賞受賞。2013年、初の著書『工場』が第26回三島由紀夫賞候補となる。同書で第30回織田作之助賞受賞。「穴」で第150回芥川龍之介賞受賞。3月30日に最新短篇集『庭』が発売。


©島袋里美


柴田元幸

翻訳家、東京大学名誉教授。東京都生まれ。ポール・オースター、レベッカ・ブラウンなど、現代アメリカ文学を数多く翻訳。2010年、トマス・ピンチョン『メイスン&ディクスン』(新潮社)で日本翻訳文化賞を受賞。最近の翻訳に、レアード・ハント『ネバーホーム』(朝日新聞出版)、マーク・トウェイン『ハックルベリー・フィンの冒けん』(研究社)など。文芸誌『MONKEY』責任編集。2017年、早稲田大学坪内逍遙大賞を受賞。

カレンダー, 塩屋音楽会|2018.04.05
前のページ »

お知らせやイベント情報を掲載します。