07/27 (土) the oto factory 7inch vinyl release party supported by WOOKIEE crew



live:
一十三十一clubset w/Dorian+Kashif
the oto factory
パソコン音楽クラブ
ゆnovation
wai wai music resort

DJ:
Batsu
弓削匠 ( Adult Oriented Records )
Light Mellow West crew ( kitta / くろみく / miharu )
WOOKIEE crew ( 神納啓太 / KAKE-CHANG )

PA: 和田真也

drink/food: Otohatoba

日時:2019年7月27日 (土) open & start 15:00 close 22:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,500円 当日 4,000円 (+1ドリンク)
主催:the oto factory / WOOKIEE crew
共催:塩屋音楽会

予約フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdt-HfK9ni3jM5dwLYn6nK0Hzpt-9L0QfkyaP7K0wmoJc8Tdg/viewform





カレンダー, 塩屋音楽会|2019.07.27

07/25 (木) グ音楽講座68「トム・ウェイツを聴く」



トムと言えば酔いどれ詩人というが
実は一滴も呑めないんだと聞いて、
例えばブラインド・レモン・ジェファーソンが
腕時計をしてたとか車を運転してたとか
心臓がレモンだったとか、ありもしない噂は
いつだってリッキー・リーの魂胆であり
チャック・E・ワイスのしわざだ
素面だったらしいトムのあの鼻息混じりのダミ声で
聞いてみたいものだ、一度
彼は恋をしていると (黒田誠二郎)

ナビゲーター:
稲田誠(棚レコード)
黒田誠二郎(喫茶ゆすらご)
山本信記(SHIOYA FISHING CLUB)
森本アリ(※プロフィールを読んでください)

food:
喫茶ゆすらご

日時:2019年7月25日 (木) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:無料(予約不要)
主催:森本アリ
共催:塩屋音楽会

問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com







稲田誠 Inada Makoto

明石在住のコントラバス奏者。棚レコード代表。PAAP、Brazilという自己のバンドやAurora(川端稔sax,vo/青野忠彦ds)、千野秀一pエレクトリックトリオ(楯川陽二郎ds)、水谷康久saxトリオ(半野田拓g,key)、真夜中ミュージック(三沢洋紀g,vo/中尾勘二sax/植野隆司g/山本達久ds)、DODDODO+稲田誠、等のユニットでベースを弾き、ときどき歌う。ゑでぃまぁこん、TEASI、Gofish、泊、のうしんとうのレコーディングエンジニア担当。http://www.rose.sannet.ne.jp/tana/



黒田誠二郎

きつとふいくしよんと思う。ゆえに注釈は余計となる。欲しいのは遠く、自分の筆致だ。所定の場所にはギターと眼鏡が一式、必要不可欠とまぁ言える。それは黒田誠二郎。
タンブラー https://seiiijiiiro.tumblr.com/



山本信記

trumpet,synth 大原裕のブラスバンド「LIVE! LAUGH!」、スカバンド「Hi-Kings」に参加(Hi-Kingsでは、1999年にRico Rodriguezのtour bandをつとめる)。現在、江崎將史(trumpet)と喜多村朋太(organ)とのチェンバースカバンド「popo」や、武村篤彦(泊)との御幸楽DJユニット「モダンDJ特選集」などで活動。



森本アリ

しわがれ声でピアノ弾き・歌い『酔いどれ詩人』の異名で知られるトムウェイツ。1949生まれ、今年70歳、古希を迎えるのですね。僕の好きなトムウェイツは、いわゆる『酔いどれ詩人』的なピアノ弾き語り中心から、バンド編成・豪華なアンサンブル〜トムウェイツの自作楽器も駆使した妙なアンサンブルやサーカス的なガチャガチャした鮮やかな音色を追求していく時代。アイランド・レコードに所属した時代。マーク・リボー、グレッグ・コーエン、ケニー・ウォルセンなんてニューヨークアヴァン派の個性的な音楽家達が脇を支えててたまりません。その時代の特に好きなアルバムが、(多い|笑)レイン・ドッグ Rain Dogs (1985)フランクス・ワイルド・イヤーズ Franks Wild Years (1987)ビッグ・タイム Big Time (1988)ブラック・ライダー The Black Rider (1993)さらに、1986年にはジム・ジャームッシュの映画「ダウン・バイ・ロー」の主人公の一人(ジョン・ルーリーとロベルト・ベニーニとトム・ウェイツの3バカトリオ逃走映画、すごい3人)を務め、その後のジム・ジャームッシュ映画『ナイト・オン・ザ・プラネット』ではサントラを担当している。映画出演も多いトムウェイツの中での自分的ベストアクトはロバート・アルトマンの傑作『ショート・カッツ』。トムウェイツのレーベルの遍歴がアサイラム・レコード(1972-1981)アイランド・レコード(1982-1998)|アンタイ・レコード(1999-)なぜか日本語ではアが頭文字の、レーベルの遍歴により音も大きく変化していくのも面白い。みなさま、私の好きなトム・ウェイツもご持参いただければっ。

カレンダー, 塩屋音楽会|2019.07.25

07/21 (日) Sour vol.1 KONCOS × Special Favorite Music



KONCOSとSpecial Favorite Music
この上ないハッピーなツーマンが、神戸 旧グッゲンハイム邸で実現!
まだライブを見たことがない人にこそ、体感してもらいたいステージ!!
一度見るとハマる、そんなライブをお届けします!!!
海の見える洋館で、最高に楽しい夏の夜を!!!!!


Live:
KONCOS
Special Favorite Music

DJ:
shota_yam

Food:
カユミセ

日時:2019年7月21日 (日) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日 3,500円 (+1ドリンク)
   学割あり! 中高生チケット代半額+1ドリンク / 小学生以下無料
主催:岡本知里
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
  ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







KONCOS

Keyboard、Guitar、Drumsの3ピースバンド。
ファッションブランドALLEGEの2012 AW COLLECTIONの音楽製作をきっかけに活動スタート。
2015年4月より下北沢SHELTERを拠点に、自主企画[AFTER SCHOOL]を開催。
2016年7月20日にAWDR/LR2より、Colors & Scaleを発売。
全国各地のライブハウス、クラブを中心にライブを続ける。

http://koncos.net
https://www.instagram.com/koncos_music/

佐藤寛 Vocal, Guitar
Instagram&Twitter: hiroshisato

古川太一 Keyboard, Vocal
Instagram&Twitter: taichifurukawa

紺野清志 Drums



Special Favorite Music

Vo lovinyuu
Vo, Gt  Kume Yusuke
Gt, Syn  Okuda Naohiro
Sax, Flute Furukawa Yuta
Violin, Viola  Miyata Haruna
Drums, Percussions  Shinjo Katsuya
Bass Doi Norito

We are looking for something new!

2014年夏結成とともに自主製作盤1st EP 『Explorers』をリリース、限定店舗での展開ながらも評判を呼び初回プレス500枚を完売させる(現在廃盤)。 2015年3月、KONCOSとのスプリット7インチ『KITSUNE NO KUNI feat.PANPRAMA FAMILY / Summer Serve』をリリース。同年5月、2nd EP『ROMANTICS』を立て続けにリリース。自主製作盤にも関わらず、タワーレコードのルーキーキャンペーンに選ばれるなど新世代の担い手として一際注目を集め、 同年12月にはP-VINEから7インチ&配信シングル『Dribble / Future』をリリース。

2016年5月4日、待望のデビューアルバム『World’s Magic』をP-VINEよりリリース。

iTunes/Apple Music/Tower Recordsのチャートで軒並み上位に入る。同年8月に大阪で開催した初ワンマンライブ(@Club NOON)はSOLD OUTし、サーキット・フェスへの出演や初となる台湾公演も行った。

2017年3月29日には1stシングル『Ceremony』、8月2日にはセカンドアルバム『Royal Blue』をリリース。アルバムのリードトラック『Ceremony』、『Royal Memories』は全国20局以上のパワープレイを獲得するなど、メンバーそれぞれの音楽的バックボーンから構築された音楽性は業界内外から高い評価を得ている。
アルバムリリースを経て行われた初のツアーでは、、ワンマンで行われた東名阪3公演、海外公演(3公演)を含む全10公演を成功させるなど、そのライブパフォーマンスも注目されている。

2018年には『NOWADAYS』、『TWILIGHTS』とepを2作連続リリース。『TWILIGHTS』はMBS/TBSドラマイズム『文学処女』オープニングテーマに抜擢。リリース後に開催されたDENIMSとの東名阪ツアーもSOLD OUTするなど、2019年のアルバムリリースに向けて飛躍を続ける。

https://specialfavoritemusic.com/

カレンダー, 塩屋音楽会|2019.07.21

07/20 (土) MOON FACE BOYS / 加藤りま Release Party



出演:
MOON FACE BOYS
加藤りま
ゑでぃまぁこん

フード:喫茶ゆすらご

ほたほたろっと(占い):表家江泥

音響:稲田誠

日時:2019年7月20日 (土) open 18:30 start 19:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,000円 / 当日 2,500円
主催:Sweet Dreams Press
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
  ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







MOON FACE BOYS(ムーン・フェイス・ボーイズ)

竹下慶、松本一晃(アラヨッツ、ann ihsaなど)、カメイナホコ(ウリチパン郡、三田村管打団?、トンチトリオなど)の3人が京都を拠点に活動をスタートしたポップ・アンサンブル。当初はテニスコーツが主宰するマジキックからのリリースで知られたMY PAL FOOT FOOTのメンバー、竹下慶の宅録ソロ・プロジェクトとして2010年より活動開始。竹下の京都移住をきっかけに色彩感のあるトリオへと編成と音楽性を拡張させている。80〜90年代に世界中で芽吹いたインディー・ミュージックの心意気を胸に、訥々とこぼれ落ちる竹下慶の詩情あふれるメロディーを松本一晃の繊細なドラムワーク、カメイナホコの技ありスパイシーな鍵盤さばきをからめた甘酸っぱいアンサンブルが受けとめる、とっておきのローカル・バンドとして愛されている。2019年6月15日、Sweet Dreams Pressよりファースト・フル・アルバム『クミス』をリリース。



加藤りま (Rima Kato)

学校の授業で初めて手に取ったギターをきっかけとして、高校生の時にストロオズを結成、自主レーベルでカセットを発売し、ミディ・クリエイティブからデビュー。その後約10年のブランクを経てソロ活動をスタートさせ、2012年にミニ・アルバム「Harmless」をao to aoより、2015年には初のフル・アルバム『Faintly Lit』をflauより発表し、シャロン・ヴァン・エッテンやジュリー・ドワロン、マウント・イアリといった訪日アーティストのオープニング・アクトも務めてきた。なお、2019年にはクリスティーナ・ロセッティが1893年に書いた詩とその本の装丁に着想を得た10インチ・レコード『Sing-Song』をリリースしている。



ゑでぃまあこん

ゑでゐ鼓雨磨(ガットギターと歌)と柔流まぁこん(ベース)により2001年結成しました。現在は主に水谷康久、楯川陽二郎、元山ツトム、朝倉円香、影山朋子を加え、6〜7人のバンド編成で活動しています。自主のレーベルpong-kong recordsからのアルバムリリース『綿の煙の招待状』『カミナリデンゴン』やギューンカセット『あおいあしおと』『あのこが小鳥と話すとき』、マジキックレコード『やっほのぽとり』、円盤『ミイラと蚊』、オーストラリアのプリザベイション『輝く墓標』などからもアルバムをリリースしています。昨年、pong-kong recordsより『眩暗眩花』をリリース。 http://eddiemarcon.com/



喫茶ゆすらご

遡ればゆうに10年は経る、猫はしかし今年13になる。ゆえに社長は猫と言える。事実猫に食わせてもらっている、男と女のユニット、喫茶店、楽しいからやっている。今回の出店は、2種盛りカレーを中心に何やら緑っぽいモノや美味しいモノを持って行く予定です。とりあえず、猫はお留守番。よろしくお願いしニャス!!

カレンダー, 塩屋音楽会|2019.07.20

07/19 (金) 中山うり at 神戸旧グッゲンハイム邸



Live:
中山うり (vocal, accordion)
小林創 (pf)
南勇介 (b)

Food:みみみ堂(カレー)

日時:2019年7月19日 (金) open 18:30 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,500円 当日 4,000円 小学生以下無料
主催:A.O.I
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
  ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。





中山うり

シンガーソングライター。アコーディオンやトランペット、ギターなどを演奏。
幼少期に父親の影響でジャズやラテン音楽、歌謡曲を耳にして育つ。また、小学校から高校までブラスバンドや吹奏楽でトランペットを担当。シンガーソングライターとしては2000年ステージデビュー、後にs-kenプロデュースのもと、2007年〜2011年の間にアルバム6枚(EPを含む)、シングル2枚、ライブDVD 1枚をリリース。

2011年、自身作詞・曲の「回転木馬に僕と猫」はNHK「みんなのうた」でオンエア。
2012年からセルフプロデュースでアルバム『ホロホロ』、2014年『鰻』を全国リリース。
2015年、ギター弾き語りアルバム『ぼっち』をライブ会場限定販売。(現在HPからも直接販売中)
2016年、9thアルバム『マホロバ』をに全国リリース。
2016年Eテレ(教育)「シャキーン!」番組内のうたコーナーにて書下ろしの楽曲「モシモシーソー」がオンエア。
2018年4月に10thアルバム『カルデラ』を発売。
CM音楽で歌唱、ナレーションなど担当する他、BSプレミアムで放送されたドラマ「捨て猫に拾われた男」では主題歌、劇中音楽を担当した。
現在、東京北区の全15箇所の図書館の閉館音楽に「石神井川であいましょう」が採用されている。

カレンダー, 塩屋音楽会|2019.07.19

07/18 (木) 旧グッゲンハイム邸見学会 (無料一般開放)



今月も、いつも通り第三木曜日、 7月18日に行います。案内などは特になく、時間内に出入り自由としています。様々な資料を閲覧できます。予約不要ですので、どうぞお気軽に足をお運びください。

日時:2019年7月18日 (木) 12:00~17:00(随時)
料金:無料(予約不要)

お問い合わせ:

旧グッゲンハイム邸
兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5-17
TEL: 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail: guggenheim2007@gmail.com
URL: http://www.nedogu.com

カレンダー, 見学会|2019.07.18

07/15 (月祝) outside yoshino 歌の番外地こうべ



出演:outside yoshino

food:喫茶ゆすらご

日時:2019年7月15日 (月祝) open 18:00 start 18:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日 3,500円
主催:吉野製作所
共催:塩屋音楽会

予約(メール予約のみ):4/21 (日) 10:00 〜 on sale
E-mail : bangaichikobe@gmail.com
*件名を「7/15チケット予約」として、お名前、枚数をご送信下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。

問い合わせ:
E-mail : bangaichikobe@gmail.com
TEL : 078-220-3924 FAX : 078-202-9033






outside yoshino

北海道出身。東京在住。一人パンクバンドの気概。
エレキギター。3wのアンプ。声。アルコール。
カールコード。足踏み。裸電球。
冠動脈ステント。バイアスピリン。アトルバスタチン。
両膝半月板摘出。
録音時にはbedside yoshinoに変身。
三人寄ればeastern youth。
ポンコツ街道一直線。ひと筆書きだよ人生は。

http://www.yoshino-seisakujyo.com
https://twitter.com/outside_yoshino

カレンダー, 塩屋音楽会|2019.07.15

07/13 (土) セックスマシーン!!「ゲストボーカル感謝祭〜バラードワンマン〜」



日時:2019年7月13日 (土) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,500円 当日 3,000円
主催:オレンジ企画
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:power records

E-mail : sekumasiticket@yahoo.co.jp

公演日、お名前、予約枚数を送信してください。

◎入場順は「物販手売りチケット」→「メール予約」の順になります。
◎メール予約のキャンセルは必ずご連絡下さい。

カレンダー, 塩屋音楽会|2019.07.13

07/11 (木) Dos Paisajes con GuillermoRizzotto y Kawole TOUR2019 Las verdades del tiempo~顔なき声のうた




Guillermo Rizzotto ギター
Kawole 歌とカーハ

日時:2019年7月11日 (木) open 18:30 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約・当日ともに 3,500円
主催:Musica Otras CANCIONES
共催:塩屋音楽会
協力:Akubi / マキュマルーンワークス / L’equipe de Marie

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
  ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。


当日18:30よりアルゼンチンプレート1,000円をお楽しみいただけます。
ご予約優先販売ですのでご予約はこちらまで
E-MAIL:jordu@maqumaroon-works.com
TEL:090-9112-6228 (マキュマルーンワークス フジノマキ)





Guillermo Rizzotto ギジェルモ・リソット (ギター)

1980年生まれ、アルゼンチン・サンタフェ州ロサリオ出身。ギタリスト作曲家、編曲家、プロデューサー。12歳でギターを始め、19歳で地元のロサリオ音楽学校を卒業し、プロとして活動を始める。2006年に、10年以上の書きためた作品から吟味した初のオリジナル・ソロ・アルバム『Solo guitarra』を発表。その後スペインバルセロナへ移住し、自身のレーベル「Olga Records」を主宰。歌手デビッド・デ・グレゴリオとの共作Brillo(08年)フルート奏者パブロ・ヒメネスとの共作『El paso del tiempo』(09年)、『La otraorilla』(12年)を発表するなど精力的に活動を続ける。

日本では、姫路のHUMMOCK Cafeがいち早く紹介したのをきっかけに長らく入手困難だった『ソロ・ギターラ』が2012年春に国内盤としてリリース。南米音楽~フォルクローレのリスナーはもとより、クラシックギターのファンにまで幅広く支持され、異例のロングセラーを記録し一躍注目の存在となった。

2013年春『情景の記憶(ソロ・ギターラ II)』のリリースに合わせ待望の初来日。インティメイトで繊細な演奏で全国のファンを魅了し、ツアーは大成功をおさめた。2014年8月には北欧ノルウェーのヌーメダル地方に伝わるフォーク・ミュージック/楽器の演奏者たちとレコーディングした意欲作『ヴィンドゥ』を発表。北欧と南米というまったく環境が異なる2つの国/地域の民衆に伝わる、それぞれの伝統音楽を見事な手腕で融合した作品は評論家からも絶賛された。

2015年5月24日に、『ソロ・ギターラ』『情景の記憶(ソロ・ギターラⅡ)』に続く3作目のギター独奏曲集『ラ・エテルナ・メモリア』をリリース、2度目の来日公演を行う。

2015,2017年にkawoleと共演。2018年のツアーでは「顔なき声」をテーマに、kawoleとのデュオによる「北部アルゼンチンの民族歌謡と日本の民族歌謡」に取り組み、日本とアルゼンチンの新たな原風景を紡ぎ出し、好評を得る。

kawole かおる

奈良出身。歌手。
世界の楽器にうたことばをのせて。
水と森の大地ブラジル、アルゼンチンや南米諸国にわたる山と風の歌、広く唱歌や歌謡曲を取り上げ日本のうたで綴る日本語のうたプロジェクト、朗読音楽会の主催や声の瞑想会の開催など、「ことばと音と声」を打楽器とともに歌い繋ぐ。

2008年、変拍子で綴る新しい解釈のボサノヴァアルバム「poema de anatomia 解剖の詩学」を発表。2015年7月バルセロナ在住ギタリストのギジェルモ・リソット、9月にはコルドバ出身のクララ・カントーレの2人のアルゼンチンアーティストと共演。2017年には南米のルーツ・ミュージックを求めてペルー、ボリビア、アルゼンチンを巡り、各地の先住民音楽家たちと交流。北アルゼンチンのアマイチャ・デル・ヴァジェでは念願だった先住民打楽器カーハと歌うコプラに出会い、首都ブエノスアイレスで活動しているミリアム・ガルシアと行動をともにしながら学ぶ。また歌手シルビア・イリオンドに招かれ、アルゼンチンにまつわる歌の交流を深める。

帰国後は再びギタリスト ギジェルモ・リソットと奈良、芦屋、神戸の3か所で共演。アルゼンチン大使館後援により、ブエノスアイレスより来日したドゥオ・エル・バルコンと関西ツアーで共演。水と光と祈りをテーマにピアノ、チェロのトリオによるニューアルバム「agua e luz 水と光」を発表。「声」と「ものがたり」とのかかわりでは、詩人管啓次郎と「声」と「音」で共演。写真家小原一真の写真展での朗読会で音と声を添えるなど、多岐にわたる活動を展開している。国内では唯一のカント・コン・カーハ(カーハと歌う歌)の歌い手。

カレンダー, 塩屋音楽会|2019.07.11

07/06 (土) 大木温之(ピーズ)旧グッゲンハイム邸ワンマン



!! THANK YOU !! SORRY !! SOLDOUT !!

Live: 大木温之(ピーズ)
Food: かばくんカレー

日時:2019年7月6日 (土) open 18:00 start 18:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日 3,500円
主催:オレンジ企画
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約はメール受付のみです。
* 送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* 整理番号付きで、順に、予約完了の返信を致します。
* 予約後のキャンセルは、必ずご連絡をお願い致します。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。

★ 入場は整理番号順です。当日券は当日の状況により判断します。
★ 予約・当日券共に、当日の精算となります。

カレンダー, 塩屋音楽会|2019.07.06
前のページ »

お知らせやイベント情報を掲載します。