09/12 (木) DE BEREN GIEREN「Japan Tour 2019」神戸公演



DE BEREN GIEREN
Fulco Ottervanger – piano
Lieven Van Pée – bass
Simon Segers – drums

YMY
三好佑佳 Yuka Miyoshi – drums
後藤佑太 Yuta Goto – etc.
鈴木勝 Masaru Suzuki – guitar
+
光永惟行 Mitsunaga Koreyuki – sax

food:
六甲山系ピカソ

日時:2019年9月12日 (木) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約・当日ともに 2,500円
主催:DE BEREN GIEREN
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
  ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







DE BEREN GIEREN

ピアニストFulco Ottervangerの作曲に基づいて、トリオは新しい形の探求に即興の力を使います。彼らは彼らの独特の精力的な音、輝くメロディー、複雑な構造と風変わりな歌のタイトルで知られています。彼らは、ポリリズミカルなサウンドスケープ、独唱、そしてエリート主義的なひねりを融合させ、常に気を配っているような方法で、突然気分を変える能力を示しています。見逃せないライブ体験!

バンドは2009年に結成されました。彼らの2ndアルバムは「a raveling」(2013年)が広く称賛され、グループの国際的なブレークスルーをもたらしました。ポルトガルのトランペッターSusana Santos Silvaとのリュブリャナでのコンサートのレコーディングは、大手レコード会社Clean Feedで「The Detour Fish」(2014)としてリリースされました。3枚目のアルバム「One Mirrors Many」は自作の電子機器を含み、Jazzismはその年の最も影響力のあるアルバムと評した。2017年9月に、新しいベルギーのレーベル、Sdbanで「Dug Out Skyscrapers」をリリース。

Susana Santos Silvaとのコラボレーションの他に、De Beren GierenはMarc Ribot、Joachim Badenhorst、Louis Sclavis、Jean-Yves Evrard、Jan Klare、Ernst Rijesegerなどの他の国際的に有名なミュージシャンともコラボレーションしています。彼らはトロンハイムジャズフェスト、ノースシージャズ、リュブリャナジャズ、ジャズミドルハイムなどの主要なフェスティバルで演奏した。De Beren Gierenの名前は世界中の音楽愛好家の間でベルを鳴らし始めます。このグループはいくつかの賞を受賞し、ヨーロッパ中および海外でプレーするように招待されています。



YMY(音遊びの会より)

神戸が生んだ音の玉手箱的大家族的即興集団「音遊びの会」。結成は2005年。日本中津々浦々、そして2013年にはイギリス遠征敢行。月2回の「音遊びの会」のワークショップにて試される編成が定番化したのが、この、 通称「音遊びの会」のジャーマンプログレ、クラウトロック「YMY」。全体的にぐにゃぐにゃしてるのだが、なんだかタイトに感じる。そしてリズムは歪むのにとてもダンサブル。

後藤佑太 Yuta Goto
とんちとジョン・ケージ、特撮とドラえもん。禅宗の僧のような一挙手一投足が繊細な音空間を作り出す音遊びの会の匠。

三好佑佳 Yuka Miyoshi
それが踊りであろうと、ハーモニカ、ギター、太鼓の演奏であろうと指揮であろうと、気合いとアクションで観るものをくぎ付けにする『音遊びの会』の剣士。

鈴木勝 Masaru Suzuki
十代の終わりごろ、ギター独学と同時に自宅録音を開始。その後バンド活動等を経つつ、よりフリーな即興演奏や音そのものの「響き」などへも興味は拡大。2005年、結成当初の音遊びの会に参加。その他参加しているバンド/プロジェクトは、飯山ゆい(p)とのデュオ「さばく」、みやけをしんいち(ss)とのデュオ「melagukan(ムラグカン)」、江崎將史主宰・至福のアキビン吹奏「アキビンオオケストラ」。



光永惟行 Koreyuki Mitsunaga

「グラタンカーニバル」のリーダー。江崎將史主催「アキビンオオケストラ」のメンバー。関西のフリーペーパー「月刊かえる」への寄稿。松野泉監督作品「さよならも出来ない(2017)」の音楽担当。「音遊びの会」には2008年から参加。

カレンダー, 告知|2019.09.12

お知らせやイベント情報を掲載します。