09/27 (金) シーアンと遊ぼう! Play with Shih-Yang Lee



台湾よりトップピアニストShih-Yang Leeの久々の来日。共演は関西を中心に幅広い活動を行っている江崎將史、大所帯非楽器アンサンブルPOLY!主宰やピアニストとして活動も行う江南泰佐。誰も普通の楽器使わないかもしれません。またオープニングアクトとして現地の王様に表彰されるくらいのガチのワヤン使いのナナンとビジュアルのeyekotanabe、音の山本雅史の3人によるCORONAが出演。

live:
Shih-Yang Lee
江崎將史
江南泰佐
CORONA

日時:2019年9月27日 (金) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,000円 当日 2,500円
主催:山本雅史
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







李世揚 /Shih-Yang Lee

1982年台湾生まれ。6歳でクラシックピアノを始め、 20年以上クラシックや作曲の研鑽を積む。近年はフリージャズ、即興のシーンで活動し、ソロの他、豊住芳三郎、梅津和時、向井千恵、内橋和久、Fred Van Hove、Gene Colemanなど共演ミュージシャン多数。トラッドとモダンをミックスした台湾のグループKa Dao Yinで「Four Characters」(2011年)他のアルバムをリリース。2013年には台湾アーティストで初めて仏METRO Festival Mulhouseのクロージングパーティに招聘されるなど、台湾を代表する即興・フリーのピアニストとして活躍している。

https://www.facebook.com/ShihYangL/
https://soundcloud.com/shih-yang-lee



江崎將史 /Ezaki Masafumi

音を伴う行為、作曲、 身の周りのもの、トランペット。
トランペットは独自の奏法を多数開発。
ソロのほか国内外の多くのミュージシャンとセッション、録音を重ねる。近年は炭酸ソロ、図鑑朗読、テントソロ、トレイソロ、暮らしの手帖(日常品のサウンドテスト)などの”博物学的”パフォーマンスのシリーズを行っている。最新パフォーマンスは「家鳴りを聴く会」、「OPP袋を全部広げる」。 作曲活動は 事の音への変換、ゲーム、図形、などによるものがある。オセロを使用した作品が含まれるCDに「Othello/3 Minutes」/Slub Music/SMCD 14/2008/ がある。他に動きを伴い空き瓶を吹奏のアキビンオオケストラを主宰。popo/HOSE/Black&Mountain/対極/ omm-pah/音遊びの会などでの活動。 グラタンカーニバルのサポートメンバー。 継続している企画に「月刊」、「別冊」、「月刊/関西のインプロヴィゼーション」がある。「Ezaki & The Family Stone」として各地の海岸で採取の石を売る。



江南泰佐 / Enami Taisuke

大阪箕面市在住。ピアノを演奏することもあれば日用品を演奏することもある。大所帯非楽器アンサンブルPOLY!主宰。何かと何かの間のサムシングに最近関心があります。



CORONA

2019年5月結成。メンバーはジョグジャカルタ出身、ダラン (伝統的影絵芝居の人形遣い) として、動物が主人公の民話を題材としたワヤン・カンチルの上演等を国内外で行い、2010 年にはワヤン・カンチルの若き継承者としてジョグジャカルタのスルタン (王/州知事) から表彰されたNanan WicaksonoとLiquid Motion Movie担当のeyekotanabe、サウンド担当の山本雅史の3人。新しいスタイルのワヤンの構築を行い、世界征服を企む。

カレンダー|2019.09.27

お知らせやイベント情報を掲載します。