03/20 (日) 岩川光トリオ・ジャパン・ツアー2016【セグンド】神戸公演



多方面で活躍中の才能溢れる3人が満を持してツアー開始。ケーナとピアノとアコーディオン、3つの楽器が美しく調和する瞬間を、是非ともお見逃しなく。

act:
岩川光トリオ
 岩川光 (quena etc.)
 佐藤芳明 (accordion)
 林正樹 (piano)

food :みみみ堂(カレー)

日時:2016年3月20日 (日) open 14:00 start 15:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 4,500円 当日 5,000円
主催:Música Arco-íris(ムジカ アルコ・イリス)
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。





Hikaru Iwakawa Trio “Canción:IV” (Hikaru Iwakawa)


岩川光(quena etc.)

革新的な演奏技術でその可能性を刷新し続けるケーナ奏者。また、複雑でありながらダイレクトに琴線に触れる楽曲に定評のある作曲家。9歳よりケーナを始め、後にバロック・リコーダーや西洋音楽理論も学ぶ。2013年よりアルゼンチン拠点。ディノ・サルーシ、ハイメ・トーレス、フアン・ファルーら世界的巨匠たちとも共演を重ね、惜しみない賞賛を得る。キケ・シネシと『deseo』、自身のトリオで『primero』、セルカン・イルマスと『amalgama』などを発表。2015年8月よりハイメ・トーレス・グループのケーナ奏者も務める。
http://www.hikaruiwakawa.com

佐藤芳明(accordion)

国立音楽大学在学中に独学でアコーディオンを始める。1995年~96年、パリの C.I.M.Ecole de Jazz に留学、アコーディオニスト・Daniel Milleに師事。ライブ、レコーディング、舞台音楽など、様々な現場で数多くの仕事をこなし、国内外を問わず、ジャンルを越えて幅広く活動。既存のアコーディオンのイメージにとらわれない独自のサウンドを目指す。
http://www.geocities.jp/acc_sssaaatttooo

林正樹(piano)

1978年東京生まれ。少年期より独学で音楽理論を学び。その後、佐藤允彦、大徳俊幸、国府弘子らに師事。大学在学中に、伊藤多喜雄&TakioBandの南米ツアーに参加。現在は自作曲を中心とするソロのほかや、「間を奏でる」、田中信正との「のぶまさき」などを主宰。「渡辺貞夫カルテット」、「菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール」などに在籍。国内外で高い評価を獲得している。
http://www.c-a-s-net.co.jp/masaki

カレンダー, 塩屋音楽会|2016.03.20

お知らせやイベント情報を掲載します。