05/26 (土) NSS Collaboration Concert 3rd



LIVE:
高名幾子 (オーボエ)
信多仁子 (ピアノ)

SALON:和多田有美 (デザイナー )

ソロではなかなか聴けないオーボエの音色を、関西フィルハーモニー管弦楽団で活躍の高名幾子とピアノ信多仁子とともに、幅広いジャンルのプログラムで楽しんでいただけるコンサートです。休憩時間には、2階サロンからの素敵な眺めを楽しみながら、CuCuLaデザイナー和多田有美のオリジナルリボンの様々な作品をご覧いただけます。

Program
ショパン:ノクターン Op.9-2 (ピアノソロ)
サン=サーンス:ソナタ 2 楽章
ドヴォルザーク:新世界より ラルゴ「家路」(イングリッシュホルン)
風笛
幻想曲「さくらさくら」(ピアノソロ)
川の流れのように
いつか王子さまが
美女と野獣
踊り明かそう
ほか

日時:2018年5月26日 (土) open 13:00 start 14:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:3,000円(要予約|ドリンク付き)
主催: NSS (Nice Smile Supply)

予約・問い合わせ:

TEL 090-4038-1973 (しのだ)
mail yshinoda1616@ezweb.ne.jp






高名 幾子 Takana Ikuko (オーボエ・イングリッシュホルン)

神戸市立垂水小学校・垂水中学校出身。 兵庫県立北須磨高等学校卒業。
13才よりオーボエを始める。
1987年京都市立芸術大学音楽学部卒業。音楽学部賞受賞。
第2回摂津音楽祭リトルカメリアコンクール奨励賞。
1990年関西フィルハーモニー管弦楽団入団。 現在に至る。 オーボエを清水明、岩崎勇に師事。

信多 仁子 Shinoda Yoshiko (ピアノ)

京都市立芸術大学音楽学部ピアノ科卒業。
第35回全日本学生音楽コンクール高校の部西日本第2位入賞。 ドイツ・ヴュルツブルグ音楽大学に留学。 1987/89/91/2003年にリサイタルを開催。テレマン室内管弦楽団と協演。 その他、サロンコンサート、チャペルコンサート、 伴奏等、幅広く演奏活動を行う。混声合唱団フォンターナ伴奏ピアニスト。ポエティカ、歌曲研究ソワレの会、各会員。

CuCuLa. キュキュラ (オリジナルリボン&バッグ)

大人の女性が日常に取り入れやすいリボン、をコンセプトにしている CuCuLa.のリボンは全て手作り。 バッグは立体感のあるリボンで、ヘアアクセは大人カラーのリボンで。 リボンを毎日の生活にプラスしてみませんか? (和多田 有美)

イベント, カレンダー, 告知|2018.05.26

01/07 (日) 伴瀬ひとり 旧グ邸




先日、旧グッゲンハイム邸でのcooking songsのライブを観ても思ったのですが、ある種の繊細さと孤絶が編まれた傑作「カリハラ」から数年、伴瀬さん、どんどん肩の力が抜けて伸び伸びとしているような感じで、とても良いなと思います。2017年は音源としてのリリースは無かったものの、恒例になってきた青森のお米「青天の霹靂」のCM曲はじめ、いくつかの提供曲がその伸び伸びさを表しているような図抜けた素晴らしさで、、そんな2018年の伴瀬朝彦もとても楽しみです!!

ということで、2018年も「伴瀬ひとり」開催します!

もはや欠かせなくなってきたMINODAさんのDJ、年々整いを増していくSSK軒の酒&おつまみ出店の方々、音響の和田さんなどなど、毎年なかなかあり得ない環境で伴瀬さんの唄にどっぷり浸れる、新年早々というかならではというか、とにかく贅沢な会だと思います。
ぜひお越し下さい~!!!

HOPKEN 杉本善則


出演:伴瀬朝彦
D J :MINODA (SLOWMOTION)

日時:2018年1月7日 (日) open 16:00頃 start 16:30頃
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,000円 当日 2,500円
主催:SSK軒
共催:塩屋音楽会、HOP KEN
出店:SSK軒,,etc

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日と水曜日は休館とすることが多いため、返信等の対応が滞る場合があります。







伴瀬朝彦 (片想い、ホライズン山下宅配便、etc…)
シンガーソングライター。
幼少時クラシックピアノを習得するも、ブルーズ、ロックンロール、歌謡曲に洗礼を受け、独自の切り込みで作詞作曲を手がける。伴瀬朝彦 名義の他、「cookingsongs」、「片想い」、「ホライズン山下宅配便」のメンバーとしても活動。
2014 年にひとり多重録音による初のソロアルバム『カリハラ』を発表。2016年秋には松倉如子をボーカルに迎えた『ココア山』、上野茂都の新しい方向性を提示した『上野茂都の別天地』をプロデュース。そして高橋保行(渋さ知ラズ 等)との双頭リーダーバンドである「cookingsongs」のデビューアルバム『CookingSong』を発表。2017年、cookingsongsで関西初ツアー完遂、青森発特A米「青天の霹靂」などCM曲も手掛け、さらにソロプロジェクトを準備中。

ばんせの独りごと
http://anahole.seesaa.net





MINODA (SLOWMOTION)



〜 お家で余ったおせちやお餅、お酒など持ち寄り歓迎いたします。〜

イベント, 告知, 塩屋音楽会|2018.01.07

10/26 (木) ロジャー・ターナー来日公演2017



出演:
ロジャー・ターナー trio
with 藤井郷子(ピアノ)、田村夏樹(トランペット)

日時:2017年10月26日 (木) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日 3,500円
主催:roger turner
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX : 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







ロジャー・ターナー(ドラマー・パーカッショニスト)

1970年代初頭から英国を拠点に活動。ソロ、実験的ロックミュージシャンやフリースタイルの歌手との共演、前衛ダンス、映画や現代芸術家らとの捜索活動に参加する等、精力的に活動。ワークショップやジャズ音楽ベースのアンサンブルにも多数参加。共演者の名を挙げたら遑がないが、アネット・ピーコック、セシル・テイラー、チャールス・ゲイルズ、フィル・ミントン、が挙げられる。2013年には、原美術館にて大友良英と共演し、鮮烈かつ鋭角的なパーカッション演奏を見せた。 「ターナーの先鋭的で斬新な演奏は圧巻である。炸裂するパワーと繊細で情緒豊かな音が絶妙に絡み合う音楽はまさに類い稀だと言えよう」(The Wire 1986) https://www.turners-site.com/




藤井郷子(ピアニスト)

東京生まれのアヴァンギャルド系ピアニスト/作編曲家。4才よりクラシックピアノを始め、高校卒業時にジャズに興味 を抱く。20歳で上京。即興音楽などを経験し、再びピアニスト活動へ。26歳で渡米し、バークリー音楽院に入学。2年半通学し、優秀賞を得て帰国。自身の音楽を模索し、93年に再び渡米。ニューイングランド音楽院にてジャズ、現代音楽、民族音楽などを学び、卒業直前にポール・ブレイとのピアノ2台のデュオ・アルバム『サムシング・アバウト・ウォーター』を制作。卒業後はニューヨークへ移り、日米欧で活動。以降、国内外でソロ、デュオ、トリオ、カルテット、ビッグバンドなど、ジャンルを越えた音楽活動を精力的に展開。http://www.satokofujii.com/jindex




田村夏樹(トランペッター)

滋賀県生まれ。高校卒業後上京。スマイリー小原とスカイライナーズ、今城嘉信とザ・コンソレーション、宮間利之とニューハード・オーケストラ等で演奏。そ の後フリーのミュージシャンとしてアイドル歌手のツアーバンド、テレビ、スタジオ等で活動。1986年、渡米。ボストンのバークリー音学院に入学。
1987年、帰国。自己のバンドで活動。1993年、再び渡米。ボストンのニューイングランド音学院に入学。NYに移り活動。1997年帰国。日本、欧米 を中心に自己のバンド「Gato Libre」「First Meeting」や藤井郷子、板橋文夫等のバンドで活動。海外のフェスティバルにも出演多数。CDリリースも多数。http://www.natsukitamura.com/jhome.html 

イベント, カレンダー|2017.10.26

07/23 (日) 「なつのにわ」 〜Ruff&SANDHYA〜



グッゲンハイム邸のある塩屋在住のDuo、Ruff(ラフ)。
繋いできたご縁を、ひとつの「庭」で遊ばせる日。 
みんなの音です。

RuffのCDが塩屋の町で出来上がりました。

LIIVE:
Ruff
亀崎ヒロシ
SANDHYA

Food・Drink:
ルリカケス
TRUNK DESIGN
Lokki Cafe

日時:2017年7月23日 (日) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約当日共 3,000円 
主催:Ruff
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。






Ruff (ラフ)

2015年4月に結成。
海と山に囲まれた町 兵庫県塩屋在住の鈴木健一郎(Guitar)と中西悦子/Ecco(Sax)のインストゥルメンタルデュオ。往年のSoul、 Funk、Jazzから生まれたグルーブやインプロヴィゼーションで遊び、日常から生まれてくる物語を音にする。「Ruff」とは、rough(くつろぐ)とtuff(強くある)を組み合わせた造語。

https://www.facebook.com/Ruff-547628542103752/




SANDHYA/サンディハ

月と太陽がまじわる神秘の時間
空のひと、海のひと、大地のひと
すべての存在とともに奏でる祈り
笛、太鼓、絃と声からなる
トライバル・アンビエントバンド

https://ja-jp.facebook.com/otonotabi3

イベント, カレンダー|2017.07.23

07/08 (土) yuri yamada piano concert Cantabile


cantabileは、音楽用語で歌うような、流れるようなという意味を持ちます。心のなかで通う思い
をアルバムにしました。たくさんの過ぎた時間も、愛おしむように。そしてこれからを。

6月発表のニューアルバム「Cantabile」を中心に演奏します。

出演:yuri yamada

出店:お八つとお茶 いろは

会場装飾:ka-ji-

日時:2017年7月8日 (土) open 18:30 start 19:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,500円 当日 2,800円 小学生 1,000円(予約当日共)
*全てのチケット、1ドリンク付です
主催:yuri yamada
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。




yuri yamada

ピアニスト/作曲家。幼少期からクラシック音楽に触れ、2011年から自主制作アルバムを発表、演奏活動を開始する。作家さんやお店との企画CDや楽曲提供、昨年は岩瀬ゆか主催のライブペイント「演奏と制作」に参加。今年6月、2012年発表のアルバム「Cantabile」をコンサートホールでレコーディング、新たな曲編成でリリース。 http://utausora.exblog.jp/

イベント, カレンダー|2017.07.08

07/03 (月) 池田千夏「A BREAK IN THE RAIN」関西ツアー2017



出演:
池田千夏(pf)
宮野裕司(sax)
水谷浩章(cb)

ゲスト:木野彩子(dance)

日時:2017年7月3日 (月) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,500円 当日 3,000円
主催:池田千夏
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。




池田 千夏 (pf) Cinatsu Ikeda

大阪府出身。大阪音楽大学短期大学部では声楽を専攻。在学中にジャズ、即興音楽に傾倒し卒業後上京。佐藤允彦、橋本一子に師事。2010年 全オリジナル曲のアルバム「NEPENTHE」を発表。以後、大坪寛彦(b) 海沼正利(per)とピアノトリオを結成。独特のアコースティックな美しい音世界が好評を博す。2015年 トリオのレギュラーメンバーに鬼怒無月(g)を迎え2枚目のアルバム「CADENDIA」を発表。またレスナーとしては、山野楽器ジャズ・ポピュラー・ピアノ科の担当講師として稼働している。


宮野 裕司 (sax) Yuushi Miyano

1948年岡山市生まれ。中学校のブラスバンドでサキソフォーンを始め、大学在学中より演奏活動を開始。1997年 フェビアン レザ パネ(Pf)とのデュオアルバム 「プランタール」をリリース。自己のクァルテットの他 松尾明テイクテン 二村希一5 宮本大路クロスカウンター 小林洋室内バンドAlto Talks 等で活動中。 2014年より 土生剛steel pan 石井怔行gt とライヴ活動を開始。


水谷 浩章 (cb) Hiroaki Mizutani

12歳の頃よりエレクトリック・ベースを始め、大学在学中からジャズのライブハウスなどで音楽活動を開始する。アコースティック・ベースを吉野弘志氏に師事。現在は、自己のユニット phonolite(flute、sax、trombone、strings 等を含む12人編成の変則ジャス・オーケストラ)を主催するかたわら、ジャンルを問わず、様々なアーティストのアルバムをプロデュース。坂田明トリオ、南博 Go There、大友良英 NEW JAZZ Trio、津上研太 BOZO、芳垣安洋 Vincent Atmicus、他多数のユニットに参加。また、作曲家、アレンジャーとしても活躍中。



木野 彩子 (dance) Saiko Kino


踊子。もとは振付家。即興音楽とダンスの可能性を追求するうちに振り付けから離れてしまう。あんまり考えないで即興で踊りなさいと勧められる。札幌東京パリロンドンぐるぐる回って現在はなぜか鳥取。

イベント, カレンダー|2017.07.03

お知らせやイベント情報を掲載します。