【開催日変更】09/18(土) → 11/28 (日) HACO 『NOVA NATURO』 レコ発ライブ in 神戸



兵庫県の緊急事態宣言延長を受け、11/28(日)に日程変更になりました。

HACOによるアンビエントポップな風合いの新譜『NOVA NATURO (ノヴァ・ナチュロ)』が、オーストラリアの Someone Good (Room40) から今年6月リリースされました。「フィールドレコーディング、エレクトロニクス、ヴォイスなど幾重にもレイヤーされたドリーミーなサウンドが、リスナーをゆっくりとパーソナルな心象風景に誘います。(国内配給:Inpartmaint Inc.)」
アルバムの楽曲に共作参加している地元ミュージシャンの松尾哲治、稲田誠を迎えて、新トリオ・アレンジで魅せる初の単独レコ発イベント!

■ NOVA NATURO 特設サイト
http://www.hacohaco.net/haco/nova_naturo.html


出演: HACO (vocal, electronics) + 松尾哲治 (drums, piano) + 稲田誠 (bass)
映像:田尻麻里子、登崎榮一、Tomáš Knoflíček、Haco

日時:2021年11月28日 (日) open 17:00 start 17:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,000円 当日 2,500円
主催: Mescalina
共催:塩屋音楽会


予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX:078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。






HACO
ヴォーカリスト、作詞作曲家、エレクトロニクス奏者、サウンドアーティスト。80年代に音響芸術を学び、After Dinnerを結成すると共に作品が国際的に評価される。近年、声と有機的なエレクトロニクス手法をむすびつけた独自のパフォーマンスを展開。その透明感のある歌声と音響技術の融合により実験的かつポップ感覚をつめこんだ楽曲によって、世界中にファンをもつ。これまでにソロやHoahio等のCD発売多数。海外の革新的な音楽/アートフェスティバルからの招聘をうけ毎年のように公演ツアーを行ってきた。その作風は各プロジェクトによって分けられており、歌、楽器アンサンブル、電子音、音響、環境音、即興コラボレーション、電磁波の収音にいたるまで、多岐にわたる。2017年にセルフプロデュースの歌ものソロアルバム「Qoosui」、2021年に「Nova Naturo」を、豪州Someone Good (Room 40) より世界リリース。それらのアルバム楽曲は、各国の音楽誌やラジオ番組で取り上げられ、絶賛を浴びている。
hacohaco.net/





松尾哲治 (Tetsuji Matsuo)

兵庫県生まれ
ドラマー、作曲家

高校生の時、友達の誘いでバンドでドラムを始める。
いくつかのロックバンドに在籍し関東、関西で活動する。

2005年渡米し、Whitworth Universityにて音楽を学ぶ。
ジャズ、クラシック、ロック、クラブミュージックなどいろいろな音楽から影響を受ける。

2008年帰国後、ピアノとドラムを中心とする即興音楽を制作するようになる。
坂本龍一氏のラジオ番組、”RADIO SAKAMOTO”のオーディションで、2度楽曲がオンエアされる。
それに加え、 2014年、友人でありEXTRUDERSのギタリスト、岡田了とBMC “Black Mountain Conception” を結成、活動を開始する。
2018年、京都の音楽レーベル、Shrine.jpよりソロでのアルバム「Journey」を発表した。
2021年、ダンサー・振付家 下村唯のダンス作品「亡命入門 声の国」の音楽制作に参加する。
そして、2012年に発表していたEP「flow」を、リマスタリングして再リリースした。

現在は故郷の兵庫県赤穂市に在住し、音楽活動を続けている。
https://www.tetsujimatsuo.com




稲田誠 (Inada Makoto)
コントラバス/エレキベース奏者。棚レコード代表。レコーディングエンジニア兼農家。子供5人。PAAP、Brazilという自己のバンドやDODDODO BAND、トンチトリオ等のユニットでベースを弾き、ときどき歌う。

カレンダー, 塩屋音楽会|2021.11.28

10/21 (木) 旧グッゲンハイム邸見学会 (無料一般開放)

BRUTAS 2012年 2/15号


毎月第三木曜日は月に一度の見学会です。
案内などは特になく、時間内に出入り自由としています。様々な資料を閲覧できます。予約不要ですので、どうぞお気軽に足をお運びください。

開館にあたっては感染拡大防止を図り、安全を最優先に対応させていただくため、ご来館の際はこちらのご協力をお願いいたします。

日時:2021年10月21日 (木) 12:00~17:00(随時)
料金:無料(予約不要)

お問い合わせ:

旧グッゲンハイム邸
兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5-17
TEL: 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail: guggenheim2007@gmail.com
URL: http://www.nedogu.com

カレンダー, 見学会|2021.10.21

09/30 (木) グ音楽講座85 ところで最近なに聴いてます? #23 もちよりリスニングの夕べ。



神戸線の最終で 塩屋の海に来ました
明日は会社を休みます どうせリモートだけど……

それはともかく、ところで最近何聴いてますか?
聴き方も、出会い方も、味わい方も、音楽との接し方が目まぐるしく変わる時代、
みんなどんな音楽をどんなふうに聴いてるか、3ヶ月ごとにリアルに音源持ち寄っ
て聴き合い&聴かせ合いの夕べ、23回目。
パーティーなき時代の爆アゲ☆最新ディスコチューンから、バック・トゥー・コロ
ナ前で思わず密蜜しちゃうスイートメロディ、さらにはまだ誰も聴いたことがない
新世界ブランニューサウンドまで、とにかく今聴いてる音源を1人1曲お持ちくださ
い。CD、レコード、SPレコード、カセット、YouTube、ステレオミニで繋がる外
部機器(iPhoneなど)に対応。もちろん手ぶらもOK。
今回もドント・ストップ・リスニング。
みなさんからの素敵な音源、お待ちしております。

今回はホストの森本アリがダブルブッキングで欠席のため、淸造理英子がピンチヒッターを務めます。

☆☆☆お知らせ☆☆☆
#最近何聴フリペ2号配布中です。
持ち込みレコード&CDオークション開催。売上は全額グ邸にカンパします(主催:一般批評学会)

ホスト:
安井麻人(A.C.E./世界の音楽/神戸テクミー)
岩淵拓郎(一般批評学会)
淸造理英子(グ邸裏住人/三田村管打団?)

今後の状況によっては、内容を変更させていただく場合があります。

日時:2021年9月30日 (木) open & start 18:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:投げ銭
主催:森本アリ
共催:一般批評学会|塩屋音楽会

問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com







安井麻人(やすいあさと)

音楽家、サウンドアーティスト。ちょいぼけインテリ。西日本のテクノドンこと A.C.E.(エーシーイー)のメンバー。ギャラリーや美術館などで作品を発表するかたわら、ファッションショーやTVCMなどの音楽を手掛け、近年はラジオで音楽コーナーを担当するなど、幅広く活動している。大阪芸術大学音楽学科卒業後、武庫川女子大学大学院修士課程を修了。現在、音楽制作会社(株)スタジオミニ代表取締なんとかも務めるとか。



岩淵拓郎

もとは言葉と意味を扱う美術家で、今は広い意味での編集者(ちゃんと本とか作ってます)。2014年に批評しない批評集団「一般批評学会」を結成、絶賛売出し中。12〜14年、宝塚映画祭総合ディレクター。



淸造理英子

グ邸裏長屋住人。今回急遽ピンチヒッターを頼まれるも、実は最近何聴参加経験なし!これが初参加ですどうぞよろしくお願いします。三田村管打団?ではトロンボーンを吹いたり、sumahama?では歌ったり弾いたり。最近では映画「旧グッゲンハイム邸裏長屋」に出演しました。

カレンダー, 塩屋音楽会|2021.09.30

09/26(日) 若谷佳美 朗読会 with 竹中裕深(cello) 〜昔、子供だった大人達へ



おとなは、だれも、はじめは子どもだった。(しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない。)~「星の王子さま」サン・テグジュペリ

予定演目(予定は変更になることがあります)
「セロ弾きのゴーシュ」宮澤賢治
「星の王子さま」サン・テグジュペリ
「黒猫」エドガー・アラン・ポー
チェロ独奏

定評ある、包容力を感じさせる朗読。
繊細で、柔軟な対応力のあるチェロ演奏。
そして見た目も味もセンス溢れる料理。
極上のコラボレーションを、築百年を超える海辺の洋館で。


日時:2021年9月26日 (日) open 13:00 start 14:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:5,000円 小学生以下 2,500円 SOLD OUT ですがキャンセル待ち受付中
  (ランチボックス・ドリンク付 by 料理研究家 HITOMI)
主催: ムジカ アルコ・イリス
共催:塩屋音楽会

※当公演は、ガイドラインに基づき限定人数でのライブになります。

※現在の感染状況から、今いただいている予約で一旦満席とさせていただきます。今後の予約につきましては、キャンセル待ちとなります。ご理解いただきますようにお願いいたします。また、今後も状況の変化により取り扱いが変わる可能性がございます。

予約・問い合わせ:

ムジカ アルコ・イリス (安田)
my2933@i.softbank.jp
080-3853-9363


旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX:078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。





若谷 佳美 / 朗読・司会
よみうり文化センター、六甲道ミュージックスクール朗読講師。京都女子大学卒業
新美南吉記念館、与謝野晶子記念館での朗読など文学作品の朗読に取り組んでいる。またピアノ・ギターなど洋楽器をはじめ、和楽器、インドのシタール、中国の二胡など様々なジャンルの演奏家と共演し朗読の世界を広げている。子供達に読書の楽しみを知ってもらおうと、神戸市内の多数の小学校で読み聞かせ活動を16年間続けている。この活動が評価され神戸市と神戸市社会福祉協議会から表彰を受けた。
結婚式・コンサート・式典の司会など幅広く活躍中。久保比呂誌プロデュースによりYouTubeで朗読を配信中。



竹中 裕深(ひろみ) / チェロ
大阪音楽大学器楽学科弦楽器専攻卒業。
大阪芸術大学オーケストラ要員、大阪音楽大学非常勤教育助手を経て、現在大阪音楽大学演奏員、武庫川女子大学附属中学高校オーケストラ部トレーナー、音楽教室チェロ講師などを務める。
関西を中心に、オーケストラ、室内楽の演奏活動、楽器の指導、関西では珍しいブラジル音楽やジャズでのプレイヤーとしても活動を行う。



料理研究家 HITOMI / 料理研究・ケータリング・クッキングショー
辻調理師専門学校卒業後、料理教室で携わった生徒数は5千人以上に。
現在、「NHK徳島」9年目のレギュラー(※ 2014年 NHK社会貢献賞授与)をはじめ「伊集院光とらじおと」など、東京都、兵庫県、徳島県を中心に、TV、雑誌、ラジオにレシピを提供し、種類販売業免許や食空間テーブルコーディネート資格を生かした「ワイン会ケータリング」を展開中。

カレンダー, 告知, 塩屋音楽会|2021.09.26

09/20 (月祝) ザ・なつやすみバンドニューアルバムリリースツアー 「Walk in NEO PARK」



日時:2021年9月20日 (月祝) open 16:00 start 17:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 4,000円 当日 4,500円 !! SOLD OUT !!
主催:ザ・なつやすみバンド
共催:塩屋音楽会

予約開始:2021年7月8日(木) 13:00より

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX:078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。



カレンダー, 塩屋音楽会|2021.09.20

09/16 (木) 旧グッゲンハイム邸見学会 (無料一般開放)



毎月第三木曜日は月に一度の見学会です。
案内などは特になく、時間内に出入り自由としています。様々な資料を閲覧できます。予約不要ですので、どうぞお気軽に足をお運びください。

開館にあたっては感染拡大防止を図り、安全を最優先に対応させていただくため、ご来館の際はこちらのご協力をお願いいたします。

日時:2021年9月16日 (木) 12:00~17:00(随時)
料金:無料(予約不要)

お問い合わせ:

旧グッゲンハイム邸
兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5-17
TEL: 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail: guggenheim2007@gmail.com
URL: http://www.nedogu.com

カレンダー, 見学会|2021.09.16

08/29 (日) 塩屋で卒論修論博論!?

20210829omote 2

最近、「塩屋」を研究発表のテーマにとりあげる学生や研究者が少なからずいることに驚かされます。まちづくりやコミュニティに関するものだったり、既存の建物のリノベーションを提案するものだったり、卒業論文や卒業設計、コンペなど、発表の場は様々で、内容や切り口もいろいろ。
ここ1、2年で蓄積された各方面の塩屋研究の合同発表の場を設けることにしました。ユニークな研究を講評する評者も、塩屋と関わりの深い方にお声掛けしています。塩屋の〝何〟が研究に価するのかを知ることによって、塩屋についてより深く知る機会になるのではないでしょうか。

#しおやあれやこれや #まちのかたちキオクノキロク

出演者:
寺西遥夏(横浜国立大学4年/現在、横浜国立大学Y-GSA所属)
2020年度卒業設計「まちの文化と記憶を紡ぐ庭園」

辻七虹(大阪大学大学院修士1年/作成当時は学部4年)
卒業論文「まちのアイデンティティの醸成・継承過程に関する研究
    ー 神戸・塩屋と旧グッゲンハイム邸を対象としてー」

卒業設計「Dejavecu House」

寒竹志勇・内藤廉哉・宮本真実・山口ひより(明石高専4年/発表当時は3年)
第17回全国全国高等専門学校デザインコンペティション 創造デザイン部門
「塩屋おすそわけバザール リノベーションで醸成するまちづくりの提案」

本田祐基(大阪市立大学大学院前期博士課程修了)
修士論文「人の繋がりからみたリノベーションとその展開」

塩屋景観ガイドライン(試験運用版2020)
自然・眺望・歴史を引き継ぎ地域固有のの文化・魅力を育む。
制作:塩屋まちづくり推進会

講評:
水島あかね(明石工業高等専門学校 建築学科准教授)
橋本健史(橋本健史建築設計事務所・403architecture [dajiba])
サラ・デュルト(塩屋研究会・シオヤプロジェクト)

日時:2021年8月29日 (日) open 16:30 start 17:00
   成果物の展示会場(2F)の開場は16:00になります
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:一般500円 学生無料

主催:シオヤプロジェクト
令和3年度 神戸市・まちの再生・活性化に寄与する文化芸術創造支援助成対象事業

 予約・お問い合わせ:塩屋百景事務局

TEL:078-220-3924 E-mail:info@shiopro.net
※前日までにご予約ください。
※ご参加日、お名前、電話番号、参加人数をご連絡ください。
メールの場合はこちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。

カレンダー, シオプロ|2021.08.29

08/26 (木) 荒木太郎監督映画「ジェットマン」「ジェットマン2」一挙上映



ジンダの音色と共に「ジェットマン」がやってくる
コロナ対策万全!!

怖くない、特撮がない、色がついていない、音がない、長くない、
怪獣特撮モノクロサウンド版サイレント(無声・弁士付き)
19分(ジェットマン)と27分(ジェットマン2)の映画です。

怖くないから小さいお子様も大丈夫、
特撮がないから年配者もついていける、
色がついていないから目にやさしい、
音がないから押しつけがましくない、
長くないからすぐ終わる、
小さいお子様の初めての映画体験に最適、
昔の映画ファンも納得の
怪獣特撮モノクロ・サウンド版サイレント(無声・弁士ぽん)映画です。

グッズ販売あり!
パンフレット1部 200円・絵葉書1部 100円


日時:2021年8月26日 (木)
   [1回目] open 10:00 start 10:30 (close 12:00)
   [2回目] open 14:00 start 14:30 (close 16:00)
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:大人 500円 こども 100円 幼児無料
主催:ぴんくりんく&多呂プロ
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX:078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







撮影監督:飯岡聖英
撮影助手:岡村浩代
現場監督:広瀬寛己
現場協力:ビッケ
音楽:安達ひでや
整音:小林徹哉

主題歌
作詞作曲:荒木太郎 
編曲演奏唄:安達ひでや 
唄:稲葉良子とジェットマン 
監督・脚本:荒木太郎  

出演:コポンチ・ミニコ・ポン・僕朕・たもつ・大久保千代太夫

※『鳥人戦隊ジェットマン』とは無関係です。



荒木太郎さんのこと  (森本アリ)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

みなさんは「ピンク映画」って観たことおありですか? 僕は20年ちょっと前に東梅田に「日活ロマンポルノ」の特集上映を観に行った時に、映画館のレジ横に置いてある100円のカセットテープに興味を持って
買い求めたことがきっかけで、一時期足繁くピンク映画を観に映画館に通っていました。

100円のカセットテープに白黒コピー用紙でジャケが作ってあり、たしか「野外エッチ〇〇・・・」なタイトルとイラストがあり、歌:野上正義、監督:荒木太郎と書かれていました。

関西の映画好きは、映画館に置いてあるB5サイズのピンク色のフリーペーパー「ぴんくりんく」を一度は手に取られた方も多いのではと思うのですが、このピンク映画情報のフリーペーパーは今でも太田耕耘キさんが発行し、もう20年以上続けられています。

面白いのは、ピンク映画の斜陽と共に、このフリーペーパーで行なっていたピンク映画年間ベストテンは、映画館まで映画を観に行ってくれる人の少なさを見越し、この数年はベストタイトルを競うものになっています。映画の内容ではなく、優れた映画の題名を競うんです。ピンク映画のタイトル、本当に面白いです。卑猥な言葉と卑猥な言葉を掛け合わせていかに最強に卑猥にするか。でも実は、ピンク映画は驚くほどに純愛映画が多かったりします。

そのとても面白かった1本の100円のカセットテープからぴんくりんくの情報を頼りに、神戸のCINEMA KOBE(当時は新劇会館)のエッチなポスターが貼られてる側に入ってみました。(シネマ神戸に名前を変えた今でも、2スクリーンでアクション2本立てとピンク3本立てを併映しています)

そして、驚いたことに荒木太郎の映画はとても映画的な映画でした。ピンク映画の制約のため絡み部分は長めに、そして唐突にあったりもしますが、ドラマもしっかりあり、8mm映画を制作したりベルギーの映画博物館で無声映画を観ていた僕にはとても懐かしいテクスチャーの映画でした。

これは、男が観てるだけではもったいない、とピンク映画を妻と観に行くようになり、三田村管打団の女子たち4-5人を連れて行ったこともあります。その頃は、ぴんくりんく太田くんが新劇会館の映写技師ともぎりもしていたり(荒木太郎監督映画は、白黒コピー手製パンフレットを、これまた100円で販売しており、それを買い求めると自然に話すようになり知り合いに発展します)、女性にもピンク映画を啓蒙すべく、女性はいつでも1000円、劇場最後列は女性専用シートなど、いろんな努力をしていました。なので、彼女らもストレスなくピンク映画を楽しみ、荒木太郎ファンは実は多い。

また、ベルギー映画のロケハンで監督と2人で日本国内を小旅行をしていた時にピンク映画を紹介したら、フィルム撮影が無くなりかけているこの時代に16mmフィルムで撮影されていること、古き良きプログラムピクチャー的世界が継続していること、何よりその裸とエロを売りにしている見た目とは裏腹の細やかなクオリティーに、心から感動していました。

神戸映画資料館、元町映画館でもピンク映画の特集上映が度々行われていることでご存知の方も多いと思いますが、ピンクとポルノは全然違います。

で、いろいろあり、荒木太郎監督は所属していたOP映画(大蔵映画)を干され、仕事がなくなり(気になる方は監督が訴訟を起こされているので検索してみてください)、なんと、子ども2人と奥さんと4人で怪獣特撮モノクロ・サウンド版サイレント映画を撮っているのです。「ジェットマン1」「ジェットマン2」

僕は去年の今ごろ神戸映画資料館で行われた「荒木太郎応援上映会」で、幼児と小学生を連れた監督家族同伴状態のガヤガヤした上映会を楽しみました。荒木太郎監督の映画には度々、映画内映画としてファンタジックでノスタルジックな心象映像が挿入され、それが好きでした。

みなさま、家族でダンボールで作った特撮映画をぜひぜひお楽しみください

カレンダー, 塩屋音楽会|2021.08.26

08/19 (木) 旧グッゲンハイム邸見学会 (一般無料開放)

画像提供:中尾嘉孝さん


毎月第三木曜日は月に一度の見学会です。
案内などは特になく、時間内に出入り自由としています。様々な資料を閲覧できます。予約不要ですので、どうぞお気軽に足をお運びください。

開館にあたっては感染拡大防止を図り、安全を最優先に対応させていただくため、ご来館の際はこちらのご協力をお願いいたします。

日時:2021年8月19日 (木) 12:00~17:00(随時)
料金:無料(予約不要)

お問い合わせ:

旧グッゲンハイム邸
兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5-17
TEL: 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail: guggenheim2007@gmail.com
URL: http://www.nedogu.com

カレンダー, 見学会|2021.08.18

07/31 (土) 『 i ai (アイアイ) 』kick off live



2022年公開予定、映画『 i ai (アイアイ) 』の撮影開始を記念して監督、マヒトゥ・ザ・ピーポーによるソロライブを行います。

日時:2021年7月31日 (土) open 18:00 start 18:30 close 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:1,000円
主催:映画【i ai(アイアイ)】
共催:塩屋音楽会

問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com







マヒトゥ・ザ・ピーポー(歌・ギター / 監督・脚本)

2009年 バンドGEZANを大阪にて結成。作詞作曲をおこないボーカルとして音楽活動開始。

うたを軸にしたソロでの活動の他に、青葉市子とのNUUAMMとして複数のアルバムを制作。

映画の劇伴やCM音楽も手がけ、また音楽以外の分野では国内外のアーティストを自身のレーベル十三月でリリースや、フリーフェスである全感覚祭を主催。また中国の写真家Ren Hangのモデルをつとめたりと、独自のレイヤーで時代をまたぎ、カルチャーをつむいでいる。2019年ははじめての小説、銀河で一番静かな革命を出版。GEZANのドキュメンタリー映画 Tribe Called DiscordがSPACE SHOWER FILM配給で全国上映開始。バンドとしてはFUJI ROCK FESTIVALのWHITE STAGEに出演。2020年1月5th ALBUM 狂KLUEをリリース、豊田利晃監督の劇映画「破壊の日」に出演し、全国上映中。初のエッセイ「ひかりぼっち」がイーストプレスより発売。

https://i-ai.jp/

カレンダー, 塩屋音楽会|2021.07.31
前のページ »

お知らせやイベント情報を掲載します。