07/30 (木) 弓張月の会おさらい会×レタスタス?



堀つばさ × 森川浩恵 × すけとうたら

自粛が長らく続きましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか? この度、森川浩恵のお筝教室(関西)の皆さんが待望の発表会です。そしてそのあとは堀つばさ、森川浩恵、すけとうたら(助っ人たらこ)による、この日その場で産声を上げる即興プログラムによるコンサートレタスタス? を開催致します。こんな時代ですのでアルコールを持参し(飲む方ではなく噴射する方)距離と距離感を保ちたいとおもっておりますので、どうかマスクをご着用の上、足をお運び頂けますと幸いです。お待ちしております!! 心よりお待ちしております!!

日時:2020年7月30日 (木) open 18:00 start 18:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:2,000円 (要予約)
主催:森川浩恵
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
  ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







堀つばさ (和太鼓奏者)

アントワープ在住。京都出身。3歳よりピアノ、11歳より和太鼓を始める。京都市立堀川音楽高校打楽器科卒業。在学中よりドラムでバンド活動を始め「日本のロック」を求め96年より佐渡拠点の和太鼓集団「鼓童」に14年間在籍。中心メンバーとしての舞台演奏のほか、作曲、編曲も手がけ 2007年には女性ユニットを立ち上げ、積極的に女性和太鼓奏者の表現の可能性を探る。2010年よりベルギーを拠点に移し、国籍、ジャンルを超えた音楽家達、演劇、ダンス、ファッション、アート映像との共同製作を展開中。また近年は子供へ向けたパフォーマンスにも重きを置いている。日本の風土から産まれた音を原点に和太鼓のみではなく箏、歌、ピアノ、久乗おりん、オルゴールなども取り込んだ独自の音楽感が国内外ともに高く評価され、これまで40カ国以上での公演を行ってきている。



森川浩恵

3歳より母に箏、6歳より父に尺八を学ぶ。後に幼少期より横山勝也に尺八・演奏法など音楽に関する基礎知識、音楽に必要な思想・哲学を学ぶ。2002年現役女子高生としてメジャーデビュー。デビュー作品は発売時に純邦楽では異例のセールスを記録。収録曲がCM起用され話題となる。古典芸能の技術を基盤に、アバンギャルドな奏法を駆使し、自身のスタイルで様々な音楽やアート・映像・舞台などと共演。彼女の独特の雰囲気から様々なアートシーンに関わる。現在はキウイとパパイヤ、マンゴーズのボーカリストとしてフジロックフェスティバルをはじめとする国内外に於いて活躍の場を広げている。また、芸妓組合に正規登録し、数年間音楽活動と平行して芸妓を勤めていた事もあり、日本文化や日本の美意識の多くを吸収した女性としても各方面で注目されている。



すけとうたら (助っ人たらこ)

助っ人のたらこ。groovy!ミュージックスタート!!

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.07.30

07/26 (日) 【ライブ+配信】細馬宏通 / 山本信記・江崎將史・カメイナホコ・光永惟行・稲田誠 リアルタイム遠距離テレセッション



配信は時間になったら
コチラ
を訪れて、下の方の「アップロード動画」をご覧頂ければ、配信中の動画が表示されます。

投げ銭はpaypal.me/guggenheimhouseまで。


都知事選の結果、ああなりましたね。東京は毎日100人以上の感染者が出続けていて、これからいったいどうなるんでしょう? だいたい政治のトップが市民に各自で自衛してくださいとかもう政治にできることはないっていう宣言で、じゃあ政治家要らんやんとなりますが。まったく、突拍子もない世界だと思います。

ということで、そのようなまさかの三千世界でリアルライブ+リアルタイム遠隔テレセッション企画(コンセプト説明長い)、続いては「かえるさん」こと細馬宏道ショウです。細馬さんは早稲田大学に就任しはり、この状況でかなりの多忙なんですが、、、なんとかつないでもらえることになりました。そしてこちら神戸チームは精鋭集めました!必ず楽しんでいただけますよ

※換気、距離、その他配慮して開催します。観にこられるかたもマスク持参でお願いいたします。

出演:
細馬宏通 (vo, g) from 東京
+ from 旧グッゲンハイム邸
山本信記 (tp)
江崎將史 (tp)
カメイナホコ (p, sax)
光永惟行 (sax)
稲田誠 (cb)

配信STAFF:森本アリ + 佐々木俊行 + 小山直基

PA:和田真也

日時:2020年7月26日 (日) open 18:30 start 19:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:2,000円 (要予約) / 配信は投げ銭
主催:棚レコード
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX:078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







細馬宏通(ほそまひろみち)

2004年からバンド「かえる目」にて作詞・作曲・ボーカルを担当。アルバムに「切符」(2016)「拝借」(2011)「惑星」(2008)「主観」(2007)。2018年、澁谷浩次との共作集「トマト・ジュース」を発表。かえるさん名義で、各地で歌をうたっている。また、『うたのしくみ』(ぴあ)や連載「うたうたうこえ」(GINZA)など音楽に関する文章多数。その一端はうたのしくみ Season 2で。



山本信記

trumpet,synth 大原裕のブラスバンド「LIVE! LAUGH!」、スカバンド「Hi-Kings」に参加(Hi-Kingsでは、1999年にRico Rodriguezのtour bandをつとめる)。現在、江崎將史(trumpet)と喜多村朋太(organ)とのチェンバースカバンド「popo」や、武村篤彦(泊)との御幸楽DJユニット「モダンDJ特選集」などで活動。



江崎將史 / Ezaki Masafumi

音を伴う行為、作曲、 身の周りのもの、トランペット。
トランペットは独自の奏法を多数開発。
ソロのほか国内外の多くのミュージシャンとセッション、録音を重ねる。近年は炭酸ソロ、図鑑朗読、テントソロ、トレイソロ、暮らしの手帖(日常品のサウンドテスト)などの”博物学的”パフォーマンスのシリーズを行っている。最新パフォーマンスは「家鳴りを聴く会」、「OPP袋を全部広げる」。 作曲活動は 事の音への変換、ゲーム、図形、などによるものがある。オセロを使用した作品が含まれるCDに「Othello/3 Minutes」/Slub Music/SMCD 14/2008/ がある。他に、動きを伴い空き瓶を吹奏の「アキビンオオケストラ」を主宰。popo/HOSE/Black&Mountain/対極/ omm-pah/音遊びの会などでの活動。 グラタンカーニバルのサポートメンバー。 継続している企画に「月刊」「別冊」「月刊/関西のインプロヴィゼーション」がある。「Ezaki & The Family Stone」として各地の海岸で採取の石を売る。



カメイナホコ

2002年頃から即興中心の活動を始める。参加バンドはウリチパン郡、三田村管打団?、トンチトリオ、moon face boys、グラタンカーニバル、カメアリエレクトリック、タートル山、など。ピアノ・シンセサイザー・クラリネット・ソプラノサックスなどを使って自由に演奏しています。



光永惟行 Koreyuki Mitsunaga

「グラタンカーニバル」のリーダー。江崎將史主催「アキビンオオケストラ」のメンバー。関西のフリーペーパー「月刊かえる」への寄稿。松野泉監督作品「さよならも出来ない(2017)」の音楽担当。「音遊びの会」には2008年から参加。



稲田誠 (いなだまこと)

コントラバス/エレキベース奏者。棚レコード代表。レコーディングエンジニア兼農家。子供5人。PAAP、Brazilという自己のバンドやDODDODO BAND、トンチトリオ等のユニットでベースを弾き、ときどき歌う。

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.07.26

07/22 (水) 【ライブ+配信】mmm・黒田誠二郎・稲田誠 – リアルタイム遠距離テレセッション



配信は時間になったら
コチラ
を訪れて、下の方の「アップロード動画」をご覧頂ければ、配信中の動画が表示されます。

投げ銭はpaypal.me/guggenheimhouseまで。


ついに待望のヤマハ・ネットデュエットの後継ソフト「シンクルーム」も発表されましたね! グ邸のリアルタイム遠隔テレセッション配信シリーズもいよいよ佳境に入ってきましたよ。じつは企画していた当初から考えていたことは、これからは遠隔テレと現場のライブを同居させられないだろうかということ。通常のライブをするとしてもメンバーの一部は遠隔からの参加でやってみたい。

というわけでその第一弾として、この企画のファースト指名ミュージシャンであるmmmとのテレセッションを神戸から「ライブ」でお届けします(配信もします)。さらに、今回は稲田の朋友黒田誠二郎にもチェロで手伝ってもらい、トリオ形式です。これは延期になった春のライブ企画でそのように計画していたトリオですもちろん、リアルで揃ってのライブもまたやりますので。

あ、ゆすらごの絶品ホワイトカレーも食べられる!!(俺はおかわりします)

※換気、距離、その他配慮して開催します。観にこられるかたもマスク持参でお願いいたします。


出演:
mmm (g, vo)
黒田誠二郎 (cello)
稲田誠 (cb)

配信STAFF:森本アリ + 佐々木俊行 + 小山直基

出店:喫茶ゆすらご

日時:2020年7月22日 (水) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:2,000円 (要予約) / 配信は投げ銭
主催:棚レコード
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX:078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。




mmm (ミーマイモー)

2006年から弾き語りを中心とした音楽活動を展開する。
英語と日本語のリズムを行き来しながら、儚い日々の移ろいを歌にしている。
2016年に韓国、2017年にNYへ招致され、2019年秋にはエマーソン北村とのデュオ編成でドイツ、イギリス、ベルギーを回る。
ベース、フルート、シンセなどで数々のプロジェクトに参加する傍ら翻訳業を生業とする。



黒田誠二郎

きつとふいくしよんと思う。ゆえに注釈は余計となる。欲しいのは遠く、自分の筆致だ。所定の場所にはギターと眼鏡が一式、必要不可欠とまぁ言える。それは黒田誠二郎。
タンブラー https://seiiijiiiro.tumblr.com/



稲田誠 (いなだまこと)

コントラバス/エレキベース奏者。棚レコード代表。レコーディングエンジニア兼農家。子供5人。PAAP、Brazilという自己のバンドやDODDODO BAND、トンチトリオ等のユニットでベースを弾き、ときどき歌う。

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.07.22

07/20 (月) 徳澤青弦 × 林正樹 CD「Drift」リリースライブ



越境する感性と豊かな音の色彩で数々の録音に参加する
チェリスト徳澤青弦とピアニスト林正樹による
初のデュオ・アルバム『Drift』のリリースツアー神戸公演開催決定!

出演:徳澤青弦(Cello)/ 林正樹(Piano)

日時:2020年7月20日 (月) open 19:00 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 4,000円 当日 4,500円
主催:Cow and Mouse
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







徳澤 青弦 (とくざわ せいげん)

1976 年生まれ、東京出身。チェリスト・作曲・編曲家。東京芸大でクラシックを研鑽した後、新しい発見を求めてポップス・ジャズ・ロッ クの分野で活動を始める。楽曲に対する忠実なアプローチ、柔軟な独創性を併せ持った作風・演奏スタイルで、多くのアーティストから信頼されている。小林賢太郎の舞台音楽制作に携わり、これまでに徳澤青弦名義で 5 枚のアルバム をリリース。anonymass や、Throwing a Spoon としても何枚かリリース。2009 年より、さだまさしコンサートツアーに参加。映画『天気の子』『君の名は。』いずれもオーケストレーションに携わる。2015 年フジテレビ(FNN)「こんやのニュース」「あしたのニュース」NHK「ドキュメント 72 時間」等に楽曲提供。NHK E テレ「ムジカ・ピッコリーノ」ゴーシュ役で出演。



林正樹 (はやしまさき)

1978年東京生れ。ピアニスト、作曲家。自作曲を中心とするソロでの演奏や、生音でのアンサンブルをコンセプトとした「間を奏でる」、田中信正とのピアノ連弾「のぶまさき」などのプロジェクトの他に、小野リサ、金子飛鳥、徳澤青弦、藤本一馬、akikoなど様々な音楽家とアコースティックな演奏活動を中心に行なっている。「渡辺貞夫クインテット」「クアトロシエントス」「菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール」「Salle Gaveau」などのグループにも在籍。多種多様な音楽的要素を内包した、独自の諧謔を孕んだ静的なソングライティングと繊細な演奏が高次で融合するスタイルは、国内外で高い評価を獲得している。三宅純、椎名林檎をはじめ多岐に渡るアーティストのスタジオワークにも数多く参加。2016年舞台「書く女」(主演:黒木華 / 作,演出:永井愛)、2017年舞台「オーランドー」(主演:多部未華子/演出:白井晃)の音楽を担当。2020年3月にはチェリスト徳澤青弦とのDUO作品をリリース予定。






Seigen Tokuzawa & Masaki Hayashi「Drift」

アルバム情報:http://flau.jp/releases/drift/

■収録曲
01. Elect
02. Einstein Effect
03. Iambic 9 Poetry
04. In the Early Morning
05. The South Downs
06. Quarter
07. Drift
08. Soramame
09. Keichitsu
10. Utsuroi
11. Venus in Furs

その名の通り、Drift はリスナーをサウンドの海へと誘うアルバムです。チェリストの徳澤青弦とピアニストの林正樹が、9年の月日をかけてじっくりと練り上げたその作品は、スタイルとスタイルの間を漂流し、あらゆるトレンドとは別の場所で、彼らの音がドラマと夢の柔らかな衝突にあることを証明します。ダイナミックな相互作用と洗練を見せる導入〜ハーモニクスから嵐のようなチェロとピアノへと半回転するオープニング・トラック「Elect」、律動するストラヴィンスキー風の 「Einstein Effect」 〜 から二人のパートナーシップは始まります。まだ見ぬ記憶の扉を開け、霧深い森や幻想の中を航海するように、想像のひだを刺激する。響きの余白とアルペジオを使って幽玄なサウンドスケープを描く「In The Early Morning」、春の田園風景の中で、その名の通り虫たちの目覚めを表現するかのような「Keichitsu」、The Velvet UndergroundやSquarepusherのカバーを含めた全12曲には、深い躍動と静謐さが同居するシネマティックな音像美が貫かれています。まるでフレームを超えた空間の広がりを音が想起させるように、二人の個性、即興とテーマとが継ぎ目なくエスカレーションし、古典的なデュオの新しい調和の形をアップデートする。柔らかくリズミカルに波打つピアノ、低音とリードを等しく果たす端正なチェロが時に重なり、散らばり、まろやかな残響がメタフォリカルに映像世界を喚起する、エレガントなデビュー作です。

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.07.20

07/16 (木) 旧グッゲンハイム邸見学会 (無料一般開放)

photo:片岡杏子


7月の見学会を行います。案内などは特になく、時間内に出入り自由としています。様々な資料を閲覧できます。予約不要ですので、どうぞお気軽に足をお運びください。

開館にあたっては感染拡大防止を図り、安全を最優先に対応させていただくため、ご来館の際はこちらのご協力をお願いいたします。

日時:2020年7月16日 (木) 12:00~17:00(随時)
料金:無料(予約不要)

お問い合わせ:

旧グッゲンハイム邸
兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5-17
TEL: 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail: guggenheim2007@gmail.com
URL: http://www.nedogu.com

カレンダー, 見学会|2020.07.16

05/03 (土) 04 (日) 【公演中止】内田万里『FIESTA 〜木々のさざめき編〜』



公演中止になりました。(2020年4月24日)

内田です。

5/3.4のライブは中止となります。
楽しみにしてくださった方、ごめんなさい。
と言うことは簡単ですが、
誰のせいでもないことだと思うので、
謝ったりしません。
また会いましょー。

最後に、近況報告。
わたし自身は至って平気だったのですが、
周りを見渡してみたら、
いよいよ頭がイカれてきました。
せっかくなのでイカれた状況も楽しもうと思います。
ヤケを起こそうと思います。
みなさんも、そんな感じで楽しく過ごしてください。

ではでは。
イカれたゴールデンウィークを!

5/3 SOLDOUT
5/4 まだ残席ございます


演奏:内田万里+FRIENDS
会場演出:アリオト
ドリンク:内田特製ドリンク
PA:和田真也
友情出演:mothramusic doughnuts(5/4のみ)

日時:2020年5月3日 (土) open 17:30 start 18:30(バンド演奏)(公演中止)
   2020年5月4日 (日) open 12:30 start 13:30(弾き語り)(公演中止)
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 4,000円 当日 4,500円
主催:内田万里
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX:078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。




内田万里。
作詞作曲、たまに歌も歌います。
焼肉大好きです。最近は胃もたれ。
夢は建築家に家を建ててもらうこと。
無理そうです。

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.05.03

05/02 (火祝) 【公演延期】YXIMALLOO|ENCORE



開催延期になりました。(2020年4月11日)

楽しみにされていた方々、申し訳ありません。イシマルーさんと今回の日程を決定したのは去年の秋のことでした。共演者も関西ローカルでありながらも一癖ある面白いメンツが揃えられたと自分自身が一番楽しみにしていたのではないかと思います。この企画を期日未定の延期とさせていただきます。

イシマルーさんとの最近のメールでのやりとり。

「それでも、イシマルー65歳で『あと、何回やれるだろう?』のカウントダウンに入っているので多くの人に来てもらいたいです 」

と来たので。

「そんなことおっしゃらずに。情勢は厳しくなりそうですがおさまることを願っています。楽しみにしています 」

と返したら、

「逆の意味合いでした。自分でも呆れるくらい元気で、現在丁度桜の季節とぶつかり、昭和天皇御陵沿いの南浅川橋改修工事に朝60分と仕事終え(疲れは多少ありますが、いつくるかわからないバスを待つよりは)60分歩いています。昼休みはインドで違反者に課している腕立て伏せやラジオ体操を 」

と続き、さらに

「いつでも『イシマルー』は聴ける、見れる、体験できるの『何でもドラえもんクリック』の三流商店街を避けたいです」

と名言|迷言が続くのでした。
次回が楽しみです!(森本アリ)



Live and Special Movie:
Yximalloo

Live:
satanicpornocultshop
bonnounomukuro
Molder
Morimoto Ali

PA:
和田真也

Food:
六甲山系ピカソ

日時:2020年5月2日 (火祝) open 16:30 start 17:00(開催延期)
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,000円 当日 2,500円
主催:Yximalloo
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
  ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







YXIMALLOO

すごくシャイな性格なんで、何も考えずに伊豆の築300年の13ベッドルームある古民家で1980年代音楽作り(期間工と失業保険の繰り返し)、90年代でカセットテープやらCDにして80年代に作った膨大な量のレコーディングを40本カセット(多くは90分テープ)と7枚のCDにまとめる。後は営業。何も考えずに音楽まっしぐらで純粋に生きてきたんですが、さすがお金と将来が年を重ねる毎に心配になってきました。Half JapaneseのJad Fairやフランスの鬼才コステスと共作を出す。95年から05年は音楽止めてます。でも聞いていました。ジャンル度外視していろんな音楽を。音楽以前の音も(80年代はマイクロレコーダーを持ち歩いて絶えず面白い音があったら工場や道端でレコーディングして、メロディやリズムやらアイデアが沸いたらキチガイと間違われないように公衆電話ボックスに駆け込み通話してるふりしてマイクロにふきこんでいました。今じゃ電話ボックスもかなり撤去され、携帯で突然、後ろの人が話し出す光景に遭遇します)。95年の時点でできなかった主にターンテーブルなどで微妙にスピード落としたモノとか進化したエコー(デジタル)とか06年から作りはじめる。日本在住時のMomusより再発掘される。08年にNew York の老舗Jazz レーベルESPより「UNPOP」発表。その後、CDRを何枚か自主レーベル「桜れコーず」より発表。14年にドイツのダンス系テクノ、アンビエントレーベルKOMPAKTより「WANTED(指名手配)」LPを全世界にリリースして、当時アイルランドにいた私を探される(丁度、日本一時帰国タイミングだったため、友人がWelcome Backギグを用意してくれて、客が主催者である友人に教えてくれた(「あのぉー、KOMPAKTがイシマルーさんの事、探してるみたいなんですが、当人わかっていますか?」)。08年の迷作「UNPOP」をアメリカ人従業員がコンタクトアドレスを書いた小さな紙を無くし、6年間探す行為を続けてくれた。急いで「HAGAKURE」製作して送るも「mission was over」で断られる。年齢?怪しいジャケット?リオオリンピック最中にも直々にKOMPAKTボスからSNSで「Friend Request」もらい、TARZANKICK!!!ジャケットで2017年正月に「OGI Hz」完成。
2017年11月20日に、初めてのLP「The Best of Yximalloo 1」(アメリカで2作、ドイツで1作でてはいるけど10年前に売り切れ)を発表。2018年11月20日にセカンドLP「The Best of Yximalloo 2」を発表。2019年6月末にJan Wernerの前座を小倉で。その後のCDR「The Wurst of 2019」も「1lpop」(円盤で1か月以上、Oz disk商品が並ぶべき、レジ脇を占領)も少しはJan Wernerの影響を受け、進化しています。2019年11月末にサードLP「The West of Yximalloo 3」を発表。65歳。最近の老人はヤンチャだ。自分のことを「65歳の少年」と呼んでいます。



Satanicpornocultshop サタニックポルノカルトショップ

大阪出身の2MC,1DJ,1VJ,1虫からなるバンド。断片をはめ込むように構築する“ブリコラージュ”の概念で、ノイズ、フォーク、ポップなどさまざまな要素を組み込んだヒップホップを展開。圧倒的なクオリティーの音源と観るものを唖然とさせる強烈なライブで知られるナニワの覆面音楽集団。


Photo: Kazushige Aoki

Bonnounomukuro ボンノウノムクロ

神戸在住のエレクトリック・ミュージック・プロデューサー。2007年にBonnounomukuro名義での活動を開始。=Bonnounomukuro: Selected Discography=『Balearic Tendencies』 (2011, CDR, self-released)『Tape Days』 (2011, CDR, Ice Rice)『Mindows』 (2013, cass, Birdfriend)『Reborn Nouno Tracks & the Familytones』 (2014, cass, Bed Burger)『Reborn Nouno Tracks & the Familytones』(Reissue) (2017, cass, New Masterpiece)『Herbless DUB』 (2017, data, New Masterpiece)『April Fool Rough Pattern & Herbless DUB & more』 (2017, CDR, New Masterpiece)『My Pretty Pad』 (2019, CD, φonon) 2020年3月20日にEM Recordsから発売される12”LP 2枚組、CD 2枚組同時発売のBirdfriendのベスト盤V. A.『Bird Cage: Birdfriend Archives』に『Mindows』より “Enter The Exit “が収録されている。



Molder モルダー

2016年山岳幽玄電子音楽”Mr.Granola”のデータ/CD自主リリースをきっかけに、翌17年より神戸を中心にライブ活動を開始。同年Newmasterpieceより20分越えの長尺2曲収録の”FF”をデータ/18年カセットをリリース。19年2月に4曲収録の”Permafrost EP”をデータ/カセット自主リリース。Newmasterpieceのコンピレーションアルバム”Museum,Zoo,Station”に参加。フルアルバムの発表も控えている。https://moldermusic.tumblr.com/



Morimoto Ali 森本アリ

技術のないことを武器に音楽の敷居を下げ続ける音楽家。ゲームボーイ、口琴、トランペットなどを演奏。三田村管打団?、ぺ・ド・グ、カメアリ・エレクトリック、もだえなどを率いる。神戸の至宝「音遊びの会」メンバー。「旧グッゲンハイム邸」管理運営。実は、ドイツ・ケルンのEntenpfuhl より、Fan Club Orchestra Japan – 20001: A Space Odyssey (A Suite For Gameboy, Synth And Theremin)(2005)というエバーグリーンな電子音楽の名盤のリリースがある。

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.05.02

04/30 (木) 【公演延期】棚レコード presents 明石焼き食べに1



公演延期になりました。(2020年4月11日)

4月30日に旧グッゲンハイム邸で予定していた「明石焼き食べにvol.1」は、延期とさせていただきます。アナウンス遅れて申し訳ありません。状況が良くなれば秋ごろに改めて開催させてもらいたいと思っています。

さて、代わりと言ってはなんですが、この日もともとの予定時刻より、テレワークでのセッションを企画しています。配信して、カンパ制で視聴できるようにしようと考えています。塩屋旧グッゲンハイム邸から、こちらの地元のミュージシャンと、日本に限らず各地のミュージシャンと少しだけ一緒に音楽をやりたい(在宅で!)。そういう企画です。ご興味ある方は稲田かグ邸まで、連絡ください。(稲田誠)




出演:
mei ehara
井手健介 +墓場戯太郎 + mmm
mmm + 稲田誠 (cb) + 黒田誠二郎 (cello)

音響:稲田誠

出店:喫茶ゆすらご

日時:2020年4月30日 (木) open 19:00 start 19:30(開催延期)
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,500円 当日 3,000円
主催:棚レコード
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX:078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
  ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







井手健介

音楽家。東京・吉祥寺バウスシアターの館員として爆音映画祭等の運営に関わる傍ら、2012年より「井手健介と母船」のライヴ活動を開始。様々なミュージシャンと演奏を共にする。

バウスシアター解体後、アルバムのレコーディングを開始。2015年夏、1stAL『井手健介と母船』をPヴァインより発表する。その後、2017年には、12インチ・EP『おてもやん・イサーン』(EMレコード)、1stALヴァイナル・エディション(Pヴァイン)をリリース。

その他、映像作品の監督、楽曲提供、執筆など多岐に渡り活動を続ける中、2020年4月、石原洋サウンドプロデュース、中村宗一郎レコーディングエンジニアのタッグにより制作された、「Exne Kedy And The Poltergeists」という架空の人物をコンセプトとした2ndAL『Contact From Exne Kedy And The Poltergeists(エクスネ・ケディと騒がしい幽霊からのコンタクト)』をリリース予定。



墓場戯太郎 (a.k.a. 池部幸太、PhinKhaenDelic)

山口は湯田温泉出身(女将劇場でおなじみ)のコン・イープン。

墓場戯太郎ORCHESTRAというサイケ・グループを細々と主催しつつ(g,vo)、最近は専ら近所の友達たちのバンドでベースを弾いています( 井手健介と母船 / 北里彰久 alfred beach sandal / Gofish / 見汐麻衣 with goodfellas )。

現在、タイ音楽を収集・勉強中。サバ〜い生活を過ごすために日々タンブンしています。

instagram
(日常) @hakaba_guitarow
(タイ) @phinkhaendelic



mei ehara

学生時代、自主映画のBGM制作のため宅録を始める。 その後、歌唱を入れた音楽制作に移行。自主制作を経て2017年11月カクバリズムより1stAL「Sway」を発売。音楽活動の他、文藝誌「園」主宰、インタビュープロジェクト「DONCAMATIQ」、アーティスト写真の撮影やデザインなどの制作活動も行う。バンド編成とアコースティックの自主企画ライブイベント「カンバセイション」「間(あいだ)」を開始し、2018年夏には、FUJI ROCK FESTIVAL’18に出演。その後も7inchシングル「最初の日は/午後には残って」をリリース、2019年夏にはデモ音源集カセットプロジェクトを開始、他アーティストの楽曲にゲストボーカルで参加するなど、活動を続けている。2020年5月、2ndAL『Ampersands』をリリース予定。



mmm (ミーマイモー)

2006年から弾き語りを中心とした音楽活動を展開する。
英語と日本語のリズムを行き来しながら、儚い日々の移ろいを歌にしている。
2016年に韓国、2017年にNYへ招致され、2019年秋にはエマーソン北村とのデュオ編成でドイツ、イギリス、ベルギーを回る。
ベース、フルート、シンセなどで数々のプロジェクトに参加する傍ら翻訳業を生業とする。

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.04.30

04/26 (日) 【公演延期】海の見える街コンサート



2021年4月25日(日)に延期となりました。(2020年4月11日)

いろんな状況を読み取って、お手伝いいただく皆ともお話しをした結果、開催延期を決断しました。

目に見えない存在を意識し、色んな起こりうる可能性を受け入れた時、これまで私たちを愛して大切にしてきて下さったお客さんの幸せそうな表情を思い出すと、この状況で決行する事は無理やりだと感じました。楽しい事は生きる事において大切ではあるけど、今回は命を守ることを優先にしました。皆んなが1番安心できる形で開催したい。

延期決定に至るまで大切なお気持ちを聞かせて下さった方々、本当にありがとうございました。頂いたお気持ちは必ず次回開催に向けてのエネルギーとして活かします❣それまでお互い、心と身体、より一層大切にし、落ち着いたら会いましょう

心からの気持ちを込めて
籠谷紗希



神戸のちょっと西の方。小さな塩屋という街の海沿いにある素敵な古い洋館、旧グッゲンハイム邸というところで、のどかなバイオリンとピアノのコンサートを行います。潮風に吹かれながら、うららかな春の時間をご一緒しませんか?お飲み物とこだわりの美味しいものも少しだけご用意します。

Live:
籠谷紗希 (Vn)
野上朝生 (Pf)

出店:
Azu Curry
Cafe Cru and more…

日時:2020年4月26日 (日) open 11:30 start 13:00 close 15:30(開催延期)
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:AZU CURRYの薬膳カレー付 5,000円 / カレー無 4,000円
   (全てワンドリンク付 追加ドリンクは500円)
   小学生以下無料
主催:籠谷紗希
共催:塩屋音楽会

詳細:https://www.facebook.com/events/549156382398630/

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
  ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数、
  カレー付きかカレー無しか、付きの場合はその数を、明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







Vn 籠谷紗希

自身のキャッチコピーは「ココロ歌うバイオリニスト~あなたに愛と倖せを運びます~」
2歳より始めたピアノはルーツ。12歳より始めたバイオリンは自由に表現させてくれる楽器。バンド活動を経て2017年ソロ活動開始。バイオリンソロオリジナルミニアルバム『峠をこえたら』をリリース(2017年7月)。ピアノ,バイオリンを使って、レコーディング、定期的なライブ活動、楽曲アレンジ提供を行う。

fbページ↓
https://www.facebook.com/saki.kagotani
blog↓
http://sakilovesmusic12345.blog.fc2.com/



Pf 野上朝生

ピアノ、作曲、アレンジ、シンガーソングライター。ジブリのジャズアレンジアルバム「ジブリジャズ/All That Jazz」はシリーズ累計20万枚を売り上げる。絵を描くようなピアノの音色と紡がれるメロディーを今回は洋館のグランドピアノで。

fbページ↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100005348790621
hp↓
http://uwasola.com/

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.04.26

04/24 (金) 【開催延期】グ音楽講座76「検証!90年代ラップとは何だったのか? 2」



開催延期になりました。(2020年4月11日)

コロナパニックの影響で延期とさせていただきます。今回、「カリスマ・プロデューサー列伝:ラージ・プロフェッサー編」「日本語ラップの歴史 part 1 」という表題2つのてんこ盛り講座になっています。案内人、木村さんに一つでいいんじゃないのと進言しましたが、「飽きさせたくないので」と2つともをすることで決定しました。もしかしたら、膨大な引き出しがあり、これから細分化された無数の講座が続くのかもしれません。乞う御期待。みなさん楽しみにお待ちいただければと思います。


「カリスマ・プロデューサー列伝:ラージ・プロフェッサー編」
90年代ラップの金字塔のひとつ、「ブレイキング・アトムス」で全世界を熱狂させた3人組メイン・ソースのリーダーとして、また膨大な数の他アーティストのビート仕事で圧倒的な支持を得る、坂本龍一とは別の“教授”として知られるラージ・プロフェッサー。あまり知られていない「アトムス」以前の作品を掘り下げ、そのグルーブや自身のラップ・スキルまでを研究します。

「日本語ラップの歴史パート1」
いまやNHKでラップ・バトルの番組が放映されるぐらいマスに認知されてしまった日本語ラップ。君らのパイセンはめちゃめちゃ苦労したんだよ!若者が知らない/興味があるかもしれない、アメリカで生まれたヒップホップ文化がどのように昭和の日本に伝わったのか、辺りの話をする(かもね)

日時:2020年4月24日 (金) open 19:00 start 19:30(開催延期)
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:無料(予約不要)
主催:森本アリ
共催:塩屋音楽会

問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com







L.A.H.

昭和49年生まれ。小学生のときからの映画マニア。中高でMTV~クラシック・ロックに熱中するも、ラップと出会ってその文化から抜け出せなくなる。大学時代には自主映画製作とラップ・グループ“じんちく無害”の二足の草鞋。現在は映画や怪音楽についてのトークイベントを主な活動の場としている。

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.04.24
前のページ »

お知らせやイベント情報を掲載します。