塩屋音楽会共催企画 (2022.10)

旧 グ ッ ゲ ン ハ イ ム 邸 / 塩 屋 音 楽 会 共 催 企 画   2 0 2 2 年 1 0 月
神 戸 の 西 の 海 辺 の 洋 館 の 音 楽 会

7 (金) Sontag Shogun 来日ツアー 2022 ■ 神戸公演
open 19:00 start 19:30 / 予約 2,800円 当日 3,300円

Sontag Shogun
– Ian Temple
– Jeremy Young
– Jesse Perlstein

Haco

NY発のアンビエント/ネオクラシカルトリオSontag Shogunの7年ぶり来日ツアー。“シガーロスやヨハン・ヨハンソンの美と暗闇を濃縮したかのような、世界一美しい静寂、あまりにも美しい音像を披露している”と称される作品で、ポストクラシカル/ロック界の第一線に躍りでた彼ら。今回は、彼らとの共作曲やリミックスがすでにリリースされている日本のミュージシャンHACOがサポートアクトをつとめます。また、スペシャル・アンサンブルとしての共演曲も初披露されるとか。心地よい刺激とネオ子守唄のような優しさが混じり合う斬新なサウンドを、ぜひライブでお楽しみください。

20 (木) 旧グッゲンハイム邸見学会(無料一般公開)
open 12:00 close 17:00 / 予約不要無料

月に一度の一般開放日です。案内などは特になく、時間内に出入り自由としています。様々な資料を閲覧できます。どうぞお気軽に足をお運びください。

20 (木) グ音楽講座 90「UFOと映画」
open 19:00 start 19:30 / 投げ銭

UFO手帖 presents
UFO映画の最高傑作『未知との遭遇』を深掘り!&あなたの知らないUFOやUFO映画の世界。

案内人:L.A.H.(ラー)

28 (金) アトリエピアノピア presents 川口成彦 〜小さなピアノの世界 2〜
open 19:00 start 19:30 / 予約・当日ともに 4,000円

日本で昔製造されていた小さなピアノ4台にあう楽曲を川口成彦さんが選曲してお届けします。
神戸の海辺に佇む洋館で、当時の小さなピアノの音色を聴いてみませんか? 
少人数でのスペシャルコンサートです。お見逃しなく!!


旧グッゲンハイム邸 BASE SHOP あります
nedogu.thebase.in/

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

神戸市垂水区塩屋町3-5-17
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
http://www.nedogu.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」とし、
ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日と水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。

共催:塩屋音楽会

JR/山陽電鉄塩屋駅より徒歩5分。大阪より電車で40分三宮より電車で17分。駐車場はありません。

塩屋音楽会|2023.10.01

11/23 (水祝) CHINDON MUSIC SHOW ジュンマキ堂とニューパラダイスチンドン 神戸公演

出演:
「ジュンマキ堂とニューパラダイスチンドン」
西里純子・黒田牧子・北園優・西村直樹・井上真也・田村和紀

ゲスト:永野綾華(ヴァイオリン)

日時:2022年11月23日 (水祝) open 18:30 start 19:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:前売 3,500円 当日 4,000円 子供 1,000円 配信チケット1,500円
主催:ジュンマキ堂
共催:塩屋音楽会

前売チケットご予約フォーム
https://ws.formzu.net/fgen/S87867647/

☆お問い合わせ
junmakidou@gmail.com
ジュンマキ堂HP
https://junmakidou.wixsite.com/junmakidou


予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。


ジュンマキ堂とニューパラダイスチンドン

明るくノスタルジックなチンドンのリズムと自由自在に楽器を操る音楽家達による古き良きジャズ&コメディの要素を盛り込んだネオちんどん屋。

2010年:1991年よりちんどん打楽器奏者として活躍していたジュンとマキが独立し「ジュンマキ堂」を旗揚げ。
2014年:宣伝賑やかし活動と並行して音楽と演芸の宴“ちんどん演芸場”を定期開催
2016年:フルアルバム「アッパレジャンボリー」を発表
2017年:「いいだ人形劇フェスタ」に影絵楽団として出演。以後三年連続で出演
2019年:「ENGI-MON」プロジェクトでチェコ公演(チェスケー・ブディェヨヴィツェ/プラハ)に参加
2020年:コロナ禍で演奏活動が制限される中、影絵と音楽をミックスした作品を配信。また三カ国語訳(日英仏)による「ちんどん」紹介動画も制作。YouTubeにて配信中
2021年9月:チンドンに古き良きジャズやコメディの要素を盛り込んだ「ジュンマキ堂とニューパラダイスチンドン」としてリニューアル
2022年1月:今に生きる日本の大衆音楽の表現者達によるエンターテイメント・ショー「ニューパラダイス音楽祭」開催(新宿プーク人形劇場)

◎主なお仕事先新年の賑やかし、春祭り、節分、ひな祭り、こどもの日、神社お寺での恒例行事、学校での公演、夏まつり、ハロウィン、町の文化祭、酉の市、クリスマス、お店の開店、周年祝い、会社の式典、個展のオープニング、イベントお祭り等々賑やかし全般

カレンダー, 塩屋音楽会|2022.11.23

11/21 (月) 閃電節奏楽園 sendensessourakuen 6

DJ
moja (TROA)
Takeshi Kouzuki (Zipangu Record)
kita kenya (brist jonas)
Yan-Sasa

日時:2022年11月21日 (月) open & start 18:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約・当日ともに 1,000円
主催:Zipangu Record
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。


moja
2019年にDJをスタート。
普段は神戸元町の古着屋TROAに勤務。

kita kenya (brist jonas)
2014年、旧ジョネス邸移植プロジェクトによりオープンした垂水の美容室 brist jonas のスタイリストとして活動。今年からDJとしての活動を開始、、、

Yan-Sasa
幼稚園の給食を作っています。最近買った玩具はサーフボード。

Takeshi Kouzuki (Zipangu Record)
90年代初頭、三宮古着屋アダージオにて数々の不思議レコードに出会いDJを開始。
現在塩屋で美容室とレコード屋をやりながら
時々DJやトラック制作など、、

カレンダー, 塩屋音楽会|2022.11.21

11/19 (土) 東京中低域

出演:東京中低域
水谷紹(Baritone Sax)鬼頭哲(Baritone Sax)鈴木広志(Baritone Sax)
東涼太(Baritone Sax)筒井洋一(Baritone Sax)山本昌人(Baritone Sax)
宇田川寅蔵(Baritone Sax)山中ヒデ之(Baritone Sax)永田こーせー(Baritone Sax)
井出崎優(Baritone Sax)

日時:2022年11月19日 (土) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,900円 当日 4,400円
主催:東京中低域
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。


東京中低域

東京中低域は2000年初頭、作曲家・水谷紹を中心に結成された、ほかの楽器を一切使用しない純バリトンサックス・バンドです。バリトンサックスというのは、一般に馴染み深いアルトサックスやテナーサックスよりも、ぐっと大きく、とても低い音の出る、弦楽器で例えるとちょうどチェロに相当するような楽器です。

結成以来、7枚のアルバム、3枚のシングル、4枚のDVDを発表。ほかにも幾つかのサウンドトラックやコンピレーション作品などに参加しています。そこで演奏されている楽曲は、ほぼ全てが東京中低域のオリジナルです。

そのサウンドは英国の音楽評論家、故チャーリー・ギレットをして「バリトンサックス10人で音楽を作ろうなんて考えるのは東京のヤツだけだ」と言わしめ、彼の強力な後押しを受けて2006年にはBBC Radio 3のライブ収録とEFG ロンドン・ジャズ・フェスティバルへの出演を兼ねた初の海外公演が実現、それを皮切りに、EFG London Jazz Festival 2008、2014、2018(イギリス)、Barbican Blaze 2010(イギリス)、North Sea Jazz Festival 2010、2012(オランダ)、Montréal Internathional Jazz Festival 2016(カナダ)などに次々と招聘され、今や世界のビッグ・ジャズ・フェスには欠かせない人気者になりました。またBBC Radio 3 “InTune” の年間ベストパフォーマンス賞に選ばれた2014年には、サックスの発明者アドルフ・サックス生誕200年を祝し、ベルギー国内ツアーも敢行、2018年にはロンドン~マドリード(スペイン)を繋ぐ7度目の海外公演ツアーを実施するなど精力的に活動の場を拡げています。

国内では春一番コンサー2003、サマーソニック2009、ワールドハピネス・プレイベント2010、東京ジャズ2018、シブヤ・ジャズ・クロッシング2019、ピーター・バラカンズLIVE MAGIC2019などに出演する他、2014年から毎年2月に開催される東京国際バリトンサックス・フェスティバルをホストバンドとして主催しています。

Band Site = https://www.eqcd.net/iki/profile
Face Book = https://www.facebook.com/TokyoChuteiIki
Instagram = https://www.instagram.com/tokyochuteiiki20thofficial/
Twitter = https://twitter.com/tokyo_chutei_ik

カレンダー, 塩屋音楽会|2022.11.19

11/12(土) 中村祐子オルガンコンサート 私を連れていって3

ひと足ふた足とペダルを踏み、そっと鍵盤に手を下ろす。
歌い始めるオルガンは遠慮がちだったり、陽気だったり。
ハルモニウムとリードオルガン。
異なる機構でリードを鳴らすオルガン達と見てみたい新しい景色がある。

日時:2022年11月12日 (土) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,000円 当日 2,500円
主催:アトリエピアノピア
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX:078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。


中村祐子

キリスト教の牧師の家庭に生まれ、6歳より教会のオルガニストだった山村直子氏にピアノ教育、後にリードオルガン奏法の指導を受ける。1984年、国立音楽大学教育音楽科卒業。在学中からパイプオルガンを学ぶ。結婚後、夫の転勤により渡英。1991年〜1996年までJohn Webber 氏に師事し、Associated Board の検定試験(パイプオルガン)最終級までを取得。帰国後も教会での礼拝奏楽を続け、小樽文学館、神戸・旧グッゲンハイム邸、京都大学YMCA会館など歴史的な建物の中で同時代を生きた旧いオルガンを演奏している。2020年「私を連れていって」アルバムをリリース。

カレンダー, 塩屋音楽会|2022.11.12

11/12 (土) たきい みき・岩崎 智早 舞台女優とピアニストからの贈り物

明日への記憶 ― 薔薇と海。平和の願いをあなたへ ―
朗読・たきい みき / ピアノ・岩崎 智早(ちさ)

朗読と即興演奏
「野ばら」小川未明
「星の王子さま」より サン=テグジュペリ
 その他

フード&ドリンク:料理研究家HITOMI
ランチボックス(1,000円)とドリンク
(ランチボックスは数量限定の為、予約推奨)

日時:2022年11月12日 (土) open 13:00 start 13:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,500円 当日 4,000円
主催:朗読でんわ劇場
共催:塩屋音楽会
後援:サンテレビ

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。


たきい みき(朗読)

大阪市出身。フリーランス。文楽好きが高じて、舞台女優を志す。京都にて「朗読でんわ劇場」主催。主な主演作(劇団SPAC)に『黒蜥蜴』『ふたりの女』『寿歌』『令嬢ジュリー』など。夜叉ケ池で白雪姫を演じた劇団SPACによる公演は本年5月にNHKBSプレミアムにて放映された。舞台以外の活動には、現在も国立文楽劇場ホームページ『文楽かんげき日誌』に寄稿を続けている。 https://mikitakii.com/index.html

岩崎 智早(ピアノ)

京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専攻卒業。オリジナル曲主体のpianoとviolinのDuo「LaLo」結成。現在4枚オリジナルアルバム発表。Panasonic TVCF、東京ドームでの「ジャビット パフォーマンス」のテーマ曲等自身のオリジナル曲を採用され、他にも様々なアーティストCDに演奏、編曲で参加。オリジナルピアノソロアルバム「Beautiful Life」も発表。

カレンダー, 塩屋音楽会|2022.11.12

10/28(金) 川口成彦 〜小さなピアノの世界2〜

一昨年、旧グッゲンハイム邸でのリサイタルが大盛況にて終演された
アトリエピアノピア presents 川口成彦 〜小さなピアノの世界 〜がパワーアップして再び開催決定! !

ミニピアノとは、大正、昭和初期に日本独自に開発された1本弦で鍵盤数が少ない本物の小型ピアノで、欧州楽器マニアの中でもお宝とされるレア楽器です。
アトリエピアノピアで博物館級のミニピアノ4台を修復すると、1台1台が現代のピアノとは異なる個性豊かな音を奏でました。
フォルテピアノ奏者の川口成彦さんが、そんな魅力的な音色にインスピレーションを受け、それぞれのミニピアノにピッタリな作品をお届けします。

2年前リサイタルを経て、川口さんは小さなピアノで演奏したい作品を探し続け、練りに練って選曲して開催する
川口成彦〜小さなピアノの世界2 〜
歴史ある神戸の海辺に佇む洋館で、当時の小さなピアノの音色を存分にお楽しみください。

出演:フォルテピアノ奏者 川口成彦

使用楽器:
大正12年/pianette(49鍵) 日本楽器
昭和5年/no.101(40鍵) 河合楽器
昭和23年/戦後モデル(40鍵) 河合楽器
平成7年/マスコットピアノ(49鍵) 河合楽器

日時:2022年10月28日 (金) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約・当日ともに 4,000円
   ※完売となった場合、当日券の販売はありません。
主催:アトリエ ピアノピア
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。


©Fumitaka Saito

川口 成彦

1989年に岩手県盛岡市で生まれ、横浜で育つ。第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール第2位、ブルージュ国際古楽コンクール最高位。フィレンツェ五月音楽祭や「ショパンと彼のヨーロッパ」音楽祭(ワルシャワ)などの音楽祭に出演。協奏曲では18世紀オーケストラ、 {oh!} Orkiestra Historyczna などと共演。2018年にはロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のメンバーと共に室内楽形式によるピアノ協奏曲のリサイタルをオランダにて開催。またモダンピアノでは2016年にアメリカにて世界的オーボエ奏者ニコラス・ダニエル氏と共にプーランクの『オーボエ、バソンとピアノのための三重奏曲』の最終稿の世界初演を行っている。東京藝術大学/アムステルダム音楽院の古楽科修士課程修了。フォルテピアノを小倉貴久子、リチャード・エガーの各氏に師事。第46回日本ショパン協会賞受賞。第31回日本製鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞受賞。CDは『ゴヤの生きたスペインより』(MUSIS, レコード芸術/朝日新聞特選盤)などを発表している。

カレンダー, 塩屋音楽会|2022.10.28

10/20 (木) グ音楽講座 90「UFOと映画」

UFO手帖 presents
UFO映画の最高傑作『未知との遭遇』を深掘り!
&あなたの知らないUFOやUFO映画の世界

長年の映画マニアでありUFOやUMAなどの超常現象の大ファンでもある自称“映画しゃべり屋” L.A.H.が、天才映画監督スティーブン・スピルバーグがUFOを取り上げた大傑作『未知との遭遇』について、日本で一番ハードコアなUFO同人誌「UFO手帖」に寄稿しました。
文章だけでは伝わりにくいその内容を面白くしゃべります! 他、あなたのUFO観がひっくり返るかもしれないUFO現象の解説や珍UFO映画の紹介など。旧グッゲンハイム邸では初?の超常現象トークイベント開催です!!

日時:2022年10月20日 (木) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:投げ銭
主催:森本アリ
共催:塩屋音楽会

問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com


L.A.H.(ラー)

幼少より映画と怪奇を愛し続けてウン十年、中学からは洋楽にも詳しくなり、学生時代には自主映画制作&ラップグループ「じんちく無害」のMC兼ビートメイカーとして活動。現在は映画の解説トークイベントが中心。去年から愛読していたUFO同人誌「UFO手帖」の寄稿者になれて光栄です!最後の昭和40年代生まれ。

カレンダー, 塩屋音楽会|2022.10.20

10/07 (金) Sontag Shogun 来日ツアー 2022 ■ 神戸公演

出演:
Sontag Shogun
Haco

NY発のアンビエント/ネオクラシカルトリオSontag Shogunの7年ぶり来日ツアー。“シガーロスやヨハン・ヨハンソンの美と暗闇を濃縮したかのような、世界一美しい静寂、あまりにも美しい音像を披露している”と称される作品で、ポストクラシカル/ロック界の第一線に躍りでた彼ら。2022年春にリリースされたフィンランドの歌姫Lau Nauとの新作「Valo Siroutuu」も好評のうちに、新曲を引っさげて待望の再来日となります。今回は、彼らとの共作曲やリミックスがすでにリリースされている日本のミュージシャンHACOがサポートアクトをつとめます。また、スペシャル・アンサンブルとしての共演曲も初披露されるとか。心地よい刺激とネオ子守唄のような優しさが混じり合う斬新なサウンドを、ぜひライブでお楽しみください。

日時:2022年10月7日 (金) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,800円 当日 3,300円
主催:Sontag Shogun / Phenoco(py)
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。


Sontag Shogun (ソンタグ・ショーグン)

NY出身の Ian Temple + Jeremy Young + Jesse Perlstein (現在は米国/カナダ)によるアンビエント/ネオクラシカルトリオ。美しい旋律を奏でるピアノを軸にして、アナログな音響操作や「声」が寄りそいながら世界感を広げていく。まるで記憶の奥の抽象的なパーツが調和しはじめるかのように展開されるサウンドスケープ。さらには、フィールドレコーディング、ボーカル・ループ、深みのあるオシレーター音や増幅されたオブジェの擦音などが用いられ、漂う音響の海から繊細で律動的な不協和音へと、聞き手のディープな想像力を縦横無尽にかき立てていく。その作風やパフォーマンスは国際的に注目され、米Pitchforkや英The Wireなどの有名音楽メディアから続々と称賛をうけている。2022年4月には、現代フィンランドを代表する女性シンガーソングライターLau Nauとの新作「Valo Siroutuu」が米国でリリースされ、日本ではCD盤がRicco Labelから絶賛発売中。日本のアーティストとの交流やコラボレーションにも積極的で、 Moskitoo & FilFlaやHaco等との共作曲やリミックス作品も近年発表されている。
www.sontagshogun.com

Haco (ハコ)

ヴォーカリスト、作詞作曲家、エレクトロニクス奏者。80年代に音響芸術を学び、After Dinnerを結成すると共に作品が国際的に評価される。近年、声と有機的なエレクトロニクス手法をむすびつけた独自のパフォーマンスを展開。その透明感のある歌声と音響技術の融合により実験的かつポップ感覚をつめこんだ楽曲で、世界中にファンをもつ。海外の革新的な音楽/アートフェスティバル公演は数知れず。これまでにソロやHoahio等のCD/レコード発売多数。2017年、通算7枚目ソロアルバムでアンビエント色の濃い『Qoosui』、2021年には『Nova Naturo』が、豪州Someone Good (Room 40) より発売され、国内外で絶賛を浴びる。2022年に、8名の国際エレクトロアーティストによるリミックス集『Nova Naturo Remixed』を自らのBandcamp (Mescalina) でリリース。
www.hacohaco.net

カレンダー, 塩屋音楽会|2022.10.07

09/22 (木) ちくちんどん楽団 京神阪名巡業

ちくちんどん楽団 ※知久寿焼ちんどん楽団から変更になりました。
 知久寿焼 (うた、ギター、ウクレレ)
 うつみようこ (ちんどん太鼓、コーラス)
 関島岳郎 (テューバ)
 大塚やよい (大正琴、鍵盤、コーラス)
 中川樹海 (三線、コーラス)

opening act:ころあい
 澤井まり alto sax
 中西悦子 alto sax
 森本アリ trumpet
 赤江真理子 ちんどん太鼓

日時:2022年9月22日 (木) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約・当日ともに 4,000円
主催:ちく商会
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。


ちくちんどん楽団

知久寿焼(パスカルズ/元 たま)が高校のおしまいころから憧れていた、ちんどん太鼓を用いた念願のバンド。2019年2月2枚同時発売された54歳にして初のアルバムCD「知久寿焼のうた その1/その2」の「その1」収録「ひとだま音頭(合奏編)」の録音に集まってもらった珍妙なる顔ぶれで、同年の発売祝いライブ巡業より活動開始。現在アルバム制作中。のんびりどっすん♪ってなかんじでやってま~す。

ころあい

木管+金管+チンドン=意外とガーナ?

カレンダー, 塩屋音楽会|2022.09.22
前のページ »

お知らせやイベント情報を掲載します。