09/08 (土) 片岡メリヤス + 三田村管打団?=「メリヤス管打団 !! 」



ブラスバンドがぬいぐるみをパラレルワールドへ誘拐!
人形劇と音楽の冒険


かわいいだけでは、収まりきれない
ヘンテコな愛がいっぱい詰まったぬいぐるみを作り続ける
アーティスト「片岡メリヤス」と
すべての場所を虹色に染め上げる天上の楽団「三田村管打団?」
夢の共演が、夢の場所で実現します。
メリヤス人形劇を初めての皆様、三田村ライブを初めての皆様、
そして旧グッゲンハイム邸を初めての皆様、
胸をはっておすすめします!
是非、楽しみにいらしてください。

日時:2018年9月8日 (土) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,500円 当日 3,000円 !! THANK YOU !! SORRY !! SOLDOUT !!
主催:NEW PURE+
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







片岡メリヤス

2011年から片岡メリヤスとして活動を開始。主にぬいぐるみ•動くおもちゃ•光るおもちゃ•などを制作。飾るだけではなく、遊べて愛のあるぬいぐるみを作る。オリジナルの人形劇も各地で上演。2014年末から、漫画「片岡おへんろ」を執筆。 https://www.instagram.com/kataokameriyasu/




三田村管打団?

たおやかに吠える|しなやかに走る|見事に転ぶ! つまずいた先の助け合いグルーヴ。かつてはほっこり系爆裂ブラスバンドと冠された、すべての場所を虹色に染め上げる関西が誇る天上の楽団。 2002年結成。2013年3rdCD「!!!」発表。普段のライブは8~13人ぐらい編成。女子率が高く、子連れで演奏が当たり前。フェス、ライブハウス、ストリート、保育園、海や山、電車や船、あらゆるところでの演奏経験有り・・・瀬戸内国際芸術祭では2日間5島で15公演、昨年はたぬきの町音楽祭、港町ポリフォニー等を盛り上げた。2012年より「片想い」との合体バンド「両想い管打団!」|2015年 二階堂和美との「二x三」始動。 https://dadaterra.exblog.jp/

カレンダー, 塩屋音楽会|2018.09.08

09/08 (土) yumbo20周年記念公演 実在する世の中 神戸編



出演:yumbo
   澁谷浩次 (pf, b, vo, 作詞作曲) 山路智恵子(drums) 工藤夏海 (frenchhorn)
   高柳あゆ子 (vo) 芦田勇人 (euphonium, g) 皆木大知 (g,b)

PA:吉田涼

日時:2018年9月8日 (土) open 14:00 start 14:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,500円 当日 4,000円
主催:7e.p.
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。





yumbo

澁谷浩次 (pf, b, vo, 作詞作曲)を中心に、1998年に仙台で結成。幾多のメンバーの変遷を経て、2013年までに山路智恵子(drums)、工藤夏海 (frenchhorn)、高柳あゆ子 (vo)、芦田勇人 (euphonium, g)、皆木大知 (g,b)が順次加入し、現在のラインナップとなる。現在までに『小さな穴』(2003)、『明滅と反響』(2006)、『これが現実だ』(2011)、『鬼火』(2016)の4枚のフル・アルバムを発表。

カレンダー, 塩屋音楽会|2018.09.08

09/06 (木) グ音楽講座59 ところで最近なに聴いてます? #12 もちよりリスニングの夕べ。



ところで最近なに聴いてる?
聴き方も、出会い方も、味わい方も、音楽にまつわるいろんなことがとても多様になった今、あらためてみんなどんな気分でどんな音楽を聴いてるのか、音源持ち寄って聴きあい&聴かせあいの夕べ。もうすっかりお馴染みの12回目の開催。
最近ラジオでプレイされまくりの2018夏のアンセムから、秋が近づくと聴きたくなる心のベストテン第1位、はたまたまだ誰も知らないブライテストホープまで、とにかく最近聴いてる音源を1人1曲お持ちください。CD、レコード、デジタルオーディオプレイヤー、カセット、YouTubeに対応。もちろん手ぶらもOK。さらに気持ちが溢れちゃったら自作のZINEやミックステープの持ち込み配布も大歓迎!

ホスト:
安井麻人(A.C.E./世界の音楽/神戸テクミー)
岩淵拓郎(一般批評学会)
森本アリ(旧グッゲンハイム邸)

日時:2018年9月6日 (木) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:無料(予約不要)
主催:森本アリ
共催:一般批評学会|塩屋音楽会

問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com







安井麻人(やすいあさと)

音楽家、サウンドアーティスト。ちょいぼけインテリ。西日本のテクノドンこと A.C.E.(エーシーイー)のメンバー。ギャラリーや美術館などで作品を発表するかたわら、ファッションショーやTVCMなどの音楽を手掛け、近年はラジオで音楽コーナーを担当するなど、幅広く活動している。大阪芸術大学音楽学科卒業後、武庫川女子大学大学院修士課程を修了。現在、音楽制作会社(株)スタジオミニ代表取締なんとかも務めるとか。



岩淵拓郎

もとは言葉と意味を扱う美術家で、今は広い意味での編集者(ちゃんと本とか作ってます)。2014年に批評しない批評集団「一般批評学会」を結成、絶賛売出し中。12〜14年、宝塚映画祭総合ディレクター。



森本アリ

神戸、塩屋の海辺の洋館「旧グッゲンハイム邸」管理人。「塩屋音楽会」企画/運営。技術のないことを武器に音楽の敷居を下げ続ける音楽家。「三田村管打団?」「口八丁」「ペ・ド・グ」「カメアリ・エレクトリック」「もだえ」「音遊びの会」やソロで活動。映画「繕い裁つ人」に神父役にて米粒ほどの出演。

カレンダー, 塩屋音楽会|2018.09.06

09/02 (日) PLAYTHINGS TOUR



LIVE:
TGMX (FRONTIER BACKYARD)
渡邊忍 (ASPARAGUS/Noshow)
Keishi Tanaka
日高央 (THE STARBEMS)

Welcome Act 15:30〜16:30:コイチ(Sawagi)

日時:2018年9月2日 (日) open 15:30 start 16:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:前売り 4,000円 ※整理番号順の入場になります。
主催:GREENS
企画・制作:Niw!Records
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ

一般販売
2018年7月7日(土)
チケットぴあ
[Pコード予約] 0570-02-9999 Pコード:119-415
ローソンチケット
[Lコード予約] 0570-084-005 Lコード:52731
イープラス
●旧グッゲンハイム邸 TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。

注意事項
※小学生以上はチケットが必要になります
※お客様の整理番号・入場時間によっては立見となる可能性がございます。

問い合わせ
GREENS 06-6882-1224 http://www.greens-corp.co.jp/

カレンダー, 塩屋音楽会|2018.09.02

08/26 (日) 『本気の夏、100回目。本気のカレー、10年目』



突然ですが、この8月にワンダカレー店は10周年を迎えます。 そして夏の高校野球が100回目を迎えます。 これを記念して、近所の野球大好き洋館管理人SSKさんと共にイベントを開催します。出演者はバントや盗塁、ヒットエンドラン、スクイズなどの小技はもちろん、たまに見せるパンチ力。 力投型、変則左腕、技巧派が揃う投手陣の継投策で勝ち抜きます。 夏の終わりの線香花火と打ち上げ花火のような一日を。
神戸 塩屋 ワンダカレー店主



サイコーの夏にしようぜ!
SSK




出演:
三田村管打団?
ヒップホップテニス・コーツ feat.DJアオツキ
Hara Kazutoshi + 野田薫
ふだん
台風クラブ
SFC (塩屋フィッシングクラブ )
安田謙一
COMPUMA

出店:
ワンダカレー
バカンス食堂
Talk and nap
SSK軒


日時:2018年8月26日 (日) 13時プレイボール
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日 3,500円
主催:SSK軒 & ワンダカレー
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。








三田村管打団?
たおやかに吠える|しなやかに走る|見事に転ぶ!
つまずいた先の助け合いグルーヴ。
かつてはほっこり系爆裂ブラスバンドと冠された、すべての場所を虹色に染め上げる関西が誇る天上の楽団。 2002年結成。2013年3rdCD「!!!」発表。普段のライブは8~13人ぐらい編成。女子率が高く、子連れで演奏が当たり前。フェス、ライブハウス、ストリート、保育園、海や山、電車や船、あらゆるところでの演奏経験有り・・・瀬戸内国際芸術祭では2日間5島で15公演、昨年はたぬきの町音楽祭、港町ポリフォニー等を盛り上げた。2012年より「片想い」との合体バンド「両想い管打団!」|2015年 二階堂和美との「二x三」始動。







ヒップホップテニス・コーツ
テニスコーツによるヒップホップ・リスペクト!主にカセットリリースが活動内容。







Hara Kazutoshi+野田薫

それぞれシンガーソングライターとして活動しているHara Kazutoshiと野田薫によるユニット。

Hara Kazutoshi:
東京在住のシンガーソングライター。2011年にアルバム『楽しい暮らし』を鳥獣虫魚より発表した。定期的にライブを行い、充実したミュージックライフを送っている。
http://d.hatena.ne.jp/kzts/touch

野田薫:
ピアノとうた。2008年より東京を拠点に活動を始める。2010年にファーストアルバム「あの日のうた」、2015年にセカンドアルバム「この世界」を発表。その他にも、英ミュージシャンJames Blackshawのアルバムに共作曲を発表、見汐麻衣(MANNERS、ex-埋火)のサポートなど、他ミュージシャンとの活動や作品への参加も行っている。
http://nodakaoru.tumblr.com/







ふだん
白い汽笛のボーカルによるソロユニット。
2018年7月、エマーソン北村、popoとの共作7インチアナログ盤をリリース。
100回大会、10周年、共におめでとうございます!






台風クラブ
うたとギター、ベースにドラム
見ての通りの3人組
日本語ロックの西日、台風クラブです。
https://taifuclub.com/








SFC(塩屋フィッシングクラブ)
塩屋在住の3人による釣りクラブ。この日は、nbk(popo)によるソロアクト、wkdによるDJ、sskの酒で参加。同じく塩屋在住の人気イラストレーター山内庸資さんイラストによるグッズも販売。








安田謙一
ロック漫筆。ディスクジョッキー。著作に「ピントがボケる音」、「なんとかとなんとかがいたなんとかズ」、「神戸、書いてどうなるのか」などがある。










COMPUMA(コンピューマ)
ADS(アステロイド・デザート・ソングス)、スマーフ男組での活動を経て、 DJとしては国内外の数多くのアーティストDJ達との共演やサポートを経ながら、日本全国の個性溢れるさまざまな場所で日々フレッシュでユニークなジャンルを横断したイマジナリーな音楽世界を探求している。音と音楽にまつわる様々なシーンで幅広く活動している。悪魔の沼での活動含めて国内外で精力的に活動の幅を広げている。
http://compuma.blogspot.jp














イベント, カレンダー, 告知, 塩屋音楽会|2018.08.26

08/25 (土) タヌキツネコワンマンライブ2018



ゑでぃまぁこん
 ゑでゐ鼓雨磨|柔流まぁこん|水谷康久
 楯川陽二郎|元山ツトム|朝倉円香
 影山朋子

PA:和田真也

出店 : 喫茶アオツキ|おてもみん(マッサージ)


日時:2018年8月25日 (土) open 15:00 start 16:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,000円 当日 2,500円
主催:pong-kong records
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。





ゑでぃまぁこん

ゑでゐ鼓雨磨(ガットギターと歌)と柔流まぁこん(ベース)により2001年結成しました。現在は主にバンド編成で活動しています。自主のレーベルpong-kong recordsからのアルバムリリース『綿の煙の招待状』『カミナリデンゴン』やギューンカセット『あおいあしおと』『あのこが小鳥と話すとき』、マジキックレコード『やっほのぽとり』、円盤『ミイラと蚊』、オーストラリアのプリザベイション『輝く墓標』などからもアルバムをリリースしています。今回は、ドラムの楯川陽二郎、サックスやフルートの水谷康久、ペダルスティールギターの元山ツトム、コーラスの朝倉円香、マリンバやヴィブラフォンの影山朋子の7人編成で演奏させていただきます。この日に間に合うように新作アルバム製作中です。







カレンダー, 塩屋音楽会|2018.08.25

08/24 (金) KOUKI (ダウト) & YOSHIHIRO (ギルド)「潮風薫る丘の演奏会」



KOUKI (ダウト) & YOSHIHIRO (ギルド) 超地元凱旋 ACOUSTIC LIVE!

出演:幸樹 (ダウト) YOSHIHIRO (ギルド)

日時:2018年8月24日 (金) open 18:00 start 18:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 4,000円 当日 4,500円 !! THANK YOU !! SORRY !! SOLDOUT !!
主催:KOUKI & YOSHIHIRO
共催:塩屋音楽会

【先行優先チケット】
6/25(月) 12:00〜7/2(月) 23:59
お一人様4枚まで

【申し込みメールアドレス】ticket@hanamizakura.main.jp

〈申し込み方法〉
優先チケットをご希望の方は、お名前(本名)、郵便番号、住所、電話番号、公演日時、公演会場、枚数を確実に明記の上、ticket@hanamizakura.main.jpまでご連絡下さい。 7月4日〜8日にて折り返しこちらから当落と発送のご案内をさせていただきます。いかなる場合でもチケット申し込み後のキャンセルは致しかねますのでご了承ください。受け取り期日を過ぎての再配達は別途送料、代引き手数料600円が加算されます。また、海外発送は、現在承っておりませんのでご了承ください。

※携帯電話等、ドメイン拒否設定をされている方はticket@hanamizakura.main.jpを受信できる状態にしておいて下さい。

【お支払方法】
お支払い方法は代引きのみとさせていただきます。
商品到着時に配達ドライバーに料金をお支払い下さい。
商品代金+(送料、代引き手数料)一律¥600が必要となります。

優先チケットに不備がございましたら、
ticket@hanamizakura.main.jpまでお申し付けください。




【一般チケット予約】7月10日 (火) 12:00〜
※先行にてのキャンセル分等のみ発売予定。先行にて規定数を超えてしまった場合予約発売はございませんのでご了承下さい。

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。



カレンダー, 塩屋音楽会|2018.08.24

08/19 (日) ツジコノリコ『Kuro』Movie + Talk + Live



ツジコノリコ(ミュージシャンだけではなかった!)と気鋭の映像作家ジョージコヤマの、各映画祭で好評を得ている初長編映画。観客参加型の暗くて面白いラブストーリーです! そしてサントラが話題のレーベルPANから秋にリリース予定。

“Daring and inventive” — MUBI on ‘kuro”
“Spellbinding, Exquisitely Photographed Tale…masters of sound and image” — Screenanarchy on “kuro”


1部 映画『KURO』上映(2017年|84分|監督:Joji Koyama, Tsujiko Noriko)
2部 ツジコ・ノリコ トーク 
3部 ツジコ・ノリコ ソロライブ


日時:2018年8月19日 (日) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,500円 当日 3,000円
主催:Kuro
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。








『Kuro』(2017年|84分|監督:Joji Koyama, Tsujiko Noriko)


あらすじ
パリ郊外に住む日本人ロミはカラオケバーで働きながら、家では麻痺状態に陥っている恋人ミルーの面倒を見て暮らしている。ロミがミルーにお話を聞かせながら家での時間を過ごしていると、以前彼らが一緒に日本にいた頃の話題が発端となり、そこに登場する小野と呼ばれる男の謎が話をどんどん思わぬ方向に。自身の過去、伝説、奇談などを交えつつ、やがてロミのミルーへの一人語りは恐ろしいような、不思議なような、ただならぬ様相を帯び始める。

Kuroについて
Kuroはわたしたちが人生を受け入れていく上での物語の必要性ついての映画です。物語は世界を理解する上での骨組みであると同時に理解不能への恐怖からわたしたちを守ってくれます。けれど、守ってくれるとは言っても、そのストーリーの構成、使い方、解釈は常に不確実で流動的。おそらくKuroは、説明し切れぬ理解不能なものとは消えたと思いきや再び現れ、結局絶えずわたしたちにつきまとうものであるにもかかわらず、それらを物語でどうにかこうにか説明、言い表そうとするそのドタバタについての映画でもあるのです。観客の方々が、ものごとの不明確さの中を篤と探検できるようなゆとり空間を作り出すために、わたしたちは物語りの仕組みを利用しては、時にそれを枠から外してゆさぶってみる、というような映画を作りたかったのです。






ジョージ・コヤマ

ベルリン在住の映像作家、アニーメーター、グラフィックアーティスト。コヤマの短編映画、ア ニメーション、ミュージックビデオクリップ(Four Tet, Mogwai, Coldcut等)はロンドン短編映 画祭、British Animation Awardsで受賞、国際的に上映された。また2015年に彼は、出版社 Toupéeを立ち上げ、自身の初めての本である、短編ストーリー絵画本 ‘Plassein’ を出版。次に ペンギンブックスからぬり絵本 ‘Elsewhere’ が出版される。また彼は音楽家Matthew Herbertや 劇作家Ant Hamptonとのコラボレーション経験もあり、活動は多岐にわたる。

ツジコ ノリコ

パリ在住の音楽家、映画監督。 現在まで、17枚のアルバムをEditions Mego, Tomlab, Fat Cat and Room 40などからリリース。2003年、アルバム ”ハードにさせて” はPrix Ars Electronicaで 特別賞を受賞。映画、アニメーション、ダンス、インスタレーション作品への音楽提供や、音楽家Peter Rehberg, Nobukazu Takemura, Lawrence Englishとのコラボレーションも評価を得る。2005年より、映画監督も手がけ ‘砂とミニハワイ’, ‘SUN”を完成させると、パリのカルチエ財団美術館をはじめ、国際的に上映を行った。彼女の最新のアルバムはソロ作品 ‘My Ghost Comes Back’。

カレンダー, 塩屋音楽会|2018.08.19

08/18 (土) 玄牝を上映する会 in 神戸『玄牝マルシェ』〜いのちのつなぎかた〜



『玄牝』

あるがままに命と向き合う女たちの、比類なき美しさ。
河瀬直美監督の原点にして、新境地を切り拓くドキュメンタリー『玄牝』。

谷神は死せず、是を玄牝と謂う。 −−老子
大河の源流にある谷神は、とめどなく生命を生み出しながらも絶えることはない。
これを玄牝……”神秘なる母性”と呼ぶ。

日時:2018年8月18日 (土) open 12:00 close 21:00
   ※1回目の映画上映は11:00に上映します。
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:入場料 500円 / 映画 1,500円(入場料込)
   ※会場受付にて別途ドリンク代500円を頂きます。
主催:玄牝を上映する会
共催:塩屋音楽会

映画チケット問い合わせ&マルシェの応募
E-mail : genpin.kobe@gmail.com





11:00〜12:30 『玄牝』1回目上映
12:00     マルシェ開場
14:30〜15:00 書道家 万美パフォーマンス
15:00〜16:30 『玄牝』2回目上映
16:40〜17:40 “きらら助産院”上田先生の講演
18:30〜20:00 『玄牝』3回目上映
20:20〜21:00 LIVE isa + mowcandle


ラウンジDJ:KAORU
SOUND協力:最高音響
種の交換会あり

マルシェ:八葉食堂 Dedible hitotoki Lunca Plants hirunemade Beco CONTINUUM araticandle akubi VANI 【高知】mowcandle 山下農園 四万十革屋 HAIBI 南山人-namihito- olivedrabcafe obrarte and more…

随時出店者募集中!!

玄牝オフィシャルサイト
http://www.genpin.net/

◎2回目の上映後、塩屋の助産院“きらら助産院”上田先生の講演を開催します。
 こちらは映画をご覧のお客様のみ無料でご参加いただけます。

カレンダー, 塩屋音楽会|2018.08.18

08/17 (金) Singū-IEGUTI “Diffraction” pre-release tour in KOBE



Singū = Keta Ra (Guitar,electronics) + KIYO (Drums,electronics)
家口成樹 (Synthsizer,electronics)
広本雄次 (Tabla)
wa-no (Guitar)

日時:2018年8月17日 (金) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約・当日ともに 2,000円
主催:Singū-IEGUTI & wa-no
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







家口成樹 / Shigeki IEGUTI

PARA、EP-4[fn.ψ]などのシンセサイザー奏者、即興演奏家、兼サウンドプロデューサー。90年代より花電車、drillmanなどのメンバーとして音楽活動を開始。シンセサイザー、PC、エフェクターなどの電気機器の特性を多用したエレクトロニックな奏法で、ノイズ、音響、ミニマルなどの現代音楽的なアプローチから、パンク、ハードロック、ジャズなど、多種多様な作風をクロスオーバーさせ国内外の多数のミュージシャンとおもに即興演奏で共演。2014年よりKruispunt名義での録音、ミックス、マスタリングなどのスタジオワークを開始。同名のアルバムをEnitokwa、MAYUKoとともに制作、リリース。最新作は6月15日、自身の編纂によるエレクトロニックなコンピレーションアルバム「Allopoietic factor」を、佐藤薫プロデュースのレーベルΦonon(フォノン)よりリリース。1970年、京都生まれの水瓶座。 http://shigekiieguti.com



Singū

KIYO(drums)とKETA RA(guitar)の兄弟からなるエクスペリメンタルユニット。2014年、ふたりの故郷、広島県新宮市でスタート。ジャズ、フリージャズ、インプロビゼーション、ダンスミュージックを独自の観点からMIXし、多種多様なeffectや自作楽器、電子音響等も駆使しながら独自の世界を作り出すドラマー KIYOと、アンビエント、ドローン、ミニマリズムを多様なeffectやrap topを駆使しながら自然音響、植物的なアプローチでアウトプットするギタリスト KETA RA。相反する要素とあうんの呼吸で紡がれてゆくハーモニー。2018年夏、ドイツのレーベル「growing bin record」から6曲収録のアナログLPが発売予定。


KIYO / KIYofumiSadanaga
1984年2月14日生まれ、drummer, composer。若年期より、jazz, club music,free music等のライブシーンで勢力的に活動を行いながら多種多様なアートとコラボレートを展開。2006年、宮島厳島神社 国宝高舞台にて演奏。2013年、NYでOrbitとしてlive。現在、電子楽器、自作楽器、ドラムセットを織り交ぜて構成するSOLOの他、弟KETA RAとのユニットの「Singū」や、masm(ex ORBIT)×Takuya Sumida×KIYo による「Nilpa」などで活動中。

KETA RA / Keita Sadanaga
1988年、春生まれ。10歳の頃にジャズベースを始める。17歳からルーパーなどの空間系エフェクターの収集をはじめ、ベースソロの演奏や、テルミン+ベースのデュオ、ヒオトビオクとしてアンビエント/ドローンな音楽性を追求。20代、パソコンでの音楽制作を開始。2011年よりギターを始め、KETA RAとして活動を開始。ワンミュージックキャンプ、ワンネスキャンプ、Rainbow ASO 、りんご音楽祭、ZETTAIMU、等の野外フェスや、各地のカフェ、クラブ、美術館などで演奏。2013年「ALBUM 」というCDを、ALTZ 、やけのはら両氏のリミックスを収録して「 aiueo-record」からリリース。この中からALTZリミックスが、坂本龍一主催のRedio Sakamoto auditionにノミネートされた。2014年に 「rinth 」というカセットアルバムを「WOODFLAME」からリリース。CD版のボーナストラックとして収録された 「= (equals)」を「ALTZMUSICA」からALTZ 、CALMによるリミックスを収録してリリース。12インチアナログカットされアメリカ、ヨーロッパ等でもリリース。その他、ユニット「Citizen of peace」のアルバムに、Latyr Sy、森俊之、沼澤尚らと共にゲスト参加、NHKの原爆記念日特別ドラマ 「かたりべさん」や、地元広島のラジオ局の番組などにもに楽曲を提供。

カレンダー, 塩屋音楽会|2018.08.17
« 次のページ前のページ »

お知らせやイベント情報を掲載します。