05/19 (木) グ邸音楽講座38 「サイレント喜劇の素晴らしき世界」

by Ryoichi Shin

コメディ、お笑い、バラエティ。「笑い」はいまやあちこちにあふれています。でも、かつて映画の世界に《喜劇の黄金時代》があったのを知っていますか?1895年に映画 が「誕生」してからおよそ30年間、映画がまだ音も声も持たなかった「サイレント映画」の時代こそ、コメディ映画が花開いた時代でした。

チャップリンが初めて撮影所に足を踏み入れた日。バスター・キートンが初めてパイを投げた日。ハロルド・ロイドが初めて「ロイド眼鏡」をかけた日。笑いの神様たちは、どうやって生まれ、どんな映画を作り、どこへ向かったのか?

知っていそうで意外と知らない、そして知らなきゃもったいない《喜劇の黄金時代》の歴史を、楽しくわかりやすく紹介します。サイレント喜劇の名場面や傑作ギャグの映像もまじえながらのレクチャー。みんなで大笑いしましょう。サイレント喜劇ってこんなに楽しい!(いいをじゅんこ)

講師:いいをじゅんこ(クラシック喜劇研究家)

日時:2016年5月19日 (木) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約不要無料!
主催:森本アリ
共催:塩屋音楽会

問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com




いいをじゅんこ

クラシック喜劇研究家、ライター。愛媛県出身。バスター・キートンと運命の出会いをして以来、サイレント喜劇の世界に魅了される。無声時代~トーキー初期のいわゆる「喜劇の黄金時代」に作られたアメリカを中心としたクラシック喜劇を研究。映画史の鉱脈にひっそり埋もれた宝石のようなコメディ群を、ひとりでも多くの人とわかちあいたいとの思いから、講座《コメディ学入門》を企画。2012年より神戸映画資料館にて不定期で開催している。2016年1月には喜劇映画研究会・神戸映画資料館と共同で古典喜劇映画上映委員会を立ち上げ、本格的なクラシック喜劇上映イベント《新春コメディ宝箱》を開催した。ライターとしては、神戸こども映画まつり「サイレント映画ってすごい!」解説、ムックマガジン「コメ旬」(キネマ旬報社発行)コラム連載、その他作品解説や書評などを執筆。バディ映画愛好家でもあり、現在メールマガジン「映画野郎」にてコラムを連載している。ジェリー・ルイスの回顧録『Dean&Me』を翻訳、出版を目指して目下奮闘中。

Facebook公式サイト:
「サイレント喜劇のすばらしき世界」https://www.facebook.com/subarasicomedy

カレンダー, 塩屋音楽会|2016.05.19

お知らせやイベント情報を掲載します。