08/25 (木) 青葉市子&SKIP SKIP BEN BEN east asia tour


日本と台湾の次世代を代表するアーティストである<青葉市子&skipskipbenben>の東アジアツアーin神戸。2014年に台北で運命の出会いを果たし、音楽家として共感しあう2人の東アジアツアーが決定しました。各地の皆さんにお会いできることを一同楽しみにしています。

LIVE:
青葉市子
SKIP SKIP BEN BEN

日時:2016年8月25日 (木) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 / 当日 3,500円
主催:浪漫的工作室
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。



photo by 荒木経惟


青葉 市子 (ICHIKO AOBA)

1990年生まれ。2010年、1stアルバム『剃刀乙女』でデビュー。これまでに4枚のソロアルバムを発表。2015年秋に台湾・香港・シンガポール・マレーシア・タイの5カ国を廻る自身初のアジアツアーを開催。舞台作品では『レミング~世界の涯まで連れてって~』『cocoon』への出演や朗読劇『みつあみの神様』の音楽を担当。その他CM音楽、ナレーション、イラスト、作詞家、エッセイ等様々な分野で活動中。




SKIP SKIP BEN BEN

台湾台北出身。インディーポップバンド「雀斑」シュゲイザーバンド「BOYZ&GIRL」で作曲とボーカルを担当。2010年後半北京に移り、Carsick Carsでドラムとバックボーカルを担当。そして新たな個人プロジェクトとしてSKIP SKIP BEN BENを立ち上げる。台湾に戻り『Sacrifice Mountain Hills』をリリースし2013年にはMy Bloody Valentineの台北公演のオープニング・アクトを務める。そして2015年12月に3rdアルバム『Mirror in Mirror』を北京のレーベルMaybe Marsと台湾のインディーレーベルre:publicからリリースした。そして2016年音楽家大友良英率いるAsian Meeting Festivalに参加をし、各方面から大きな注目を集めるアーティスト。

カレンダー, 塩屋音楽会|2016.08.25

お知らせやイベント情報を掲載します。