04/12 (木) Ikarus (イカルス) 2018 来日ツアー



スイス発プログレッシヴ・男女スキャット・ジャズ
Ronin 率いるNik Baertsch の申し子
ミニマル・ポリリズム・グルーヴ・ミュージック

*「Ikarus の曲ではマジカルな魅力が展開する」 NDR (ドイツ)

*「質の高い作曲、淀みない演奏、そして、きらびやかで細かなところまで丁寧に作られた作品だ」Sid Smith, Prog Magazine  (イギリス)

*「息もつかせず、爽快な気分にさせる音楽旅行」 allaboutjazz.com (アメリカ)

LIVE:Ikarus

日時:2018年4月12日 (木) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日 3,500円
企画制作:Office Ohsawa
後援:スイス大使館
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







Ikarus

Ramon Oliveras  ラモン・オリヴェラス(作曲、ドラム) 
Anna Hirsch アンナ・ヒルシュ (ヴォーカル)
Andreas Lareida アンドレアス・ラライダ(ヴォーカル)
Lucca Fries ルッカ・フリース(ピアノ)
Mo Meyer  モー・マイヤー(ベース)

「五人編成のバンドはプリズムだ。マス・メタル、フリー・ジャズ、左寄りのエレクトロニカ、モダン・ポップ、現代クラシックからの影響がこのプリズムを通り、とても特徴的な音を創りだしている。彼らは自らを Evocative Jazz(喚情ジャズ)と呼んでいる。これはポリリズム、ミニマル・グルーヴ、北欧的サウンドスケープ、プログレッシヴ・ジャズを強調しながらも一つのものには執着しないミクスチャーだ。他のジャズ系の現代風のバンドと異なるのは、言葉を使わない、抽象的な男声・女声ヴォーカルがリード楽器として入っていることだ。北欧的暗さとうだる暑さの赤道地域カラーとの美しい緊張関係がポイントになる。」Lukasz Polowczyk



新アルバム“Chronosome” はNik Baertsch とRamon Oliveras のジョイント・プロデュースになる。

カレンダー, 告知|2018.04.12

お知らせやイベント情報を掲載します。