07/06 (金) 大木温之(ピーズ)旧グッゲンハイム邸ワンマン



FOOD: かばくんカレー

日時:2018年7月6日 (金) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日 3,500円 !! THANK YOU !! SORRY !! SOLDOUT !!
主催:オレンジ企画
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

予約開始:5/31 (木) AM10時より

* ご予約はメール受付のみです。
* 送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* 整理番号付きで、順に、予約完了の返信を致します。
* 予約後のキャンセルは、必ずご連絡をお願い致します。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。

★ 入場は整理番号順です。当日券は当日の状況により判断します。
★ 予約・当日券共に、当日の精算となります。

カレンダー, 塩屋音楽会|2018.07.06

07/02 (月) sound on elemental levels



LIVE:
Austin Larkin
HACO (Stereo Bugscope)

インドネシアからメールが届き、インドネシアの人なら是非寄っていただこうとお返事したら、実はレジデンスでインドネシアに滞在しているアメリカはシアトルの人でした(笑)。彼のプロフィールと動画の視聴から感じた音の探求者的なアプローチに、ご近所の須磨在住でありながら世界を股にかけて鋭く活動するHACOさんと通底するものを感じたので、1ヶ月に渡るヨーロッパツアーから戻ったばかりのところですが、一度観てみたかった、ラップトップに聴診器のようにマイクを当てて音を奏でるパフォーマンス「Stereo Bugscope」という演奏をお願いしました。「果たして音楽なのか」という人も「とても刺激的!」という人もいると思います。お楽しみいただければ幸いです。

日時:2018年7月2日 (月) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約・当日ともに 2,000円
主催:森本アリ
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。





Austin Larkin

Austin Larkin is an artist focusing on sound that takes form in the irreducible, innate, (in)audible, spatial. He is interested in working with sound on elemental levels, uses violin with adaptations in both acoustic and non-acoustic settings. When performing solo he often includes computer, correlating synthesized tone with violin tone through form and phenomena utilizing a flux of compositional/improvisational structure. In addition to performing his own music he also composes music for ensembles of instruments, installation and movement. With Violin he has realized the music of Eyvind Kang, Jessika Kenney, Zachary James Watkins and Lori Goldston. He lives in Seattle near the Duwamish River.

HACO

ヴォーカリスト、作曲家、エレクトロニクス奏者。80年代に音響芸術を学び、After Dinnerを結成すると共に作品が国際的に評価される。これまでにソロやHoahio等のCD発売多数。海外の革新的な音楽/アートフェスティバルからの招聘をうけ毎年のように公演ツアーを行っている。その作風は各プロジェクトによって分けられており、歌、楽器アンサンブル、電子音、音響、環境音、即興コラボレーション、電磁波の収音にいたるまで、多岐にわたる。1999年に創設したView Masters (現音採集観察学会) を起点にサウンドアートの文脈でのレクチャー、ワークショップにも精力的に取りくむ。2005年にはサウンドアート作品「Stereo Bugscope 00」がオーストリアのアルスエレクトロニカで入賞。2017年9月には、通算7枚目にあたるセルフプロデュースの歌ものソロアルバム「Qoosui」が豪州Room 40傘下のSomeone Goodより世界リリース(国内配給Inpartmaint Inc)され、国内外で絶賛を浴びる。

www.hacohaco.net
Stereo Bugscope – www.hacohaco.net/soundart/stereo_bugscope_j.html

カレンダー, 塩屋音楽会|2018.07.02

07/01 (日) ドキュメンタリー映画上映会 民映研×塩屋vol.8『イザイホウ-神の島・久高島の祭祀- 』『イザイホー1990年 -久高島の女たち-』



「私たちが生を受けた日本列島に生きる 庶民の生活と生活文化を記録する」
姫田忠義|民族文化映像研究所|ドキュメンタリー映画上映会


【 上映作品 】

『イザイホウ-神の島・久高島の祭祀- 』
(1966年|49分)監督:野村岳也 (海燕社)

『イザイホー1990年 -久高島の女たち-』民映研作品no.86
(1990年|30分 |撮影地:沖縄県島尻郡知念村久高)

野村岳也監督来場! トークあり!
もう見ることのできない沖縄の祭祀の原点を記録したドキュメンタリー上映。


日時:2018年7月1日 (日) open 18:00 start 18:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:一般 ¥1,500|大学生・シニア ¥1,000|小学生・中学生・高校生 ¥500
   ※ 上映後、野村岳也監督を囲んだ懇親会あり【軽食付き】
主催:NPO法人ヒューマン・ビジョンの会 / 塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。




『イザイホウ-神の島・久高島の祭祀- 』
(1966年|49分)監督:野村岳也 (海燕社)

『イザイホー1990年 -久高島の女たち-』民映研作品no.86
(1990年|30分 |撮影地:沖縄県島尻郡知念村久高)


神の島として知られる沖縄県南城市の久高島は、年間30に及ぶ神事が島の暮らしに組み込まれ、長らく島民によって厳粛に受け継がれてきた。この久高島最大の神事が、12年に1度の午年に行われる「イザイホー」である。「イザイホー」は、島で生まれ、島に生きる30歳から41歳の既婚女性が、神女(神職者)になるための就任儀礼で、4日間の本祭を中心に、1か月あまりの時間を費やして行われる。これに携わる島の女性たちは、ノロを中心に神女組織を構成し、島の男たちや島の暮らしを守ってきた。

野村岳也監督の『イザイホウ-神の島・久高島の祭祀- 』は、1966年のイザイホーの記録である。イザイホーはその後1978年に1度行われ、消滅した。時代の波と共に形骸化し観光資源へと変容した他の多くの祭りや神事とは違い、後継者をなくしたイザイホーは、厳粛な神事の心を失わずに消え去ったのである。

民族文化映像研究所製作の『イザイホー 1990年-久高島の女たち-』は、中止となったイザイホー期間中の久高島の女性たちの想いと行動を軸に、1978 年の写真記録と音声記録を活用し、失われたイザイホーという神事の存在の大きさを明らかにしようとしたものである。



姫田忠義(ひめだ ただよし) 記録映像作家・映像民俗学者

1928年(昭和3年)兵庫県神戸市生まれ。旧制・神戸高商卒。
1954年、民俗学者の故・宮本常一氏と出会い、その影響を受けて日本全国を歩き始める。
1950年代後半より、映像を手段とする記録作業を開始。
1976年、民族文化映像研究所を設立し、昨年2012年まで所長を務める。
2011年、開校と同時に日本映画大学・特任教授に就任。「民俗学」を担当する。
2013年7月29日午後9時55分 横浜市の病院にて「慢性閉塞性肺疾患」のため死去。84歳。7月31日家族のみにて火葬葬を執り行う。

庶民の生活と生活文化を、映像による手段を使い記録作業を50年以上にわたり続ける。
≪「基層文化」=大自然に依拠しつつ暮らす、人間の精神文化≫をテーマに、
120本を超える映画作品を発表。代表作に「アイヌの結婚式」「イヨマンテ」、「越後奥三面 ~山に生かされた日々」(1986年シカゴ国際映画祭ドキュメンタリー部門銀賞)。

1989年 フランス政府より芸術文化勲章オフィシエ叙勲






使用されている画像すべて©民族文化映像研究所

カレンダー, 塩屋音楽会|2018.07.01

塩屋音楽会共催企画 (2018.07)



旧 グ ッ ゲ ン ハ イ ム 邸 / 塩 屋 音 楽 会 共 催 企 画   2 0 1 8 年 7 月
神 戸 の 西 の 海 辺 の 洋 館 の 音 楽 会


1 (日) ドキュメンタリー映画上映会 民映研×塩屋vol.8『イザイホウ-神の島・久高島の祭祀- 』『イザイホー1990年 -久高島の女たち-』
open 18:00 start 18:30 / 一般 ¥1,500|大学生・シニア ¥1,000|小・中・高校生 ¥500
※ 上映後、野村岳也監督を囲んだ懇親会あり【軽食付き】

『イザイホウ-神の島・久高島の祭祀- 』
(1966年|49分)監督:野村岳也 (海燕社)

『イザイホー1990年 -久高島の女たち-』民映研作品no.86
(1990年|30分 |撮影地:沖縄県島尻郡知念村久高)

野村岳也監督来場! トークあり! もう見ることのできない沖縄
の祭祀の原点を記録したドキュメンタリー上映。





2 (月) sound on elemental levels
open 19:30 start 20:00 / 予約・当日ともに 2,000円

Austin Larkin
HACO (Stereo Bugscope)





6 (金) 大木温之(ピーズ)旧グッゲンハイム邸ワンマン
open 19:00 start 19:30 / 予約 3,000円 当日 3,500円
!! THANK YOU !! SORRY !! SOLDOUT !!





7 (土) STUDY,DRINK. presents 流しそうめん「僕が麺、君がつゆ 絡み合う2人の夏」の巻
open 11:30 start 12:00 素麺終了 16:00 close 20:00
予約・当日共 1,000円 中学生以下無料 (※親同伴の場合のみ)

音楽付き塗り絵イベントSTUDY,DRINK.の、年明け餅つきパーティーに次ぐ、
夏の恒例行事!流しそうめんパーティー!今年もやるよ!子供(中学生以下)無料!

塗り絵:matsuda matsuri
音楽:study,drink.
food:カユミセ
coffee:余白珈琲





8 (日) 風のチャイム
open 16:00 start 16:30 / 前売り 3,000円 当日 3,500円

mei ehara
カネコアヤノ
Gofish
Easycome

FOOD:ワンダカレー店





13 (金) 中山うり「カルデラ」リリースツアー
open 18:30 start 19:30 / 予約 3,500円 当日 4,000円

中山うり(vocal, accordion)
福澤和也(g)南勇介(b)宮川剛(dr)大渕愛子(fiddle)

FOOD: ごはんや ルリカケス|マザーミーツ喫茶店





14 (土) 日本のZINEについて知ってることすべて-80年代インディー編
open 13:30 start 14:00 / 予約 2,500円 当日 3,000円

トーク出演者:小出亜佐子 野中モモ ばるぼら
ミニライブ出演者:八野英史+鈴木浩 (b-flower)

出店:784JunctionCafe / 余白珈琲




15 (日) 日独鬼才の「現代三味線デュオ」KOBE セッション 2018
open 18:30 start 19:00 / 予約・当日ともに 2,000円

斎藤僚太 (Saito Ryota): 三味線
Joshua Weitzel: 三味線
+
松尾てつじ (drums, piano)
森本アリ (toys, effects, others)
稲田誠 (bass)
Haco (voice, effects)




16 (月祝) Sea Mountain 2018
open & start 10:00 close 20:00 / 大人 2,500円 大学生 1,000円 高校生以下無料
*11:00までに受付を済まされた方には当日館内で利用できる金券500円分を進呈

海を見渡す洋館で、山の音楽フェスティバル
アメリカのルーツ音楽を中心に、アコースティックのバンドが40バンド以上!
1階と2階のステージで演奏を繰り広げます。
フードやドリンク、雑貨などのマルシェの出店もあり!





19 (木) 旧グッゲンハイム邸見学会(無料一般公開)
open 12:00 close 17:00 / 予約不要無料

旧グッゲンハイム邸見学会は、いつも通りの第三木曜日、7月19日に行います。案内などは特になく、時間内に出入り自由としています。様々な資料を閲覧できます。予約不要ですので、どうぞお気軽に足をお運びください。





20 (金) グ音楽講座57「バート・バカラックを聴く」
open 19:00 start 19:30 / 予約不要無料

稲田誠(棚レコード)
黒田誠二郎(ゆすらご)
森本アリ(旧グッゲンハイム邸)

FOOD:喫茶ゆすらご




27 (金) 五感を研ぎ澄ます夜
open 18:00 第一部 start 18:30 第二部 start 20:00 close 22:00
第一部 2,000円 第二部 2,500円 通し 4,000円

第一部 触覚・味覚
第二部 視覚・嗅覚・聴覚

[聴] Micotsuki Shivamoon (aumbience) 広本雄次(タブラ奏者)
[視] 弥生
[嗅] 美クリエイター 花明 (camin)
[触][味] 食べる瞑想 中西梓





29 (日) 塩屋音楽会 & 神戸映画資料館 presents「夏のコメディ映画鑑賞会」
open 18:30 start 19:00 / 一般 1,800円 小学生・中学生・高校生 500円 未就学児無料

海底王キートン / The Navigator (1924|61分|監督:ドナルド・クリスプ|バスター・キートン)
橋 / De Brug (1928|16分|監督:ヨリス・イヴェンス)

生伴奏:鳥飼りょう
トーク:いいをじゅんこ
FOOD:天然酵母パン 味取




予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
http://www.nedogu.com

* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日と水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。

共催:塩屋音楽会

JR/山陽電鉄塩屋駅より徒歩5分。大阪より電車で40分三宮より電車で17分。駐車場はありません。



番外告知

6/10 (日)

『本気の夏、100回目、本気のカレー、10年目』

祝!ワンダカレー店10周年&夏の高校野球100回大会記念

出演 三田村管打団?
   ヒップホップテニス・コーツ
   Hara Kazutoshi + 野田薫
   ふだん
   台風クラブ
   Shioya Fishing Club
   安田謙一
   COMPUMA

料金 予約 3,000円 当日 3,500円

時間 13時プレイボール

会場 旧グッゲンハイム邸

塩屋音楽会|2018.07.01
« 次のページ

お知らせやイベント情報を掲載します。