6/12 (日) INTER PLAY -早期復興を願って-



INTER PLAY -早期復興を願って-

act:
   渡辺俊美( Tokyo no.1 soul set、zoot16、猪苗代湖ズ)
   桴桴
   DJ:渡辺俊美


日時:2011年6月12日(日)open 18:30 start 19:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金: ¥2,000 ( with 1drink )
主催:ハトコ美容室
共催:塩屋音楽会

*この日、一日だけcafe SAATCHIが復活いたします。おなじみのメニューで皆様をお待ちしております。

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。






渡辺俊美
渡辺俊美の活動・表現は多岐に渡って拡がりを見せる。独自のメロディーとカラーを持つヴォーカルは各方面で定評があり、スチャダラパー、かせきさいだぁ、クボタタケシ、TSUCHIE、RUB-A-DUB MARKET、2BACKKAなど多数の作品やライヴに参加している。また、2000年以降ソウルセット活動休止中に並行してスタートさせたソロ活動は、SLY MONGOOSE、PE’Z、など新たな感覚を持つバンドとの交流を生み、その成果は2001年、渡辺俊美監修によるコンピレーション・アルバム『Redevelopment』(KI/OON RECORDS)のリリースへと結実する。そして、それらの活動から芽生えた音楽的好奇心を反映し試みる場として結成されたバンド、THE ZOOT16は、ロック、スカ、レゲエ、ダブ、ラテンと様々な音楽の要素と、哀愁漂うヴォーカルが融合したダイナミックかつ男気溢れるサウンドで、多くの若いリスナーの共感を呼び新たなファンを獲得、シングル、ミニ・アルバム、限定ライヴ・アルバムに続いて2004年11月に初のフル・アルバム『RIGHT OUT!』、そしてソウルセット活動再開後の2005年11月には2nd『MUTINY』、2006年7月に3rdアルバム『完全逆様な世界』(全てZOOT SUNRISE SOUNDS)を立て続けにリリースし、絶賛を集め、勝手にしやがれコラボレーション企画、THE MODSトリビュート・アルバム、リコ・ロドリゲスとのセッション作品、スカ・フレイムスのレーベル”SUNSHOT”コンピレーション・アルバム『Down Beat Ruler Vol.1』への参加など精力的な活動で話題と注目を集めた。さらに、渡辺俊美の知られざる一面のひとつであった無類のJAZZ好きが嵩じて2004年にスタートしたジャズ・コンピレーションCD『BRUSHING WORKS Inter Play』シリーズ(全4タイトル/VICTOR)はステレオタイプな世間一般のジャズ観やクラブ・ジャズ的観点とは趣を異にする選曲で、若いリスナーに新しいJAZZの楽しみ方を紐解くのに成功している。

 
 
 

桴桴 (バチバチ)
2008年3月より活動を開始。和太鼓の世界においては珍しい二人組みで、「二人だから出来る」「二人にしか出来ない」演奏を追及している。楽曲はすべてオリジナルで、息の合った掛け合い、一糸乱れぬ揃い打ちなど、二人のコンビネーションを最大限に生かした迫力ある演奏が持ち味。地下鉄の電車の中から、大規模なコンサートホールまで、多種多様な場所に合わせた演奏が可能で、その対応力にも定評がある。年間100回を越えるステージに立ち、ローマやニューヨークなど海外公演も経験している。2010年4月、ニューヨーク・アポロシアターのオーディションに挑戦し見事落選。今、最も注目の若手和太鼓デュオである。

カレンダー, 塩屋音楽会|2011.06.12

お知らせやイベント情報を掲載します。