【開催日変更】09/18(土) → 11/28 (日) HACO 『NOVA NATURO』 レコ発ライブ in 神戸



兵庫県の緊急事態宣言延長を受け、11/28(日)に日程変更になりました。

HACOによるアンビエントポップな風合いの新譜『NOVA NATURO (ノヴァ・ナチュロ)』が、オーストラリアの Someone Good (Room40) から今年6月リリースされました。「フィールドレコーディング、エレクトロニクス、ヴォイスなど幾重にもレイヤーされたドリーミーなサウンドが、リスナーをゆっくりとパーソナルな心象風景に誘います。(国内配給:Inpartmaint Inc.)」
アルバムの楽曲に共作参加している地元ミュージシャンの松尾哲治、稲田誠を迎えて、新トリオ・アレンジで魅せる初の単独レコ発イベント!

■ NOVA NATURO 特設サイト
http://www.hacohaco.net/haco/nova_naturo.html


出演: HACO (vocal, electronics) + 松尾哲治 (drums, piano) + 稲田誠 (bass)
映像:田尻麻里子、登崎榮一、Tomáš Knoflíček、Haco

日時:2021年11月28日 (日) open 17:00 start 17:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,000円 当日 2,500円
主催: Mescalina
共催:塩屋音楽会


予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX:078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。






HACO
ヴォーカリスト、作詞作曲家、エレクトロニクス奏者、サウンドアーティスト。80年代に音響芸術を学び、After Dinnerを結成すると共に作品が国際的に評価される。近年、声と有機的なエレクトロニクス手法をむすびつけた独自のパフォーマンスを展開。その透明感のある歌声と音響技術の融合により実験的かつポップ感覚をつめこんだ楽曲によって、世界中にファンをもつ。これまでにソロやHoahio等のCD発売多数。海外の革新的な音楽/アートフェスティバルからの招聘をうけ毎年のように公演ツアーを行ってきた。その作風は各プロジェクトによって分けられており、歌、楽器アンサンブル、電子音、音響、環境音、即興コラボレーション、電磁波の収音にいたるまで、多岐にわたる。2017年にセルフプロデュースの歌ものソロアルバム「Qoosui」、2021年に「Nova Naturo」を、豪州Someone Good (Room 40) より世界リリース。それらのアルバム楽曲は、各国の音楽誌やラジオ番組で取り上げられ、絶賛を浴びている。
hacohaco.net/





松尾哲治 (Tetsuji Matsuo)

兵庫県生まれ
ドラマー、作曲家

高校生の時、友達の誘いでバンドでドラムを始める。
いくつかのロックバンドに在籍し関東、関西で活動する。

2005年渡米し、Whitworth Universityにて音楽を学ぶ。
ジャズ、クラシック、ロック、クラブミュージックなどいろいろな音楽から影響を受ける。

2008年帰国後、ピアノとドラムを中心とする即興音楽を制作するようになる。
坂本龍一氏のラジオ番組、”RADIO SAKAMOTO”のオーディションで、2度楽曲がオンエアされる。
それに加え、 2014年、友人でありEXTRUDERSのギタリスト、岡田了とBMC “Black Mountain Conception” を結成、活動を開始する。
2018年、京都の音楽レーベル、Shrine.jpよりソロでのアルバム「Journey」を発表した。
2021年、ダンサー・振付家 下村唯のダンス作品「亡命入門 声の国」の音楽制作に参加する。
そして、2012年に発表していたEP「flow」を、リマスタリングして再リリースした。

現在は故郷の兵庫県赤穂市に在住し、音楽活動を続けている。
https://www.tetsujimatsuo.com




稲田誠 (Inada Makoto)
コントラバス/エレキベース奏者。棚レコード代表。レコーディングエンジニア兼農家。子供5人。PAAP、Brazilという自己のバンドやDODDODO BAND、トンチトリオ等のユニットでベースを弾き、ときどき歌う。

カレンダー, 塩屋音楽会|2021.11.28

11/23 (火祝) 宮沢賢治朗読音楽会「銀河ノコモリウタ」



今年の秋も宮沢賢治朗読音楽会。
旧グッゲンハイム邸に森を作り、
みんなで物語の世界に耳を傾けてみませんか?

宮沢賢治生誕125年、そして没後88年の今年
神戸と花巻が空路で結ばれました。
震災体験を共有するふたつの場所から、
パンデミックの渦中にあるわたしたちが本当に見たい世界を考え、感じる時間になればと願っています。

演目:
「どんぐりと山猫」
「銀河鉄道の夜」より
「農民藝術概論」より

出演:
kawole(朗読)
渡辺亮(パーカッション)
IsaGuitarra(ギター)
安野谷昌穂(美術)

撰梅秀樹(樹木装飾)

drink:
auwa.rokko△(ワイン、酵素ドリンク、森のハーブティー)

food:
スパイス香る森の玉手箱BOX ¥1,000(事前申込優先制)

日時:2021年11月23日 (火祝) open 18:30 start 19:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:おとな 3,500円 小学生以下無料
   (席数に限りがありますので必ずご予約をお願いいたします。また小さなお子さまをお連れの方は、他の方への配慮をどうぞよろしくお願いいたします)
主催:Musica Otras CANCIONES
共催:塩屋音楽会

チケットの予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。



フードの予約・問い合わせ:マキュマルーンワークス・フジノマキ
maqumaroon29@gmail.com







kawole 歌手

ブラジルやアルゼンチンなど南米諸国の歌、にほんごのうたプロジェクト、朗読音楽会や声の瞑想会の開催など「ことばと声」をテーマに活動。南米のルーツ・ミュージックを求めてペルー、ボリビア、アルゼンチンを巡り、各地の先住民音楽家と交流。国内では唯一のアルゼンチン音楽カント・コン・カーハ(カーハと歌う歌)の歌い手。帰国後はギジェルモ・リソット、クララ・カントーレ、ドゥオ・エルバルコンなど数々のアルゼンチン音楽家と共演。2017年ニューアルバム「agua e luz 水と光」を発表。現在は「顔なき声」をテーマに日本、特に生まれ故郷である奈良の民俗歌謡と北部アルゼンチンのドラム、カーハの歌に本格的に取り組む。ライフワークとして宮沢賢治音楽朗読会を主宰。

kawole official: http://kawolinha.wixsite.com/kawole



安野谷昌穂 美術家

1991年兵庫県生まれ。日本を拠点に国内外での個展開催やグループ展に参加するなど精力的に活動中。「COMME des GARCONS」「ZUCCa」などとのコラボレーションワークを数多く発表。16年にはシンガポールのデザイナー、テセウス・チャンとドイツのSTEIDL社が手がけたアートブック『STEIDL – WERK No.23:MASAHO ANOTANI “DEFORMED”』でフィーチャーされる。



渡辺 亮 パーカッショニスト

1958年神戸市生まれ、武蔵野美術大学卒業
在学中よりブラジルのパーカッション・創作楽器を中心に音楽活動を始め、数多くのレコーディング、コンサートに参加する。東京学芸大学非常勤講師。ソロアルバムに「ウォレス・ライン」「モルフォ」、著書に「レッツ・プレイ・サンバ」(音楽之友社)がある。自己の活動として、美術と音楽が共存できるプログラム「音と妖怪」「美術と音楽」を主催している。



IsaGuitarra ギタリスト(イサ・ギターラ)

作編曲及び録音、音響表現に取り組みながら、国内各地での演奏活動を行う。現在までにソロ6作品、他にタブラやバンスリー、尺八奏者とのバンドSANDHYAにて2作品をリリース。楽曲提供として茂木綾子氏の映像へ提供。担当するラジオ番組は花鳥風月と音楽、季節と天体などがテーマ。


現在、詩人、音楽家、美術家のみなさんと作る未来への音の絵本「銀河ノコモリウタ」を制作中。
クラウドファンディングより支援ご購入を募集しています。
https://camp-fire.jp/projects/view/485253

kawole/歌手
管啓次郎/詩人
柴田元幸/翻訳家
小島ケイタニーラブ/シンガーソングライター
辺口芳典/詩人・俳優
渡辺亮/パーカッショニスト
IsaGuitarra/ギタリスト
安野谷昌穂/美術家

カレンダー, 塩屋音楽会|2021.11.23

11/07 (日)中村祐子 リードオルガンコンサート「晩秋のスケッチ」

晩秋と言うにはまだ少し早い気がする。でも、あっという間にもう11月。木々は色づいている。
ドアを開けて息を吸い込み、風に連れられ出かけたい。あちらこちらへと気ままな散歩。

プログラム
ルネ・ヴィエルヌ「プレリュード」
マルセル・デュプレ「ティトルーズの墓」より
ルイ・ヴィエルヌ「伝説」他

アルバム『私を連れていって』から3曲を含む全11曲 演奏予定

旧グッゲンハイム邸に知られざる名器があるのをご存知ですか?
長い年月生きて来た旧グッゲンハイム邸の中で息づく足踏みオルガンの音を、多くの皆様にきいていただきたいと願い、中村祐子と旧グッゲンハイム邸とアトリエ ピアノピアの力を結集し「私を連れていって」アルバムを完成させて1年。我々はまだマスクのかかせない日々ですが、旧グッゲンハイム邸の古いオルガンは、今日も気ままに足で運んだ風によってたっぷりと呼吸し美しい声で歌っています。同じ115歳の楽器と館のハーモニーを存分にお楽しみください。

日時:2021年11月7日 (日) open 16:30 start 17:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約・当日ともに 1,500円
主催:アトリエ・ピアノピア
共催:塩屋音楽会


予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX:078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。





中村祐子

キリスト教の牧師の家庭に生まれ、6歳より教会のオルガニストだった山村直子氏にピアノ教育、後にリードオルガン奏法の指導を受ける。1984年、国立音楽大学教育音楽科卒業。在学中からパイプオルガンを学ぶ。結婚後、夫の転勤により渡英。1991年〜1996年までJohn Webber 氏に師事し、Associated Board の検定試験(パイプオルガン)最終級までを取得。帰国後も教会での礼拝奏楽を続け、小樽文学館、神戸・旧グッゲンハイム邸、京都YMCA 会館など歴史的な建物の中で同時代を生きた旧いオルガンを演奏している。2020年「私を連れていって」アルバムをリリース。

カレンダー, 塩屋音楽会|2021.11.07

お知らせやイベント情報を掲載します。