06/04 (日)『第2回 初夏のセンバツ』




出演者の皆さんの得難いライブ & DJと、万全の音響、呑み食いをはじめとしたホスピタリティによって、音楽への集中力とリラックスが伴った良きイベントになった昨年の「初夏のセンバツ」。最高だったので今年もやります!!

このイベントを始めるきっかけとなったエマーソン北村さんとpopoは昨年に引き続き、うつくしきひかり久しぶりの関西ライブ、昨年と違った空気を吹き込むロンリーと王舟、地元から藤本森本と、おぐらこう ( from 白い汽笛 ) による選手宣誓、popo信記さんと泊の武村さんによる人力ジングルによるモダンDJ特選集、そしてこちらも久しぶり、毎度最高なオオルタイチさんによるDJ蛇漫と、様々な繋がり(セン)がクロス(バツ!)する、中々有り得ない楽しみ過ぎるラインナップだと思います!

雲が沸き、光溢れて、角を打つ、良い一日になる気が満々します!
ぜひ!!!!                                           

HOPKEN 杉本喜則





出演:
エマーソン北村
うつくしきひかり
王舟
おぐらこう
藤本森本
popo
ロンリー

モダンDJ特選集
DJ蛇漫 ( OORUTAICHI )

PA:
西川文章

出店:
HOPKEN / SSK軒 / TOKLAS(泡盛bar)/ 谷本酒店 / ワンダカレー / homesick cafe / freefloristkoyama (装花)

日時:2017年6月4日 (日) open 13:30 start 14:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,500円 当日 4,000円
主催:SSK軒 & HOPKEN
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。








エマーソン北村
キーボード奏者としてJAGATARAに1987年から、MUTE BEATに1988年から参加。ライブハウスのエンジニアやインディーレーベルのスタッフを経てフリーのミュージシャンとなり、’90年代から現在までの間に、忌野清志郎&2・3′s、EGO-WRAPPIN’、斉藤和義、シアターブルック、キセルなど数多くの個性的なバンド・アーティスト達と共に活動してきた。深い音楽理解からなる的確な演奏と、インディー/メジャーを縦横に行き来するフットワークの軽いスタンスとで、世代を問わない多くの音楽ファンから支持を集めている。 「エマソロ」と呼ばれるソロ活動では作曲、レコーディング、ライブのすべてを一人で行い、ロックステディを基本にしながらも独特の風景が見える音楽を作り続けている。2014年にアルバム「遠近(おちこち)に」、2016年12月「ロックンロールのはじまりは」を自主制作でリリースし、大きな反響を得た。ライブにおいても、北海道ライジングサン ロックフェスティバルに十年連続出演するなど、全国はもちろん韓国を始めとする海外でも数多くの印象的な演奏を行っている。
http://www.emersonkitamura.com/








うつくしきひかり 
中川理沙 ( ザ・なつやすみバンド )と、MC.sirafu ( 片想い、ザ・なつやすみバンド ) によるピアノとスティールパンによるデュオ。その波形の織りなす強烈なアンサンブルは、歌ものでありながらも全く新しいアンビエントの形として、東京アンダーグラウンドシーンにてにわかに注目を集めている。2012年3月に待望のファーストアルバムをコンペアノーツより発表。そして、2014年6月、デザイナー惣田紗希との連名作品、「うつくしきひかりと惣田紗希/木漏れ日のうた」( 7インチレコード+本 ) を同じくコンペアノーツよりリリース。
http://mantaschool.kataomoi.main.jp/









王舟 / oh shu
上海出身、日本育ちのミュージシャン。
2014年7月、多くのゲストミュージシャンを迎えてバンド編成で制作したデビューアルバム「Wang」をfelicityからリリース。
2014年11月、電気グルーヴ「虹」のカヴァーを収録した7インチシングル「Ward / 虹」をリリース。
2015年11月、12インチ重量盤シングル「ディスコブラジル」をリリース。B面にはnakayaan(ミツメ)によるリミックス収録。「ディスコブラジル」のミュージックビデオは、UKのアーティスト、KINDNESSことアダム・ベインブリッジが監督。
2016年1月、たったひとり、宅録で制作した2ndアルバム「PICTURE」をリリース。アルバムの世界観を表現するため、12人編成でのレコ発ライブを恵比寿リキッドルーム、梅田シャングリラで開催。
2016年9月、MOCKYによるリミックスが収録された7インチシングル「Moebius」をリリース。
バンド編成やソロでのライブ活動のほか、CMへの楽曲提供、プロデュースなどもおこなっている。
http://ohshu-info.net/








おぐら こう
昨年の白い汽笛での出場に引き続き、本年はソロで2回目の出場。
ギター弾き語りに加え、”初夏のセンバツ”ならではの強打者、好投手との手合わせも実現しそうです。








藤本優 (trombone)
森本アリ (slide trumpet)

「音遊びの会」の爆音トロンボーン奏者、藤本優と、「三田村管打団?」のへっぽこトランぺッター、森本アリが図形楽譜を展開する、筒が延び縮みするデュオ。数秒の曲も多く、ファストコア的側面も持つ。「音遊びの会」英国公演でも好評を博す。「聴いたことのない音楽、どこに出しても通用する、すばらしい」と大友良英は評した。










popo

山本信記 trumpet, synth
江崎將史 trumpet, recorder
喜多村朋太 organ

2004年大原裕追悼ライブの際に3人でsightsの曲を演奏したのがきっかけとなりスタート。詩的で心揺らぐチェンバー・スカバンド。
http://popokibito.exblog.jp/









ロンリー
2010年にオカザキを中心に結成。 これまでに自主制作アルバム『ファーストオブ終わり』 Summer Of Fanから7inchレコード『楽しいVoid』LessThanTVからアルバム『YAMIYO』をリリース。主に岡山で活動する4人組。










モダンDJ特選集
popoの山本信記と泊の武村篤彦による御行楽DJユニット。
お気楽ジングルを交えながら、アジア、アフリカ、ヨーロッパまで、
甘く哀しくエキゾチックな調べを紹介します。









DJ蛇漫 ( OORUTAICHI )
ハウスは”蛇”であり”浪漫”である。
一期一会を大切に、ご縁をフィーチャー。
90′sハウスミュージックを中心にプレイするオオルタイチのDJ名義。
http://www.okimirecords.com/

カレンダー, 告知, 塩屋音楽会|2017.06.04

お知らせやイベント情報を掲載します。