6/23 (土) 棚レコードプレゼンツライブ



LIVE:
AURORA ( 川端稔 / 稲田誠 / 青野忠彦 )
巨人ゆえにデカイ
indian no echo sign bine NO!
福井常人 (bass, talk)

FOOD: 逆光

日時:2018年6月23日 (土) open 18:30 start 19:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,500円 当日 3,000円
主催:棚レコード
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。











AURORA オーロラ

オーロラとは、川端稔の長年のたゆまぬ研究と修行によって編み出された純音楽理論「インドニッポン」に基づく膨大な録音ソロワークを、その才能とセンスと人柄にほれ込んだ稲田誠が全身全霊ポストプロダクションするというユニットです。



巨人ゆえにデカイ / kyozin yueni dekai

2002年水内義人(gt/vo)、和田晋侍(drums)からなる大阪を拠点に国内外で活動するアブストラクト、フリー、オルタナティブバンド。最新音源は2016年のライブ盤「ドクメントス 1」で、彼らの音楽の根幹となる作曲/演奏に於いての即興性、偶然性を約6年間積極的に注目し実践した作品。



indian no echo sign bine no!

1998年結成。DODDODO BANDにも参加のナカオマサコのエリクトリックバイオリンとボーカル、元維新派のakamar22!ことアカマツミサキのドラム、そしてベースとギター担当のニシムラモトヤからなるトリオ。2003年にgyuune casetteより1st.アルバム「Live at Bears」をリリース。2005年からの6年間の休止を経て、2011年より再起動。

「当時から評価の高い強靭な推進力とエモいメロディが、メンバーが歳を重ねたにも関わらずなぜかさらにえげつないことになっている。安定感はそういえばあまり無いんやけど、実はそれこそインディアンらしい「跳躍」につながるのではないかと昔から思ってました。でもカタルシス、高揚感、はいつ聴いても必ず貰える!大好きなバンドです。復活して本当によかった」(棚レコード/稲田誠)



福井常人

エレキベースを合いの手に語ります。徳島県出身。
主な演目 サッカー選手工藤俊作物語
暗黒総裁と雀の親分の決闘
人造人間酢昆布について
バキバキ観音、出稼ぎ如来、半開き大明神について
その他その場で創作話をやってます。

カレンダー, 塩屋音楽会|2018.06.23

お知らせやイベント情報を掲載します。