06/02 (日)『第4回 初夏のセンバツ』



出演:
エマーソン北村
ゑでぃまぁこん
ふだんバンド (Vo.Gt:ふだん、Dr:MTG、Ba:和田 拓、Key:カメイナホコ)
MCウクダダとMC i know
popo
ザ・マサハルズ (音遊びの会)
DJ マエガキ (borzoi record)

and more !!!



音響:
西川文章

出店:
tom’z steel plate / 沃野 / SSK軒 / homesick cafe / TOKLAS(泡盛bar)/ borzoi record

お花:
freefloristkoyama


日時:2019年6月2日 (日) open 13:30 start 14:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,500円 当日 4,000円
主催:SSK軒 & HOPKEN
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。








エマーソン北村
キーボード奏者として後期のJAGATARA、MUTE BEATに参加。その後も忌野清志郎&2・3′s、EGO-WRAPPIN’、斉藤和義、シアターブルック、キセルなど数多くの個性的なバンド・アーティストと共に活動し、’90年代から現在に至る音楽シーンを常に支えてきた。
2014年にソロアルバム「遠近(おちこち)に」を発表。リズムボックスと古いキーボードを使って、シンプルながら風景の見える音楽を生み出し、幅広い世代から支持を得た。2016年にはエッセイも収録した「ロックンロールのはじまりは」をリリース。「エマソロ」と呼ばれる一人ライブではフジロックやRising Sun Rock Fesといった大フェスからカレー屋や古書店の店頭まで、全国をフットワーク軽く巡っている。2018年2月、映画「バンコクナイツ」トリビュート12インチアナログ盤「田舎はいいねEP」をリリース。ヴォーカルにmmm(ミーマイモー)をフィーチャーした収録曲は英国のコンピレーションアルバムにも取り上げられる。2019年3月、ケニア・ナイロビへツアー。ふちがみとふなとととのライブ及びエマソロライブ、スタジオ訪問やアートセンターでのトークなどを行う。
http://www.emersonkitamura.com/








ゑでぃまあこん
ゑでゐ鼓雨磨(ガットギターと歌)と柔流まぁこん(ベース)により2001年結成しました。現在は主に水谷康久、楯川陽二郎、元山ツトム、朝倉円香、影山朋子を加え、6〜7人のバンド編成で活動しています。自主のレーベルpong-kong recordsからのアルバムリリース『綿の煙の招待状』『カミナリデンゴン』やギューンカセット『あおいあしおと』『あのこが小鳥と話すとき』、マジキックレコード『やっほのぽとり』、円盤『ミイラと蚊』、オーストラリアのプリザベイション『輝く墓標』などからもアルバムをリリースしています。昨年、pong-kong recordsより『眩暗眩花』をリリース。
http://eddiemarcon.com/







ふだんバンド (Vo.Gt:ふだん、Dr:MTG、Ba:和田 拓、Key:カメイナホコ)
昨年の「第3回 初夏のセンバツ」で始動した“ふだん”。, popo、エマーソン北村との共作7インチのリリースや様々なミュージシャンとの共演を経て、本年の初夏のセンバツにはバンドでの出場です。
“ふだん”の曲をレゲエやロックステディの要素や各メンバーの個性でアレンジしたバンド編成。







MCウクダダとMC i know
微妙なスキルと絶妙なビジュアルを武器に沖縄ローカルパーティーの賑やかし担当。2013年秋に調子に乗ってパーティーでマイクを持ったときに結成。デスクワーク&ホームワークの生活の中からフリック入力で仕込んだリリックと、最高な友人達から提供されたハイクオリティーなトラックが話題を呼び、全国各地のイベントにお呼ばれされ「意外ときちんとしているし踊れるし可愛い」と好評。毎回照れる。1st.EP『ユートピアEP』1st.ALBUM『u&i』を自主制作し対面式で販売、完売。2018年8月に2nd.ALBUM『too』を発売。生まれ育った沖縄とリゾート地である #OKINAWA のギャップの狭間でモヤモヤしながら、週末のパーティーにワクワクし続けている標準体型の女の子です。









popo

山本信記 trumpet, synth
江崎將史 trumpet, recorder
喜多村朋太 organ

2004年大原裕追悼ライブの際に3人でsightsの曲を演奏したのがきっかけとなりスタート。詩的で心揺らぐチェンバー・スカバンド。







ザ・マサハルズ (音遊びの会)
吉見理治(vocal, guitar)三好佑佳(drums)稲田誠(bass)
神戸が世界に誇る大即興大芸能家族バンド『音遊びの会』から発生した、たぶんハードコアパンクバンド。 マサハルのガガガガ・ガナリ。ゆかのドドドド・ドラム。稲田のベベベベ・ベース。平行線上を飛行機と船と電車が絡まらずに突き進む、そんなスピード感のある未調和な音楽性がなんだか絶妙に噛み合ってるのだ。クリエイティブでしびれるかっちょいい音楽。2019年2月NHK Eテレ主催、「バラフェス」にて鬼龍院翔賞受賞。








DJ マエガキ (borzoi record)
鳥取市で営業中の街のミュージック・ストアです。
初夏のセンバツ・セレクトで出店させて頂きます。
店主マエガキのDJ も、よろしくお願いいたします。



and more !!!

カレンダー, 塩屋音楽会|2019.06.02

お知らせやイベント情報を掲載します。