04/16 (木) 【公演中止】Poor Isa 哀しい一茶 – from Belgium



公演中止になりました。(2020年3月21日)

Hello everybody,

Duo to coronavirus we have to cancel the Poor Isa Japan Tour.
Unfortunately Belgium closed his borders so it’s impossible for us to travel to Japan.
We are very sorry about this, but hope we can come to play for you in the near future.
In the meantime, please stay safe!

All the best
Ruben Machtelinckx and Frederik Leroux



「哀しい一茶」プリペアッド・バンジョーと木魚によるデュオがベルギーより。
2018年5月の来日はバンジョー祭りでした。今年は「海を飲み、踊りましょう」。

LIVE:
Poor Isa (2 prepared banjos and woodblocks)
- Frederik Leroux
- Ruben Machtelinckx
2o2 (lap steel guitar)

日時:2020年4月16日 (木) open 19:00 start 19:30(公演中止)
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 1,500円 当日 2,000円
主催:Ruben Machtelinckx
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。






photo : Caroline Lemaire

Frederik Leroux

ベルギーのジャズと即興音楽の隠された秘密の1つです。長年にわたり彼は控えめでユーモラスで超現実的な宇宙を創り出しました。2012年、彼のトリオ(Leroux / Landfermann / Burgwinkel)がファーストアルバムを発表した。Kris Vanderstraeten、Heleen Van Haegenborgh、Frans Van Isackerなどともよく共演している。4年前に「Banjo」(Sill Anders)という驚くべきソロアルバムを作った。今回リリースしたスプリット盤「When The Shade Is Stretched」は、それ以来初めてのソロ録音です。 https://vimeo.com/241489092


photo : Dries Segers (closest)

Ruben Machtelinckx

ベルギーのジャズと即興音楽、実験音楽やderanged folkの分野で主に活動しているギタリストでバンジョー奏者。短期間で彼は尊敬される作曲家となり、独自のサウンドをもつギタリストとなっています。ソロ活動が主だが、Jensson / Badenhorst / Woutersとのグループでは、デビューアルバム「Faerge」が世界的に賞賛され、KNACK誌の「ベルギー最高のジャズ・リリース」に選ばれました。その後、バンドは第2アルバム「Flock」を発行。サクソフォン・プレーヤーのThomas Jillingsとのデュオ、Linusでも独自の存在感を放つ。Kris Vanderstraeten, Heleen Van Haegenborgh, Frans Van Isacker, Robert Landfermann, Hilmar Jensson, Ingar Zach, Nils Øklandなど、多数の音楽家と共演している。2017年には、即興の音楽と作曲の両方を発行する現代音楽のレコードレーベルAspen Editiesを共同で創設した。 https://vimeo.com/241494932



2o2:lap steel guitar

1983年生まれ。ソロでラップスチールを弾く。
エレクトロユニットhatonobandとしても活動中。
マンスリー企画[積木]を神戸space eauuu にて開催中。






“Let’s Drink The Sea and Dance”

Poor Isa is the duo of Ruben Machtelinckx and Frederik Leroux. The combination of prepared banjo and woodblocks expresses a surging condition in which silence and sound are equivalent. From improvisations, elements are magnified, isolated or developed further until rippling compositions arise in which subtle and hardly audible sounds come to the surface. The project resulted in ‘let’s drink the sea and dance’, a wonderful bundle of nine compositions.

Here you can listen to the complete record:
Let’s Drink The Sea and Dance

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.04.16

お知らせやイベント情報を掲載します。