7/9 (土) CARBON AND SPACE ~音と書の実験空間~



CARBON AND SPACE ~音と書の実験空間~

夏の夜のひととき、即興書と即興演奏のコラボレーション。書の空間展示とともに。

art・music:
      aki (書)  
      大友良英 (guitar,piano)

日時:2011年7月9日(土)open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 ¥2,500 / 当日 ¥3,000
主催:aki
共催:塩屋音楽会
助成:公益財団法人神戸文化支援基金

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。






aki
現在、龍神村(和歌山県)在住。山と街とを行き来しながら表現活動をし、現象を紡いでいる。2003年より現代書の作品を発表。2006年、既存の書の枠組みにはない、光と音、展示空間をも作品の要素として取り込んだ書の空間展示を開始し、個展にて発表する。2010年より「書く場面」を発信しはじめ、TEDxAoyama(カナダ大使館・東京)などのイベントで即興書ライブ・パフォーマンスを行う。また、「のびのび楽しく書く」現代書ワークショップに取り組み、子供から大人まで幅広い世代から好評を受けている。書とクラフトのコラボブランド「canary」を運営するなど、ジャンルを貫通し幅広く活動している。

 
 
 
 

大友良英
1959年生。ギタリスト/ターンテーブル奏者/作曲家/プロデューサー。東京都在住。常に複数のバンドを率い、また数多くのバンドに参加し、インディペンデントに多種多様な作品をつくる。ノイズやフィードバックを多用した作品から、音響の発生そのものに焦点をあてた作品に至るまでその幅は広く、特に海外での評価は高い。映画、テレビドラマの音楽など、数多くの映像作品の音楽を手がけ、またジャズやポップスの作品も多い。2008年より「アンサンブルズ」の名のもとさまざまな人たちとのコラボレーションを軸に展示する音楽作品や特殊形態のコンサートを手がけると同時に、障害のある子どもたちとの音楽ワークショップや一般参加型のプロジェクトにも力をいれている。現在は福島と東京を行き来し、プロジェクト「FUKUSHIMA ! 」を立ち上げ奔走している。著書に『MUSICS』(岩波書店)、『大友良英のJAMJAM日記』(河出書房)、『ENSEMBLES』(月曜社)がある。

カレンダー, 塩屋音楽会|2011.07.09

お知らせやイベント情報を掲載します。