10/28(金) 川口成彦 〜小さなピアノの世界2〜

一昨年、旧グッゲンハイム邸でのリサイタルが大盛況にて終演された
アトリエピアノピア presents 川口成彦 〜小さなピアノの世界 〜がパワーアップして再び開催決定! !

ミニピアノとは、大正、昭和初期に日本独自に開発された1本弦で鍵盤数が少ない本物の小型ピアノで、欧州楽器マニアの中でもお宝とされるレア楽器です。
アトリエピアノピアで博物館級のミニピアノ4台を修復すると、1台1台が現代のピアノとは異なる個性豊かな音を奏でました。
フォルテピアノ奏者の川口成彦さんが、そんな魅力的な音色にインスピレーションを受け、それぞれのミニピアノにピッタリな作品をお届けします。

2年前リサイタルを経て、川口さんは小さなピアノで演奏したい作品を探し続け、練りに練って選曲して開催する
川口成彦〜小さなピアノの世界2 〜
歴史ある神戸の海辺に佇む洋館で、当時の小さなピアノの音色を存分にお楽しみください。

出演:フォルテピアノ奏者 川口成彦

使用楽器:
大正12年/pianette(49鍵) 日本楽器
昭和5年/no.101(40鍵) 河合楽器
昭和23年/戦後モデル(40鍵) 河合楽器
平成7年/マスコットピアノ(49鍵) 河合楽器

日時:2022年10月28日 (金) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約・当日ともに 4,000円
   ※完売となった場合、当日券の販売はありません。
主催:アトリエ ピアノピア
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。


©Fumitaka Saito

川口 成彦

1989年に岩手県盛岡市で生まれ、横浜で育つ。第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール第2位、ブルージュ国際古楽コンクール最高位。フィレンツェ五月音楽祭や「ショパンと彼のヨーロッパ」音楽祭(ワルシャワ)などの音楽祭に出演。協奏曲では18世紀オーケストラ、 {oh!} Orkiestra Historyczna などと共演。2018年にはロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のメンバーと共に室内楽形式によるピアノ協奏曲のリサイタルをオランダにて開催。またモダンピアノでは2016年にアメリカにて世界的オーボエ奏者ニコラス・ダニエル氏と共にプーランクの『オーボエ、バソンとピアノのための三重奏曲』の最終稿の世界初演を行っている。東京藝術大学/アムステルダム音楽院の古楽科修士課程修了。フォルテピアノを小倉貴久子、リチャード・エガーの各氏に師事。第46回日本ショパン協会賞受賞。第31回日本製鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞受賞。CDは『ゴヤの生きたスペインより』(MUSIS, レコード芸術/朝日新聞特選盤)などを発表している。

カレンダー, 塩屋音楽会|2022.10.28

お知らせやイベント情報を掲載します。