11/05(土) Conjunto CHOVE CHUVA + 吉岡美恵子 ライブ・イベント



塩屋、秋夜に月灯り、
芝生、虫の音、グッゲンハイム。
ショーロにじむ宵、フルート冴える空。

「STORY で、LIVE」
この、哀愁のショーロと極上フルートの響きがセッションとして好評を博したのは、数年前の中央区二宮市場での路上コンサートでのこと。「夢のような宵をふたたび~塩屋・旧グッゲンハイム邸を舞台に」。播磨灘に浮かぶ秋の月を背景に、虫の音に囲まれる夜長、どこか懐かしくで、LIVE、優しいショーロとフルートのメロディを…さあご一緒に。(ショーロ [ Choro ] :ボサノヴァ・サンバに先立つブラジルのポピュラー音楽。哀愁を帯びたどこか懐かしいメロディで秋の夜を!)

日時:2011年11月5日(土)open 17:30 start 18:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 ¥2,500 / 当日 ¥3,000(全席自由/15歳以上有料/学割2,000円)
主催:いえ・まち・がーでん 北野工作室(Tel:078-241-9535)
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。







Conjunto CHOVE CHUVA/コンジュント・ショヴィ・シュヴァ
Choro関西では唯一の大編成ショーロ・グループ。大阪のカフェ「CHOVE CHUVA」にて2003年に結成後、神戸・大阪を中心に好評活動中。吉岡美恵子氏とのショーロ×フルートセッションは、他では味わえない宝物のような時間世界を生み出します。



Yoshioka Mieko/吉岡美恵子
独創的なリサイタル活動を繰り広げる一方、「レクチャーコンサート」「おしゃべりコンサート」など、音楽ファンを広げる活動を続けている。海外でのコンサートも多い。相愛大学講師、日本フルート協会常任理事、神戸音楽家協会会員。今回はピアソラの楽曲をはじめ、ラテンムードいっぱいのラインナップをお届けします。お楽しみに!

ピアノ HIRAYAMA Tomoko/平山朋子
幼少より作編曲を手掛け、クラシック、ジャズ両面で活動を展開中。ピアニストの活動だけにとどまらず、アンサンブルプロデュースや編曲家としての手腕も発揮している。




旧グッゲンハイム邸 名器 DIAPASON
日本のピアノ界にその人あり、と知られる大橋幡岩によって「理想のピアノ」を追求して作られたディアパソン。語源にもなっている「色々な倍音を含んだハーモニックな中立音」をお楽しみ下さい。

塩屋、秋夜に月灯り、 芝生、虫の音、グッゲンハイム。
播磨灘を一望する塩屋のランドマーク「旧グッゲンハイム邸」は、塩屋在住のステンドグラス作家・森本康代氏とそのご家族が「塩屋の風景の一部である邸宅の価値を守りたい」と、私財を投じて2007年に購入され、現在、ご一家と有志のみなさんで保存・維持管理・活用が行われています。

11月5日・秋の一夜――「塩屋の夜空にグ邸からショーロとフルートの音を響かせたい」と願う北野工作室と有志ならびに旧グッゲンハイム邸との共催で、この宵をお送りします。かつては庭の松の美しさから「パインズ・シオヤ」とまで謳われたこの庭で、ワイン片手に虫の音とショーロ・フルートのしらべに乗せて、夢のひとときを過ごしませんか。

カレンダー, 塩屋音楽会|2011.11.05

お知らせやイベント情報を掲載します。