10/26 (金) TIME MACHINE RECORD PRESENTS GUGGENHEIM HOUSE SPECIAL LIVE Vol.4 多田誠司 × 妹尾美穂 DUO「風景ノ奏で」



日時:2012年10月26日 (金) open 18:30 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 / 当日 3,500円 / 学生 1,000円
主催:タイムマシンレコード
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。







多田誠司

1960 年、香川県高松市生まれ。 香川大学付属高松中学、高松高校を通じて吹奏楽部で Flute および指揮者を担当する。岡山大 学入学と同時に JAZZ 研究会に入部。20 才の時 AltoSax に転向する。大学卒業後、就職のため地 元に帰り、セミプロの立場で中四国・京阪神のライブハウスで活動するが、JAZZ への情熱を捨 て切れず、1988 年上京。都内ライブハウスで活動を開始する。 以後、小林洋子(P)グループ等を経て 1990 年に村田浩(Tp)&The BOP BAND に参加。1992 年に CD『The Blues Walk』にて全面的にフィーチャーされ、一躍脚光を浴びる。1993 年末には、キ ングレコード主催、日本の若手ミュージシャン達による『日本ジャズ維新ジャム』のレコーディングにも参加。その情熱あふれるプレイで多くのファンを獲得する。1994 年 10 月にはドラムの 猪俣猛氏の『Japan Just Jazz All Stars』の一員として国際交流基金主催のメキシコ公演に参 加、大成功を収める。また、1995 年 7 月には転職情報誌「Be-ing」にその脱サラ人生が大きく 取り上げられる。 1996 年 3 月には大西順子(P)QUINTET の一員として BLUENOTE 東京・福岡・大阪の 3 週間にわた るツアーに参加。Marcus Belgrave(Tp),Rodney Whitaker(B)ら海外一流ジャズメン達と共演し交 流を深める。また 1997年 5月にも JAZZWORKSHOPの一員として二年連続で BLUENOTE公演に参加。 さらに高い評価を得る。 1997 年 6 月、待望の初リーダー作『THE GIG』を東芝 EMI より発売。SWINGJOURNAL 誌主催、97 年度「日本ジャズ賞」部門で第三位に入るなど、各方面より絶賛される。98 年 4 月には来日中 の Branford Marsalis がこのアルバムを絶賛し、BLUENOTE 東京にて共演するチャンスにも恵ま れた。99 年 8 月に SLASH!のデビューアルバム「SLASH!」を EWE よりリリース、高い評価を得る。 また世界的トランペッター日野皓正に認められ 1999年から 2009年まで彼のグループにレギュラ ーメンバーとして参加。国際交流基金主催のインド・パキスタン公演をはじめとしてラオス・カンボジア・韓国などアジア諸国で公演。2005,2009 年には佐藤允彦 SAIFA の一員として欧州ツア ーに参加するなど海外でも数多く活動する。。 2000 年 11 月より New Unit「the MOST」を結成。2001 年にCD「much,more,the MOST」でデ ビュー、高い評価を得る。2002 年に 2nd Album「FORCE」、2003 年に 3rd Album「BECAUSE OF YOU」 2007 年に 4th album「re:mark」2010 年 8 月に 5th album「Luminescence」を発売。結成十周年 記念コンサートを行うなど、現在もメインの活動となっている。 また自己のグループで NHK-FM 「セッション’97、’98、505」に出演。また 2001 年 10 月には NHK-BS 日蘭ジャズ週間に参加、オランダ人ジャズメンとの共演が放映されるなど TV・ラジオ等への出 演も多数。2009 年度、SWINGJOURNAL 誌「日本ジャズメン人気投票」で ALTO 部門第三位にランク される。 現在、『the MOST』『GH4』『Z’s』『田鹿雅裕 QUINTET』等のレギュラーを務める一方、様々な セッションで活躍中。また、演奏活動のかたわら洗足音楽大学および銀座 YAMAHA アネックス、 Da Capo で講師として教鞭をとる。



妹尾美穂

ピアニスト/作曲家/DCFA認定ドラムサークルファシリテーター。岡山県出身。

≪ピアニスト≫

くらしき作陽大学卒ピアノ科専攻。クラシックピアノを渡邉康雄氏に師事。8年間小学校で音楽講師を務め、ピアニストへ転向。ジャズピアノを菊池ひみこ、堀秀彰 各氏に師事する。

■2007年
自己のトリオ結成 【伊予平(b)コウ(ds)】AVENUEで第一土曜日レギュラー出演(2011.3.5まで)岡山JAZZフェスティバル後楽園・幻想庭園フェリーぺ中村 WorldJazz Ensembleのメンバーとして出演。

■2008年
「妹尾美穂☆TRIO」鳥越啓介(b)藤井学(ds)と共演。

■2009年
・「TWBC2009」東京ビッグサイトのイベントで納浩一(b)藤井学(ds)と共演。
・スコット・ハミルトン(ts)と共演。
・「多田誠司With妹尾美穂TRIO」多田誠司(Sax)と中国地方を中心にツアーを行う。
・岡山県民文化祭「倉敷JazzStreet」では、大原美術館での初JazzLiveアーティストに抜擢され、大好きな東山魁夷の絵からインスパイアされたオリジナル曲などを演奏し満席の中、好評を博す。

■2010年
・(10月30日)【Urban Jazz一期一会】よりオリジナル曲を中心に収録した1stアルバム【*Ki-Ra-Ri*】(鳥越啓介(b)藤井学(ds))をリリース。
・「JAZZ批評」(2011.3月号)マイ・ベスト・ジャズ・アルバム2010ジャズメロディー部門 24位にランクイン。

■2011年
・ルネスホール(岡山県)にて満席の中、CD発売記念コンサートを開催。東山家の協力により東山魁夷氏の絵「静唱」「夕紅」「花宵り」と映像作家Sato-an氏とピアノトリオのコラボレーションを実現。
・Motion Blueにて「妹尾美穂TRIO With 島裕介」ワンマンLIVEを実現。

現在、活動の拠点を東京へ移しオリジナル曲を中心にLIVEを行っている。

♪参加CD♪ INFAS MUSIC より「 Ghibli of Life 」

妹尾美穂公式HP http://mihopower.com/

≪ドラムサークルファシリテーター≫

ドラムサークルファシリテーター協会理事
岡山ドラムサークル【FantaRhythm】SFファシリテーター
FantaRhythm Music主宰

■2005年にDCFAドラムキャンプに参加 岡山ドラムサークルを立ち上げ

■2006年・2009年アーサーハルのプレイショップに参加

■第2回ドラムサークルフォーティーチャーズではゲストコメンテーターとして「子どもの居場所づくり」を発表岡山県内を中心に,毎月コミュニティードラムサークルの開催や地域・学校・施設・病院・イベントなどで「ココロのサプリメント」をテーマに幅広くドラムサークルを展開。「第25回国民文化祭おかやま2010 秋は夕暮れ オカヤマ城下町の大衆音楽祭」にて野外ドラムサークルを行う。

岡山ドラムサークルHP【FantaRhythm】http://fantarhythm.info/

カレンダー, 塩屋音楽会|2012.10.26

お知らせやイベント情報を掲載します。