07/24 (木) グザヴィエ・シャルル、ギレーヌ・コスロ、フレデリック・ブロンディ来日ツアー



フランスから驚異的な音楽家がいよいよ来日。
楽器演奏の地平線に佇む、3人の音楽家が案内する果てしない音の旅。
旧グッゲンハイム邸での音響との科学変化に乞うご期待。

live:
Guylaine Cosseron ギレーヌ・コスロ(voice)
Xavier CHARLES グザヴィエ・シャルル(clarinet)
Frederic Blondy フレデリック・ブロンディ(piano)
有本羅人(trumpet / bass-clarinet)
由中小唄(voice)

日時:2014年7月24日 (木) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約・当日共に 3,000円
主催:有本羅人
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







Xavier CHARLES グザヴィエ・シャルル(クラリネット)

ノイズ、エレクトロ・アコースティック、サウンドポエトリーなど広いレンジを持つ。フランス内外の数々の現代音楽祭で演奏。近年はインプロ、ノイジーロック、エレクトロ・アコースティック音楽の最先端でクラリネットの他、スピーカーのインスタレーションなどの活動を展開中。Densitesフェスティバルのオーガナイザーでもある。主な共演者:Jacques Di Donato, Frederic Le Junter、Martin Tetrault, The Ex, Peirre Berthet, Etage 34, Axel Dörner, Jérôme Jeanmart, John Butcher, Jean Pallandre, Marc Pichelin, otomo Yoshihide, Tim Hodgkinson, Camel Zékri, Emmanuelle Pellegrini, Michel Donéda and Frédéric Blondy. Different collectifs (Kristoff K.roll, No Spaguettitti Edition, chris burn ensemble).



Guylaine Cosseron ギレーヌ・コスロ(ヴォイス)

アートを結合させる錬金術師的シンガー。カーンのジャズコンセルバトワールを金賞で卒業、映画制作も手がける。ファンク・ジャズ・アラブアンダルシア音楽など演奏。俳優・芸術家・音楽家・ダンサーと共演を続ける。現在は女優・歌手・ソングライターとして活躍。主な共演者:Frederic Blondy, Xavier Charles、Michel Doneda, Fabrice Charles、Phil Minton、John Russel、Soizic Lebrat、Sophie Angel、Pascal Battus、Denis Lavant, Jean-Francois Pauvros、Joelle Leandre, Regis Hubyらと共演。



Frederic Blondy フレデリック・ブロンディ(ピアノ)

1973年ボルドー生まれ。ボルドー大学で数学と物理学を修めた後、音楽活動へ入る。ボルドー国立音楽大でピアノ・和声・アナリーゼ・作曲を学び、ジャズピアニストとしても活躍。パリの国際ピアノセンターでMarie-Christine Calvetと共にピアノへの身体的アプローチを進める。演奏家として、ヨーロッパ、北米、中東、アジアのフェスティバルに参加、共演者:Paul Lovens, Rhodri Davies, Lê Quan Ninh, Michel Doneda, Joëlle Léandre, Urs Leimgruber, Thomas Lehn, Daunik Lazro, Radu Malfatti, John Tilbury, Otomo Yoshihide, Mats Gustafsson,…. and developed a thorough work



有本羅人

1987年2月7日卯年生まれ。 トランペット・バスクラリネット吹き。
少年期にローランド・カーク、チャールズ・ミンガス、様々な黒人音楽に開眼し、Jazzmusicの道を志す。ボストンはバークリー音楽大学に奨学金を獲得し留学するも更なる土着の文化を求め帰国。三上寛やデカルコ・マリィといった面々と共演し新たな世界を知る。 現在は即興音楽、Jazz、総合芸術と、ジャンルを超えて活動する。所属バンドはメロンオールスターズ、Bright Moments、藤井郷子神戸オーケストラ等、数十バンドに在籍中。現在、自作のバンドは「兎に角」「ひごとゆらぐ」など



由中小唄/田中ゆうこ

唄うたい / 詩人 / 瓢箪カズー
1981年生まれ。2007年、関西で演奏活動を始める。2010年、主に即興演奏家として活動。2011年、田中ゆうこ名義で『関谷友加里トリオと田中ゆうこ』に加入し、1stアルバム『ありふれた愛なので…』を発表。2013年、詩を作る際のペンネームとして、田中ゆうこのアナグラムである由中小唄に改名。牧知恵子作曲、由中小唄作詞のオリジナルアルバム『漆喰の箱』を発表。戸川純との共演や、2013加賀温泉郷フェスインディーズ枠での出演などバンドとして精力的に活動しながら、個人では詩集の発売や、マリンバとボーカルのユニット『フラゴーラショコラータ』で舞踏家Natsuko Konoのボストン舞踏フェス参加作品に音源提供をし、独自の表現を広げていく。

カレンダー, 塩屋音楽会|2014.07.24

お知らせやイベント情報を掲載します。