09/19 (金) usaginingenと画家と夜の映画館





act:
usaginingen
nakaban+植田真

日時:2014年9月19日 (金) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,000円 当日 2,500円 中学生以下無料
主催:usaginingen
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







usaginingen

世界で1台、自作の映像機と楽器を使った映像と音楽のライブパフォーマンスユニット、usaginingen (ウサギニンゲン)です。ドイツ・ベルリンを拠点に、世界中の人達が驚いたり笑ったり、日常に色をつけたような、ワクワクするものづくりをしています。Fusion Festival(ドイツ), PUNTyRAYA Festival(スペイン), 瀬戸内芸術祭(日本) などの音楽祭・芸術祭・美術館・教育機関などで公演しています。2014年にアイスランドで行われたRykjavik Visual Music Festivalのライブシネマ部門にてグランプリを受賞。



nakaban+植田真

画家nakabanと、画家であり音楽活動もおこなう植田真による、幻燈と即興音楽のライヴプロジェクト。nakabanが、手製のlightboxによる幻燈を、植田真が、即興ギター演奏を担当。2014年、小豆島での野外イベントを機に、東京、神戸、と活動を広げる。

nakaban(なかばん):1974年、広島県生まれ。画家。旅と記憶を主題とし絵の中を旅するように風景を描き続ける。絵画作品を中心に、様々な印刷物の挿絵、絵本、アニメーション等幅広く活動している。音楽家のトウヤマタケオ氏と「ランテルナムジカ」を結成し、音楽と幻燈で全国を旅している。2013年には新潮社の「とんぼの本」のロゴマークを制作。主な作品に「ないたあかおに」(浜田広介作/集英社)「よるのむこう」(白泉社)「ネズネズのおえかき」(学研)「ころころオレンジのおさんぽ」(イースト・プレス)「ぞうのびっくりパンやさん」(大日本図書)「うみべのいす」(内田驎太郎作/佼成出版)など。

植田真(うえだまこと):1973年、静岡県生まれ。画家。1988年、イラストレーション誌「ザ・チョイス」大賞受賞。装画、挿絵、絵本、音楽等、幅広く活動している。近年、荒井良二氏、スズキコージ氏、寺門孝之氏等のライヴペインティングに即興音楽で参加するイベントに出演するほか、自身のライヴペインティングと即興音楽のイベントもおこなう。主な作品に「スケッチブック」(ゴブリン書房)「マーガレットとクリスマスのおくりもの」(あかね書房/日本絵本賞受賞)「まじょのデイジー」(のら書店)「おやすみのあお」(佼成出版)「つきがいちばんちかづくよる」(竹下文子作/岩崎書店)など。



カレンダー, 塩屋音楽会|2014.09.19

お知らせやイベント情報を掲載します。