02/02 (土) 冬の交流戦 “endless tiebreak !!”












2018年、『SELF PORTRAIT』、『RETRONYM (レトロニム)』という共に大傑作!の誉れ高きニューアルバムをリリースした odd eyesとNRQ 。各地のリリースパーティーが発表され、大絶賛の知らせが届く度に羨ましく思っていましたが、年を越えて両者のライブが旧グッゲンハイム邸で実現します!さらに、odd eyes『熱波』、NRQ『小踊りぐらいは』と、両バンドのニューアルバムより、イカしたMVを制作したVIDEOTAPEMUSICを交えて、それぞれたっぷりのライブに加え、DJに李ペリーが旧グ邸 初登場!開門から閉門まで、冬のグ邸にどんな魔法をかけてくれるのか!?もっと観たい!もっとくれ!が止まらない彼らの刺激的な音楽体験。常に均衡を突破し更新し続ける者たちの大交流戦で、新しい場所へ華麗にヘッドスライディング!


出演:
odd eyes
NRQ
VIDEOTAPEMUSIC
DJ 李ペリー

日時:2019年2月2日 (土) open / start 16:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日 3,500円
主催:SSK軒
共催:塩屋音楽会
出店:SSK軒、逆光

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日と水曜日は休館とすることが多いため、返信等の対応が滞る場合があります。






odd eyes
2010-2011年に京都で結成。ギター、岡村基紀、ベース、森岡誠也、ドラム、小田昌和、ボーカル、カベヤシュウトの4人。
2012/10/10 Less Than TVよりファースト・アルバムをリリース。
2015/2/4 Summer Of Fanより 7インチ・ミニ・アルバムをリリース。
2018/3/7 Kilikilivillaよりセカンド・アルバムをリリース。
距離を消す、関係を切る、苛立ちが降る。





NRQ
New Residential Quarters。読み方は「ニュー・レジデンシャル・クォーターズ=新興住宅地」。略して今はもう「NRQ」。2007年に吉田悠樹(二胡)と牧野琢磨(ギター)のデュオとして活動を開始。08年には服部将典(コントラバス)が参加。中尾勘二(管楽器/ドラム)にも参加を依頼、現在は4人。今後もこの4人。
http://nrq.jp/






VIDEOTAPEMUSIC
地方都市のリサイクルショップや閉店したレンタルビデオショップなどで収集したVHS、実家の片隅に忘れられたホームビデオなど、古今東西さまざまなビデオテープをサンプリングして映像と音楽を同時に制作している。VHSの映像とピアニカを使ってライブをするほか、MV制作、VJ、DJ、イベントのオーガナイズなど活動は様々。MVでは盟友ceroを始め坂本慎太郎、小島麻由美、NRQなどジャンルレスに手がける。ほかにもモデル、女優の菊池亜希子のムック本「マッシュ」のCM映像、楽曲も製作。ライブにおいては、クラブシーンからインディペンデントシーンまで幅広く活動。ダンスミュージックとしての下地に、近年盛り上がりを見せつつあるムード音楽やラウンジミュージックの文脈から 繰り出すポ ップでメロウなメロディは絶妙であり、映像のセンス含め、まさに洒脱な音楽を作り出している。昨年秋にリリースした2ndアルバム「世界各国の夜」は全国各地で大好評ロングセールス中。
2016年5月に配信限定シングル「Sultry Night Slow」(カクバリズム)リリース、7月にはceroとのコラボレーション編成の「VIDEOTAPEMUSIC×cero」としてフジロックフェスティバル出演、12月に坂本慎太郎との共作 LP「バンコクの夜」(em records)、2017年1月に7inchシングル 「Kung-Fu Mambo」(雷音レコード)リリース。
そして2017年10月、満を持して3rdアルバム「ON THE AIR」をリリース。
映像のみならず音楽との双方向でゆらゆら踊れる夜を演出する、そんな素敵な男がVIDEOTAPEMUSICである。
http://videotapemusic.tumblr.com/





李ペリー
選曲の楽しさを知ってから各所で行なっています。
https://soundcloud.com/leperrie






カレンダー, 告知|2019.02.02

02/01 (金) 坂田明+中島吏英



<坂田明 中島吏英のパフォーマンスについて>

まあ、中島吏英の作品は基本的に彫刻作品であるという事だ。彫刻というと日本では古くからお地蔵さんを含めた仏像などが多いし、木造建築の欄間にみられるような彫り物をいうところが一般的な認識である。しかしながらどっこい、芸術という表現が起こる前、つまり文明発生以前の社会の中でも優れた表現行為はあった。洞窟画やら地上絵やら岩に描かれた絵やら、この国でいうなら縄文時代のものは非常に優れた遺跡遺物がある。その時代には職業が分化していなかったから、だれそれの作品とは言わなかっただけだ。縄文のビーナスなどは狩猟採集の生活の中でしか生まれえない。自然とともにくらし、衣食住のすべてを自然から受け取るわけであるから、当然、自然に対し畏怖の念をもって生活してきた人々の祈りを伴ったもの(作品)である。

西洋文化が濁流のように列島に流入したきた明治になってからは、人物の銅像や人間の裸体像など、人間中心主義の影響の強い作品が生まれてきた。概ね私が学校で習った彫刻というものは(適当で申し訳ないが)それに加えて、飛鳥美術とか、運慶快慶、左甚五郎、ミケランジェロだロダンだ高村光太郎といった名前が出るぐらい。ま、そんなものであろう。しかし、ここにきて美術の世界ではインスタレーションや映像によるアートが出現し、今なお革命が起こっていると言っても過言ではない。その筆頭の一人が中島吏英である。私は決して美術をよく知っているわけではないが、圧倒的なものには反応する人間である。

彼女の彫刻は、場所によって多少は違うが、基本は並べるというか、店を広げるというか、その場においての組み立て式である。そして、本人も含めてものが動くし、音が出る。「作品が音になる!!!」「これはいったい何だ!?」といわれるものが出てきても、すべからく人間の表現行為である。そこを楽しめる心の広さはとりもなおさず、心の豊かさのことである。「音の出る彫刻があってもいいじゃないか!」「動く彫刻があってもいいじゃないか!」という岡本太郎流だ。

私はといえば、一緒に演奏したいと思う作家、アーティスト、ミュージシャンとなら誰とでもできる。もちろん相手側が受け入れてくれればではあるが、という、まこと節操のなさである。そこで何が起こるのかといえば、良く分からない不思議な世界である。それを楽しむことによって私たちは表現の新たな地平を感じ取り次の世界への扉を開くことになる。ご来場の皆様に芸術だのアートだの、と考えることなしに、ただただ、起きているすべてのことを「列車の窓から見える風景」と同じく楽しんでいただければと思います。

日時:2019年2月1日 (金) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日 3,500円
主催:Akira Sakata & Rie Nakajima
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







坂田 明
ミュージシャン/東京薬科大学生命科学部客員教授、広島大学大学院生物圏科学研究科客員教授
1945年、広島県呉市出身、広島大学水産学科卒業。72年~79年山下洋輔トリオに参加、80年より「Wha ha ha」「SAKATA TRIO」結成してヨ-ロッパツア-を皮切りに独立。以後様々なグループの形成解体を繰り返しながら世界中をあちこちぐるぐるしながらあれこれして今日に至る。近著は「私説ミジンコ大全」CD「海」付(晶文社)。http://www.akira-sakata.com



中島吏英 <なかじま りえ> 
アーティスト。ロンドン在住。自作の電池モーターとファウンド・オブジェを組み合わせ、サイトスペシフィックに音を配置していくインスタレーション、パフォーマンスによって、サウンドアートとビジュアルアートの双方から注目されている。2013 年からデヴィッド・トゥープと「Sculpture」プロジェクトを共に手がけ、ピエール・ベルトとの「Dead Plants and Living Objects」プロジェクト、山本景子とのバンド「O YAMA O」、坂田明、 デヴィッド・カニンガムなど多くのミュージシャンとのコラボレーションを行う。





カレンダー, 塩屋音楽会|2019.02.01

塩屋音楽会共催企画 (2019.02)



旧 グ ッ ゲ ン ハ イ ム 邸 / 塩 屋 音 楽 会 共 催 企 画   2 0 1 9 年 2 月
神 戸 の 西 の 海 辺 の 洋 館 の 音 楽 会


1 (金) 坂田明+中島吏英
open 19:00 start 19:30 / 予約 3,000円 当日 3,500円

坂田明 (saxophone)
中島吏英 (sound objects)

ただただ、起きているすべてのことを「列車の窓から見える風景」と同じく楽しんでいただければと思います




2 (土) 冬の交流戦 “endless tiebreak !!”
open & start 16:30 / 予約 3,000円 当日 3,500円

odd eyes
NRQ
VIDEOTAPEMUSIC
DJ 李ペリー

出店:SSK軒、逆光




8 (金) 佐藤幸雄と細馬宏通「洋楽・ロック訳詩集と その先:神戸編」
open 19:00 start 19:30 / 予約 2,500円 当日 2,800円

細馬宏通と佐藤幸雄による日本語洋楽の世界。異国のことばでうたわれてきた歌たちが、リアルタイムで意味をまとってきこえてくる驚き。やけに親密な言葉で次々と明らかにされる古今の洋楽のタマシイと、その先の消息。




9 (土) 10 (日) シオヤアキヤ- 古家再生
各日 9:00-11:30, 13:00-15:00, 16:00-18:00 / イベント各枠 1,000円 全6枠通し券 5,000円(※すべて要予約)

西村周治(神戸R不動産)
佐伯亮太(NPO法人Goodstock)
合田昌宏(長田・六間道商店街 r3)
角野史和(こと・デザイン)
小畦雅史(小畦雅史建築設計事務所)
小池志保子(ウズラボ)
松浦遼(オープンナガヤ大阪)
野崎将太(前田文化)
森本アリ(旧グッゲンハイム邸)
島田陽(タトアーキテクツ)
白須寛規(design SU)

家探しから暮らしに至るまでの具体的な事例、空き家・古家の再生&活用方法、
現在進行形の空き家・古家の活かし方とこれからの再生方法について考えます。





11 (月祝) 塩屋市
start 11:00 end 16:00 / 入場無料

ぜんぶメイド・イン・シオヤ。たべものいっぱい!
雑貨にスイーツ、マッサージに畳も!?
ほんとにいろいろ30店舗以上。





15 (金) 民映研×塩屋 vol.11 ドキュメンタリー映画上映会『旧岩澤家住宅の復原』『旧原家住宅の復原』
open 19:00 start 19:30 / 一般 1,500円 大学生・シニア 1,000円 小・中・高校生 500円【おやつ付き】

『旧岩澤家住宅の復原』 民映研作品 no.81
(1990年|30分 撮影地:神奈川県川崎市)
『旧原家住宅の復原』民映研作品no.87
(1991年|40分 撮影地:神奈川県川崎市)

トークゲスト:デュルト森本康代(ステンドグラス作家)伊東裕一(梓工務店)




17 (日) 井波陽子+熊澤洋子 アルバム「邂逅」リリース記念ライブ
open 13:30 start 14:00 / 予約・当日ともに 2,500円

井波陽子 (vocal piano )
熊澤洋子 (violin chorus)





17 (日) キウイとパパイヤ、マンゴーズ リリパツアー2019
open 19:00 start 19:30 / 予約・当日とも 3,000円

LIVE:
キウイとパパイヤ、マンゴーズ
オオルタイチ

DJ:輪島裕介
PA:西川文章
Food:ROCCA

レゲエ×民謡×フォホー×アフリカ×インド×ガムラン ×…??





21 (木) 旧グッゲンハイム邸見学会(無料一般公開)
open 12:00 close 17:00 / 予約不要無料

案内などは特になく、時間内に出入り自由としています。様々な資料を閲覧できます。予約不要ですので、どうぞお気軽に足をお運びください。





24 (日) 遊牧の民の調べコンサート
 10:00-11:00 子ども向け親子コンサート 1,500円 / 家族
 11:30-12:30 馬頭琴ワークショップ(カンパをお願いします)
 13:00-15:00 一般向けコンサート 2,500円 / 小学生以下無料(保護者同伴)

ヨンドン・ネルグイ (馬頭琴)
リヤス・クグルシン (ドンブラ)

モンゴルの馬頭琴とカザフのドンブラ、いぶし銀の演奏





24 (日) 私をつれていって vol.1
open 17:00 start 17:30 / 予約・当日ともに 1,500円

中村祐子 (リードオルガン) plays ルイ・ヴィエルヌ

フランス19世紀末から20世紀半ばにかけてオルガン曲の数々を作ったルイ・ヴィエルヌに対する強い憧れに導かれて





26 (火) 第4回オイスターDUB祭り
open 17:00 start 18:00 end 22:00 / 予約 3,000円 当日 3,300円

蒸し牡蠣、セルフ焼き牡蠣は、時間内食べ放題!

出店:バカンス食堂 SSK軒
DJ:松永良平 (リズム&ペンシル) and more…




予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

神戸市垂水区塩屋町3-5-17
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
http://www.nedogu.com

* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日と水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。

共催:塩屋音楽会

JR/山陽電鉄塩屋駅より徒歩5分。大阪より電車で40分三宮より電車で17分。駐車場はありません。

塩屋音楽会|2019.02.01
« 次のページ

お知らせやイベント情報を掲載します。