09/26 (月) Rodolphe Coster 4cards tour



宇宙とブリュッセルを結ぶ、ベルギー・インディー・シーンの雄、ロドルフ・コスター来日!シューゲイザー/アンビエント・ノイズ・ポップ/ダーク・エレクトロニカ/美しく妖しいトラックに時に歌が乗る。
日本よりヨーロッパの方での人気が高い、高速ハナモゲラップとマナーの悪さだけは日本一の覆面ジューク/フットワーク集団 Satanicpornocultshop。
グ邸の管理人が90年代から続けているいまでは化石エレクトロ、音は斬新ハイパーカオスでノイズなのにダンサブルなゲームボーイ4台によるゲームボーイソロ、森本アリ。

LIVE:
Rodolphe Coster(ベルギー)
satanicpornocultshop(大阪)
morimoto ali(塩屋)

日時:2016年9月26日 (月) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約当日共 2,000円
主催:Rodolphe Coster
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。





ロドルフ・コスター|RODOLPHE COSTER (Belgium/ Brussels)

ベルギーはブリュッセルを拠点に活躍するソロ・ミュージシャン。 Flexa Lyndo, Baum, Poni, Cafeneon などのバンドに在籍していたが、現在はソロ、コラボレーションを中心に活動している。 シャルルロワ・ダンスなど国際的なコンテンポラリー・ダンス・カ ンパニー、ブリュッセル現代美術館、 アートギャラリーでのライブなど、数多くのアーティストとのコラボレーション活動は、国内外で評価 を得ている。 ま た UK 出身のゴールド・パンダ、ブルックリン発実験音楽グループハードコア・ノイズロック・バン ド、ブラック・ ダイス、詩人・俳優・シンガー・ラッパーそして牧師と幅広い顔を持つソウル・ウィリア ムス、パリのエレクトロ DJ デュオ、スクラッチ・マッシヴなどのサポートメンバーとして多様な才能を 発揮し、近年ではコンテンポラリー・ダンス舞台への楽曲提供など、活動の幅を広げている。 近年ではグライムスことクレア・ブーシェモリー・ニルソンと共演している。
2013 年に初来日を果たす。FreeDommune Festival に出演し、東京、大分、秋田、大阪でライブを 行った。 2015 年に DOMMUNE でのライブに合わせ再来日した。全国 11 ヶ所でライブを行い、日本のミュ ージシャンらと親交を深める。 親日家としてもブリュッセルでは有名であり、レヴィ=ストロースの著書「月の裏側」を熟読中である。


https://www.youtube.com/watch?v=SIEzLM4PL04
https://soundcloud.com/rodolphe-coster
https://www.facebook.com/Rodolphe-Coster-223905737620758/?fref=ts
http://botanique.be/artiste/rodolphe-coster




Satanicpornocultshop

Satanicpornocultshop (通称=サタポ)は、マスクを被った1DJ & 2MCのバンド。ムダに長い活動歴を持つが、2011年から突如ジューク/フットワークに傾倒。以来、世界をバッドミュージックで埋め尽くすためジュークをアホみたいに量産している。
Bandcamp: http://satanicpornocultshop.bandcamp.com/
※information もーすぐベスト盤CD「AtoZ3 ~Around The World In A Day~」をリリースします! いろんなバンド、DJのリミックスや未発表曲も含む盛りだくさんな2枚組です! お楽しみに!




森本アリ|Morimoto Ali

音楽家、 極めて雑多に音楽を続けた結果、ゲームボーイ、口琴等はそこそこの評判。奇妙な楽器好き、楽器でないものを楽器にするのも好き。三田村管打団?、ぺ・ド・グ、カメアリ・エレクトリック、口八丁などのバンド、ユニットを率いる他、ソロ活動やワークショップ等も行う。神戸・塩屋の築100年の洋館「旧グッゲンハイム邸」管理/運営。2015年4月、淡路・洲本『たぬきのまち音楽祭』にてディレクターを務めた。

カレンダー, 塩屋音楽会|2016.09.26

09/22 (祝|木) グッドラックヘイワのワンマンツアー2016



活動再開後初のワンマンツアーにしてグッドラックヘイワ史上最も本数の多いワンマンツアーが決定しました!音と演奏の可能性を探れる場所を考えてみんなで会場をセレクトさせてもらいました。ライブハウスはほとんどありません。カフェや小ホールなどの個性的な音空間の会場がほとんどです。環境に左右されずグッドラックヘイワの音を届けられるようにいろいろ準備しようと思ってます。

LIVE:グッドラックヘイワ

FOOD:ワンダカレー店

日時:2016年9月22日 ( 祝|木 ) open 17:00 start 18:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,500円
!! THANK YOU !! SORRY !! SOLDOUT !!
主催:グッドラックヘイワ
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。




グッドラックヘイワ

2004年、高校時代の同級生である野村卓史 (key) と伊藤大地 (dr, 口笛 ) によって結成されたインストゥメンタル・デュオ。ニューオリンズ、R&B、ミニマ ル、エキゾチック、フュージョン、ストライド・ピアノ、ブレイク ビーツなどの要素をでたらめなポップスの手法でパッチワークした唯一無二のサウンドを展開する。デュオというコンパクトな編成ながら、爆発的なグルーブで疾走するステージは高く評価されフジロックフェスティヴァルやライジングサンロックフェスティバル、カウントダウンジャパンなど のフェスティバルにも数多く出 演。2009年活動を休止、2013年末に活動を再開。
現在までに「GOODLUCKHEIWA」 (2006)「Patchwork」(2008)「Thunder」(2009) の3タイトルをリリース。野村、伊藤それぞれのキャリアのスタートでもあったインストバンドSAKEROCK が2015年6月に解散。両国国技館のラストライブではオリジナルメンバー5人がス テージに登場した。 現在ふたりの音楽活動は多義にわたるなか、野村卓史は映画音楽の制作に活動の場を広げ劇判やCM音楽の制作を行っている。 代表作とし て2014年劇場公開作品『WOOD JOB! ~神去な あなあ日常~』(監督 矢口史靖 ) 、 2016年劇場公開作品「ヒメアノ~ル」(監督 吉田恵輔)、森山中教習所 (監督 豊 島圭介) が予定されている。森山中教習所はグッドラックへイワとして初めての 劇判音楽を担当。 伊藤は奥田民生、岸田繁とのバンド、サンフジンズのメン バーとしても活躍。細野晴臣、 真心ブラザース、星野源、レキシ、その他数多くのレコーディングやライブサポート活動を行っている。

カレンダー, 塩屋音楽会|2016.09.22

09/19 (祝|月) 森本アリ・鈴木勝・清造理英子と音遊びの会のこどもたち



2016年1月大友良英、5月テニスコーツを迎えて行われた「◯◯と音遊びの会のこどもたち」。
今回のゲストはグッとローカル。何か出るのか音玉手箱に乞う御期待。

森本アリ
鈴木勝
淸造理英子

音遊びの会より:
青木しおり・有働綾子・金澤里紗・後藤佑太・坂口智基・新内佑豪・高山優大
富阪友里・永井崇文・濱翼・藤本優・三好佑佳・森大生・吉見理治

FOOD:六甲山モバイルカレー ピカソ

日時:2016年9月19日 (祝|月) open 13:30 start 14:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,000円 当日 2,500円
主催:「音遊びの会」保護者 / 塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。




森本アリ|Morimoto Ali

音楽家、 極めて雑多に音楽を続けた結果、ゲームボーイ、口琴等はそこそこの評判。奇妙な楽器好き、楽器でないものを楽器にするのも好き。三田村管打団?、ぺ・ド・グ、カメアリ・エレクトリック、口八丁などのバンド、ユニットを率いる他、ソロ活動やワークショップ等も行う。神戸・塩屋の築100年の洋館「旧グッゲンハイム邸」管理/運営。2015年4月、淡路・洲本『たぬきのまち音楽祭』にてディレクターを務めた。




鈴木勝|Suzuki Masaru

十代の終わりごろ、ギター独学と同時に自宅録音を開始。その後バンド活動等を経つつ、よりフリーな即興演奏や音そのものの「響き」などへも興味は拡大。2005年、結成当初の音遊びの会に参加。その他参加しているバンド/プロジェクトは、飯山ゆい(p)とのデュオ「さばく」、みやけをしんいち(ss)とのデュオ「melagukan(ムラグカン)」、江崎將史 主宰・至福のアキビン吹奏「アキビンオオケストラ」。




淸造理英子|Seizo Rieko

2014年より神戸に住む。音遊びの会に学生スタッフで参加してからたくさんのミュージシャンに出会い、あれよあれよと三田村管打団?ではトロンボーンを吹き、ペ・ド・グではトランペットを吹き、シオヤポッセではラップをし、幻のユニットワッセーでは歌ったり叩けないドラムを叩くなどしている。東京のバンド、KONCOSにもサポートで参加。




音遊びの会|otoasobi project

2005年結成、知的な障害を持つ人たちを含むアーティスト大集団。神戸をベースとしている、月二回の継続したワークショップで様々な表現を生み出している。関西を中心に東京、水戸、島根、山口、北海道、イギリスなど遠征公演も多数。2013年には英国ツアーの様子がNHKで特集される。予定調和を許さないその音楽性は、見る者を釘付けにする。

カレンダー, 塩屋音楽会|2016.09.19

!! 日程変更 !!09/18 (日) 旧グッゲンハイム邸見学会


9/15(木)旧グッゲンハイム邸見学会が、諸事情で9/18(日)に延期になります。どうしても入れなければいけない大切な使用が入ったからなのですが、丁度キャンセルで空いた日曜日を有効利用出来ます。いつもより長め10時-17時で行います。建物でくつろげるだけの会ですが、どうぞゆっくりしていらしてください。

月に一度の旧グッゲンハイム邸見学会。今月は9月18日(日)に行います。案内などは特になく、時間内に出入り自由としています。様々な資料を閲覧できます。予約不要ですので、どうぞお気軽にお越しください。

日時:2016年9月18日 (日) 10:00〜17:00(随時)
料金:無料(予約不要)

お問い合わせ:

旧グッゲンハイム邸
〒655-0872 兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5-17
TEL: 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail: guggenheim2007@gmail.com
URL: http://www.nedogu.com

カレンダー, 見学会|2016.09.18

09/16 (金) LAST TANGO ブエノスアイレス録音「La Usina-LAST TANGO en BUenos Aires」発売記念 秋のツアー2016



石畳に降った雨は、
潤いを運び、
漆黒の光と影に誘い惑わした。
ここ、ブエノス・アイレスは早春、
ぼくたちは録音を終えた。(プロデューサー 大木雄高)

LIVE:
柴田奈穂(violin)
田ノ岡三郎(accordion)
江森孝之 (guitar)
西村直樹 (bass)
マヤン(vocal)

日時:2016年9月16日 (金) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,500円 / 当日 4,000円
主催:BIGTORY
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。






柴田奈穂(violin)

これまで仙崎明子氏、F・スアレス・パス氏、中西俊博氏に師事。タンゴに傾倒し、2006年単身ブエノスアイレスに渡り、現地トップミュージシャンたちとファーストソロアルバム「ブエノスアイレスの冬」を製作。2010年「LAST TANGO」結成。現在「LAST TANGO」「NaoNaho」の他、サポートを含む様々なライブ、レコーディングで活動中。

田ノ岡三郎(accordion)

音大卒業後独学で活動開始し、後にパリにてダニエル・コラン氏に師事。最新作「旅をはじめよう 汽車に乗ろう」など、これまでに三作のリーダーアルバムを発表。幅広いジャンルのアーティストからの信頼も厚く、録音参加やコンサート客演、舞台やTVへの出演も多数。歌うように奏であげるアコーディオンの音色には定評がある。

江森孝之 (guitar)

潮先郁男氏にジャズギターを師事。バークリー音楽院卒業。様々なアーティストのサポート、レコーディングやミュージカル等幅広く活動している。タンゴでは志賀清氏のグループに在籍し、藤沢嵐子氏のサポート経験を持つ。アコースティックなフュージョン系のバンド、『パナシェ』のリーダーとしてライブ活動を行い、3枚のCDをリリースしている。

西村直樹 (bass)

1995年に「上々颱風」にベースで参加。パーカッションの岩原大輔氏とアコーディオンの梅野絵里との「トリオ旅猫油団」、サックスの渡辺ファイヤー率いる「ファイヤーセッション」など様々なスタイルのアーティストのサポートやレコーディングに参加する。柴田とは「LAST TANGO」の他にデュオユニット「「NaoNaho」でな世界を展開中。

マヤン(vocal)

ヴォーカリストであり、ミュージック・バー『On The Railroad』(板橋区成増)のオーナー。Tangoの他に、Jazz, Bossa Nova, Pops, Rock…音楽のジャンルを超えてオールマイティーに歌う。ヴァイオリンの柴田奈穂らメンバーと出会い、Tangoの魅力に嵌り自己の新しい一面を発掘中。音楽とお酒と猫をこよなく愛する、情熱的で、時に涙もろいラテンの女。

カレンダー, 塩屋音楽会|2016.09.16

09/12 (月) カルメンマキ&内橋和久



20年前にマキさんの「UNISON」というアルバムの中の、ペルソナという素晴らしい楽曲の編曲と演奏を依頼されたのがきっかけで知り合いました。もちろん僕は昔から大ファンでしたからとても嬉しかったのを覚えています。それ以来一度ライブをご一緒したくらいだったのですが、最近また久しぶりに東京でしたのをきっかけに、ちょっとツアーをしてみようということになり今回気心の知れた友人が運営するグッゲンハイム邸でコンサートをすることになりました。歌に朗読、いろいろやるので是非お越しください。

LIVE:
カルメンマキ
内橋和久

日時:2016年9月12日 (月) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,500円 / 当日 4,000円
主催:内橋和久
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。






カルメン・マキ

69年寺山修司作詞の『時には母のない子のように』で鮮烈な歌手デビュー。その後、伝説の「カルメン・マキ&OZ」、「カルメン・マキ&LAFF」、「Salamandre」等のバ ンド活動やソロ活動を通じ、女性フォーク・ロックシンガーの第一人者として活躍。2007年、板橋文夫(p)太田恵資(vn)とデビュー以来の禁を解いたライブアルバム『時には母・・』をリリースして話題を呼ぶ。2009年デ ビュー40周年を飾るニューアルバム『ペルソナ』。2012年、セルフプロデュース『FROM THE BOTTOM』を経て、2014年、デビュー45周年を迎えた集大成三枚組アルバム『GOOD TIMES BAD TIMES/History of Carmen Maki』を出すとともに、記念コンサートを開催し好評を博す。ロックからアコ ースティックまて、そのパワフルな歌声は多くの人を魅了し続けている。 http://www.carmenmaki.com/




内橋和久

音楽家、作曲家、編曲家,音楽プロデューサー、イノセントレコード主宰。内橋和久は、現在確実に内外から最も注目されるミュージシャンのひとりであり、演奏家・作/編曲者にとどまらないその独自の展開は、常にセンセーショナルにシーンの導火線となり、縦横に影響を与え続けている。多岐に渡る彼の活動とその興味は、聴衆と共演者を引き付け、リードして行く。1990年から,海外での活動をスタートさせ,今までに数多くのフェスティバルに招聘されてきた。同時に独自のメソッドでワークショップも各地で開催。そこから育った個性的な音楽家も多い。演奏家としては、種々のエフェクツを駆使し、ソロやセッションでは多様でリリシズムに満ちた創意あふれる演奏を、独自のユニットではパワーと独創性に満ちたギタープレイを、楽器と即興の可能性を無限大に拡げ続けるその活躍は必見に値する。10代初頭よりギターを手にし、20代に入る頃には演奏活動を開始。あらゆるジャンルを往来し、音楽と共演可能な表現活動とは殆ど共演を経験。大竹伸朗などの現代美術家や舞踏家、演劇、なかでも劇団、維新派の音楽監督として、松本雄吉と30年に渡り活動をともにしている。2005年より,演奏活動と併行してサウンドインスタレーションも手がける。音楽に科せられたカテゴリーというナンセンスを蹴飛ばし、インプロヴィゼーション(即興)とコンポジション(楽曲)の境界を消去し、次代の新音楽へと越境して行く彼の音楽やプロジェクトに現われる特有のスタイルは、数多のミュージシャンの注目であり、未知の観客を魅了して止まない。実験音楽家とポップミュージシャンとの交流の必要性を説き,それを実践する。2011年に他界した、親友でもある音楽家ハンスライヒェル氏の発明による新楽器ダクソフォンの日本唯一の演奏者であり、後継者でもある。近年はアジアのシーンに注目。各国を旅し,アジアの音楽家とのコラボレーションを積極的に行っている。加えて,ポーランド政府飲申し出により,ポーランドxx 日本プロジェクトのディレクターも勤めている。現在、ベルリン、東京を拠点にグローバルに活動する。

カレンダー, 塩屋音楽会|2016.09.12

09/11 (日) CLUB SNOOZER



1997年の創刊以来、90年代〜ゼロ世代の日本における音楽シーンに刺激を与え続けた音楽雑誌『SNOOZER』。その立ち上げ以前、95年にスタートして以来、20年近くにわたって、北は札幌から南は沖縄まで、全国各地のポップ・ミュージック、ダンス・ミュージックを愛するオープン・マインドなクラウドと、最高の夜をつくりあげてきたオールミックス・パーティが、クラブ・スヌーザー。関西では、心斎橋アメリカ村CLUB CIRCUSを主戦場に、やはり十数年にわたって、人気パーティであり続けている。

現在のDJは立ち上げ時からのパーティ主催にして、元『SNOOZER』編集長であり現在は音楽webサインマグのクリエイティヴ・ディレクター田中宗一郎と、THE BEACHES (ロングバケーション中)のヴォーカル&ギターであり新宿ローリングストーンで始まったパーティー『Parade』の一員でもあるヒサシtheKID。

GUEST LIVE:シャムキャッツ

DJ:
田中宗一郎
ヒサシtheKID

日時:2016年9月11日 (日) open & start 15:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日3,500円(ドリンク代別途500円)
主催:CLUB SNOOZER
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。



シャムキャッツ

4人組のロックバンド、シャムキャッツ。
2009年春、1stアルバム『はしけ』をリリース。
その後、自主制作で次々と発表したCD-R作品「DEMO SINGLE SERIES」(全3作)、シングル「渚」と「サマー・ハイ」は全てSOLD OUT。
2011年秋、ミニ・アルバム『GUM』をリリース。
2012年冬、P-VINE RECORDSより2ndアルバム『たからじま』をリリース。収録曲“SUNNY”がテレビ東京系「モヤモヤさまぁ~ず2」のエンディング曲に起用される。
2013年、夏から秋にかけてTurntable Filmsとのスプリット12インチアナログシングルの先行即売全国ツアーを開催。
2014年初頭、店舗限定シングル「MODELS」をリリースするも僅か一週間で完売。VJを加えた東名阪ワンマン・ツアー「GO」を経て、3月に3rdアルバム『AFTER HOURS』リリース。渋谷CLUB QUATTRO公演を含む全国ツアーを開催。また、アルバムの好評を得て「MODELS/LAY DOWN」を7インチ・アナログとしてシングルカット、『AFTER HOURS』もLP化。10月に自主企画イベント「EASY」の第一回を開催、大成功。
2015年3月4日に『AFTER HOURS』の“その後”を描いた最新ミニアルバム『TAKE CARE』をリリース。恵比寿LIQUIDROOM公演を含む全国9箇所ワンマンツアーを開催。10月、「EASY 2」開催。12月、東名阪クアトロツアー「素晴らしい日々」開催。
2016年4月より全国10箇所ツアー「EASY TOUR」開催。
8月10日にニューシングル「マイガール」を発売。




田中宗一郎

1995年より、自身が主催するパーティを立ち上げ。以来、15年以上にわたり、自らレジテントとして、北は北海道から南は沖縄まで全国各地のクラブでフロアをロックしてきた。ダンス・ミュージックと、インディ・ロック、ロックンロール、パンク、オルタナティヴ、スカ・・・さまざまなbmpのポップ・トラックを、ロングミックス、カットインを駆使し、縦横無尽にミックスするスタイルで知られている。
http://www.facebook.com/clubsnzr
http://www.clubsnoozer.com/
https://twitter.com/clubsnoozer




ヒサシtheKID

THE BEACHES/THE JERRY LEE PHANTOMのボーカル&ギター。バンドは只今ロングバケーション中。毎月第4金曜開催の渋谷Organbar『Parade』、昨年末からレギュラーになった『CLUB SNOOZER』を中心に全国各地でDJ活動中。
http://hisashi-the-kid-schedule.tumblr.com

カレンダー, 塩屋音楽会|2016.09.11

09/09 (金) グ音楽講座42「0からのラップ講座4」



ほぼ説明なしに実践で驚いた満足度120%のラップ講座も第4回。
『シオヤポッセ』という内部ユニットも発生し、恥ずかしながら
こんなライムも書いてみたり

ぶつかる|すれちがう|とおりすぎる|ひびきわたる
あのみち|このろじ|おくのほそみち|
しおやしようや|あれやこれや

100%初心者大歓迎。素人上等。好奇心だけで十分。
かかってきやがれ(=よかったら是非きてくださいどうぞよろしくおねがいします。かしこ。)

グ邸管理人・森本アリ


リズムの取り方からはじめ、2人1組の質問形式で歌詞を書いたり、その日一日の出来事などを歌詞にして発表したり、初めての方でも1時間でラップが出来るようになります。

サンプラー(打楽器)を叩いて、リリック(歌詞)を書いて、言いたいことを言って笑い合う。単純なのできっとどなたでも楽しんでいただけることお約束します。「人前で話すのが苦手」って方、「音楽はちょっと」って方、「音痴だから」って方、問題なく楽しんでいただけます。カフェで、居酒屋で、友達に会う感覚でご参加ください。

慣れてくれば、韻の連想ゲーム、即興のラップ、希望者には作品制作などのアドバイス、添削もおこなっています。経験・年齢・性別不問。

ラップが日常的になればいいなと思い取り組んでいます。

ZIGENkoubou-honpo

日時:2016年9月9日 (金) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約不要無料!
主催:森本アリ
共催:塩屋音楽会

問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com




ZIGENkoubou-honpo

1980年生まれ。兵庫県出身。天秤座。ラッパー。MUSIC落語師。散文家。他と一線を隔すライヴ・パフォーマンスで知られる。それはNYの鬼才Pal Joeyも認めるものである。ZIG¥BANDの主宰である。ラップ教室「よければ一緒にPart2」をスタートさせる(毎週火曜日19:30~20:30・レップ姫路)。不定期で”青空ラップ教室”、”出張ラップ教室”開催。

カレンダー, 塩屋音楽会|2016.09.09

09/02 (金) 棚レコード/ウッドベースファーム「収穫感謝祭スペシャルライヴ」



徳島きっての奇才、画家でありマルチプレイヤーである川端稔を、稲田/青野でロックステディにマッシュアップします!夏の終わりに、正しいインドニッポンレゲエをお届けしますよー。

グラタンカーニバルは、一見とぼけて呑気な音楽に聴こえますが、実はそんなことはないんです。かなり、危ない、音楽だと思われます。リーダーの光永氏も、ボーカル、ギター、サックスのマルチプレイヤー。この日はカメイ/江崎のトリオ編成です。

そして神戸が誇るイノウシュウダン音遊びの会より、二大フロントマンである藤本さんと永井くんが登場です。稲田誠と森本アリも、ちょこっと参加しようと思っています。楽しみだー!

稲田誠の農場ウッドベースファームより、先着20名様に野菜をプレゼント!
不耕起 無施肥 無農薬 除草剤不使用のしんせんな朝採り野菜です!!

LIVE:
オーロラ(川端稔sax|稲田誠bass|青野忠彦ds)
グラタンカーニバル(光永惟行vo,g,sax|カメイナホコp|江崎將史tp)
永井崇文ds・藤本優tb DUO

FOOD:六甲山モバイルカレーピカソ

日時:2016年9月2日 (金) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,000円 / 当日 2,500円
主催:棚レコード/ウッドベースファーム
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







オーロラ(川端稔sax|稲田誠bass|青野忠彦ds)




グラタンカーニバル(光永惟行vo,g,sax|カメイナホコp|江崎將史tp)




永井崇文ds・藤本優tb DUO

カレンダー, 塩屋音楽会|2016.09.02

09/01 (木) MAGNETIC EAGLE|HAIKU SALUT



大分のデンマーク人、ヨナス・ヴォーゲンセンがとてもユニークなバンドがコペンハーゲンから来るとのメールを受け動画を見せてもらったらあまりに素晴らしい、はまって、観続けてもひとつひとつが違った趣でいちいち面白い。プロフィール読んで驚愕。これ即興?みなさんこの現象をその目で確かめに来てください。

その後、更にイギリスはダービーから俳句サリュなんてオシャレなバンドからも同じ日の打診。色鮮やかなインストの女性3人組『Haiku Salut』こちらも負けず劣らず面白い。

さらに、 地元、大阪・神戸から呉山夕子(ex.water fai)とカメイナホコの『タートル山』。8月イギリスツアーからもどった2人に国際交流を深めてもらいます。

LIVE:
The Magnetic Eagle (Denmark)
Haiku Salut(UK)
タートル山(呉山夕子|カメイナホコ)

日時:2016年9月1日 (木) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約当日共 2,000円
主催:jvtlandt
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。





THE MAGNETIC EAGLE

Michael Rexen: Vocals
Adi Zukanovic: Keyboards, electronics
Martin Ullitsdahl: Guitar
Matias Wolf Andreasen: Drums

The Magnetic Eagleは実験的な音とポップな音を組み合わせることによって、ラディカルで、かつ聞きやすい音楽をつくりあげている。ライブでは、ラブソング、ハードなパンク、抽象的なディスコ・サウンド、ソウルフルな歌など、あらゆるスタイルの曲が全て演奏される。信じられないことかもしれないが、これらの音楽はライブ事前に用意されたものではなく、なんとライブで全ての曲を即興で演奏するのである。それは、演奏者と観客が共に音の冒険の旅に出るような不思議な感覚で観客を魅了する。ひとつひとつのライブがユニークで、似たものはない。

The Magnetic Eagleは明確な目的がある。それは拠点デンマークから活動を広げ、できるだけ多くの人に音楽的、文化的領域を超えたファンタスティックな音楽的経験を提供することである。それに加えて世界一の即興アバン・ポップバンドになることだ。彼らの印象的なライブ演奏はヨーロッパ、エジプト、ロシアなどで近年評判が増している。今回は彼らにとって初めてのアジアでのツアーとなる。

デンマークのドラマーで、マルチ楽器演奏者のKresten OsgoodはThe Magnetic Eagleは革命的なバンドで、Michael Rexenはデンマークで最もエキサイティングなボーカリストだと言う。ECMアーティストでもあり、世界的にも評価されているピアニストAaron Parksも絶賛しており、”とにかくThe Magnetic Eagleの演奏を見てほしい。共感性と直感性に溢れたメンバーたちは、音楽でもその人格を表し、その瞬間瞬間に即興でつくられる曲は凄まじくパワフルだ。”と語っている。

今までCopenhagen JazzFestival (Denmark)、D-Caf – Downtown Contemporary Arts Festival (Egypt)、Fusion Festival (Germany)、Supernova Festival (Sweden)、New-Note Festival (Denmark)でライブを提供。メンバーは個人でMongol、A Key Is A Key、Eggs Laid By Tigers、Prins Nitram、Svin、Irah、AaronParks や Kentaur など、デンマークのポップス、ジャズ、アングラシーンで活躍するアーティストと演奏している。

その驚くべき即興で生み出されるという完成度の高すぎる素晴らしい曲の一端。

ソウルフルなエレクトロポップ。最高。


ハードコア・パンク
The Magnetic Eagle – Sweetness can win https://youtu.be/IXUoKPgi-9I

優しくささやきかけるバラードと思いきや素晴らしくポップなバッキング
The Magnetic Eagle – Heart to Heart https://youtu.be/4IyQn8_6YmY

歌い上げるバラード
The Magnetic Eagle – For my Brother https://youtu.be/42VJc-50rL4

http://www.jvtlandt.com/live/themagneticeagle/



Haiku Salut

こんにちは。

私たちは、イギリスのダービーの3人組ユニットHaiku Salut (ハイクサリュ)と申します。

私たちの音楽は、ヤン・ティルセンをはじめ、world’s end girlfriend、ビョーク、Ametsub、トータスなどのアーティストに影響されており、デビューアルバム「How Does It Make You Feel?」はThe Guardian、MOJO、UNCUTなどの情報メディアから高い評価を得る事ができました。

映像作家の外山光男氏にアルバム収録曲「Glockelbar」のミュージックビデオを制作して頂きましたので、ぜひご覧下さい。


ところで、私たちのライブ編成は少し変わっています。3人がトランペット、ピアノ、サンプラー、アコーディオン、ギター、ループエフェクターなどを代わる代わる演奏し、ユニークで魅力的な音楽をリアルタイムで作り上げて行きます。下記YouTubeでライブ映像がご覧になれますので、ご参考にしてください。
https://www.youtube.com/watch?v=4UU5by3i-_M

なお、私たちのセカンドアルバム「Etch and Etch Deep」は去年の夏にRicco Labelよりリリースされました。このアルバム詳細(日本語)もチェックして頂けると嬉しいです。
http://www.fleursy.com/riccolabel/discography/ric026_japanese.html

http://haikusalut.com/




タートル山 Turtle Yama (KPY×カメイナホコ)

KPYこと呉山夕子(ex.water fai)とカメイナホコ(三田村管打団?/トンチトリオ
/MOONFACEBOYS/グラタンカーニバルetc.)で突如結成された、technoをやりたい二人組。
ライブでは奇想天外な物語が次から次へとパッチワークされてゆく。
2016年8月イギリスツアー敢行予定。

https://soundcloud.com/user-628272624

カレンダー, 塩屋音楽会|2016.09.01
前のページ »

お知らせやイベント情報を掲載します。