07/30 (木) 弓張月の会おさらい会×レタスタス?



堀つばさ × 森川浩恵 × すけとうたら

自粛が長らく続きましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか? この度、森川浩恵のお筝教室(関西)の皆さんが待望の発表会です。そしてそのあとは堀つばさ、森川浩恵、すけとうたら(助っ人たらこ)による、この日その場で産声を上げる即興プログラムによるコンサートレタスタス? を開催致します。こんな時代ですのでアルコールを持参し(飲む方ではなく噴射する方)距離と距離感を保ちたいとおもっておりますので、どうかマスクをご着用の上、足をお運び頂けますと幸いです。お待ちしております!! 心よりお待ちしております!!

日時:2020年7月30日 (木) open 18:00 start 18:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:2,000円 (要予約)
主催:森川浩恵
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
  ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







堀つばさ (和太鼓奏者)

アントワープ在住。京都出身。3歳よりピアノ、11歳より和太鼓を始める。京都市立堀川音楽高校打楽器科卒業。在学中よりドラムでバンド活動を始め「日本のロック」を求め96年より佐渡拠点の和太鼓集団「鼓童」に14年間在籍。中心メンバーとしての舞台演奏のほか、作曲、編曲も手がけ 2007年には女性ユニットを立ち上げ、積極的に女性和太鼓奏者の表現の可能性を探る。2010年よりベルギーを拠点に移し、国籍、ジャンルを超えた音楽家達、演劇、ダンス、ファッション、アート映像との共同製作を展開中。また近年は子供へ向けたパフォーマンスにも重きを置いている。日本の風土から産まれた音を原点に和太鼓のみではなく箏、歌、ピアノ、久乗おりん、オルゴールなども取り込んだ独自の音楽感が国内外ともに高く評価され、これまで40カ国以上での公演を行ってきている。



森川浩恵

3歳より母に箏、6歳より父に尺八を学ぶ。後に幼少期より横山勝也に尺八・演奏法など音楽に関する基礎知識、音楽に必要な思想・哲学を学ぶ。2002年現役女子高生としてメジャーデビュー。デビュー作品は発売時に純邦楽では異例のセールスを記録。収録曲がCM起用され話題となる。古典芸能の技術を基盤に、アバンギャルドな奏法を駆使し、自身のスタイルで様々な音楽やアート・映像・舞台などと共演。彼女の独特の雰囲気から様々なアートシーンに関わる。現在はキウイとパパイヤ、マンゴーズのボーカリストとしてフジロックフェスティバルをはじめとする国内外に於いて活躍の場を広げている。また、芸妓組合に正規登録し、数年間音楽活動と平行して芸妓を勤めていた事もあり、日本文化や日本の美意識の多くを吸収した女性としても各方面で注目されている。



すけとうたら (助っ人たらこ)

助っ人のたらこ。groovy!ミュージックスタート!!

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.07.30

07/26 (日) 【ライブ+配信】細馬宏通 / 山本信記・江崎將史・カメイナホコ・光永惟行・稲田誠 リアルタイム遠距離テレセッション



配信は時間になったら
コチラ
を訪れて、下の方の「アップロード動画」をご覧頂ければ、配信中の動画が表示されます。

投げ銭はpaypal.me/guggenheimhouseまで。


都知事選の結果、ああなりましたね。東京は毎日100人以上の感染者が出続けていて、これからいったいどうなるんでしょう? だいたい政治のトップが市民に各自で自衛してくださいとかもう政治にできることはないっていう宣言で、じゃあ政治家要らんやんとなりますが。まったく、突拍子もない世界だと思います。

ということで、そのようなまさかの三千世界でリアルライブ+リアルタイム遠隔テレセッション企画(コンセプト説明長い)、続いては「かえるさん」こと細馬宏道ショウです。細馬さんは早稲田大学に就任しはり、この状況でかなりの多忙なんですが、、、なんとかつないでもらえることになりました。そしてこちら神戸チームは精鋭集めました!必ず楽しんでいただけますよ

※換気、距離、その他配慮して開催します。観にこられるかたもマスク持参でお願いいたします。

出演:
細馬宏通 (vo, g) from 東京
+ from 旧グッゲンハイム邸
山本信記 (tp)
江崎將史 (tp)
カメイナホコ (p, sax)
光永惟行 (sax)
稲田誠 (cb)

配信STAFF:森本アリ + 佐々木俊行 + 小山直基

PA:和田真也

FOOD:かばくんカレー

日時:2020年7月26日 (日) open 18:30 start 19:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:2,000円 (要予約) / 配信は投げ銭
主催:棚レコード
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX:078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







細馬宏通(ほそまひろみち)

2004年からバンド「かえる目」にて作詞・作曲・ボーカルを担当。アルバムに「切符」(2016)「拝借」(2011)「惑星」(2008)「主観」(2007)。2018年、澁谷浩次との共作集「トマト・ジュース」を発表。かえるさん名義で、各地で歌をうたっている。また、『うたのしくみ』(ぴあ)や連載「うたうたうこえ」(GINZA)など音楽に関する文章多数。その一端はうたのしくみ Season 2で。



山本信記

trumpet,synth 大原裕のブラスバンド「LIVE! LAUGH!」、スカバンド「Hi-Kings」に参加(Hi-Kingsでは、1999年にRico Rodriguezのtour bandをつとめる)。現在、江崎將史(trumpet)と喜多村朋太(organ)とのチェンバースカバンド「popo」や、武村篤彦(泊)との御幸楽DJユニット「モダンDJ特選集」などで活動。



江崎將史 / Ezaki Masafumi

音を伴う行為、作曲、 身の周りのもの、トランペット。
トランペットは独自の奏法を多数開発。
ソロのほか国内外の多くのミュージシャンとセッション、録音を重ねる。近年は炭酸ソロ、図鑑朗読、テントソロ、トレイソロ、暮らしの手帖(日常品のサウンドテスト)などの”博物学的”パフォーマンスのシリーズを行っている。最新パフォーマンスは「家鳴りを聴く会」、「OPP袋を全部広げる」。 作曲活動は 事の音への変換、ゲーム、図形、などによるものがある。オセロを使用した作品が含まれるCDに「Othello/3 Minutes」/Slub Music/SMCD 14/2008/ がある。他に、動きを伴い空き瓶を吹奏の「アキビンオオケストラ」を主宰。popo/HOSE/Black&Mountain/対極/ omm-pah/音遊びの会などでの活動。 グラタンカーニバルのサポートメンバー。 継続している企画に「月刊」「別冊」「月刊/関西のインプロヴィゼーション」がある。「Ezaki & The Family Stone」として各地の海岸で採取の石を売る。



カメイナホコ

2002年頃から即興中心の活動を始める。参加バンドはウリチパン郡、三田村管打団?、トンチトリオ、moon face boys、グラタンカーニバル、カメアリエレクトリック、タートル山、など。ピアノ・シンセサイザー・クラリネット・ソプラノサックスなどを使って自由に演奏しています。



光永惟行 Koreyuki Mitsunaga

「グラタンカーニバル」のリーダー。江崎將史主催「アキビンオオケストラ」のメンバー。関西のフリーペーパー「月刊かえる」への寄稿。松野泉監督作品「さよならも出来ない(2017)」の音楽担当。「音遊びの会」には2008年から参加。



稲田誠 (いなだまこと)

コントラバス/エレキベース奏者。棚レコード代表。レコーディングエンジニア兼農家。子供5人。PAAP、Brazilという自己のバンドやDODDODO BAND、トンチトリオ等のユニットでベースを弾き、ときどき歌う。

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.07.26

07/22 (水) 【ライブ+配信】mmm・黒田誠二郎・稲田誠 – リアルタイム遠距離テレセッション



配信は時間になったら
コチラ
を訪れて、下の方の「アップロード動画」をご覧頂ければ、配信中の動画が表示されます。

投げ銭はpaypal.me/guggenheimhouseまで。


ついに待望のヤマハ・ネットデュエットの後継ソフト「シンクルーム」も発表されましたね! グ邸のリアルタイム遠隔テレセッション配信シリーズもいよいよ佳境に入ってきましたよ。じつは企画していた当初から考えていたことは、これからは遠隔テレと現場のライブを同居させられないだろうかということ。通常のライブをするとしてもメンバーの一部は遠隔からの参加でやってみたい。

というわけでその第一弾として、この企画のファースト指名ミュージシャンであるmmmとのテレセッションを神戸から「ライブ」でお届けします(配信もします)。さらに、今回は稲田の朋友黒田誠二郎にもチェロで手伝ってもらい、トリオ形式です。これは延期になった春のライブ企画でそのように計画していたトリオですもちろん、リアルで揃ってのライブもまたやりますので。

あ、ゆすらごの絶品ホワイトカレーも食べられる!!(俺はおかわりします)

※換気、距離、その他配慮して開催します。観にこられるかたもマスク持参でお願いいたします。


出演:
mmm (g, vo)
黒田誠二郎 (cello)
稲田誠 (cb)

配信STAFF:森本アリ + 佐々木俊行 + 小山直基

出店:喫茶ゆすらご

日時:2020年7月22日 (水) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:2,000円 (要予約) / 配信は投げ銭
主催:棚レコード
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX:078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。




mmm (ミーマイモー)

2006年から弾き語りを中心とした音楽活動を展開する。
英語と日本語のリズムを行き来しながら、儚い日々の移ろいを歌にしている。
2016年に韓国、2017年にNYへ招致され、2019年秋にはエマーソン北村とのデュオ編成でドイツ、イギリス、ベルギーを回る。
ベース、フルート、シンセなどで数々のプロジェクトに参加する傍ら翻訳業を生業とする。



黒田誠二郎

きつとふいくしよんと思う。ゆえに注釈は余計となる。欲しいのは遠く、自分の筆致だ。所定の場所にはギターと眼鏡が一式、必要不可欠とまぁ言える。それは黒田誠二郎。
タンブラー https://seiiijiiiro.tumblr.com/



稲田誠 (いなだまこと)

コントラバス/エレキベース奏者。棚レコード代表。レコーディングエンジニア兼農家。子供5人。PAAP、Brazilという自己のバンドやDODDODO BAND、トンチトリオ等のユニットでベースを弾き、ときどき歌う。

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.07.22

07/20 (月) 徳澤青弦 × 林正樹 CD「Drift」リリースライブ



越境する感性と豊かな音の色彩で数々の録音に参加する
チェリスト徳澤青弦とピアニスト林正樹による
初のデュオ・アルバム『Drift』のリリースツアー神戸公演開催決定!

出演:徳澤青弦(Cello)/ 林正樹(Piano)

日時:2020年7月20日 (月) open 19:00 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 4,000円 当日 4,500円
主催:Cow and Mouse
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







徳澤 青弦 (とくざわ せいげん)

1976 年生まれ、東京出身。チェリスト・作曲・編曲家。東京芸大でクラシックを研鑽した後、新しい発見を求めてポップス・ジャズ・ロッ クの分野で活動を始める。楽曲に対する忠実なアプローチ、柔軟な独創性を併せ持った作風・演奏スタイルで、多くのアーティストから信頼されている。小林賢太郎の舞台音楽制作に携わり、これまでに徳澤青弦名義で 5 枚のアルバム をリリース。anonymass や、Throwing a Spoon としても何枚かリリース。2009 年より、さだまさしコンサートツアーに参加。映画『天気の子』『君の名は。』いずれもオーケストレーションに携わる。2015 年フジテレビ(FNN)「こんやのニュース」「あしたのニュース」NHK「ドキュメント 72 時間」等に楽曲提供。NHK E テレ「ムジカ・ピッコリーノ」ゴーシュ役で出演。



林正樹 (はやしまさき)

1978年東京生れ。ピアニスト、作曲家。自作曲を中心とするソロでの演奏や、生音でのアンサンブルをコンセプトとした「間を奏でる」、田中信正とのピアノ連弾「のぶまさき」などのプロジェクトの他に、小野リサ、金子飛鳥、徳澤青弦、藤本一馬、akikoなど様々な音楽家とアコースティックな演奏活動を中心に行なっている。「渡辺貞夫クインテット」「クアトロシエントス」「菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール」「Salle Gaveau」などのグループにも在籍。多種多様な音楽的要素を内包した、独自の諧謔を孕んだ静的なソングライティングと繊細な演奏が高次で融合するスタイルは、国内外で高い評価を獲得している。三宅純、椎名林檎をはじめ多岐に渡るアーティストのスタジオワークにも数多く参加。2016年舞台「書く女」(主演:黒木華 / 作,演出:永井愛)、2017年舞台「オーランドー」(主演:多部未華子/演出:白井晃)の音楽を担当。2020年3月にはチェリスト徳澤青弦とのDUO作品をリリース予定。






Seigen Tokuzawa & Masaki Hayashi「Drift」

アルバム情報:http://flau.jp/releases/drift/

■収録曲
01. Elect
02. Einstein Effect
03. Iambic 9 Poetry
04. In the Early Morning
05. The South Downs
06. Quarter
07. Drift
08. Soramame
09. Keichitsu
10. Utsuroi
11. Venus in Furs

その名の通り、Drift はリスナーをサウンドの海へと誘うアルバムです。チェリストの徳澤青弦とピアニストの林正樹が、9年の月日をかけてじっくりと練り上げたその作品は、スタイルとスタイルの間を漂流し、あらゆるトレンドとは別の場所で、彼らの音がドラマと夢の柔らかな衝突にあることを証明します。ダイナミックな相互作用と洗練を見せる導入〜ハーモニクスから嵐のようなチェロとピアノへと半回転するオープニング・トラック「Elect」、律動するストラヴィンスキー風の 「Einstein Effect」 〜 から二人のパートナーシップは始まります。まだ見ぬ記憶の扉を開け、霧深い森や幻想の中を航海するように、想像のひだを刺激する。響きの余白とアルペジオを使って幽玄なサウンドスケープを描く「In The Early Morning」、春の田園風景の中で、その名の通り虫たちの目覚めを表現するかのような「Keichitsu」、The Velvet UndergroundやSquarepusherのカバーを含めた全12曲には、深い躍動と静謐さが同居するシネマティックな音像美が貫かれています。まるでフレームを超えた空間の広がりを音が想起させるように、二人の個性、即興とテーマとが継ぎ目なくエスカレーションし、古典的なデュオの新しい調和の形をアップデートする。柔らかくリズミカルに波打つピアノ、低音とリードを等しく果たす端正なチェロが時に重なり、散らばり、まろやかな残響がメタフォリカルに映像世界を喚起する、エレガントなデビュー作です。

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.07.20

07/16 (木) 旧グッゲンハイム邸見学会 (無料一般開放)

photo:片岡杏子


7月の見学会を行います。案内などは特になく、時間内に出入り自由としています。様々な資料を閲覧できます。予約不要ですので、どうぞお気軽に足をお運びください。

開館にあたっては感染拡大防止を図り、安全を最優先に対応させていただくため、ご来館の際はこちらのご協力をお願いいたします。

日時:2020年7月16日 (木) 12:00~17:00(随時)
料金:無料(予約不要)

お問い合わせ:

旧グッゲンハイム邸
兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5-17
TEL: 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail: guggenheim2007@gmail.com
URL: http://www.nedogu.com

カレンダー, 見学会|2020.07.16

07/05 (日) 【生配信】Kaede Acoustic Live Tour 2020”on the way” Tour Final公演



先日開催中止のご案内をさせていただいたKaede Acoustic Live Tour 2020”on the way”旧グッゲンハイム邸公演ですが、無観客でのYouTube生配信ライブとして開催させていただくことになりました。佐藤優介(Pf)をサポートメンバーに迎えたライブを生配信します。このYouTube生配信では『Super Chat』にて“投げ銭”の受付も行います。


出演:Kaede、佐藤優介(Pf)

日時:2020年7月5日 (日) 17:00〜約1時間
   (生配信のため若干変更の可能性がございます。)
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:投げ銭 (Super Chat)
主催:EHクリエイターズ
共催:塩屋音楽会

URL:https://youtu.be/NOCcFqUZaGo

※アーカイブは残りませんのでご注意ください。
※定点カメラ1台での配信を予定しています。
※Super Chat(投げ銭)の上限は¥1,000まででお願いします。よろしくお願いします。
※Super Chatへの反応はライブのため出来ません。ご了承ください。

お問い合わせ:EHクリエイターズ  info@negicco.net

塩屋音楽会|2020.07.05

お知らせやイベント情報を掲載します。