03/28 (土) クボノヨイ〜2020〜



出演:クボケンジ (メレンゲ / 初恋のテサキ)

日時:2020年3月28日 (土) open 17:00 start 17:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 4,500円 (税込) 当日 5,000円 (税込)
主催:BoGen Records
共催:塩屋音楽会

チケット予約開始:2/1 (土) 昼12時〜


ご予約:guggenheim2007@gmail.com
* ご予約はメールのみでお伺いいたします。

ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
また、火曜・水曜は休館日のため、返信が滞ることがあります。ご了承ください。

お問い合わせ:
TEL : 078-220-3924
FAX:078-202-9033





クボケンジ

1977年8月8日生まれ。「メレンゲ」のボーカル、ギター。メレンゲの楽曲は全て手がけており、その他、新垣結衣、中島美嘉、FUNKY MONKEY BABYSなどへの楽曲提供なども行う。近年はメレンゲとしての活動だけでなく、「クボケンジ」としてのソロ活動にも注力している。また、2019年よりクボを中心とした新たなプロジェクト「初恋のテサキ」が始動。同年4月「星の宵」(テレビ東京ドラマ25「日本ボロ宿紀行」主題歌)をリリースした。

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.03.29

03/19 (木) JAD FAIR JAPAN TOUR 2020 with LUMBEROB & CUSHIONS



2013年5月のジャド・フェア、テニスコーツ 、そしてノーマン・ブレイク(ティーンエイジ・ファンクラブ)の三頭ツアーから7年ぶりとなるジャド・フェアの来日ツアーが決定しました。しかも今回は2006年に敢行されたジャド・フェアの来日ツアーで各地の会場をあっと驚かせたヒューマン奇声ビートボクサー、ランバーロブを従え、さらにはランバーロブことロブ・エリクソンの新バンド、クッションズも帯同。ボディとネックを輪ゴム(!)で縛った特製エレキギターをビョンビョンと前後に揺らすフリーミュージックの伝道師、ジャド・フェアを中心に、ランバーロブ、クッションズとのスペシャル・セッションもお披露目します。1970年代にスタートした伝説にして生涯現役のハーフ・ジャパニーズを起点に、ダニエル・ジョンストン、ヨ・ラ・テンゴ、ティーンエイジ・ファンクラブ、パステルズらとの旺盛なコラボレーションで知られる千変万化のジャド・フェアの真髄をぜひご期待ください。また、クッションズはスウィート・ドリームス・プレスからデビューLP『Numb One』をリリース予定(会場先行発売!)。こんなに珍奇なのに、残るのはオーディエンスの笑顔、笑顔、笑顔……。ここにしかない音楽の自由をお楽しみに。

出演:
ジャド・フェア(with ランバーロブ)
クッションズ
テニスコーツ

PA:西川文章

日時:2020年3月19日 (木) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,500円 当日 4,000円
主催:スウィート・ドリームス・プレス
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
  ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。



カレンダー, 塩屋音楽会|2020.03.19

03/19 (木) 旧グッゲンハイム邸見学会 (無料一般開放)

photo:片岡杏子


3月の見学会も、いつも通り第三木曜日に行います。案内などは特になく、時間内に出入り自由としています。様々な資料を閲覧できます。予約不要ですので、どうぞお気軽に足をお運びください。

日時:2020年3月19日 (木) 12:00~17:00(随時)
料金:無料(予約不要)

お問い合わせ:

旧グッゲンハイム邸
兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5-17
TEL: 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail: guggenheim2007@gmail.com
URL: http://www.nedogu.com

カレンダー, 見学会|2020.03.19

03/16 (月) 閃電節奏楽園 sendensessourakuen 3



DJ
moja (TROA)
Takeshi Kouzuki (Zipangu Record)
kita kenya (brist jonas)
Yan-Sasa

各DJが選ぶ1分1秒でも早く1人でも多くに知ってもらいたい曲が聴けるパーティー

日時:2020年3月16日 (月) open & start 18:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約・当日ともに 1,000円
主催:Zipangu Record
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
  ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







moja
2019年にDJをスタート。
普段は神戸元町の古着屋TROAに勤務。



kita kenya (brist jonas)
2014年、旧ジョネス邸移植プロジェクトによりオープンした垂水の美容室 brist jonas のスタイリストとして活動。今年からDJとしての活動を開始、、、



Yan-Sasa
マンガ家デ稀ニDJ
今夏から高円寺のレコード店『円盤』の三ツ沢通信にて雑食音楽体験記を連載予定。



Takeshi Kouzuki (Zipangu Record)
90年代初頭、三宮古着屋アダージオにて数々の不思議レコードに出会いDJを開始。
現在塩屋で美容室とレコード屋をやりながら
時々DJやトラック制作など、、

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.03.16

03/12 (木) グ音楽講座75 ところで最近なに聴いてます? #18 もちよりリスニングの夕べ。



ところで最近なに聴いてます? 聴き方も、出会い方も、味わい方も、音楽のあり方そのものがとても多様になった今、あらためてみんなどんな音楽を聴いてるか、実際に音源持ち寄って聴き合い&聴かせ合いの夕べ。2020年春(3ヶ月毎に開催)。
みんな大好き最新ヘビロテチューンから、春になると聴きたくなる懐かし名曲、はたまた誰も知らないマイ・オンリー・ブライテスト・ホープまで、とにかく今よく聴いてる音源を1人1曲お持ちください。CD、レコード、SPレコード、カセット、YouTube、ステレオミニで繋がる外部機器(iPhoneなど)に対応。もちろん手ぶらもOK。

ホスト:
安井麻人(A.C.E./世界の音楽/神戸テクミー)
岩淵拓郎(一般批評学会)
森本アリ(旧グッゲンハイム邸)

日時:2020年3月12日 (木) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:無料(予約不要)
主催:森本アリ
共催:一般批評学会|塩屋音楽会

問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com







安井麻人(やすいあさと)

音楽家、サウンドアーティスト。ちょいぼけインテリ。西日本のテクノドンこと A.C.E.(エーシーイー)のメンバー。ギャラリーや美術館などで作品を発表するかたわら、ファッションショーやTVCMなどの音楽を手掛け、近年はラジオで音楽コーナーを担当するなど、幅広く活動している。大阪芸術大学音楽学科卒業後、武庫川女子大学大学院修士課程を修了。現在、音楽制作会社(株)スタジオミニ代表取締なんとかも務めるとか。



岩淵拓郎

もとは言葉と意味を扱う美術家で、今は広い意味での編集者(ちゃんと本とか作ってます)。2014年に批評しない批評集団「一般批評学会」を結成、絶賛売出し中。12〜14年、宝塚映画祭総合ディレクター。



森本アリ

神戸、塩屋の海辺の洋館「旧グッゲンハイム邸」管理人。「塩屋音楽会」企画/運営。技術のないことを武器に音楽の敷居を下げ続ける音楽家。「三田村管打団?」「口八丁」「ペ・ド・グ」「カメアリ・エレクトリック」「もだえ」「音遊びの会」やソロで活動。映画「繕い裁つ人」に神父役にて米粒ほどの出演。

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.03.12

03/08 (日) Kaede Acoustic Live Tour 2020「on the way」



SOLD OUT

日時:2020年3月8日 (日) open 13:30 start 14:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:3,500円(全自由) SOLD OUT
主催:EHクリエイターズ
共催:塩屋音楽会

※整理番号順の入場となります。
※前方椅子席、後方スタンディングとなります。
※前方椅子席の前方は「女性、親子エリア」として数席ご用意させていただきます。
(女性、親子エリアは上限がございます。ご了承ください。)
※親子エリアの対象は 中学生以下1名に対し、大人2名までとなります。
※親子エリアは2〜3名そろって、ご入場下さい。
※4歳以上のお客様はチケットが必要となります。
(4歳未満のお客様は、保護者1名同伴につき1名入場可)
※車椅子の方は専用スペースのご用意がございますので、お申し付けくださいませ。


お問い合わせ:EHクリエイターズ  info@negicco.net

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.03.08

03/07 (土) 流れ星の行き先



好きな音楽を星だとして、それは時に輝いて未来に進む道標や勇気になる。わたしにとって、音楽の持つ力のひとつがそれでした。ひとつひとつの星たちがどんな状況にいるあなたにも届きますように。輝いた星たちの行き先があなたでありますように。そんな思いを込めたイベントです。

出演:
但野正和 (ダブルサイズベッドルーム)
井上花月 (Laura day romance)
ながおかみお (くつした)
いちやなぎ

日時:2020年3月7日 (土) open 17:00 start 17:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,500円 当日 3,000円

予約・問い合わせ:myk3969@yahoo.co.jp







但野正和

読み:タダノマサカズ/北海道女満別町出身/札幌市在住/男/ひとりっこ/ダブルサイズベッドルーム所属/1986年6月3日生まれ/ふたご座/B型/元卓球部



井上花月

Laura day romanceのボーカル



ながおかみお

生活の歌とバンドが好きです。
趣味さんぽ。最近速い自転車手に入れました。



いちやなぎ

京都在住 関西を中心に全国的に活動中
深いところで染み渡る声と寄り添う楽曲たち
夢見心地に誘う音楽で生活に必要な安らぎを

イベント|2020.03.07

03/02 (日) 横手ありさtrio|チェ・ジェチョル「もりとけものとはだかんぼ」



東京を拠点に活動しているシンガー横手ありさの2ndアルバム「わたしははだかんぼ」発売を記念した関西ツアーコンサート。コントラバスにphonoliteの水谷浩章氏、ドラムに荒井康太氏を迎えた特別トリオ編成。韓国太鼓の奏者で音楽家のチェジェチョル氏との2マン、グッケンハイム邸スペシャルライブ。響きの先のさきまで、まるで生き物ように躍動する音空間と、唄声によって紡がれる物語に酔いしれてほしい。

出演:
チェ・ジェチョル(韓国太鼓、唄etc)
横手ありさtrio
 |横手ありさ(ウクレレ、唄)
 |水谷浩章(コントラバス)
 |荒井康太(ドラム)

日時:2020年3月2日 (土) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,500円 当日 2,800円(※小学生以下無料)
主催:横手ありさ
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
  ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。





CHOI JAE CHOL チェ・ジェチョル(崔 在哲)

韓国太鼓(チャング)、ギター 、ボーカル、作詞、作曲。
1979年2月15日生まれ。大阪生まれ東京育ちの在日コリアン3世。青山学院大学卒業後、韓国打楽器をリ・チャンソプ先生に師事。ソルチャング(韓国太鼓の独奏)を軸にして、民俗音楽、伝統音楽、現代音楽、バンド音楽の垣根を越えて様々な場面で活躍。韓国太鼓の他、ギター、ピアノを使っての楽曲製作(作詞、作曲)、CM音楽製作(資生堂化粧品 2008春夏)、舞踏(田中泯)とのコラボレーション等も行う。2009年より、日本と韓国の文化に触れる旅『Chango Walk』始める。「歩く生活、歩くリズム」を求めて、東京~京都(2009)、京都~博多(2010)、東京~韓国 星州(2015)、東京~富士山~東京(2016)の道のりを太鼓を叩き歩いた。山、川、海、アスファルト、道端で感じるリズム、踊り、歌をテーマとする。2015年より、日韓芸能交流イベント「マツリクロッシング」を開始。韓国にの農楽(全羅北道コチャン農楽)、日本の民俗芸能(岩手鹿踊)、バンドミュージシャン(kinkonkan、馬喰町バンド)が一同に集まり、日韓のお囃子&リズムを基にした演目を作曲し舞台演出を行う。邦楽囃子方仙波清彦氏と共に「かわさきjazz」にて、日中韓の伝統音楽と現代音楽のクロスオーバーイベントの演目構成を担当。「トブロン農楽団」として、三陸国際芸術祭に出演。東北民俗芸能団体と韓国農楽の文化交流を行いながら、青森県八戸の郷土芸能「えんぶり」にも参加する(八太郎えんぶり組に所属)。2016年より、多民族芸能楽団「わたら」を開始。チベット、韓国、日本、アジアの文化と音楽芸能が交わる作品を作り続けている。これまで、日本、韓国、イスタンブール(トルコ)、オデッサ(ウクライナ)等、国内外で演奏活動を行っている。

横手ありさ

呼吸と声から派生するあらゆる響きで色彩を運ぶうたうたい。音楽家。ウクレレ弾き語りのシンガーソングライター。SUNDRUM、晴ツ、Lupe∝ではメインボーカルとクリエーションを手がけ、アート、現代音楽、ポップス、JAZZ、民俗芸能、伝統音楽などのジャンルを横断的に活動している。パラリンピックのNHK公式CMソングへの声の参加、舞台作品への楽曲提供や、障害のある子供達との音楽交流やWS、近年は、台湾、韓国、マレーシアなど、アジア各地へのフィールドワークとコラボレーションを行い、絶海の孤島 青ヶ島に伝わる古謡の唄い手でもある。ウクレレ弾き語りでは、カフェ、ギャラリー、飲み屋、ストリートなど、身ひとつで気ままに語りうたゆたう。ソロ2ndアルバム「わたしははだかんぼ」MIDIより2019年7月発売。Lupe∝自主制作音源作品「瑠璃と屑」2019年4/28より発売。2019年夏、第1子を出産し、うたう母ちゃんとして新たな旅路に向かっている。

水谷浩章(Ba)Hiroaki Mizutani

20歳からライブハウスなどで音楽活動を開始。コントラバスを吉野弘志氏に師事。現在は、自己のユニット phonolite(木管、金管、弦を含む10人編成の変則ジャズ・オーケストラ)、phonolite trio(中牟礼貞則g、外山明ds)、Gush!(加藤崇之g、芳垣安洋ds)等を主催。phonolite stringsでは、浜田真理子、柳原陽一郎、さがゆき、高瀬”makoring”麻里子、原田郁子、青葉市子、柴草玲らとのコラボレーションなど幅広い活動を展開している。 山下洋輔、森山威男。坂田明、松風鉱一、大友良英、芳垣安洋、ほか多数のユニットに参加。また、作曲家、アレンジャーとしても活躍中。

荒井康太(ds) Kota Arai

伊豆諸島の孤島 青ヶ島出身。アフリカを代表するカメルーンのドラマーBrice wassyとその弟Vincent wouassiに師事する。現地カメルーンに渡りのトラディショナルのリズムをエッセンスとしたドラミングを学ぶ。島の伝統太鼓にはじまりアフリカや韓国、台湾などの東アジアの民族音楽の豊かなエネルギーを吸収した特異な感性とリズムが創り出す自然体なグルーヴで様々なジャンンルの壁を越えて太鼓の魅力を体現している。

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.03.02

02/28 (金) 民映研×塩屋 vol.16 ドキュメンタリー映画上映会『太平洋の中の新島―火山島・新島の成り立ち』『集落の成り立ち』



「私たちが生を受けた日本列島に生きる 庶民の生活と生活文化を記録する」
姫田忠義|民族文化映像研究所|ドキュメンタリー映画上映会


【 上映作品 】

民映研作品 no.102『太平洋の中の新島―火山島・新島の成り立ち』
民映研作品 no.104『集落の成り立ち』

伊豆諸島の新島村を取り上げ、島と集落の成り立ちを追った記録映像の二本立てになります。

日時:2020年2月28日 (金) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:一般 1,500円 大学生・シニア 1,000円 小・中・高校生 500円【おやつ付き】
主催:NPO法人ヒューマン・ビジョンの会
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。






『太平洋の中の新島―火山島・新島の成り立ち』民映研作品 no.102
(1997年|30分 撮影地:東京都新島村本村・若郷・式根島)


人はどのような地に自らの生活場所を開いていったのだろう。伊豆諸島、新島村は、新島本島、式根島の二つの有人島と、地内島、早島、鵜渡根島の三つの無人島からなる。この姿を形成するまでの約10万年の間、20近い火山の活動があったとされる。新島本島には、南に向山、北に峰路山、宮塚山といった火山があり、中央部には山地に挟まれた火山灰台地がある。この台地は、886年の海底火山の大噴火でできた。火山灰台地は水を通しやすく、山地に挟まれた地形も働いて、島の地下に水を豊かに貯えてきた。

新島の島々の現在の姿は、度重なる火山爆発と風化や浸食の中で形成されたものである。人はその火山島の特徴を生かして暮らしてきた。火山島の恵みである温泉。噴火口跡の地形を活かして開かれた畑。岩礁によりつく豊かな海の幸。家材やガラス工芸に利用される石など。火山島であることを生かして生活を築いてきたのである。

『集落の成り立ち』 民映研作品 no.104
(1997年|40分 撮影地:東京都新島村本村・若郷・式根島)


新島には、三つの集落がある。本島の中央部にある本村、北西部にある若郷、そして南西に浮かぶ式根島。冬、強い風が吹きすさぶ。新島の集落は、西風から身を守るように作られている。海岸の防風林・浜ン森。風が吹抜けないよう曲がった道。新島産坑火石製の塀。数件の家々に残る屋敷林。屋敷構えは大屋と隠居の2棟を中心に、便所、豚小屋、天水タンクをはじめ苗場、炭ガマまでもが、庭を囲んで配置されている。家は人間生活の基礎である。その基礎を築きながら人々の暮らしは、外へ広がっていった。新島南部の石山には、坑火石の採掘場がある。火山活動によって形成された坑火石は、手鋸でも切れる軽石で、人々は、山から坑火石を切ってはおろし、家や町並みを築いていった。




姫田忠義(ひめだ ただよし) 記録映像作家・映像民俗学者

1928年(昭和3年)兵庫県神戸市生まれ。旧制・神戸高商卒。
1954年、民俗学者の故・宮本常一氏と出会い、その影響を受けて日本全国を歩き始める。
1950年代後半より、映像を手段とする記録作業を開始。
1976年、民族文化映像研究所を設立し、2012年まで所長を務める。
2011年、開校と同時に日本映画大学・特任教授に就任。「民俗学」を担当する。
2013年7月29日午後9時55分 横浜市の病院にて「慢性閉塞性肺疾患」のため死去。84歳。7月31日家族のみにて火葬葬を執り行う。

庶民の生活と生活文化を、映像による手段を使い記録作業を50年以上にわたり続ける。
≪「基層文化」=大自然に依拠しつつ暮らす、人間の精神文化≫をテーマに、
120本を超える映画作品を発表。代表作に「アイヌの結婚式」「イヨマンテ」、「越後奥三面 ~山に生かされた日々」(1986年シカゴ国際映画祭ドキュメンタリー部門銀賞)。

1989年 フランス政府より芸術文化勲章オフィシエ叙勲







使用されている画像すべて©民族文化映像研究所

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.02.28

02/27 (木) グ音楽講座74「早瀬優香子を聴く」



「早瀬優香子って知ってる?」とひとに尋ねるとき、返事はたいてい二つある
「もちろん!」か「誰それ?」だ
そして不思議と中間の「なんとなく聞いたことが、、」はない
知ってる人は当然知っているし知らない人は全く知らない
このような扱いのミュージシャンは他にいるだろうか

ジョセフ・スペンス
ホーリー・ドレイク
成田雲竹
バスコム・ラマー・ランスフォード
デビッド・チューダー

たとえば彼らに共通することはなんだろう

・その筋には知られているが一般的とは言えないマニアックな魅力
・知ったら必ず好きになるほどの強く人を惹きつけるオリジナリティ
・その音楽の紛れもない高いクオリティと表現力/説得力

うーん、、微妙に違います!
じつは、彼らの共通点は「皆すでに聴く前からその音楽が好き」ということです
なんと、早瀬優香子を知るということは「好きだから知ることができる」のであって「聴いてから好きになるのではない」
なので、一度でも聴けばその名を忘れることはありえない

ニーチェ曰く「人間は原因と結果をいつも取り違える」

つって以下アリくんからのメール↓

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - –
稲田さん
黒田くん
山本さん

稲田さん、ごめん、言ってた女性歌手の名前が出てこない。
すいません、僕知識不足で馴染みがなくて、あの人でやりましょう。

すいません、1月はどうしても年始から押せ押せで2月の作業が遅れます。
日程調整世路死苦!
まずは稲田さんおしえてーーー
- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - –

(稲田誠)


日時:2020年2月27日 (木) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:無料(予約不要)
主催:森本アリ
共催:塩屋音楽会
出店:喫茶ゆすらご

問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com







稲田誠 Inada Makoto

明石在住のコントラバス奏者。棚レコード代表。PAAP、Brazilという自己のバンドやAurora(川端稔sax,vo/青野忠彦ds)、千野秀一pエレクトリックトリオ(楯川陽二郎ds)、水谷康久saxトリオ(半野田拓g,key)、真夜中ミュージック(三沢洋紀g,vo/中尾勘二sax/植野隆司g/山本達久ds)、DODDODO+稲田誠、等のユニットでベースを弾き、ときどき歌う。ゑでぃまぁこん、TEASI、Gofish、泊、のうしんとうのレコーディングエンジニア担当。http://www.rose.sannet.ne.jp/tana/



黒田誠二郎

きつとふいくしよんと思う。ゆえに注釈は余計となる。欲しいのは遠く、自分の筆致だ。所定の場所にはギターと眼鏡が一式、必要不可欠とまぁ言える。それは黒田誠二郎。
タンブラー https://seiiijiiiro.tumblr.com/



山本信記

trumpet,synth 大原裕のブラスバンド「LIVE! LAUGH!」、スカバンド「Hi-Kings」に参加(Hi-Kingsでは、1999年にRico Rodriguezのtour bandをつとめる)。現在、江崎將史(trumpet)と喜多村朋太(organ)とのチェンバースカバンド「popo」や、武村篤彦(泊)との御幸楽DJユニット「モダンDJ特選集」などで活動。



森本アリ

神戸、塩屋の海辺の洋館「旧グッゲンハイム邸」管理人。「塩屋音楽会」企画/運営。技術のないことを武器に音楽の敷居を下げ続ける音楽家。「三田村管打団?」「口八丁」「ペ・ド・グ」「カメアリ・エレクトリック」「もだえ」「音遊びの会」やソロで活動。映画「繕い裁つ人」に神父役にて米粒ほどの出演。

カレンダー, 塩屋音楽会|2020.02.27
« 次のページ前のページ »

お知らせやイベント情報を掲載します。