05/24 (金) Gen Peridots Quartet Tour 2019『君って時々』



日時:2019年5月24日 (金) open 18:30 start 19:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 4,300円 当日 4,800円 (ともに+1drink)
主催:dandanorchestra
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:dandan.yoyaku@gmail.comまで

①件名に【5/24神戸】と明記。
②本文にお名前、枚数、連絡先を記入。
③返信を持って予約完了。





Gen Peridots Quartet ゲン・ペリドッツ・カルテット

ロックバンド peridots から派生したユニット。プロデューサー/アレンジャーである河野圭のピアノを中心に、須原杏(violin)、林田順平(cello)が peridots タカハシコウキの楽曲を再構築。その声に新しい光を当てる。歌におけるピアノと弦の可能性を果敢に押し広げていく4人組。

http://peridotsonline.com
https://www.tunecore.co.jp/artist/Gen-Peridots-Quartet#r501066

カレンダー, 塩屋音楽会|2019.05.24

05/17 (金) 棚レコード presents リアルゴールデンウィーク (神戸編)

池間、稲田、和田のアコースティックトリオが
西を目指す2019年リアルゴールデンウィークツアー
旧グッゲンハイム邸公演!






live:
池間由布子 + 和田晋侍 ds + 稲田誠 b
ベートルズ solo
bikemondo solo

food:喫茶ゆすらご

日時:2019年5月17日 (金) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,500円 当日 3,000円
主催:棚レコード
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







池間由布子
2013年ミニ・アルバム『エクスキューズ、ミイ』をテニスコーツが運営するmajikickレーベルから発表。2015年『しゅあろあろ』、2016年『明るい窓』を自主リリース。



和田晋侍
1981年大阪府出身のドラマー、音楽家。ロックバンドDMBQ、フリー/アブストラクトバンド巨人ゆえにデカイ、ソロを中心に、近年はAntibodies Collective、宮本杜朗、金氏徹平、石川竜一、contact Gonzoなど、舞台、映画、ダンス、彫刻などの作家とも演奏、音楽家として関わっている。東京都在住。wadashinji.com



稲田誠
明石在住のベーシスト兼録音エンジニア兼農家
自身のリーダーバンドであるブラジルやPAAPの他、参加バンド多数 : ケンスギサキトリオ/Gofishトリオ/DODDODO BAND/佐伯真有美&RA/トンチトリオ/井上智恵トリオ/オーロラ
子ども5人



ベートルズ
任天堂ゲーム『ピクミン』のCMソング『愛のうた』(累計90万枚/オリコン週間最高2位・2002年度年間8位)のヒットで知られるストロベリーフラワーのボーカリスト渡辺智江のソロプロジェクト。ザ・コケッシーズのギターボーカルとして1997年MIDIからデビュー。ピジョンズとしてeastern youthのV.A/極東最前線への参加や、星野源やキセルとカップリングツアーに回るなど、ジャンルやシーンを越えて評価が高い。京都在住。



bikemondo
ポップスバンド「ブラジル」のボーカル、西崎のギター,ピアノ弾き語りソロユニット。もともとは子どもの昼寝の間に、自宅で曲を作っていた(ため声が小さい)が、 2005年頃より演奏活動も始め、2007年に1stアルバム「いいよいいね」を発表。
小さかった子どもたちも小中高校生になりました!
Twitter : @bikemondofarm

カレンダー, 塩屋音楽会|2019.05.17

05/16 (木) 旧グッゲンハイム邸見学会 (無料一般開放)



5月も、いつも通り第三木曜日、 5月16日に行います。案内などは特になく、時間内に出入り自由としています。様々な資料を閲覧できます。予約不要ですので、どうぞお気軽に足をお運びください。

日時:2019年5月16日 (木) 12:00~17:00(随時)
料金:無料(予約不要)

お問い合わせ:

旧グッゲンハイム邸
兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5-17
TEL: 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail: guggenheim2007@gmail.com
URL: http://www.nedogu.com

カレンダー, 見学会|2019.05.16

05/04 (土) 内田万里「ラブレターを、君に。」



!! THANK YOU !! SORRY !! SOLDOUT !!

日時:2019年5月4日 (土) open 17:00 start 18:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 4,000円 当日 4,500円
主催:内田万里
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX:078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
  ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。





内田万里。
作詞作曲、たまに歌も歌います。
焼肉大好きです。最近は胃もたれ。
夢は建築家に家を建ててもらうこと。
無理そうです。

4月28日に大阪枚方のイベントに出演予定。
http://hoshinokanade.com/

カレンダー, 塩屋音楽会|2019.05.04

05/03 (金祝) YXIMALLOO x Oorutaichi



「君はイシマルーを知っているか!?」
「君はオオルタイチを知っているか!?」

唯一無二の音楽性!宇宙語を操る独自の世界観!
なのに生まれる音楽はすこぶるポップ。
聴いたことない音楽なのにポップ!
2人の音楽の秘密を探るためのトークも開催!

自らを「63歳のテクノじじい」と呼ぶイシマルー。
膨大なリリースのどこを切っても、とても新しい。
30年前の音源が2019の音に聞こえる。
早すぎた奇才・異才。ライブパフォーマンスも独特。
観なきゃわからない。
オールタイチも多大な影響を受けた日本の電子音楽界の異端児。

知らないこと知る衝撃を共有しよう。
面白すぎるトークもやります。
イシマルーを堪能しよう。

「君はイシマルーを知ってるか!!??」

日時:2019年5月3日 (金祝) open 17:30 start 18:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,000円 当日 2,500円
主催:森本アリ
共催:塩屋音楽会
FOOD:六甲山系ピカソ

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX:078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、
  ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







イシマルー YXIMALLOO〈イシマルー自身による、「短い」プロフィール〉

すごくシャイな性格なんで、何も考えずに伊豆の築300年の13ベッドルームある古民家で1980年代音楽作り(期間工と失業保険の繰り返し)、90年代でカセットテープやらCDにして80年代に作った膨大な量のレコーディングを40本カセット(多くは90分テープ)と7枚のCDにまとめる。後は営業。何も考えずに音楽まっしぐらで純粋に生きてきたんですが、さすがお金と将来が年を重ねる毎に心配になってきました。Half JapaneseのJad Fairやフランスの鬼才コステスと共作を出す。

95年から05年は音楽止めてます。でも聞いていました。ジャンル度外視していろんな音楽を。音楽以前の音も(80年代はマイクロレコーダーを持ち歩いて絶えず面白い音があったら工場や道端でレコーディングして、メロディやリズムやらアイデアが沸いたらキチガイと間違われないように公衆電話ボックスに駆け込み通話してるふりしてマイクロにふきこんでいました。今じゃ電話ボックスもかなり撤去され、携帯で突然、後ろの人が話し出す光景に遭遇します。)。95年の時点でできなかった主に、ターンテーブルなどで微妙にスピード落としたモノとか進化したエコー(デジタル)とか06年から作りはじめる。日本在住時のMomusより再発掘される。08年にNew York の老舗Jazz レーベルESPより「UNPOP」発表。その後、CDRを何枚か自主レーベル「桜れコーず」より発表。

14年にドイツのダンス系テクノ、アンビエントレーベルKOMPAKTより「WANTED(指名手配)」LPを全世界にリリースして、当時アイルランドにいた私を探される(丁度、日本一時帰国タイミングだったため、友人がWelcome Backギグを用意してくれて、客が主催者である友人に教えてくれた(「あのぉー、KOMPAKTがイシマルーさんの事、探してるみたいなんですが、当人わかっていますか?」)。

08年の迷作「UNPOP」をアメリカ人従業員がコンタクトアドレスを書いた小さな紙を無くし、6年間探す行為を続けてくれた。急いで「HAGAKURE」製作して送るも「mission was over」で断られる。年齢?怪しいジャケット?

リオオリンピック最中にも直々にKOMPAKTボスからSNSで「Friend Request」もらい、TARZANKICK!!!ジャケットで2017年正月に「OGI Hz」完成。

63歳。最近の老人はヤンチャだ。自分のこと「テクノじじい」と呼んでいます。

2018年11月20日に、62歳にして初めてのLP「The Best of Yximalloo 1」(アメリカで2作、ドイツで1作でてはいるけど10年前に売り切れ)を発表。



オオルタイチ

1979年、奈良県に生まれる。1999年よりオオルタイチとして活動を開始。“漂流する内的民俗”をキーワードに打ち込みによるトラックと非言語の歌を融合した音楽を展開。ソロ名義以外にバンド”ウリチパン郡”やYTAMOとのユニット”ゆうき”などでも活動。水曜日のカンパネラなど他アーティストの楽曲プロデュースからリミックス、舞台作品への楽曲提供等多岐にわたる。 okimirecords.com

カレンダー, 塩屋音楽会|2019.05.03

04/29 (月祝) Sea Mountain 2019



海を見渡す洋館で山の音楽フェスティバル

海と山に挟まれた街、神戸・塩屋の洋館で、アコースティックなルーツ音楽を楽しもう! 館内ステージで40バンド以上が演奏、庭では楽器を手にジャムセッション。美味しいフードやドリンクのお店も自慢のメニューで出店! 雑貨や小物、楽器、CDなどのマルシェもあり、1日中お楽しみいただけます。

古い洋館にぴったりのアコースティック音楽が、1階と2階のステージで1日中繰り広げられます。ルーツ音楽を中心にさまざまなジャンルが集合し、ソロ、デュオ、多人数のバンドなど形態も色々。フィドル、バンジョー、オートハープなど、ちょっと珍しい楽器も。新しいお気に入りの音楽に出会えるかも!

日時:2019年4月29日 (月祝) open/start 10:00 close 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:大人 2,500円 大学生 1,000円 高校生以下無料
   *11:00までに受付を済まされた方には当日館内で利用できる金券500円分を進呈
主催:Sea Mountain実行委員会
共催:塩屋音楽会

お問い合わせ:

TEL : 070-5503-5867(佐々木)
E-mail : yukisa8@wine.ocn.ne.jp


カレンダー, 塩屋音楽会|2019.04.29

4/25 (木) グ音楽講座65「ASA-CHANGを聴く」



ASA-CHANGという打楽器奏者がいます。打楽器奏者としては紅白歌合戦でMISIAのバックで演奏をしていたりします。テレビと言えばNHK Eテレの「ムジカピッコリーノ」という音楽教育番組にポン・ジョルノという役名でレギュラー出演していたりして、顔馴染みの方はいるかもしれない。音楽ファンにとっては「ASA-CHANG & 巡礼」。メンバーが入れ替わりながらも孤高の音楽、実験的でいてポップネスを衝くその音楽性は、イギリスWIRE誌の2002年ベスト・アルバムに“JUNRAY SONG CHANG”が選出されるなど世界で愛されている。

ASA-CHANG=朝倉弘一は東京スカパラダイスオーケストラの創始者でありバンマスです(1985年結成)。実は、小泉今日子などのヘアメイクアップアーチストを本業としていた朝倉さんが、メンバーを募って結成したのだ。3枚のアルバムの発表後「自身がこのバンドで演奏したかった音楽はすべてやった」として93年に脱退している。

旧グッゲンハイム邸との関わりも深い。インドネシアの大衆音楽ダンドゥットゥに使われる太鼓をアレンジしてASA-CHANGが開発した「タブラボンゴ」のワークショップを2度に渡って行っており、その1回目は、準備からワークショップ終了まで5日間の滞在となったため、その後もライブもなしにひょっこり現れては、「あら汁作っておきました〜召し上がれ」という素晴らしいアクションの人なのだ。

知れば知るほど??が増えるこの経歴。ASA-CHANGは、実は、巡礼ではスカパラ時代なども含めた過去のセルフリメイクにも意欲的で、自らの軌跡を辿りながら進化しています。ポップやおしゃれなフィールドで語られがちだけど、広い視野をもった民俗音楽や土着なセンス、さらに電子音楽や前衛音楽をも飲み込んでいたりする。 それらをいっちょまとめて聴いてみようではないか!?

ナビゲーター:
森本アリ(三田村管打団?)
稲田誠(棚レコード)
山本信記(モダンDJ特選集)

food:
六甲山系ピカソ

日時:2019年4月25日 (木) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:無料(予約不要)
主催:森本アリ
共催:塩屋音楽会

問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com







稲田誠 Inada Makoto

明石在住のコントラバス奏者。棚レコード代表。PAAP、Brazilという自己のバンドやAurora(川端稔sax,vo/青野忠彦ds)、千野秀一pエレクトリックトリオ(楯川陽二郎ds)、水谷康久saxトリオ(半野田拓g,key)、真夜中ミュージック(三沢洋紀g,vo/中尾勘二sax/植野隆司g/山本達久ds)、DODDODO+稲田誠、等のユニットでベースを弾き、ときどき歌う。ゑでぃまぁこん、TEASI、Gofish、泊、のうしんとうのレコーディングエンジニア担当。http://www.rose.sannet.ne.jp/tana/



山本信記

trumpet,synth 大原裕のブラスバンド「LIVE! LAUGH!」、スカバンド「Hi-Kings」に参加(Hi-Kingsでは、1999年にRico Rodriguezのtour bandをつとめる)。現在、江崎將史(trumpet)と喜多村朋太(organ)とのチェンバースカバンド「popo」や、武村篤彦(泊)との御幸楽DJユニット「モダンDJ特選集」などで活動。



森本アリ

神戸、塩屋の海辺の洋館「旧グッゲンハイム邸」管理人。「塩屋音楽会」企画/運営。技術のないことを武器に音楽の敷居を下げ続ける音楽家。「三田村管打団?」「口八丁」「ペ・ド・グ」「カメアリ・エレクトリック」「もだえ」「音遊びの会」やソロで活動。映画「繕い裁つ人」に神父役にて米粒ほどの出演。

カレンダー, 塩屋音楽会|2019.04.25

04/20 (土) 新居昭乃 弾き語り LIVE TOUR 2019「Little Piano vol.9」



!! THANK YOU !! SORRY !! SOLDOUT !!

日時:2019年4月20日 (土) open 16:00 start 17:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:全席自由 5,800円
   未就学児童入場不可。ご入場は整理番号順となります。
主催:サウンドクリエーター
後援:フライングドッグ
企画制作:ソウルトゥソウル/キョードー東京
共催:塩屋音楽会

お問い合わせ:サウンドクリエーター tel 06-6357-4400
http://www.sound-c.co.jp







新居昭乃(あらい あきの)

1986年にシンガーソングライターとしてビクターよりデビュー。以来、Chara、安藤裕子らのライブサポートやレコーディングに参加するかたわら、数々のアニメーション、ゲーム、CM、他アーティスト等に楽曲、歌唱等を提供。

透明感の中に孤高を感じさせる歌声と、菅野よう子、寺嶋民哉、保刈久明らとの斬新な音作りにより『幻想系の始祖』とも呼ばれる世界観を確立して来た。ライブではほぼ毎年春に行うピアノの弾き語りツアーの他、ホール等での映像演出を駆使したファンタジックなステージも好評を得ている。

海外での評価も高く、ベルリン、パリ、香港、台湾でのソロライブを成功させ、モナコで行われたイベントにも参加する等、 活躍の場を広げている。ファンメールは上記の地域以外にアメリカ、タイ、ポーランド、ブラジル等からも届く。

2016年、デビュー30周年を記念して制作された『リトルピアノ・プラス」を含め、これまでに12枚のアルバムをビクター、Flying Dogよりリリース。自身が立ち上げたPure Heart Labelからも洋楽のカバーアルバム「Smile」をリリースしている。

新居昭乃オフィシャルHP:http://araiakino.com
Pure Heart Label:http://www.pureheartlabel.com

主な参加作品:
ーアニメーション作品ー
ウィンダリア、ロードス島戦記、マクロスプラス、KURAU Phantom Memory、
ゼーガペイン、ゲド戦記、魔法使いの嫁 他

ーゲームー
機動戦士ガンダム外伝ミッシングリンク 他

ー映画ー
西の魔女が死んだ 他
                                  (2018年7月現在)

カレンダー, 塩屋音楽会|2019.04.20

04/19 (金) 『星にさわらないで』



出演:
西滝太 (PARA, DANTEFONE)
とうめいロボ
黒田誠二郎

FOOD:喫茶ゆすらご

日時:2019年4月19日 (金) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 1,800円 当日 2,300円
主催:yu su ra go
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX : 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







西滝太 (にしりょうた)
数学的ダンスグルーブユニット”PARA”のKeybord & Shynth Bass奏者。重爆カオティックドローンユニット”DANTEFONE”、アンダーグラウンド・ブルーストリオ”ケンスギサキトリオ”でも活動する他、シンセサイザーによるsoloライブも行う。



とうめいロボ
ギターを弾きながら歌を歌う人。2007年、GYUUNE CASSETTEより1stアルバム「otete」リリース。2009年、P-VINE RECORDSより2ndアルバム「とうめいなじかん」リリース。このアルバム制作には、とうめいロボがリスペクトする数名のゲストを迎えており、今回ツアーを一緒に行う黒田誠二郎氏もその中の超重要人物です。



黒田誠二郎
伸びやかに吐き出されたままの発音に宿るものはただ放埓な聞こえの主であり、どこまでも物神の領域を出ないように思える。音を錬成することは発明のそれとは異なり、当のクルーたちはみな、風をとらえる方法を今一度思案せねばなるまい。その勇気はあるのか、ないのか、どこの空の下消えるとも知らず、とうに背中を押されたかたちだ。それにはまず、ぼくのあらゆるきこえを毎夜エーテル体と化合させる必要があるんだ




カレンダー, 塩屋音楽会|2019.04.19

04/18 (木) 民映研×塩屋 vol.12 ドキュメンタリー映画上映会『坂網猟―人と自然の付き合い方を考える―』『日光山地の鹿狩りと狩猟文化』



「私たちが生を受けた日本列島に生きる 庶民の生活と生活文化を記録する」
姫田忠義|民族文化映像研究所|ドキュメンタリー映画上映会


【 上映作品 】

『坂網猟―人と自然の付き合い方を考える―』
(2018年 42分|今井友樹監督)

『日光山地の鹿狩りと狩猟文化』
(民映研作品 no.98|1995年 30分 撮影地:栃木県塩谷郡栗山村川俣)

現代社会が忘れかけている感覚を取り戻す。狩猟をテーマにした民映研の記録映像『日光山地の鹿狩りと狩猟文化』と、今井友樹監督の新作『坂網猟』の二本立&豪華ゲスト(今井友樹・澤幡正範・松村圭一郎)を囲むトーク付きです。

日時:2019年4月18日 (木) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:一般 1,500円 大学生・シニア 1,000円 小・中・高校生 500円【おやつ付き】
主催:NPO法人ヒューマン・ビジョンの会 / 塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。




『坂網猟―人と自然の付き合い方を考える―』
(2018年 42分|今井友樹監督)


片野鴨池(石川県加賀市)で伝承される坂網猟は、藩政期から続く伝統猟法であり、池周辺を低く飛び越えるカモを捕獲する。空を自由に飛ぶ野生のカモをどうやって捕まえるのか。なぜ坂網猟が300年以上も前から片野鴨池で伝承されているのか。伝統を守ってきた坂網漁師たちの姿と猟の技、片野鴨池の自然環境を紐解きながら、そのヒミツに迫る。

『日光山地の鹿狩りと狩猟文化』
(民映研作品 no.98|1995年 30分 撮影地:栃木県塩谷郡栗山村川俣)


関東平野の北部に特徴ある山容をうかびあがらせる日光山地は、いわば関東と東北の接点にあり、その立地がもたらす植生と鳥獣魚虫の生物世界がこの山地域を日本でも有数の狩猟生活、狩猟文化の地たらしめてきた。この記録フィルムは、日光山地から流れ出る鬼怒川の源流地帯、栃木県栗山村川俣の人たちの鹿狩りとその習俗儀礼を軸にしながら、狩猟世界と狩猟文化、そして基盤の自然を明らかにしようとしている。

〈トークゲスト〉

今井友樹(いまい・ともき)
1979年岐阜生まれ。日本映画学校(現・日本映画大学)卒。04年民族文化 映像研究所入所、所長・姫田忠義に師事。10年に独立し、14年、劇場公開初作品・長編記録映画『鳥の道を越えて』を発表。15年、株式会社「工房ギャレット」設立。『鳥の道を越えて』(2014)、『坂網猟』(2018)、『夜明け前 呉秀三と無名の精神障害者の100年』(2018)ほか多数を監督。一般社団法人民族文化映像研究所理事、日本映画大学講師。

澤幡正範(さわはた・まさのり)
1947年東京生まれ。71年、『アイヌの結婚式』の撮影に参加。同時期より「日立 スペシャル・すばらしい世界旅行」など、映画、テレビ番組の撮影に従事。76年、民映研設立メンバーとして、姫田忠義とともに多数の作品を撮影。2010年より 株式会社森里川海生業研究所にて映像製作を担当。民映研出身者が監督を務めた『ひめゆり』『医す者として』『鳥の道を越えて』『坂網猟』などの各作品を撮影。

松村圭一郎(まつむら・けいいちろう)
1975年熊本生まれ。岡山大学准教授。専門は文化人類学。エ​チオピアの農村や中東の都市でフィールドワークを続け、富の所有​と分配、貧困や開発援助、 海外出稼ぎなどについて研究。著書に『​所有と分配の人類学』(世界思想社)、 『うしろめたさの人類学』​(ミシマ社)など。エチオピア農村から中東に出稼ぎに行く女性た​ちの映像記録を撮り続け、「マッガビッド~雨を待つ季節~」(2​016)が東京ドキュメンタリー映画祭2018で上映される。




姫田忠義(ひめだ ただよし) 記録映像作家・映像民俗学者

1928年(昭和3年)兵庫県神戸市生まれ。旧制・神戸高商卒。
1954年、民俗学者の故・宮本常一氏と出会い、その影響を受けて日本全国を歩き始める。
1950年代後半より、映像を手段とする記録作業を開始。
1976年、民族文化映像研究所を設立し、2012年まで所長を務める。
2011年、開校と同時に日本映画大学・特任教授に就任。「民俗学」を担当する。
2013年7月29日午後9時55分 横浜市の病院にて「慢性閉塞性肺疾患」のため死去。84歳。7月31日家族のみにて火葬葬を執り行う。

庶民の生活と生活文化を、映像による手段を使い記録作業を50年以上にわたり続ける。
≪「基層文化」=大自然に依拠しつつ暮らす、人間の精神文化≫をテーマに、
120本を超える映画作品を発表。代表作に「アイヌの結婚式」「イヨマンテ」、「越後奥三面 ~山に生かされた日々」(1986年シカゴ国際映画祭ドキュメンタリー部門銀賞)。

1989年 フランス政府より芸術文化勲章オフィシエ叙勲






使用されている画像すべて©民族文化映像研究所

カレンダー, 塩屋音楽会|2019.04.18
« 次のページ前のページ »

お知らせやイベント情報を掲載します。