11/23 (木祝) しおやあれやこれや vol.7『商店街や市場あれこれ 』




ゲスト:平民金子(ごろごろ神戸2) 三宗匠(i’ma|稲荷市場)
聞き手:森本アリ(塩屋百景|旧グッゲンハイム邸)

日時:2017年11月23日 (木祝) open 14:30 / start 15:00
会場:旧後藤邸(旧グッゲンハイム邸の東隣、赤と黒の三角屋根の洋館)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目1-3
料金:¥1,000
主催:塩屋まちづくり推進会
共催:塩屋商店会|しおさい=まなびや

予約・問い合わせ:塩屋百景事務局

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-90
E-mail : info@shiopro.net

イベント名、お名前、電話番号、参加人数をご連絡ください。
メールの場合はこちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







平民金子 へいみんかねこ

労働者。15年間暮らした東京を離れて、2015年より神戸暮らし。現在は神戸市ホームページにて「ごろごろ、神戸2」を連載中。だいたい子連れでふらふらと歩いています。出身地は大阪ですが、大阪の事は忘れました。



三宗匠 みつむねたくみ

1981年、兵庫県神戸市出身。2003年神戸市兵庫区稲荷市場(西出町・東出町)を中心とした場所の廃屋や廃店舗をとにかく安く借り、住む等の用途で利用したい人に紹介する「住みコミュニケーションプロジェクト」をはじめる。2008年同市場南栄会にイベントスペースi’maを開店。2013年に市場アーケード撤去によって営業が不可能になった為、同市場商栄会に移転。2017年大規模なマンション開発の為、立ち退き。現在同市場南栄会に再移転後の改装中。再開日未定。



森本アリ もりもとあり

普段は音楽家と塩屋の築105年の海辺の洋館「旧グッゲンハイム邸」管理/運営人の2足のわらじ。塩屋の未来を考えるようになり「塩屋まちづくり推進会」で活動。「塩屋百景」を立ち上げ写真集「塩屋百人百景」「塩屋百年百景」さらに「塩屋借景」(2017/9/5)を発行。単著に「旧グッゲンハイム邸物語 未来に生きる建築と、小さな町の豊かな暮らし」(ぴあ2017/3/15)がある。塩屋の町に100年後200年後もあまり変わらないでいて欲しいと願う。

カレンダー, 告知|2017.11.23

11/17 (金) 秋の夜長のハーモニー / Ruff with IsaGuitarra & HARMONICA CREAMS Live



出演:Ruff with IsaGuitarra
   ハモニカクリームズ

出店:wa-no珈琲
   ワンダカレー
   cafe Lokki

日時:2017年11月17日 (金) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日 3,500円
主催:RUFFISA
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日と水曜日は休館とすることが多いため、返信等の対応が滞る場合があります。




Ruff / ラフ

2015年4月に結成。
海と山に囲まれた町 兵庫県塩屋在住の鈴木健一郎(Guitar)と中西悦子/Ecco(Sax)のインストゥルメンタルデュオ。

往年のSoul、 Funk、Jazzの要素やインプロヴィゼーションで(即興演奏)で遊び、 日常から生まれてくる物語を音にする。
「Ruff」とは、rough(くつろぐ)とtuff(強くある)を組み合わせた造語




IsaGuitarra / イサギターラ
 
声とギターのあいだを泳ぐさかな。
シンプルな詩と、無国籍なギターの音色、宙に染みてゆく声。
流麗に爪弾き、語るように唄いつづけている。




HARMONICA CREAMS / ハモニカクリームズ

”ケルト音楽とブルース・フィーリングの融合” をコンセプトに、スペインで開催される世界最大級の国際ケルト音楽祭「フェスティバル・オルティゲイラ」のコンクール (’12年) にてアジア人史上初優勝を収める。ハモニカ、フィドル、ギターの三楽器にゲストを加えた各アルバムは日欧米のラジオや紙面でも取り上げられ、国内外のフェスティバルやヴェニュー等でツアーを重ねている。ハモニカ奏者、清野美土の感覚に大渕愛子と長尾晃司の音が混ざって生まれる螺旋グルーヴが、国や表現の枠を越えて広く評価されはじめている。

カレンダー, 塩屋音楽会|2017.11.17

11/16 (木) 旧グッゲンハイム邸見学会 (無料一般開放)



11月の旧グッゲンハイム邸見学会は、いつも通りの第三木曜日、11月16日に行います。案内などは特になく、時間内に出入り自由としています。様々な資料を閲覧できます。予約不要ですので、どうぞお気軽に足をお運びください。

日時:2017年11月16日 (木) 12:00〜17:00(随時)
料金:無料(予約不要)

お問い合わせ:

旧グッゲンハイム邸
〒655-0872 兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5-17
TEL: 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail: guggenheim2007@gmail.com
URL: http://www.nedogu.com

カレンダー, 見学会|2017.11.17

11/16 (木) 勝井祐二 × U-zhaan 男のデュオツアー 2017


僕らの写真は、2012年のpj FUKUSHIMA! で、参加した総勢400人を越える旗手の姿をとらえた写真集
「Flags」から使わせて頂いています。(写真:成田舞)


live:勝井祐二 (violin) × U-zhaan (tabla)

日時:2017年11月16日 (木) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,800円 当日 3,000円
主催:勝井祐二
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。





勝井祐二 (E.violin) × U-zhaan (tabla)

ROVOを率いるバイオリニスト勝井祐二と、インドの打楽器タブラの奏者U-zhaanのデュオユニット。下北沢にあるライブハウス「440」で日曜日の昼に定期的に開催されている、勝井とU-zhaanがホスト役となり、ゲストを一人迎える形のライブ「ランチライブ」を活動の拠点とする。2012年に「男のデュオツアー」のタイトルで全国ツアーを開始。2013年には青葉市子、SoRAをゲストボーカルに迎えた「勝井祐二 and The Magic Caravan」名義でフジロックフェスティバルに出演し、PYRAMID GARDEN のトリをつとめた。2014年は坂本美雨を加えたトリオ編成として富山県のフェス「ホットフィールド」に出演。

< 勝井祐二 >
ROVOの他に、KOMA、TWIN TAIL、BONDAGE FRUIT、DRAMATICS、などのユニットでも活動中。
http://katsuiyuji.exblog.jp/

< U-zhaan(ユザーン)>
2017年、蓮沼執太&U-zhaanとしてアルバム『2 Tone』をリリース。
http://u-zhaan.com/

カレンダー|2017.11.16

11/11 (土) しおやおとvol.15 しおやソングス



メンバーの1/3は塩屋在住、すべての場所を虹色に染め上げる関西が誇る天上の楽団「三田村菅打団?」と、下代地区の味のある看板でおなじみ、そして風流な川柳が胸を打つ「中塚信昭」氏が作り温めた塩屋ブルース、夢のコラボレーション! 作家&お母さん&看護師の「おおたけなおこ」が歌いあげるは、町のそこかしこで見る愛しき酔っ払いたちを描いた塩屋酒飲み音頭。会場をさらに熱くするのは、歌声もトークも個性爆発、塩屋が誇る民謡会「糸音会」。「しおやdeけんぽー」もオリジナルシオヤソング披露!

出演:
三田村管打団?
糸音会
おおたけなおこ
中塚信昭
しおやdeけんぽー

出店:出張・集いのbar by TRUNK DESIGN KOBE SHIOYA

日時:2017年11月11日 (土) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:1,000円(高校生以下無料)
主催:塩屋商店会|しおさい2017実行委員会
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日と水曜日は休館とすることが多いため、返信等の対応が滞る場合があります。





カレンダー, 塩屋音楽会|2017.11.11

11/10 (金) Jazztronik presents Musilogue



野崎良太(Jazztronik)主催の音楽家プロジェクト”Musilogue” が送るLiveシーズ”Musilogue Music Showcase”。世の中には沢山の素晴らしいミュージシャンそして音楽家がいますが皆さんに知ってもらえるチャンスはそう多くはありません。そういったミュージシャンや音楽家をより多くの方に知ってもらうには、実際に彼らの音楽を身近で体験してもらうのが一番ではないだろうかという思いからこのシリーズが始まる事となりました。

様々な音楽家が集うMusilogueでは日々多種多様な音楽制作が行われています。そんな中、記念すべき第1弾としてリリースされたのが、ベーシスト藤谷一郎とSAX奏者の栗原健がメインとなり制作された『Elphant and a barbar』です。Jazz, nujazz, ambient, post classicalを消化したこのアルバムは瞬く間に国内のみならず海外の音楽愛好家の間でも話題になりました。現在フランスでのアナログリリースを準備中です。この素晴らしい作品『Elphant and a barbar』& 今回のツアー用にアレンジされたJazztronikの曲達、この2つを提げてスペシャルLiveを行います!

藤谷一郎は演奏家としてはJazztronikはもちろん、ウカスカジーを始め数多くのアーティストのバックをつとめ、そして作家として韓流アーティストやジャニーズにも楽曲を提供するなどマルチな活躍を見せるベーシストです。栗原健は、近年では沖野修也率いるKyoto Jazz Sextet、Soil&Pimp Sessions等のサポートを担当し、それ以外にも様々なタイプのLiveに毎晩のように参加をし活躍を見せています。そしてこのMusilogueのCDシリーズにおいて素晴らしいジャケットの絵を全て担当しているのがこの栗原健です。この2人に加え今回ツアーを一緒に行うのがJazztronikの野崎良太。今年は新たなバンド『GOODPEOPLE』を結成しヴァイオリニスト葉加瀬太郎のレーベルよりアルバムをリリースするなど新たな活動も始めています。今回はこの3人によるとても貴重なトリオLiveとなります。Liveでは『Elphant and a barbar』のみならずこのツアー用にアレンジし直されたJazztronikの楽曲群も披露されます。秋の終わりにぴったりなこのアコースティックLiveにぜひ皆さん足をお運びください。

出演
野崎良太 (Jazztronik) / Piano
藤谷一郎 / Bass
栗原健 / Sax

日時:2017年11月10日 (金) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,500円 当日 4,000円
主催:Jazztronik / Musilogue
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日と水曜日は休館とすることが多いため、返信等の対応が滞る場合があります。







野崎良太

Jazztronikとは野崎良太が率いる特定のメンバーを持たない自由なミュージック・プロジェクト。ジャンルに縛られない数々の作品のリリースし、アーティスト、ピアニスト、作編曲家として確固たる地位を築いている。 ’’箱根彫刻の森美術館40周年記念音楽’’に3rdピアノソロアルバム「bird of passage」の収録曲が、映画「死刑台のエレベーター」の主題歌に「ベットタイムストーリー feat.YUKI」が抜擢された他、2011年1月に発売されたLEXUSのコンパクトハイブリットカー’’CT200h’’のナビゲーター’’世界でも活躍する新進気鋭の音楽家’’として WEB、雑誌広告等で大量露出される等、多方面からオファーが絶えない。

映画「宮城野」、ドラマ「未来講師めぐる」、「Love Game」、「Real Clothes」、 「逃亡弁護士」、「鴨、京都へ行く」、「First Class」等の映画、ドラマ音楽も数多く担当し、クラシック、Jazz、クラブミュージックだけにはとどまらない独自の音楽性は増々進化し続けている。 サウンド・プロデューサー、リミキサー、ミュージシャンとしても数多のアーティストとコラボレーションを重ねており、葉加瀬太郎、TRF、クリスタル・ケイ、ゴスペラーズ、山崎まさよし、椎名林檎、Coming Century、島谷ひとみ、flumpool等 ・・・例を挙げると枚挙に暇がない。

海外では12″シングル「Dance with me 12″ver/SAMURAI」がDanny Krivit, Louie Vega 等の多くのトップDJに支持を受け、Chez musicより12inch Single「SAMURAI-侍」 がアメリカ及びヨーロッパ各地でリリースされスマッシュヒット。世界一のダンスミュージックレーベルDefectedの大ヒットMix CDシリーズ「In The House」を日本人アーティストとして初リリースし、全世界のダンスミュージックファンを魅了。ロンドン、マンチェスター、NY、パリ、エジンバラ、ローマ、フィンランド、スロバキア、 エストニア、リトアニア、クロアチア、アイルランド、韓国、上海、シンガポール等 でライブ、DJ、Southport Weekender、Kaunas Jazz、Jazzakarr Fess等の海外人気フェスにも招聘され大好評を得た。

DJとしてロングランパーティー”Jazztronica!!”を全国各地で開催する他、音楽カルチャープロジェクトMusilogue(ムジログ)を立ち上げる等活動は多岐に渡る。

2013年に自身のレーベル七五三Recordsを立ち上げこれまでに「Jazztronik Studio Live Best」、「Cinematic」をリリース。2016年はオリジナルフルアルバム「Keystone」、セルフRemixアルバム「Private Edits」、2017年はピアノ、ベース、バイオリン、チェロ、アコーディオン編成に新バンド野崎良太 with GOODPEOPLE名義でアルバム「GOODPEOPLE」を葉加瀬太郎氏のレーベルHATSよりリリースした。



藤谷一郎

幼少の頃からピアノを習い、小学二年生でBeatlesに出会い音楽家を志す小学五年生の時に同級生とのギター対決に破れてベーシストを目指す事に独学で音楽を学びベーシスト、作編曲家として音楽活動を開始数々のバンド、ライブサポート、レコーディングをこなしながら2度のメジャーデビュー(Time Fellowship(ホリプロ)、unistyle(EMI))を経験する。様々なアーティストの作品に楽曲提供、アレンジ、ベーシストとして参加。現在もプロデューサー、作編曲家として活動しながらベーシストとしてJazztronik、ウカスカジー(桜井和寿、GAKU-MC)等をレギュラーでサポート。若いアーティストのプロデュース等も手掛けている。

*藤谷提供楽曲(作曲)
東方神起「Forever Love」「時ヲ止メテ」「MAZE」「Tea For Two」柴咲コウ「one’s heart」V6「chance!」平野綾「光の果てへ」リュウシオン「ずっといつまでも」チョコラブfromAKB48「メールの涙」 etc..*arrenge作品SMAP「ハロー」KAT-TUN「BUTTERFLY」BoA「still」al「MADE IN TWENTY」上戸彩「愛のために B2F Remix」 堀江由衣「Time Machine」al「Darling」収録 etc…

*BassRecording&LiveSupportアーティスト
Jazztronik、SMAP、ウカスカジー、来生たかお、山崎まさよし、葉加瀬太郎、松下奈緒、安藤裕子、ゴスペラーズ、沖仁、平野綾、リュウシオン、清水翔太、加藤ミリヤ、
前田敦子、May’n、etc..



栗原 健 / Takeshi Kurihara (Saxophone, Flute 奏者/作曲/編曲)

群馬県出身。高校時代にリズム&ブルース、ロカビリーバンドをやる事になり独学で土手でサックスを吹き始める。雑食的にさまざまなライブ、レコーディング、セッション、ビッグバンド、路上ライブ、小さな Jazz クラブのマスターなどを経て今に至る。MOUNTAIN MOCHA KILIMANJARO, CENTRAL, Kyoto Jazz Sextet サックス担当。最近では自己のバンド”Takeshi Kurihara Quartet”や“Takeshi Kurihara ソロライブ”での活動の他、Jazztronik, Soil&Pimp Sessions, ROOT SOUL など、他多数のライブ、レコーディングに参加。太くアーシーかつ色気あるサウンドと野性味溢れるキャラクターが好評を博している。日本国内のみならず、オーストラリア、イギリス、中国、カザフスタンなどでも演奏経験を持つ。これまで関わらせていただいたアーティストは、Super Butter Dog, Scoobie Do, スパノヴァ, HERBERT, Chara, 福原美穂, Carlos Garnett, 土岐麻子, クラムボン,SARO, Going Underground, マボロシ, Soulcrap, Takizawa Kentaro, KINGDOM☆AFROCKS, cro-magnon, 荒井伝太, 清水翔太, 13 Souls, Swing-o, 長澤知之, Kyoto Jazz Massive, DJ KAWASAKI , 近藤房之助, 竹内朋康, Ruth Koleva, Leroy Emanuel, Joe Bataan, SHISHAMO, Nabowa, Soil & ”Pimp” Sessions, なかの綾 などなど。

カレンダー, 塩屋音楽会|2017.11.10

11/02 (木) アンソニー・ムーア + Haco



LIVE:
アンソニー・ムーア
Haco

日時:2017年11月2日 (木) open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日 3,500円
主催:HOREN
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX : 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。




アンソニー・ムーア/Anthony Moore

1948年イギリス生まれ。実験音楽作曲家、作詞家、シンガーソングライター、音楽史研究家。1970年代~80年代にかけて30作品以上の映画音楽を制作し、様々な国際映画祭で多数の賞を獲得。同時に、管弦楽や打楽器、声楽で構成された録音作品を複数発表している。1972年、先鋭的なポップ・ミュージック・トリオ「スラップ・ハッピー」を結成し、キーボード、ギター、作曲を担当する。1974年にはより多くの音楽家を取り入れる形でアヴァン・ロックグループ「ヘンリー・カウ」に参加。新たな音楽の地平を切り拓くその表現は、今も世界各国で後進の音楽家に多大な影響を与え続けている。同時にイギリスのプログレッシヴ・ロックバンド「ピンク・フロイド」との交流も深く、複数の作品に作 詞や演奏で参加。また、ディス・ヒート、ケヴィン・エアーズ、リチャード・ライトなどのプロデュース/アレンジなども手掛けてきた。1996年、The Academy of Media Arts Cologne(ケルン・メディア大学/ドイツ)に於いて音楽メディア研究の博士課程取得。2000年ら2004年には同校の学長を務める。その後は若手実験音楽家らとのコラボレーションを続け、2017年にはスラップ・ハッピーとして17年ぶりの来日公演を成功に納めるなど、現在も旺盛な活動を続けている。




Haco

80年代初頭に海外進出したアヴァンポップグループ After Dinner (1981-1991) の創始者、作曲家、ヴォーカリスト、エレクトロニクス奏者、サウンドアーティスト。1987年より海外の音楽/アートフェスティバルから招聘をうけ、毎年のように世界各国で公演を行っている。1995年からはソロとして活動するほか、Hoahio (w/ 八木美知依、恵良真里、Sachiko M)、Ash in the Rainbow (w/ 坂本弘道) 、Yesterday’s Heroes (w/ テーリ・テムリッツ)など複数のプロジェクトを主宰し、国内外のレーベルで作品をリリース。2005年音響作品「Stereo Bugscope 00」がオーストリアのアルスエレクトロニカで入賞。2007年「Riska」、2011年「Forever And Ever」、2015年「Secret Garden」、2017年9月にソロ7枚目の歌&エレクトロニクス・アルバム「Qoosui」が発売される。実験性とポップの境界線をシームレスに繋ぐ独自の世界を開拓している。
http://www.hacohaco.net

カレンダー, 塩屋音楽会|2017.11.02

11/02 (木) Relax deeply:Naomi Ikejiri-Scott YOGA WS



神の島と呼ばれるハワイのカウアイ島。
大きなショッピングモールはほとんどなく、自然が多く存在するガーデンアイランド。
そのカウアイ島から、素敵なヨガの先生、ナオミ池尻スコットさんをお招きして、
ヨガのワークショップを行います。

ヨガ歴14年インドでのヨガ修行の経験もあり、パワーヨガから陰ヨガ、
マタニティ&キッズヨガまで指導され、なおかつフラ歴10年のナオミ先生。
当日は、海の見える、海を感じるグッゲンハイム邸に合わせて、リラックスヨガを行います。

ゆっくりと呼吸し、体を感じながら動かします。
シンギングボウルの音色、響きとともに心身ともに深くリラックスしましょう。

異空間の洋館にて、日々の騒音から離れた時間を過ごしませんか?
ワーク後はお茶をお出ししますので、ナオミ先生と、
ヨガの話、フラの話、ハワイの話を、楽しまれてください。

日時:2017年11月2日 (木) open 11:15 start 11:30 close 13:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
内容:簡単なヴィンヤサヨガ
費用:2,800円(税込み・お茶付 / 定員15名)
持ち物:お水、ヨガマット、動きやすい服装
   ※ヨガマットは1枚100円にてお貸し出し可能です。枚数に限りがございますので、
   ご予約の時に、お伝え下さい。
主催:oloantinomie オロアンチノミー

注意事項:
細心の注意を払って進めて参りますが、イベント当日に起こりました事故やお怪我につきましては一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。

お申し込み、ご質問等は、下記のアドレスまでお問い合わせ下さい。

oloantinomie@gmail.com 上河 (うえかわ) 迄
instaglam:oloantinomie







Naomi Ikejiri-Scott (池尻 ナオミ)

ヨガインストラクター
ツアーガイド
マッサージセラピスト
リトリートコーディネーター
ジュエリー&ヨガアクセサリークリエイター

ハワイ カウアイ島在住
奈良県出身
沖ヨガ講師養成講座修了
キッズヨガ (Yoga Edo.) 認定指導者
マタニティヨガ (Bliss Baby Yoga) 認定インストラクター
全米ヨガアライアンス認定インストラクター
元 厚生労働省認定健康運動指導士
CPR及びファーストエイド認定資格保有

* 経歴 及び主な活動 *

奈良県内スイミングスクールで20年間、フィットネスインストラクター、ダイエットカウンセラー、主任コーチとして勤務。 ヨガ、ピラティス、アクアエクササイズ、エアロビクス、マシーントレーニング、 キッズエクササイズ、水泳 (ベイビーから高齢者迄)、高齢者の為の健康運動等指導の他、アロママッサージなどエステ事業にも携わる。 2009年、結婚を機にマウイ島へ移住し、ツアー会社Maui GoとヨガCocoroを始める。

2009年10月~12月、南インド、マイソールにてサラスワティ師、シシャードリー師に師事し、ヨガを深める。 2010年、アメリカ本土へ移住し、自宅ヨガスタジオにてMagnoria Yoga Shala を始める。2011年、カウアイ島へ移住し、Island Yoga Cocoro を始める。2012年、ヨガハナレイでババ二・マキ師のティーチャートレーニング 200 時間を修了、その後ヨガハナレイでババ二・マキ師のもとでデイリープラクティスとヨガ哲学を学びながら、スタジオやブティックの手伝いをしている。 2013年1月~3月、南インド、ゴアにてロルフ師とマーシー師に師事し、さらにヨガを深める。同時期、アーユルヴェーダ式ヨガマッサージを習得、ローフードクラス受講により食への意識が高まり、体内外様々なインスピレーションを受ける。(2009年、結婚を機に主人の影響でベジタリアンへ変わっている) 現在は主に観光者にハタヨガ、陰ヨガ、キッズヨガ、マタニティヨガ、親子ヨガ等をプライベート指導している。ビーチヨガ、パワースポットヨガ、ヨガ&ツアーなどが人気で、年齢性別国籍を問わず沢山の方達とカウアイ島の豊かな自然をシェアし、心身ともに解放、本来の自分を取り戻すお手伝いをしている。 2013年11月、ハワイ島にてヴィパッサナー瞑想10日間コースを修了。朝夜の瞑想を日課とし、心の平安の維持に取り組んでいる。 カウアイ島ノースショアのビーチで自分で拾い集めた貝を使ったジュエリー、ヨガマットバッグやアイピローなどを作成し、夫が経営する写真ギャラリーなどで販売している。

2011年よりHalau Hula Na Lei Kupua O Kauai (カウアイのヒーラーグループという意味のハラウ) に所属。ロミロミ指導やフナのリーダーを務めるクムやフラシスター達と共に、毎年コケエ州立公園で行われるエマラニフェスティバル、その他コミュニティイベントでヒーリングフラを踊ることを楽しんでいる。 世界唯一のフラの女神ラカのヘイアウでの毎月のお掃除にボランティアで参加している。

* その他の活動 (カルマヨガ) *

子供たちに心と体の元気と笑顔を届ける活動を展開。 2012年10月、福島県へ出向き、3つの保育、幼稚園で英語キッズヨガ、2つのコミュニティセンターで大人向けヨガをボランティアで指導した。 2013年はカウアイ島の有志と共に始めた非営利団体ALOHA FUKUSHIMA KEIKI でチャリティーヨガを開催、募金活動に参加。夏休みには3名の子どもと1名の 大人を招待し、スタッフとして滞在をサポートした。 2014年11月、福島、奈良にて10カ所以上の保育、幼稚園にて英語キッズヨガ及び英語親子ヨガを指導。

www.islandyogacocoro.com

カレンダー, 教室|2017.11.02

10/29 (日) 秋のサイレント映画上映会



バスター・キートン(1895~1966)は「偉大なる無表情」で知られるコメディアン/映画監督。超人的な身体能力で無声喜劇の傑作の数々を生みました。 今年は映画デビューから100年のアニバーサリー・イヤー。キートンが一番愛した映画『大列車追跡』を観て、みんなで記念の年を祝いましょう。16mm映写機を持ち込んでのフィルム上映になります。

【上映作品】
「キートンの大列車追跡」〈The General|1926|80min.〉

音楽:鳥飼りょう(ピアノ生伴奏)
おはなし:いいをじゅんこ

FOOD:天然酵母パン 味取

日時:2017年10月29日 (日) open 18:00 start 18:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:一般 ¥1,800|小学生・中学生・高校生 ¥500
主催:塩屋音楽会 & 神戸映画資料館

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸
TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。



◯ ◯ プ ロ グ ラ ム ◯ ◯




「キートンの大列車追跡」〈 The General|1926|アメリカ|80min. 〉

監督 バスター・キートン クライド・ブルックマン
出演 B・キートン マリアン・クック ジョー・キートン

蒸気機関車2台を使った追いつ追われつの大追跡合戦!舞台は南北戦争中のアメリカ南部。列車の機関士である我らがバスター・キートンには愛するものが二つあった。美しき乙女アナベル・リーと、「将軍」という名の機関車だ。ある日北軍のスパイたちがやってきて「将軍」号を強奪。機関士キートンはたったひとりで列車に乗り込み、愛する「将軍」号を取り戻すべく勇敢に敵を追いかけてゆく。
サイレント喜劇の基本である「追っかけ(chase)」を、本物の機関車を使って撮影したアクション大作が『大列車追跡』だ。南北戦争での実話を基にしている。キートンは大きな乗り物を使ったコメディが好きで、他にも『海底王キートン』や『キートンの蒸気船』などの傑作がある。『大列車追跡』は公開当時はあまりヒットせず、なかなか評価されてこなかった。でも時代を超えて評価が高まり、今では映画史上に残る傑作と言われている。近年大ヒットした『マッドマックス 怒りのデス・ロード』もキートンの映画に大いに影響を受けているらい。







鳥飼りょう(ピアノ生伴奏)

サイレント映画伴奏者。ピアノ、パーカッション、トイ楽器等を演奏。2012年11月、Planet+1「西部の偉人 ウィリアム・S・ハートの全貌」でデビュー。全ジャンルの映画に即興で伴奏をつけ、これまでに演奏した作品数は360を超える。映画に寄り添うその演奏は好評を博し、国内・海外の映画祭にも招聘されている。また、オーケストラへの客演やダンスとの即興演奏にも取り組むなど、多彩な活動を展開している。2015年12月よりPlanet+1の長編シリーズ「映画史〜映画の樹」でのサイレント映画の全伴奏を担当。1年以上かけて映画史の重要作品を上映するこのシリーズで、週に1~2回ほどのペースでサイレント映画に生演奏をつけている。いま最も上映会で演奏する伴奏者のうちの一人。無声映画×弁士×生演奏のユニット「深海無声團」メンバー。

HP : https://www.facebook.com/ryotorikai.music/
Twitter : @ryo_torikai









10/28 (土) 神戸映画資料館もバスターキートン!

「サイレント映画鑑賞会 キートン映画デビュー100周年」

〈 上映 14:00〜 〉
「恋愛三代記」Three Ages(アメリカ/1923/58分/無声/16mm)
「キートンの線路工夫」The Railrodder(アメリカ/1965/24分/16mm)ピアノ伴奏:天宮遥

〈 第13講コメディ学入門 15:40〜 〉
「BK100 ー 祝・映画デビュー100周年 バスター・キートンの生涯 ー」いいをじゅんこ(クラシック喜劇研究家/ライター)

カレンダー, 塩屋音楽会|2017.10.29

10/26 (木) ロジャー・ターナー来日公演2017



出演:
ロジャー・ターナー trio
with 藤井郷子(ピアノ)、田村夏樹(トランペット)

日時:2017年10月26日 (木) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日 3,500円
主催:roger turner
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX : 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。
* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。







ロジャー・ターナー(ドラマー・パーカッショニスト)

1970年代初頭から英国を拠点に活動。ソロ、実験的ロックミュージシャンやフリースタイルの歌手との共演、前衛ダンス、映画や現代芸術家らとの捜索活動に参加する等、精力的に活動。ワークショップやジャズ音楽ベースのアンサンブルにも多数参加。共演者の名を挙げたら遑がないが、アネット・ピーコック、セシル・テイラー、チャールス・ゲイルズ、フィル・ミントン、が挙げられる。2013年には、原美術館にて大友良英と共演し、鮮烈かつ鋭角的なパーカッション演奏を見せた。 「ターナーの先鋭的で斬新な演奏は圧巻である。炸裂するパワーと繊細で情緒豊かな音が絶妙に絡み合う音楽はまさに類い稀だと言えよう」(The Wire 1986) https://www.turners-site.com/




藤井郷子(ピアニスト)

東京生まれのアヴァンギャルド系ピアニスト/作編曲家。4才よりクラシックピアノを始め、高校卒業時にジャズに興味 を抱く。20歳で上京。即興音楽などを経験し、再びピアニスト活動へ。26歳で渡米し、バークリー音楽院に入学。2年半通学し、優秀賞を得て帰国。自身の音楽を模索し、93年に再び渡米。ニューイングランド音楽院にてジャズ、現代音楽、民族音楽などを学び、卒業直前にポール・ブレイとのピアノ2台のデュオ・アルバム『サムシング・アバウト・ウォーター』を制作。卒業後はニューヨークへ移り、日米欧で活動。以降、国内外でソロ、デュオ、トリオ、カルテット、ビッグバンドなど、ジャンルを越えた音楽活動を精力的に展開。http://www.satokofujii.com/jindex




田村夏樹(トランペッター)

滋賀県生まれ。高校卒業後上京。スマイリー小原とスカイライナーズ、今城嘉信とザ・コンソレーション、宮間利之とニューハード・オーケストラ等で演奏。そ の後フリーのミュージシャンとしてアイドル歌手のツアーバンド、テレビ、スタジオ等で活動。1986年、渡米。ボストンのバークリー音学院に入学。
1987年、帰国。自己のバンドで活動。1993年、再び渡米。ボストンのニューイングランド音学院に入学。NYに移り活動。1997年帰国。日本、欧米 を中心に自己のバンド「Gato Libre」「First Meeting」や藤井郷子、板橋文夫等のバンドで活動。海外のフェスティバルにも出演多数。CDリリースも多数。http://www.natsukitamura.com/jhome.html 

イベント, カレンダー|2017.10.26
« 次のページ前のページ »

お知らせやイベント情報を掲載します。